$極真会館 浜井派 平和町道場(石川県金沢市)
【電話でのお問い合わせ】090-8264-8515中島まで
【メールでのお問い合わせ】 sns_kk@yahoo.co.jp
$極真会館 浜井派 平和町道場(石川県金沢市)
代表:浜井識安   支部長:中島新治


アメーバアメーバアメーバアメーバアメーバアメーバアメーバアメーバアメーバアメーバアメーバアメーバアメーバインフォメーションアメーバアメーバアメーバアメーバアメーバアメーバアメーバアメーバアメーバアメーバアメーバアメーバアメーバ

(行事予定)11月6日 秋期昇級昇段審査会・白山市啓武館         .
    
   (試合予定)11月6日・第9回佐藤道場ジュニア空手道選手権大会・一宮市 
        11月19、20日・第10回JKJO全日本ジュニア空手道選手権
12月4日・石川県空手道型選手権大会・白山市




テーマ:

8月21日に行われました夏期昇級昇段審査会の結果が出ましたので、ここに発表します。

    

 

黒帯2(初段) 飯田響介、山瀬茉緒

 

黄帯1本線(5級)  坂本 亘

 

黄帯(6級)  村崎誠彦

 

青帯(8級)  林 優之介、飛田琥伯

 

橙帯1本線(9級)  林 くる未

 

橙帯(10級) 飛田妃吹

 

   

昇級して喜ぶ子供たち(琥伯、暗いぞガーン

 

少年部初段に合格した響介、茉緒は後日昇段10人組手に

 

挑んでもらいますメラメラ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年

 

クローバー9月18日「第34回北信越空手道選手権大会(一般男子上級)

                (いしかわ総合スポーツセンター・極真会館浜井派総本部主催)

 

優勝 泉 魁斗

3位  澤田大嗣

ベスト8・沖田大芽


 

  

  

クローバー9月18日「第17回百万石杯空手道選手権大会」「少年部帯別最強決定戦」

                (いしかわ総合スポーツセンター・極真会館浜井派総本部主催)

 

優勝 飛田妃吹(選抜・幼年女子の部)

優勝 池田虎羽(選抜・小学1年男子の部)

優勝 ビートンオースティンジェームズ大史(選抜・小学2年男子の部)

優勝 水上莉愛(選抜・小学4年女子30kg以上の部)

優勝 高 優一郎(選抜・中学男子55kg未満の部)

優勝 池田心羽(帯別・幼年年中の部)

優勝 ももか(帯別・小学3年女子橙帯の部)

準優勝林 くる未(選抜・小学1年女子の部)

準優勝田村大地(帯別・小学1年男子の部)
準優勝山本逸聖(帯別・小学3年男子橙帯の部

3位水上愛粋(選抜・小学2年女子の部) 

3位八木 渚(選抜・小学3年女子の部) 
3位山本椿姫(帯別・小学1年橙帯の部)




 
 
 

 

クローバー9月11日「全東海空手道選手権大会2016」

                (長浜市民体育館・桜塾主催)

 

優勝 池田心羽(初級幼年年少・年中の部)

優勝 池田虎羽(上級小学1年男子の部)


準優勝八木大洋初級幼年年少・年中の部)

 

    

 

 

        

クローバー9月4日「第23回西日本ジュニア空手道選手権大会」

                (三重県営サンアリーナ・光武会館主催)

 

優勝 飛田妃吹(幼児女子の部)

 


     

 

 

 

 

クローバー8月28日「第5回JKJO全中国空手道選手権大会」

                (岡山県笠岡総合体育館・JKJO中国地区主催)

 

優勝  水上莉愛(小学4年女子30kg以上の部)

準優勝水上愛粋(小学2年女子の部)

 


    

     

 

  

クローバー8月28日「第16回若鯱杯空手道選手権大会」

                (名古屋市志段味スポーツランド・極真会館尾張名古屋松田道場主催)

 

準優勝 山瀬茉緒(小学5.6年女子の部) 

3位   重山涼子小学5.6年女子の部)

 

 

   
   

 

クローバー8月21日「JKJO北陸地区交流試合

                (白山市啓武館・JKJO北陸地区事務局主催)


優勝 飛田妃吹(幼年女子白帯の部)
優勝 供田大心(小学2年男子橙帯の部)

優勝 林 優之介(小学3年男子橙帯の部)

準優勝山本椿姫(小学1,2年女子白・橙帯の部)

準優勝山本逸聖小学3年男子橙帯の部) 



 

 

 

     

クローバー8月14日「第1回大山倍達杯中国極真フルコンタクト空手道選手権大会」

                (中国大連フラマホテル・極真会館浜井派大連総本部主催)


優勝 高 優一郎(中学男子60kg未満の部)
優勝 泉  魁斗(成人男子軽重量級の部)・(大山倍達杯王者争奪戦)

準優勝澤田大嗣(成人男子中量級の部)

                

  

 

 

 

クローバー7月18日「第5回北陸地区空手道交流戦大会」

                (福井県立武道館・極真会館坂本派福井県本部主催)

 

優勝 池田龍羽(小学4年男子上級の部)

準優勝 山本椿姫(小学1年初級の部)

3位   田村大地小学1年初級の部)



 

 

 

 

クローバー7月3日「第3回真誠塾空手道選手権大会」

                (桑名市体育館アリーナ・真誠塾主催)

 

優勝 池田虎羽(小学1年男子の部)



   
   

 

 

クローバー6月26日「武神 ALL JAPAN CUP 2016」

                (愛知県体育館・武神主催)


優勝 池田虎羽(選抜クラス小学1年男子の部)
優勝 泉  魁斗(一般男子有段重量級の部)

準優勝 多島  然(選抜クラス小学3年男子27kg以上の部)

