京都 清水坂ガラス館

京都五条坂にある清水坂ガラス館&ぴあり館のブログです。
ガラス館のことはもちろん、お得情報や京都の気になること、皆さまが幸せになれるようなブログを目指します♪

NEW !
テーマ:

ちょっと空気が春めいてきましたよね(・∀・`o)?

まだまだ寒いけど、

少し和らいできたような気がします。

 

今日はまず新作をご紹介♪

アルバネックレス.:*・゚☆.。.:*

このクリアガラス、

淡いピンク、紫、ブルーと

微妙に色合いを変化させながら、輝きます。

もちろん、透明のときも。

今日みたいに、

流れる雲間から輝く

移ろう太陽の光に似ています。

 

さてさて、ちょっと昔の話から(*・ω・)v 

 

 

小学5年生の頃。

オシャレに本格的に興味を持ち始めた私。

それまでは、母が選んだ靴を履いていました。

(色くらいは選んでいた記憶がりましたが)

 

しかし、はじめて「この靴が欲しい!」

と思った瞬間がありました。

それは、親戚の高校生のお姉さんが履いていた靴でした。

小花柄のワンピースに、ぴったりとしたデニム、

そして、そのスニーカー。

今考えると「ふつう」のコーディネート。

でもはっきり覚えています。

ものすごく、オシャレで、大人っぽく、きらきら輝いていたお姉さん。

そのスニーカーとは、「N」のイニシャルの入ったあれです。

 

タイミングが悪く、そのとき履いていた「靴」は買ったばかり。

それでも、なんとかお願いして、母に許可をもらったのでした。

 

一目惚れの翌日…

早速、わがままを押し通して、

ショッピングモールへいきました。

 

試し履きをして、

店内でぎこちなく数歩あるいて、サイズもばっちり。

結局、その尾お姉さんと全く同じものを購入!

 

 

家に帰り、さっそく、玄関で履きます。

「ちょっといってくる〜♪」といって玄関をでました。

 

その瞬間の感動を今でも覚えています。

「えっ!?」

「軽い!」

「足がふわりと包まれるような感覚」

どんどん歩きます。

大げさではなく

「勝手に靴が地面を蹴ってくれているみたいな感覚」

がしました。

 

以外にも、感動はその“履き心地”もありました!

「身体が軽い」感じすらしました。

「歩くのって楽しい!」

そんな思いで眺めたいつもの景色は、

いつもと違ってみえました☆

 

 

そのとき、帰ってすぐ前の靴を履きました。

そこには、また別の感動がありました。

「なんかゴワゴワしてる…笑」

「私…今までこんなに心地の悪いものを履いたの!?」

 

不快なものでも、それしか知らなければ、不快ともわからないし、

はじめは不快でも、慣れてしまっていたらしい。

よく言えば「適応」ってことかも…

でも、それって「鈍感」になっただけ?かも…

長い時間、身につけるものだから、

つけ心地には妥協したくないです。

 

「ぴあり」のお客様アンケートをみていたら、

そんな昔のことを思い出したのでした。

 

以上、今日もNのスニーカーを履く舞でした〜!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

こんにちは!

今日は村上春樹さんの新作発売日。

みなさんは読みますか?

私は迷っています…

これから読む方がいたら、ぜひ感想を聞きたい!

と思う今日この頃。

 

 

さてさて、本日は、あらためて「ぴあり」の話を少し。

今更?!

といわずに、少しだけお付き合い頂けると嬉しいです♪

 

イヤリングって痛くなる!

ピアスはちょっと…

なんて人には、、

「ノンホールピアス」

をはじめ色々なアイテムがありますよね。

 

だから…そもそも

「ぴあり」と「ノンホールピアス」ってなにが違うの?

ってことになります。

 

といいますのは、最近、母親にそう聞かれたのです笑

 

実は「ぴあり」って

「ノンホールピアス」でも痛くなる人がいることも、

開発のきっかけになっているんです。

 

「ノンホールピアス」は落ちないように、耳たぶに力を加え続ける。

いいかえると、ぐっと耳をつまみ続けている状態。

「ぴあり」の場合は、金具が一定の幅を保っていて、

医療用のウレタンが落ちにくくしてくれています。

 

なので、つけ心地に驚く方がたくさんいるのです。

 

説明してしまうと、小さなパーツのちょっとした違い…

でも、その金具の構造&着け心地はぜんぜん違います!

