Dagda

アイルランドを愛する役者・山崎亨太のブログ


テーマ:
ブログを更新するのは何時以来であろうか。


サボっていたと言えばサボっていたのですが、人間として役者として様々な事と戦っていました。


今度こそ習慣になればと思いながら、久々のブログを書こうかと思います。


最近年なせいか、飲食店での店員さんの言動が気になる事があります。


先日久々に両親と食事をしようという事になり、あるステーキ屋さんにいきました。


この店は以前一度行った事があり、味はとても良かった思い出があります。


先ず僕と母が到着し、父は5分後ぐらいに到着だと連絡がありました。


『3名なのですが入れますか?』


入り口付近にいた店長らしき人に尋ねました。


『入れますよ、全員お揃いですか?』


文字で書くと丁寧であるが、笑顔は無いし素っ気ない。


『1人は5分後に到着します』


『じゃあ駄目ですね』


『!!』


店のシステムであるから仕方無いのだが、いかんせん言い方が酷い。


しかし我慢して僕と母は父を待った。


その後、どんどん客が来店。


どんどん通す店長。


狭い店内のため、おそらくあと3人で満席になる。


『すみません、間もなく到着するので駄目ですか?』


僕はもう1度声をかけた。


『聞かなかった事にするので!駄目です!』


『!!』


言い方って大切ですね。


少し話が逸れますが、日本語は本当に素敵な言葉だと思います。


僕は取材の為1月に奈良と京都と島根に行ってきました。


そこには日本古来の建物や石碑、他にも様々な事を感じながら、僕は日本人で良かったと心から感じたのです。


役者は言葉を操るのが仕事の1つです。


言葉の意味を捉え、言葉に感情を込め、的確に魅力的に演じるのが芝居です。


日本の文化や歴史に触れた事で、もっと言葉を知らなければいけない、もっと大切に話さなければいけない、伝えなければいけないと感じました。


先人が考え、磨き、伝えてくれた日本語。


自分の未熟さや浅はかさに腹が立った程です。


そんな素敵な時間を過ごした後のこれです。


システムは仕方が無いが、同じ言葉を操るのに、この店長は傲慢だなと感じました。


日本語を使うなと心で思いながら、僕は母に言いました。


『別の店にしよう、これでは御飯も美味しく無い』


『そうしましょう』


母も即答したので、きっと母も気分が悪かったのであろう。


その後、父と合流して別の店を探しました。


少し歩いた場所にある洋食屋に僕達は入店。


入り口に高齢ではあるが、綺麗にスーツを着た男性がいた。


『いらっしゃいませ』


高齢とは思えない綺麗な御辞儀と言い方、そして素敵な笑顔。


『3人なのですが入れますか?』


『少々お待ち下さい』


他の店員と何か確認をしているのだが、他の店員さんも非常に丁寧な佇まい。


『3階になりますが宜しいでしょうか?』


『はい』


『そちらのエレベーターで御願い致します』


『わかりました』


他愛も無いやり取りではあるのだが、とても優しい気持ちになった。


直ぐに入れたからでは無く、品があり、笑顔を絶やさず、綺麗な言葉を投げかけられたからである。


正直味は普通だったのだが、久々に両親と過ごした時間は楽しかった。


これはこの店員さんの御陰である。


『ありがとうございました、またお越し下さい』


店を出る時も深々と頭を下げられ、僕は自然と言葉が出て来ました。


『ごちそうさまでした、美味しかったです、また来ます』


気を使うとかそんな事は少しも無く、この人に感謝の気持ちを伝えたいと思った。


また必ず行こう、僕は心に誓いました。



言葉は知るだけでは意味が無い、言葉の意味を知り、心に落とし、大切に使わなければいけない。



そんな僕が主宰する劇団ティルナノーグ、7月に芝居をやります。








今回で第10回公演になります。

お金も何も無い状況から長坂と2人で立ち上げ、震災も含め様々な事を乗り越え、今回とうとう10回目。

たかが10回かもしれないのですが、立ち上げた当時、僕も長坂もここ迄やれるとは思っていませんでした。

もう無理かもしれない、もう駄目かもしれない、そんな思いは何度も巡りました。

でも御客様に支えられ、長坂と力を合わせ、何とか第10回まで到達。

今回は僕の人生や思い、今の僕が全身全霊をかけて執筆した作品です。

生まれた事への感謝、日本への感謝、御客様への感謝の気持ちを込めて書きました。

役者陣も僕が大好きな人達にオファーしました。

ティルナノーグ史上最高傑作を創りあげます。

最高のスタッフと役者、皆で力を合わせて最高の舞台をお届けします。

待っていて下さい。



山崎亨太





AD
いいね!(17)  |  リブログ(0)

