京都→吹田 チャリンコ通勤!!

京都から吹田までロードバイクで自転車通勤している自転車屋店員の日常をつづるブログ!!

NEW !
テーマ:

今日は、ようやく体調回復。

昼くらいまで微熱がありましたが、明日から仕事復帰できそうです。

 

そんな今日は邪気払いもかねて、久々にローラー。

前輪カチ上げスタイルで!

 

しばらく回していると。

 

チビ応援団が!

頑張れー!頑張れー!かっこいー!

とか言っておだてるもんだから、メチャ頑張ってました。

 

長く乗れば良いってもんでもないですが、1時間半くらい。

最初ローラーの負荷を10段階中5くらいにして、アップがてら負荷を少しずつ上げていきつつ、L4域でケイデンス90rpmをキープさせて20分。

 

10分ダラダラ回しつつ休んで、今度はローラーの負荷10段階中10にして、インナーミドルくらいのギアでケイデンスは75rpmくらいを目標にして20分。

 

で、それが済んだら、また10分くらいダラダラ回してから、S.F.Rトレーニング。

ローラーの負荷10段階中10にして、ギア比はフルアウター。

ケイデンスは40rpmくらいでしっかりと正しいペダリングと使う筋肉を意識しつつ回します。

これを2分やって2分休むのを5セット。

 

そんで流して終了。

練習にバリエーションと緩急をつけ、Youtubeでツアー・ダウンアンダーの動画でも流しておけば、ほどほどに気が散って長い時間まぁまぁな負荷の練習ができますねグッド!

 

しかし病み上がりの身には少しキツかったようで、そんなにTSS高くないのにクタクタですあせる

 

そいえば、今日午前中は、図書館に行ってきました。

そして、コレを借りてきました。

「ロードバイクの科学」っていう本です。図書館においてました。

 

前から気になっていたヤツなのです。

表紙にはふざけた絵が描かれていて、結構ペラい本なので、表紙に騙されてあなどりがちですが。。。

 

中身はかなりガチです。

本田技研で働くエンジニアの自転車マニアの方が、自転車を科学。。。というか物理してます。

 

色々目から鱗な事が書かれています。たとえば。。。

 

ホイールの玉押しをする時は、ホイール外周で35~115μ(髪の毛1本分)程度のガタが出ている方が良い。なぜなら、クイックリリースで締め付ける力が780kgfくらいかかるので、ハブ軸に対してベアリングが30~90μ程度縮むからです。

 

とか叫び

確かに、考えてみればナルホド。。。っていうような事がたくさんかかれています。

他にもチェーンがアウターローのようにクロスしている時の抵抗は300wくらいのパワーをかけている時にロスとして換算すると2wくらいとか。

 

もう計算式書きまくりで、自転車の事を説明しまくっているのです。

 

読み物としても単純に面白いですが、ホイールを手組する事についての基本的な考え方のような話も出てきたり、ホイールや自転車のエアロ効果についての記述があったりと、流し読みで読み飛ばせない内容満載です。

 

ちょっと手元に置いておきたいし、たぶんコレは買います。

 

気づけば色々勉強してますねべーっだ!

 

左のはパワートレーニングバイブル。

パワーメーターを買った人は一度読んでみた方が良い本だと思います。

ハンター・アレン氏とアンドリュー・コーガン氏が書いてます。

 

よくL4とかL3とか、TSSとかFTPとかパワートレーニング用語が出てきますが、それらは大体この本が元です。

パワートレーニングを始める前に、行わないといけない体力検査からはじまり、ライダーの得意分野・不得意分野の分析、トレーニング計画の作り方。疲労のマネージメントの方法、あとは強度ごとの有名なトレーニングメニューの例などが載っています♪

 

フォームやポジションも大事なので、パワートレーニングがすべてではないですが、時間の無い社会人が、効率的に強くなるために有効なトレーニング方法なので、パワーメーター買ったものの、使いこなせてないって人はぜひ読んでみてください。

 

右側のは筋肉のしくみやはたらきの本です。

日本中のBGフィットのフィッターさんはだいたい持ってます。

 

フィッティングを始めた当初、腸脛靭帯って言われても、正直ピンと来なかったのですが、この本を使って少しずつ勉強していきました。

 

もし、自転車に乗っていて、膝や腰などの体の一部がかならず痛くなる場合、この本を見てどこが痛くなっているのか見当をつけ。。。

どういう動作で使われている部位か→どういう動作で酷使されて痛みが出ているのか!?

