いじめから子供を守ろうネットワーク代表 井澤一明のブログ

日本から、「いじめ自殺」をなくしたい!


テーマ:

 

 

横浜のいじめ事件に関して、日テレの「スッキリ!!」から電話取材を受け、17日の朝、放映されました。
これは、横浜市で「震災で引っ越してきた子」がいじめを受けて不登校になっていることが発覚したいじめ事件です。
言葉のいじめだけではなく、150万円もたかられていたことも報道されています。
この事件に対して、第三者委員会は、「教育の放棄に等しい」と非難していますが、
この第三者委員会も、保護者からの強い申し出があって何とか設置されたものであり、学校と教育委員会の「隠蔽体質」が問題になっています。
私たちのメルマガでも言及しておりますので、
メルマガを転載いたします。
ちなみに、メルマガは毎週はっこうしておりますので、
ご購読いただければうれしく思います。
ご希望の方は、 kodomo@mamoro.org にメルマガ希望とお送りいただくか、まぐまぐでお申込みください。

 

 

-------------------------------
☆2016年11月16日☆
[いじめから子供を守ろう メールマガジン]
★いじまもNOW★
◇事務長メッセージ◇
■□ 守られないいじめ防止対策推進法 ■□
11月14日の2016年最大の満月「スーパームーン」。
あいにくの天気で、一部の地域しか見れなかったようですね。
我が家でも、残念ながら見ることは出来ませんでした。
さて、また悲しい事件が明らかになりました。
原発避難の生徒がいじめで不登校になり、小学校の卒業式にも出られず、
中学になった今でも不登校が続き、現在はフリースクールに通っています。
報道によりますと、
この生徒は小学2年だった平成23年8月、
原発事故で福島県から横浜市に自主避難し横浜市立小学校に転校。
その直後から、名前に菌をつけて呼ばれたり、蹴られたりするなどのいじめを受けました。
また、小5のときには、同級生に「(東電から原発事故の)賠償金をもらっているだろう」と言われ、
遊ぶ金として5万~10万円を計10回ほど、総額150万円ほど払わされたと証言しています。
父親は、何度相談しても一向に動こうとしない学校に不信感を持ち、
弁護士に相談しながら、学校側やいじめたとされる同級生の保護者らと話し合ったが、改善せず、
昨年12月に第三者委に調査を申し入れました。
第三者委は、学校の対応について、一昨年に生徒側から相談を受けていたにも関わらず、
適切に対応しなかったことを「教育の放棄に等しい」と批判しました。
市教委に対しても、重大事態と捉えず、調査の開始が遅れ、生徒側への適切な支援が遅れたと指摘しました。
生徒は中学1年の現在も不登校が続き、カウンセリングを受けていますが、
今は、フリースクールに通い前向きに過ごし始めています。
いじめ防止対策推進法では、不登校や金品の被害があれば、
学校は「重大事態」として速やかに市教委を通じて有識者でつくる第三者委員会で調査するよう定めています。
しかし父親の話では、
学校側は「お金が絡んでいるので警察に相談してください」と言うだけで
同級生への指導はしてくれなかったといいます。
また、市教委は「学校が調べたところ、被害者と加害者の証言が食い違い、
いじめの認定ができなかった」と釈明しています。
しかし、文科省生徒指導室は
「自治体には、いじめと確定していなくても第三者委で調査するよう指導している。
証言が食い違うからこそ、中立公平な第三者委が早く調査する必要がある」としています。
さらに、文科省生徒指導室の担当者は「今回のように、学校が重大事態と認識せず対応が遅れる例は
全国的にある」と説明。
速やかに第三者委を立ち上げられるよう、マニュアルを策定し、指導を強化する方針だということです。
これが、今の実態です。
文科省は「学校が重大事態と認識せず」と言っていますが、
これは明らかに「学校による隠蔽」でしょう。
自治体に指導をしていても、このようなことが実際に起きているのです。
いじめ防止対策推進法が守られていないケースが少なからず存在するということを、
文科省自身が認めているならば、実効力を伴った対策が必要なのではないでしょうか。
道路に信号機を設置しただけでは、交通事故はなくなりません。
違反者を罰したり、取り締まりを強化したり、具体的な対応をしなければ、
改善していかないことは、誰でもわかっていることです。
いじめ防止対策推進法も同じです。
いじめ防止対策推進法を制定しただけでは、いじめはなくなりません。
同じように、違反者を罰したり、取り締まりを強化したり、具体的な対応をしなければ、
何の効果も発揮しないのです。
いくら現場の教師から「俺たちを信用できないのか」という声が上がったとしても、
現に違反者がいるのなら、それに対処できなければいけないはずです。
文科省も現状を認識しているのなら、より具体的な対応策を立ててもらいたいものです。
私達も、このいじめ防止対策推進法が、順守され、いじめ防止により効果があがるよう、
今回の事件のように、隠蔽する学校・教師への処分を明確にするように、
求めていきたいと思います。
ぜひ、皆様のご協力をお願いいたします。
いじめから子供を守ろう ネットワーク
事務長 丸山秀和
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
一般財団法人 いじめから子供を守ろう ネットワーク
いじめ相談窓口 03-5719-2170
メールアドレス kodomo@mamoro.org
ホームページ  http://mamoro.org/
ブログ http://blog.mamoro.org/
掲示板 子供用 http://mamoro.org/kodomo/
掲示板 保護者用 http://mamoro.org/otona/
まぐまぐ http://archive.mag2.com/0000226312/index.html
まぐまぐ携帯版 http://mini.mag2.com/i/m/M0065147.html