テーマ:



くなりましたが、劇団ティルナノーグ第9回公演『天国のフォトグラファー』に御来場戴き有難う御座いました。


初の再演といいう事でしたが、今回も御客様には沢山学ばせて頂きました。


有難う御座います。


本当に有難う御座います。


再演というのは何時もと違う感覚があり、初演から4年経っていますし、自分が成長しているのかどうかの確認作業でもありました。


第8回の反省点、初演時の反省点、今回チャレンジしたい事も多々あったり。


僕は娘を亡くすジャーナリストの役を演じたのですが、未婚である僕がどう演じれるか、娘への思いを表現出来るかどうか、これは演者として最後迄戦った部分。


毎回そうなのですが、舞台に立っている時間は、全ての不安や緊張を打ち消し、兎に角全力で演じる様にしています。


しかし終演後には様々な事を考えたり、悩んだり、喜ぶとか嬉しいとかは殆どありません。


勿論終演後に御客様へ挨拶したり、お話したり、その時間は喜びがあります。


自然と笑顔になる時間もあります。


でも完パケすると、一気に反省モード。


僕は特別才能があるとか、特別ルックスが良いとか、そんなモノがない男ですから、未熟な部分は苦悩して努力して埋めるしかありません。


きっと僕は面倒臭い男なのだと思います。


芝居しか好きじゃないし、知らない事も沢山あるし、忘れ物も多いし、駄目な部分をあげたらキリがありません。


でもそんな面倒臭い僕のために集まってくれた共演者やスタッフ、そして御客様がいます。


だから僕は戦い続けたい。


感謝の気持ちを伝える為にも戦い続けなければなりません。


共演者の皆様、スタッフの方々、そして御客様、本当に有難う御座います。


僕の命が尽きない限り、僕は表現者として戦い続けます。


だからあと何年か解りませんが、付いてきてくれたら嬉しいです。


命をかけて恩返しし続けます。


待っていて下さい。





早いもので第九回、当たり前ですが次は第十回。


この九回の間、毎回毎回反省点や課題が見付かり、その度に苦悩します。


辛い、苦しい、胃が痛くなったり、倒れそうになったりするけど、何故か不思議と芝居を辞めようとは思わない。


その反省点や課題が見付かるからこそ、次こそは御客様を満足させるために克服しようと思う。


それは僕の中にある芝居愛が大きくなるのを感じる時間。


これもまた共演者やスタッフ、御客様に感謝しなければなりません。


有難う御座います。


本当に有難う御座います。




そんな僕がまた芝居をやります。


芝居と言っても今回は劇場ではありません。


来て下さった方もいるかと思いますが、吉祥寺にあるBARでの芝居です。


そして今回はティルナノーグとしてでは無く、山崎亨太プロデュースという形でやります。


いつもと違うテイストと言いますか、違う世界を表現出来たら嬉しいです。


以下詳細です。

山崎亨太プロデュ-ス公演『くま組』

会場 吉祥寺foxhole
   〒180-0004
   東京都武蔵野市吉祥寺本町1-32-11 タカムラビルBF
   JR吉祥寺駅北口から中央線沿いに東へ徒歩約5分、左手(北側)

日時 11月30日

   14時

   17時

料金 14時 2000円(ワンドリンク付)

   17時 2500円(カレー付)

出演 actor
   新井利津子
   木下幸太
   山崎亨太

   musician
紙義行
   miy


御予約はtirnanog.dagda@gmail.com迄お願い致します。


明日も皆様が笑顔でありますように。


おやすみなさい。







AD
いいね!(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
大変ご無沙汰しております。


もう何ヶ月更新していなかったか覚えておりません。


更新はしておりませんでしたが、地道に役者として活動はしております。


忙しいのはあったのですが、中々ブログを作る気分にもなれず過ごしていました。


本当に不器用な男で申し訳ありません。



そんな不器用な僕ですが、9月に舞台が決まりました。


僕が主宰をしている劇団ティルナノーグの舞台。


早いもので次回が第9回公演、本当にあっと言う間です。


先ず舞台の詳細です。











劇団ティルナノーグ第9回公演

『天国のフォトグラファー』

作・演  山崎亨太


出演  馬渡直子

    三宅ひとみ

    徳川美妃

    長坂有峰

    中村伽奈美

    山下真美

    山崎亨太

劇場  明石スタジオ

日程  2014年9月25~28日(全7ステージ)