っていう風に掘り進めるのも良いですし、その部位をほぐすためのストレッチも、部位の筋肉や腱の名前が分かれば調べられます。

 

そういった意味でも結構便利です。

私の知人には、3人ほど意味わからんくらい自転車乗るのが速い理学療法士の人がいます。

なので、きっと体の仕組みをしっかりと勉強する事は自転車のトレーニングをする上でも無意味ではないと思います。(その御三方が速いのはそれだけでなく、ストイックさも大きな要因だとは思いますが。。。)

 

こっちの本は読み物として面白いかというと、正直面白くないですがべーっだ!

もしご興味あれば読んでみてくださいグッド!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

3月末から店にRETUL(リトゥール)を導入する事になりました。

こんなヤツです。

 

これを導入する事のメリットや、何ができるようになるか少し書きます。

そもそもRETULっていうのは何かというと、MUVEっていうフィッティングバイクでポジションを出しつつ、VANTAGEっていうカメラでライダーの動作を撮影し、フィッティングを行います。

 

ライダーの足には3Dモーションキャプチャーに使われるようなポインターをつけて、より正確な骨の動きを見ていきます。

 

つまり、従来のボディージオメトリフィットは膝の動きの異常をフィッターの経験値により確認する職人技的な所があったのに対し、RETULはそこをコンピュータの動作解析ソフトに任せるのです。

 

ただ、正直それだけだったら、RETULを導入するメリットをあまり感じません。

おそらくRETULを使っても、普通にBGフィットを行っても結果は変わらないからです。

 

じゃあ、何でこんな機材を導入するの!?

って話になってきますが、大きく2つのメリットがあります!!

 

1.バイク購入前にポジションを先に出すことができる点

2.クランク長について煮詰めたポジションを出せる点

 

です!!

 

まず1つめの「バイク購入前にポジションを出すことができる点」っていうのは、そのままの意味で。。。

従来のフィッティングだと、バイクの購入後にフィッティングを行うか、2台目のバイクを買う前に1台目のバイクにフィッティングを施して、そのポジションを移植するかしかできませんでした。

 

しかし、RETULを導入すれば、従来のようにバイクがなくても、フィットバイクMUVEを使ってポジションを出し、決まったポジションを元に購入後のバイクをバッチリなポジションにして納車できます。

 

(こんな感じに出るそうです。)

 

また、TTバイクなど、サイズのイメージが付きにくいバイクなどはMUVEを使う事により、実はMサイズだと出したい低さのハンドル高が出なかった!
とか、XSサイズでいけると思ったけど、ちょうど良いアームレストの高さを出すには、スペーサーがギリギリ足りない!!

とか、思いのほかトップチューブが長すぎて、TTバーが短くなりすぎて不細工な感じになっちゃった。。。とか。

 

そういうトラブルを事前にポジションを出しておく事により回避できるのです!

 

次に2つめの「クランク長について煮詰めたポジションを出せる点」っていうのは、最近流行のクランク長についての話です。

 

クランク長に流行なんてあるの!?

って話ですが、あるのです。

 

チームSKYの選手は短いクランクを使う選手が多いです。

それはなぜかというと、前傾姿勢を深くするためです。

 

もう少し具体的な話をします。

ペダルを回転させる時、膝が上死点まで移動した時の、大腿骨と仙骨の角度が、その人の体の柔軟性を上回ってしまうと、パワーロスが発生しますし、痛みや故障の原因にもなります。

(体の柔軟性はフィッティングの序盤のフィット前アセスメントで調べます。)

 

フィッティングでは、まずクリートの位置、サドルの高さ、サドルの前後位置を決めてそれからハンドルの高さやステム長を決めるのですが、体の柔軟性の限界角度マイナス5°くらいの角度になるようにハンドルの高さの最低値を設定します。

 

タイムトライアルをやる人だけでなく、プロの選手や大きく逃げを打ちたい選手は、近年の空洞実験ブームも重なり、できるだけ空気抵抗を減らすために深い前傾を取りたくなってます。

 

では!