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


いじめの相談が増えた、というのが
近頃の実感です。
いじめ認知件数が発表されましたが、
 来年の発表では、もっと増えるようにしか思えません。
 今月のメルマガを転送いたします。

 ------------------------------
☆2016年11月2日☆
[いじめから子供を守ろう メールマガジン]

◇代表メッセージ◇
 ■□ いじめの実態といじめ認知件数 □■

11月に入っていきなり、冬に突入しそうな雰囲気です。
 街を歩く人たちを見ると、コートを着ている人がかなり増えてきました。

さて、先週、いじめ認知件数が発表されました。
 文科省から10月27日に、
 「平成27年度児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査結果(速報値)」が公表されました。
 今年の3月末までの「いじめ認知件数」は、過去最多の22万4540件となりました。
26年度より3万6468件の増加ということです。
しかし、この数字を額面通りに受け取るわけにはいきません。

件数が多かった自治体は、
 千葉県 2万9,665件、
 京都府 2万5,279件、
 宮城県 1万7,708件、
となっています。

これを1000人当たりのいじめの件数で見ると
少ないところでは、
 佐賀県 3.5人、
 香川県 4.5人、
 広島県 5.1人、
 福岡県 5.1人、
とい数字が出ています。

反対に多い自治体は
京都府 90.6人、
 宮城県 70.8人、
 山形県 48.4人、
 宮崎県 47.2人、
 千葉県 45.6人、
となります。

毎年ながら、「いじめ認知件数が違いすぎる」と感じます。
 学校基本調査によれば、全国の小中高生は、約1394万人です。
 京都府の割合でいじめが起きているとすると、126万人の子が昨年度いじめを受けたということです。
 千葉県の割合だとすると、63万人ということになります。

佐賀県の割合でみますと、各学校で1人しかいじめられないということです。
しかし、この数字は信じられません。

今年の6月に、文科省の国立教育政策研究所が発刊した冊子『生徒指導支援資料6「いじめに取り組む」』によれば、
 中学生の約9割もの子が「いじめられた経験がある」という調査結果が出ています。
この結果は、6年もの時間をかけた追跡調査の結果であり、信頼できる数字です。
したがって、「ワースト」と呼ばれている京都府こそが真実の数字を発表したと見るべきであり、
ワーストではなく、「よく調べている自治体」として認めるべき内容です。

信頼できない数字では意味がありません。
 文科省としては、いじめ認知件数の報告を求めるに当たって、
より精度をあげる方法を考える必要があります。
 国として、いじめ認知件数を公表しているわけですから、その数値が信頼できる数値でなければなりません。
 一般の会社では、製品の質を担保するためには、サンプリング検査や、抜き打ち検査を実施しています。
 文科省にできないわけはありません。