料金  2500円



今回は初めての再演となります(第4回公演)。

今回はタイトルも変更し、脚本も1から書き直しました。

なのでもう新作に近いです。

初演時より御客様に成長させて戴いたので、その成果を少しでも届けられたらと思います。

間もなく稽古も開始です。

今回も全身全霊で挑みます。



あと告知だけも何ですし、他にも書きたいと思います。

近所で女性が襲われる事件が起きましてね。

未遂で済んだ様なのですが、知った時はムカつきました。

正義感ぶる訳じゃ無いのですが、女性が襲われるというのはムカつくのです。

女性と言うか、子供とかお年寄りとか、自分より力の弱い者を狙う犯罪は許せません。

更に近所な訳ですから、僕の腑は煮えくり返っています。

未だ犯人は捕まって無い様ですから、見付けた時には先ずラリアット食らわせたいですね。

そこからサソリ固めに移行してね、長州力さんの必殺コースです。

シャイニングウィザードでも良いですね。

そこから四の地固めに移行してね、武藤敬司さんの必殺コースです。

ケンカキックでも良いですね。

そこからSTF移行してね、蝶野正洋さんの必殺コースです。

シミュレーションでは8勝2敗でした。



あと35年生きてきて、様々な事を思います。

ブログは更新していませんでしたが、様々な役を演じ、様々な事を経験し、様々な思いが僕に与えられました。

先ずずっと考えている事ですが、強い男になりたいという事。

強さとは様々な事を受け止め、そして乗り越えてこそ培えるものなのだと思います。

でも僕は馬鹿ですから、筋トレをしたり、人を信じなかったり、ツンケンする事が強さだと思っていたのです。

本当に馬鹿野郎ですね。

35年現在、僕が辿り着いたのは、強さとは優しさなのかもしれないという事。

これは僕が避けていた部分と言うか、優しさ=沢山傷付いて、沢山損をする。

間違っていないのかもしれませんが、しかし前者の生き方を実践してきた僕が弱弱な訳ですね。

人の為に何かしてあげようとか、僕はそんなに善人ではありませんし、自分だけで精一杯な未熟な男です。

でも出来る事はある。

誰かの幸せを願ってあげたり、一緒にいる人達を笑顔にしてあげたいなと思ったり、まあ他者を小心で願う事。

だから小さなエリアであるのだけれど、その小さなエリアだけでも優しい空間にしたいと思うのです。

僕がTVや舞台で演じたり、表現をする事で、一体何人の心に響いたのだろう。

役の大小関係無く、これは毎回未だに考える事。

少し話が飛びますが、僕は日本という国に生まれて本当に良かったと思います。

九州で生まれ、東京で育ち、最初は当たり前な事に感謝しなかったのです。

しかし勉強をしていくとね、日本には様々な偉人が一杯いる事を知りました。

そんな彼等が残した言葉や生き様が、今の僕の事を支えてくれています。

それは両親であったり、友人であったり、僕に指導をしてくれている方々全員にも当てはまります。

僕に関わった全ての人達の言葉や人生が、今の僕を支えてくれています。

だから僕は決めました。

僕の命が続く限り、僕は1人でも多くの人の力になりたいと。

でも僕は芝居しか出来ない人間ですから、芝居という表現を通して、1人でも多くの人の心に残ればと思います。

それは小さなエリアかもしれないけれど、僕は人生を懸けて恩返しをしていきます。

待っていて下さい。


皆が今日も1日幸せであります様に。



AD
いいね!(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
大変ご無沙汰しております。

記事を上げるのは何ヶ月振りでしょうか。

暫く様々な事と戦っていました。

しかし御心配をお掛けした方もいらしたみたいで…大変申し訳ありません。



この数ヶ月、本当に色々な事がありました。

自分との戦いもあり

役者としての戦いもあり

皆日々戦いであると思うのですが、どうやら僕は極度に不器用な男みたいです。

でも今年は少しずつでも記事を上げていけたらと思います。


先ず御存知の方もいるかと思いますが、今月の17日~19日に新作の舞台をやる事になりました。







劇団ティルナノーグ第八回公演

【安眠泥棒の午睡】

作・演 山崎亨太

~あらすじ~
記憶…私には記憶が無い。
あてもなく歩いていた所に出逢った一匹の猫。
その猫に導かれる様に出逢った喫茶店。
そこには記憶に囚われ、過去に苛まれた人達がいた。
彼等の仕事は静かな眠りを取り戻す事。
記憶がある事は幸せなのか。記憶が無い事は幸せなのか。
果たして彼等は静かな眠りを取り戻せるのか・・・

【会 場】

  明石スタジオ   住所:東京都杉並区高円寺南4-10-6
           TEL:03-3316-0400
【日程】

  1月17日(金)      19時

   18日(土) 14時  19時

   19日(日) 13時  17時

【チケット料金】

  前売2,500円 当日2,800円  *全席自由

【出 演】

  馬渡直子
  長坂有峰
  嶋田あや(劇団enji)
  遠藤瑠香(アーラェ アンゲリー)
  藤田秀幸(アーラェ アンゲリー)
  山崎順一郎
  福田弘宜
  山下真実
  山崎亨太

