东林院・怎么走・行き方・Access
交通:電車 JR嵯峨野線(山陰本線)「花園駅」、嵐電〈京福電鉄〉北野線「妙心寺駅」
   bus「妙心寺前/妙心寺北門前 」下車 中文
住所:京都市右京区花園妙心寺59 map
TEL:075-463-1334
参拝時間:「沙羅の花を愛でる会 」2014/6/15(日)~6/30(月) 9:30~16:00
       「小豆粥で初春を祝う会」1月15~31日、「梵燈のあかりに親しむ会」10月上旬
URL:妙心寺
入場料:お抹茶付…1,580円  お抹茶と精進料理付…5,570円(予約不要)


東林院 「沙羅の花を愛でる会」 東林院 「沙羅の花を愛でる会」

平家物語「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色…」
平家物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)/角川書店
¥720
Amazon.co.jp

「沙羅双樹」は、お釈迦様が入定された時、いっせいに花開き、その死を悲しんだと言われる花。
(ただし日本の沙羅双樹は夏椿という一日花で、インドの沙羅双樹とは種類が違います。)

無常―
「形あるものは必ずこわれて行く。形美しきもの永遠に保てず」

(東林院パンフレット抜粋)

東林院 「沙羅の花を愛でる会」 東林院 「沙羅の花を愛でる会」

そうだ京都行こう 」のポスターで有名な妙心寺 塔頭の東林院へ。

今年は雨が少なく、お庭の苔が枯れており、落ちた沙良の花は午後には萎んでしまうそうです。

ポスターほど青々とした苔むしたお庭ではないものの、
沙良の花のはかなげな様子を愉しむことができます。

パンフレットを開いてみると「ただぼんやりする 何もない贅沢があります」
「部屋にはテレビや電話はなく、座禅や朝のお勤め、愛想やサービスもありません」、
という宿坊が1泊2食付6480円、朝食付き5400円と載っている。

そんな一日を京都で過ごすのもいいですね。

東林院 「沙羅の花を愛でる会」 東林院 「沙羅の花を愛でる会」

お坊様は
「世の中は娘が嫁と花咲いて カカァとしぼんで ババと散りゆく(詠み人しらず)」
という唄を笑いながら紹介してくださいました。

そこは冗談として…
色んなものにお世話になっている「おかげさま 」、
「来た時よりも美しく」は、心と見つめ合い、心を美しくしていくことではないか、
というお説法を拝聴し、
一服のお茶、沙羅の華をイメージしたお菓子をいただき、身も心もリフレッシュ。

パワースポット…というか、癒しの空間を満喫した一日でした。

東林院 「沙羅の花を愛でる会」 東林院 「沙羅の花を愛でる会」

*京都ゆるかわカメラ散歩の旅をご希望の場合はMail にてご連絡ください*

★イイネ!ワンクリックが励みになります↓記事が役に立ちましたらポチっとお願いします!
食べログ グルメブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ  到到网 TripAdvisor  微博 WEIBO
★祝你京都生活幸福・一路平安京都旅游 ↑One Click↑ 谢谢!

京都 寺 Shrines & Temples  京都 買い物 shopping  京都Link  
京都 食 Restaurants  京都 カフェ café   京都生活 kyoto Life

京都駅周辺  祇園・東山  烏丸御池・四条河原町  嵯峨野・嵐山  
content 目录 もくじ

ワクワクすること、やりたかったことを1つ始めてみてください❤ 素晴らしい奇跡がおきますよ!

「京都散歩の旅」の写真販売中
写真素材のピクスタ














AD

コメント(2)