このような状況の中で、やはり私たち保護者は、
 京都府の公表している1000人当たりのいじめ認知件数90.6人をベースにしていじめ問題を捉え、
 1年で、「10人に1人」、「クラスでは3人」の子がいじめられていると認識しておかなければなりません。

このような状況では、子供たちは「次は自分がいじめられるかもしれない」という不安と毎日戦っているはずです。
 子供たちの不安を解消するためにも、大人が、「いじめのないクラス」をつくってあげる必要があります。
 先生方に任せっぱなしにしてもいい場合もありますが、親としては不安です。

したがって、自分の子が通っている学校の状況にアンテナを張っておくことが大切です。
 当然ですが、学校の状況を一番詳しく知っているのは、「自分の子」です。
 情報収集の第一は、お子さんと話しながら、学校での仲の良い友だちや、問題をよく起こす子、
 信頼できる先生はどの先生かということを把握しておきたいと思います。

さらには、学校を「自分の目」で見ることが、とても有効です。
 落ち着いたクラスなのか、先生の授業はわかりやすいのか
休み時間の過ごし方、給食や掃除の時間。さらには下駄箱の様子など
1、2時間見学するだけでも随分わかるものです。
 先生に許可をいただかなくてはならないという学校もあるでしょうが、
ぜひ、時間をつくって学校を見に行ってください。

私たちのところには、毎日、いじめ相談が届いております。
いじめを解決するには早期発見・早期解決が基本です。
 不安に思ったり、気になることが有りましたら、ご遠慮無くご相談ください。

いじめから子供を守ろう ネットワーク
代表 井澤 一明

 Facebook: http://www.facebook.com/kz.izawa
 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
一般財団法人 いじめから子供を守ろう ネットワーク

いじめ相談窓口 03-5719-2170
メールアドレス kodomo@mamoro.org

ホームページ  http://mamoro.org/
ブログ http://blog.mamoro.org/

掲示板 子供用 http://mamoro.org/kodomo/
掲示板 保護者用 http://mamoro.org/otona/
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週は、昭島市教育委員会の「10年目研修」で
講演させていただきました。
教員生活、10年を迎えたベテランの先生方ですので、
いじめについても実体験が豊富な先生ばかりです。
プロの先生方が、真剣にこの場に臨んでいただけたこと...
大変うれしく思いました。

今回は、90分の時間をいただきました。
担当の指導主事さんからは、以下のことを盛り込んで欲しいとの要望がありました。

1.いじめをどのように把握したら良いか
2.子供への対応について
3.保護者への良い対応とは
4.トラブルになるケース
5.モンスターペアレントへの対応
6.未然防止対策について

90分あれば充分かと思っていたのですが、
結局、伝えきれない部分が出て来て、
最後は駆け足になってしまったのが、やや残念ですが。
整理して考えてみるいい機会となりました。

さて、今月のメルマガを転載いたします。

---------------------------
☆2016年8月4日☆
[いじめから子供を守ろう メールマガジン]

◇代表メッセージ◇
 ■□ 『生徒指導支援資料6 「いじめに取り組む」』に学ぶ □■

暑い8月が始まります。

7月21日、国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センターは、
『生徒指導支援資料6 「いじめに取り組む」』として小冊子2冊を発表しました。
それぞれ
(1)「いじめ追跡調査2013-2015」
(2)「どのように策定・実施したら、『学校いじめ防止基本方針』が実効性のあるものになるのか?」
となっており、サイトからのダウンロードもできます。

(1)の「いじめ追跡調査2013-2015」の冊子は、平成25年から平成27年までの3年間に渡って、
小学4年生から中学3年生までの子供たちを追跡調査した結果をまとめたもので、
3年に一度発表されています。

特に6年間に渡って、その子たちの変化が追跡できる調査は日本ではほとんどないのではないかと思います。
その意味でも大変、重要な調査だと思います。
この調査は大都市近郊のある地方都市の児童生徒約4800人を対象としています。
重要なデータですから、さらに規模を拡大する必要があります。
観測点も増やすなど大きく展開すれば、地域性についても実態が明確になり、
日本のいじめ問題の本当の姿が見えるはずです。
この点、国立教育政策研究所に期待したいものです。