【スタッフ】

  舞台監督…林大介(零´s Record)
  音  響…零´s Record
  照  明…佐瀬三恵子
  展示作品…馬渡孝夫・KOTARO 
  宣伝美術…速水城・SEI(木村図芸社)
  映像撮影…磯田修
  写真撮影…SEI
  制  作…吉田真理奈・SEI
       劇団ティルナノーグ

【御予約】

  info@tirnanog.name



早いもので、今回が第8回になります。

この執筆作業も戦いの一つでした。

今作品は、僕から日々戦っている人達へのメッセージです。

お忙しいかと思いますが、お時間ある方は是非観に来て下さい。



明日から追い込み稽古が始まります。

ここからは体力と気力が大切。

千秋楽が終わったら倒れても良い気持ちで戦っていきます。



また近々記事を上げます。

明日も皆様が笑顔であります様に。

おやすみなさい。
いいね!(7)  |  リブログ(0)

テーマ:



大切に築いてきたモノのでも簡単に壊れたりする。


壊れたら築き直せば良い。


そんな事を頭で理解しようとしてみる。


でもそれは単なる自己防衛。


心と身体はついていかない。


人生は浮き沈みがあるから面白い。


良い事もあれば悪い事もある。


だから生物は成長出来る。


しかし。


悪い事というのは畳み掛けてくるくるモノ。


悲しいかな、良い事と悪い事は交互に起きてくれない。


でもまあ。


そこからの立て直し方、這い上がり方で成長が決まる。


しかし。


時と場合によっては、成長出来ずに退化する。


築き直す気力を失い、築き上げる中で身に付けたモノを失う。


物であったり、金銭であったり、心であったり。


感情であったり、これからの未来を生き抜く力であったり。


たった一つの行動や言葉により、前途の全てを失う事もある。


世の中で多発する殺人事件。


原因は金銭だったり、怨恨だったり。


様々な欲求から、様々な感情に繋がり、それが爆発して事件が起きる。


金銭なんて働けば良い。


怨恨があれば、世に沢山ある芸術を感じれば良い。


でも感情や傷というモノは、簡単な様で簡単では無い。


身体の傷は簡単に塞がるが、心の傷は中々塞がらない。


でも欲求や傷で人を殺めてはいけない。


自分を傷付けてもいけない。


矛盾した事を言うが。


人間は弱い様で強い生き物。


快楽殺人をする様な輩には掛ける言葉すら無い。


でももし今傷付き、1人で思い悩んでいる人がいたら、僕は伝えたい。


あなたは1人じゃないと。


僕は不器用な人間だから、芝居をする事しか出来ません。


一つでも多くの平和を作りたい。


一つでも多くの笑顔を作りたい。


日々生きていく力を与えたい。


その決意の元にティルナノーグを立ち上げました。


劇団での演出で言う言葉がある。


シンプルさを心がけましょう。


余計な事はせず、心と魂を燃やし、そこから沸き起る感情を大切に表現する。


まだまだ未熟な表現者であるが、僕が辿り着いた一番の表現法の一つ。


同じ様な感性の表現を感じた時、僕は心から感動させられる。


笑顔を貰い、明日からも強く生き抜いていこうと思わされる。


そんな表現をしている人達は強い。


肉体の強さや精神の強さでは無く。


ポジティブな人間でも無く。


弱さを知っているからこその強さを持ち合わせている。


だから僕は強くなりたい。


人の心に訴えかけれるのは、強き人間のみ。


孤独やトラウマ等、塞がらない傷と共に生きていける人間。


そんな人間は誰よりも強く、そして誰よりも優しい。


日々起こる全てが修行。


生き甲斐である芝居のために、僕の表現を観てくれる御客様達のために。


僕は強く優しくなりたい。


強く優しくなれた時、僕は自分に伝えたい。





大切に築き上げたモノが壊れても、粉々にされたとしても。


また一から築き上げていこう。


どんなに無様でも生き抜いて、這いつくばってでも必死に生き抜いて。


また一から築き上げていこう。


同じモノは築き上げられないかもしれない。


長い時間を要するかもしれない。


築き直した時、それがどんな造形をなしていても。


それは光り輝いている。




今の自分には響いてこない。


でもいつか響いてくれると信じる。


無様でも不器用でも必死に生き抜いて。


日々の全てを受け止め。


自分の未熟さと向き合い。


全力を振り絞り。


ガムシャラに一歩一歩を踏み出し続ける。




いつか辿り着くために。
いいね!(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。