 

そうです!とにかく、実際のつけ心地なんです。

 

さてさてさて、

そこでファーストぴありのご案内です。

 

とにかく、「着けてもらえたら」と始まったのが

「ファーストぴあり」というコレクション!

ひとことでいえば、

「ぴありデビュー」のために、

いくつかのアイテムをリーズナブルな価格で提供させていただいております。

 

今日は、オンラインショップのファーストぴありに

アイテムが3点増えたので、

ご紹介したいと思います。

 

まず、今の時期にぴったり♡

セレニティ(チェリークオーツ)です♪

serenityは「心の平穏」そして、「うららかさ」といった意味。

アイテム名にふさわしく、

ピンクの春っぽい、

桜色のガラスドロップが魅力的なアイテム。

華があって気分が上がります!

 

そして、おぼろ月(ゴールド)。

月をモチーフにしたアイテムが多くありますが、

グリーンのガラスって珍しいです。

こんな黄金色と緑の組み合わせって、

よくヨーロッパの宮殿にあります。

高貴で、高級な雰囲気を演出してくれます。

普段使いにも!

ドレッシーなスタイルにもよく合います。

 

そして、最後は「サザンカ」。

これって私のツボなんですが…!!

ぐっと抑制の効いたデザインが素敵 

キャー♡╰(*゚x゚*)╯

 

アンティーク風の小花に、深い赤のガラス。

京の町家が並ぶあたりを、これを着けてあるいたら、

一人で散歩したら、

風情というか、味があっていいな〜

なんて妄想します。

 

友達とお茶して、買い物して、食事して、飲んで!

なんてときではなくて、

一人でお出かけしたいな〜、

カジュアルなのニットとデニムにスニーカー。

気負わない普段着なスタイルで、

お気に入りの喫茶店で、

「ぼーっとしたいな〜」

なんてとき、「サザンカ」を選ぶと思います。

 

みなさんも、今の気分に合わせて選んでみてください!

 

以上、舞でした〜♪

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は工房の修理担当の職人さん

から聞いたお話なんですが♫

 

工房では、

お客様から直筆のお手紙を頂くことが

よくあるそうです。

 

ある手紙には、

長年愛用していたアイテムが壊れてしまったときのショック…

それと修理への感謝が

丁寧に綴られていたそうです。

 

そして、ピッカピカにクリーニングしてお返ししたので、

新品と交換したの?

と驚かれていたそうです。

 

お手紙なんて頂けると思っていないので、

「そりゃーもう、嬉しいよ」と職人さん。

 

修理依頼されたものは、きれいにクリーニングするんだそうです。

ブラシで磨きをかけていくときの心境は、

誇らしくも、アイテムがとっても

愛おしくなってしまうそうです♡

 

 

工房の職人さんの仕事って

なんだか羨ましい…

 

 

自社工房で手作りしているので、

職人さんにお願いすれば、

修理は当然、お手のもの。

 

自分の手を離れ店舗へいき…

そして、お客様と一緒の時間を過ごして…

再び工房に戻ってきたアイテム。

職人さんにとってはまさに我が子のような

存在かもしれません。

 

最近、アンティーク着物に興味のある私は、

ガラス館のアイテムが“アンティーク”になる日が来たら!

なんて考えてしまいます٩( ⺤◊⺤)۶

数十年先に、

異国の少女がアンティークのかんざしをみてうっとり!

なんてロマンチックですね。

 

 

「時間を重ねた」ってことが「価値」や「魅力」になる。

新品にはない、魔法のような力を持つ。

アンティークって不思議です。

 

アンティークになるための条件があるとしたら、

それは、

長持ちするように、

「丁寧に作られていること」

そして、

「丁寧に使われていること」

かな〜と思います。

 

日常的に丁寧に扱うこと、メンテナンスや修理と

いった手をかける事も必要かなと思います。

 

「アンティーク着物」でも

丁寧な「お直し」、

例えば、ちょっとした継ぎ布は、

アクセントになったり、

使い手の愛情のシルシだなって思います♡

 

ガラス館のアイテムは、

金のメッキ加工やパーツの接着にいたるまで、

長持ちするような工夫が施されています。

それでも、壊れてしまったなんてときは、

メールや電話にて、ご連絡くださいね!

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)