さて、今回は、(2)の「どのように策定・実施したら、『学校いじめ防止基本方針』が実効性のあるものになるのか?」を
取り上げてみたいと思います。
「いじめ防止対策推進法」の施行により、全国の学校では「いじめ防止基本方針」を策定することが義務付けられました。
そこで、中部地方の小学校2校、中学1校から成る中学校区から2校区と連携して、「基本方針」を策定、実施を行い、
その結果、いじめ認知件数がどのように変化したかを調査しています。

結論としては、「2年間の取組によって成果をあげた」となっています。
具体的には、被害者の割合としても、
男子の「いじめられなかった」が、2013年11月に70.3%だったものが2015年11月には75.4%に、
女子は、67.4%が71.3%となり、いじめを受けなかった生徒が増えています。
加害経験の割合としても、男子の「いじめなかった」が69.8%から71.9%に
女子は64.5%が76.0%となっており、特に女子においては顕著にいじめをしなかった子が増えています。

「いじめが減った」理由として次の点が読み取れます。
1.全教職員が取り組んだ。
2.点検と見直しを学期ごとに繰り返した。
3.全教職員が結果を共有し、働きかけるよう研修に取り組んだ。
4.年3回のアンケートによる実態の把握の実施。

私たちのところに来る相談件数を見ても、学校が「いじめ防止基本方針」の策定に取り組んでいる期間には
いじめ相談が明らかに減少していました。
ところが、基本方針の策定が終わったとたんに、いじめ相談が増え、いじめ自殺のニュースも増えてしまいました。

今回の対象となった中学校区では、国立教育政策研究所とのタイアップ研究であることから、
基本方針が何度も見直され、その方針の実施についても何度もフィードバックが掛けられています。
つまり、全教員の意識が「いじめ問題」から離れることがなかったということが
大きなポイントだったのではないかと思います。
「いじめ防止基本方針」の内容よりも、
実際には、教員の意識が持続していたことが
「いじめが減った」という結果となったというのが正直なところではないでしょうか。

実は、このところに国立教育政策研究所の狙いがあったようにみえます。
冊子には「期待したのは教職員の変容」という見出しがあります。
まさに狙い通りです。
そしてこれが「サイクルの継続→子供の変化」という見出しにつながっていきます。

本冊子の結論部分として以下のように述べられています。
「いじめについて直接に何かの指導を行うというのではなく、
学校が本来行うべき教育がきちんとなされているのか、
それは子供にも伝わっているのかを定期的に確認しつつ、
中学校区の全職員が気持ちを揃えて日々の教育を充実させた結果、いじめは減っていきました。」

結局、全教職員が問題意識をもって取り組めば、いじめは減らせるということです。
しかも、それはいじめへの取組よりも、
子供たちとどのように向き合うのか、
子供たちにとっていかに良い授業をするのかという
教師にとっての毎日の姿勢によって成し遂げられるということを示しています。
言い古された言葉かもしれませんが、
「教師が変われば子供が変わる」という言葉は真実であると証明したのがこの冊子と言えます。
先生方には、ぜひとも目を通して今後の参考にしていただきたいと思います。

また文部科学省は、国立教育政策研究所の研究成果を単に研究として終わらせないでいただきたいのです。
国立教育政策研究所のこの成果を全国に展開し、
全国の学校を指導し、全国でいじめが減ったという結果が出るまでやり続けるべきです。
そこまでしてはじめてこの研究が現実世界で意味を持つものとなると思います。

いじめから子供を守ろう ネットワーク
代表 井澤 一明

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
一般財団法人 いじめから子供を守ろう ネットワーク

メールアドレス kodomo@mamoro.org
電話番号 03-5719-2170

ホームページ  http://mamoro.org/
ブログ http://blog.mamoro.org/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

近頃facebookを開くと三年前の記事が表示されることがあります。
今年の参院選は終わりましたが、三年前には私も参院選にださせていただいておりました。
今、事務所のある東京では、都知事選の真っ最中です。
21名の立候補者が覇を競っている中、
私が出た幸福実現党からは、七海候補が立候補し、真夏の東京で戦っております。...
七海候補の言う、東京NO.1宣言、良い響きですね。
東京の本来の姿、あるべき姿だと思います。