空気抵抗を小さくするために前傾を深くしつつ、体の柔軟性の範囲内でポジションを出すためにはどうすれば良いかという話になり、その一つの答えがクランク長を短くしてしまえ!っていう物なのです。

 

この考え方に基づき、チームSKYの一部の選手は短いクランクを採用して走っています。で、そこから短いクランク長は良いらしい。。。って話になって、今にわかに短いクランクブームが起きているのです。

(一部のマニアックな人ないしは勝利にストイックな人ばかりではありますが。。。)

 

ただ、手当たり次第短くすれば良いというワケではありません。

クランクの長さは、乗り手の大腿骨の長さとも関係ありますし、あんまり極端な事をやっても、ペダリングが変になったり、力を出せなくなったりします。

 

じゃあ一体どうすれば良いんだよ爆弾!!!

 

って話になってきて、ここでRETULが出てきます。

上の写真のように、RETULのフィットバイクMUVEは簡単にクランク長の変更ができ、実際にペダルを回転させて貰ったり、上死点に足を引き上げた時の、最低ハンドル高を比べたりできるのです。

 

従来のフィッティングでも、現状のクランク長が極端に合っていないかどうかは分かりますし、現状のクランク長に対して限界のハンドル高も出す事ができました。

 

でも、RETULを使えば、172.5mmのクランク長を167.5mmに変更すればハンドルの高さを○○mm落とせますよ!っていうような提案ができたり。

ライダーさんにも、「167.5mmのクランクって回しにくいな、170mmの方が良いかも。。。」っていうような気づきの場を提供できます。

 

こういう観点から、RETUL、前から導入したかったのです。

それが念願かなって導入と相成ったわけですラブラブ!

 

今回書かれている内容を見ていただければ察していただけると思いますが、私はフィッティングが大好きです。

この機械を導入するコストは正直バカにならないのですが、それ以上にサービスの質を向上させられるよう頑張ります!!

 

また、この機械を使ったフィッティングを学ぶため、研修に行くのですが!

研修の様子や、機械を使ってみた感じを紹介していきます♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日発売のサイクルスポーツ3月号に凄い特集が載ります!

「S-WORKS FIT プレミアム」

っていうサービスについての特集です!

 

内容はザックリ書くと、S-WORKSグレードのロードバイクの完成車を購入する前にボディージオメトリフィットを受ければ!!

 

ハンドル、ステム、サドル、クランク、チェーンリング、スパイダー、シートピラー

をフィッティングによって出されたデータに基づき、スペシャライズドジャパンが無償で交換してくれるという物です。

 

ステム長やハンドル幅やサドル幅など、しばらく乗ってから買い換えないといけないパーツがあります。

そういったパーツをバイク購入のタイミングでバシっと決めてしまい、最初からフィットしたバイクに乗ってもらおうっていう趣旨のキャンペーンです。

 

ただし、スペシャライズド社としてもお金のかかる事なので、S-WORKSの完成車にかぎります。

 

今、全国でフィッティング対応店はスペシャライズド取り扱い店約200店中35店舗らしいですが、ウチもその中の1店舗なので、このサービスを実施します!!

 

試験的な試みなので、期間が決まっていて2月1日~6月末日までです!

もしS-WORKSの完成車をご購入検討の場合は、ぜひこの機会にお問い合わせください!!

 

http://www.81496.com/jouhou/bgfit/bgfit.html

(BGフィットのページ)

 

上のページにボディージオメトリフィットを紹介しています。

もしご興味あればチェックしてみてください!!

 

体調が悪すぎてブログが手抜きでスンマセン。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。