さて子供たちも本格的に夏休みに入りました。
学校の疲れを癒して欲しいと思っています。
しかし、本来、学校は楽しいというのが、本来の姿のはずです。
夏休みに学校に行かれないのでつまらいという子供たちの声が聞こえなければおかしいと思うのです。

最後に、今月のメルマガを転載させていただきます。

------------------------
☆2016年7月13日☆
[いじめから子供を守ろう メールマガジン]

◇代表メッセージ◇
■□ リフレッシュ □■

季節は7月の半ばになりました。梅雨明けが待ち遠しいですね。
すでに夏休みに入った学校もあるだろうと思いますが、多くの学校ではこれから夏休みに入ります。
40年も昔のことですが、この時期になると、
中学校の職員室に先生たちが集まって、甲子園からの野球中継に見入っている光景が心に浮かんできます。
当時の教員にはこれほどの余裕がありました。
ある意味、現代よりも効率のよい教育ができていたように思います。

さて、7月9日に「今の学年で、1割強の生徒がいじめを経験している」というニュースが流れました。
熊本市教育委員会が行った昨年度の調査結果です。
1割強、正確には13.3%とのことですので、
30人のクラスで4人の子が、1年の間にいじめを受けたということです。
全国の小中高の児童生徒数は、約1350万人。
換算すると、なんと179万人もの子供たちが、たった1年の間にいじめられたことになります。
文科省の発表しているいじめ認知件数18万8千件という数字がむなしく見えてきます。

ともあれ、たった1年でこれだけの子供たちが傷ついています。
傷ついてしまった心を癒やし、再出発を図るチャンス、それが夏休みです。

いじめられている子の多くはこのように感じています。
・加害者と離れたい。会いたくない。こわい。
・いじめを忘れたい。
・学校に行きたくない。
・毎日、つまらない。

そのため次のような行動を起こしやすいものです。
・知っている子がいそうなところには、行きたがらない。
・子供の姿を見るとおびえる。
・メールやLINEに敏感に反応したり、見なくなったりする。
・学校以外のネット上での知り合いと夜中までメールやLINEでつながる。
・毎日、表情が暗い。
などの兆候が見られます。

このような子供たちを明るくする必要があります。
要は、いじめを忘れられる時間をつくってあげることです。
言い換えれば、子供が夢中になる時間を作ってあげるということになります。

バーベキューをしたり、海や山などに自然の中に身をおいてゆっくりすることもストレスの解消には大きな効果があります。
学校以外の子どもたちとの交流もいいですね。

ただ、お金もかかりますから、毎日という訳にはいかないでしょう。
安上がりで子供のストレスを解消する方法として、一緒に散歩するというのはいかがでしょうか。
あるいは一緒に勉強する、宿題をするということもおすすめです。
働いている方は、家に帰ってから、30分でも15分でも良いですから、子供と一緒に勉強してみませんか。
読書の楽しさを教えることも効果的です。
加えて、心に傷を負っている子には、たくさん「ほめて」あげてください。
ほめられたことが、その子の自信となり、いじめの記憶を薄れさせていきます。

ぜひ楽しい夏休みを演出していただきたいのですが、
「スマホの誘惑」にだけは十分にお気をつけ下さい。
スマホゲームやLINEへの依存、これは危険すぎます。
いじめから逃れられても中毒になってしまっては本末転倒です。

いじめを受けている子が、ストレス解消の手段として携帯機器に夢中になる相談が多く寄せられています。
止めさせようと取り上げたことで、家庭内暴力にまで進んだという事例もあります。

夏休みの携帯、スマホ、ゲームなどの使い方について、
お子さんと話し合って、1日○時間だけと決める、○時以降は使わないと約束をかわす、
LINEの内容は見せること、守れなかったら解約する、等々のルールを約束する。
これは「子供たちを守るために必要なことだ」と思っていただきたいのです。

繰り返しますが、大切なことは、いじめを気にしない時間、忘れる時間をつくってあげることです。
お子さんの心の力を取り戻してあげていただきたいのです。

いじめでお悩みのことがございましたら、ご遠慮無くご相談ください。
少しでも、子供たちの力になりたいと思っています。

いじめから子供を守ろう ネットワーク
代表 井澤 一明

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
一般財団法人 いじめから子供を守ろう ネットワーク

メールアドレス kodomo@mamoro.org
電話番号 03-5719-2170

ホームページ  http://mamoro.org/
ブログ http://blog.mamoro.org/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

北海道の行方不明事件、ほっとしましたね。
子供たちの周りには、
数えきれないほどの優しくて、温かい目があって、見守っている、
そんな感じを受けました。

よろしければ、うちの子供たち向け掲示板の
「いじめかきこみ寺」(http://mamoro.org/kodomo/)
読んであげてください。


今月のメルマガに書いた記事を転載いたします。
------------------------
☆2016年6月1日☆
[いじめから子供を守ろう メールマガジン]

◇代表メッセージ◇
■□ 生徒自身によるいじめ対処の実践 □■

梅雨の季節が間近に迫る6月。子供の体調管理が気にかかりますね。
さて、残念ですが、ゴールデンウィークが明けてから、東京の品川区、大田区、秋田市と中学生の自殺が相次ぎました。
現段階では、いじめとの関係はわかりませんが、
学校が関係しているというのは間違いないことでしょう。
学校に行くことで、いわれのないストレスにさらされるようなことがあってはなりません。

子供たちを守るのは大人の責任です。
「現代のいじめは、大人が関わらないと解決しない。
昔と違って、今の子たちは自分たちでいじめを解決できない。」
と、保護者や大人が介入することの必要性を、私たちは全国で訴えています。
残念な気もしますが、これが現実です。

先日、うれしい話を聞きました。その話をしてくれたのは25歳の青年です。
その青年の中学では、教師の力も親の力も借りずに、
生徒たち自身によって「いじめを許さない学校」を実現していたというのです。

青年が大阪生まれと聞いたので「大阪もいじめはひどいでしょう」と問うてみたことがきっかけでした。
「そうなんです。周りの中学のほとんどは、学級崩壊やいじめで授業が成り立ってなかったですね。
それで僕たちには、『自衛しなくちゃいけない』という自覚が生まれました」
「教師はみんな見て見ぬ振りだし、子供のことを真剣に考えてくれる先生も学校にはいなかったですね。
周りの学校みたいなところには行きたくないし。
で、生徒で話し合って、あんな中学にしちゃいけないということで一致しまして。
お互いに、いじめにならないうちに止めに入ろうということにしたんです。
『あんなふうになったら勉強なんかできないぞ』って、声を掛けあっていじめの芽をつぶしていったんです。
良い中学時代でしたね」

この言葉には達成感がありました。そして誇りと自信がかすかに伝わってまいりました。
きっと、この彼自身がリーダーとして頑張ったのでしょう。
中学の時の成功体験が現在の仕事や生活の基盤を作ったように見えます。

ここに、理想の生徒像のヒントがあるように思います。
一人一人が、自制心を持ち、ルールを守り、お互いを尊敬し、かつ尊重できる子供たち。
そして何より、悪いものは悪いと言い切れる子供たち。

素晴らしい子供たちの姿が浮かんでまいります。でも、これはまれな事例です。
子供たちに「そんな子になりなさい」と言って放っぽりだしては、大人としては無責任です。
私たち自身が、子供たちの手本となる生き方、考え方を示さなくてはなりません。
こんな子供たちを私たちは育てたいと思っています。

私たちだけではありません。先生たちの多くも同じように考えています。
私たちを応援してくださっている先生たちと話してみると
「子供たちの役に立ちたい」、「社会で活躍する子を育てたい」
という強い志、願いを持っています。
特に若い先生はストレートに、その情熱をぶつけて来られます。
子供たちと接するなかで、理想と現実が一致しないことにしばしば出会うこともあると思います。
しかし、理想を忘れてしまったら未来は無意味になるように思います。

私たちは、今、苦しんでいる子と共にいじめに立ち向かっています。
6月はいじめが発生しやすい時期です。
ほんの少しでも不安に思ったら、ご遠慮無くご連絡ください。

いじめから子供を守ろう ネットワーク
代表 井澤 一明

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
一般財団法人 いじめから子供を守ろう ネットワーク
メールアドレス kodomo@mamoro.org
電話番号 03-5719-2170

ホームページ  http://mamoro.org/
ブログ http://blog.mamoro.org/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。