3位   ビートンオースティンジェームズ大史(選抜クラス小学2年男子の部)

3位   水上莉愛(選抜クラス小学4年女子30kg以上の部)

3位   ・山瀬茉緒(選抜クラス小学6年女子40kg未満の部)


 


インデックスに戻るターン  



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「第17回百万石杯空手道選手権大会」結果速報

 

 

クローバー幼年男子

(優  勝) 壁 悠之助(浜井派鳴和)

(準優勝) 石塚雄陽(自然拳法二塚)

(3  位) 野々垣駿真(祐心会)

(3  位) 長岡壮佑(浜井派高岡) 

                         

クローバー小学1年男子

(優  勝) 池田虎羽(浜井派平和町)

(準優勝) 北島奏汰(自然拳法二塚)

(3  位) 中本奏大(流心館)

(3  位) 高橋正暉(闘真会館)

 

クローバー小学2年男子

(優  勝) ビートンオースティンジェームズ大史(浜井派平和町)

(準優勝) 都築莉久(秀武館)

(3  位) 本杉一颯(立志会)

(3  位) 塚本瑛太(澤崎道場)

 

クローバー小学3年男子27kg未満  

(優  勝) 藤尾幸輝(桜塾)

(準優勝) 利根川世道(浜井派高岡) 

(3  位) 斎藤俊介(桜塾)

(3  位) 桑原右京(フルコンタクトカラテスクール)

        

クローバー小学3年男子27kg以上

(優  勝) 中西亮太(闘英館)

(準優勝) 仲辻碧波(白蓮会館堺)

(3  位) 酒井 暖(立志会)

(3  位) 川口一護(LA藤田道場)

          

クローバー小学4年男子30kg未満

(優  勝) 渡辺龍輝(浜井派鳴和)

(準優勝) 平岩克悠(桜塾)

(3  位) 前田龍吾(祐心会)

(3  位) 野崎祐生(七州会)

 

クローバー小学4年男子30kg以上

(優  勝) 小川惺也(仰拳塾)

(準優勝) 田中杜和(祐心会)

(3  位) 近藤聖瑠(桜塾)

(3  位) 長浦蓮太(政浦道場)

 

クローバー小学5年男子35kg未満

(優  勝) 山下夏海(白蓮会館湘南鎌倉)

(準優勝) 田中基貴(新極真東京)

(3  位) 酒井偉久(佐藤道場)

(3  位) 土田翔生(自然拳法二塚)

 

クローバー小学5年男子35kg以上

(優  勝) 安居怜生(飛心会)

(準優勝) 川端優作(浜井派サンライフななお)

(3  位) 橋本楓汰(寛水流)

(3  位) 野竹勇生(政浦道場)

 

クローバー小学6年男子40kg未満

(優  勝) 藤澤駿介(勇輝会館)

(準優勝) 硲 翔大(政浦道場)
(3  位) 寺澤寛太(顕正会館)

(3  位) 玉置大聖(閃捷塾)
                              

クローバー小学6年男子40kg以上

(優  勝) 竹山和貴(佐藤道場)

(準優勝) 坂井秀伍(浜井派鳴和)

(3  位) 佃 玲偉(浜井派中能登)

(3  位) 若林 脩(桜塾)

 

ブーケ2幼年女子

(優  勝) 飛田妃吹(浜井派平和町)

(準優勝) 宮崎なつめ(浜井派金沢中央)

(3  位) 後藤かれん(浜井派高岡)

(3  位) 若林 藍(桜塾)

 

ブーケ2小学1年女子

(優  勝) 加藤愛琉(波導館)

(準優勝) 林 くる未(浜井派平和町)

(3  位) 中村碧葉(浜井派美川)

(3  位) 渡邉  藍(桜塾)  
                                                      

ブーケ2小学2年女子

(優  勝) 酒井希羽(佐藤道場)

(準優勝) 三浦志夏(浜井派大阪)

(3  位) 水上愛粋(浜井派平和町)

(3  位) 堀田みず希(千山道場)

    

ブーケ2小学3年女子

(優  勝) 立浪佳歩(浜井派高岡)

(準優勝) 岡田愛麗(浜井派野々市)

(3  位) 澤井柚希(聖流拳真会)

(3  位) 八木  渚(浜井派平和町)

 

ブーケ2小学4年女子30kg未満

(優  勝) 小野愛莉(飛心会)

(準優勝) 犬飼杏心(浜井派愛知)

(3  位) 魚江 蘭(浜井派野々市)

(3  位) 能澤誠美(浜井派小松)

 

ブーケ2小学4年女子30kg以上

(優  勝) 水上莉愛(浜井派平和町)

(準優勝) 成田薫実(七州会)

(3  位) 宮崎沙菜(餅田道場)

(3  位) 伊藤朱里(佐藤道場)

     

ブーケ2小学5年女子35kg未満

(優  勝) 真田美桜(浜井派鶴来)

(準優勝) 柴山心愛(自然拳法二塚)

(3  位) 柏尾瑠那(学心会)

(3  位) 平原  奏(浜井派愛知)

 

ブーケ2小学5年女子35kg以上

(優  勝) 富田藍海(新極真会西東海)

(準優勝) 伊藤あん(佐藤道場)

(3  位) 千保七海(七州会)

(3  位) 中山公子(浜井派津幡)

                       

ブーケ2小学6年女子40kg未満  

(優  勝) 新田小粋(浜井派笠舞)

(準優勝) 利根川十仁(浜井派高岡)

(3  位) 高島妃芽(祐心会)

(3  位) 高見心音(七州会)

                         

ブーケ2小学6年女子40kg以上

(優  勝) 松本梨瑚(浜井派富来)

(準優勝) 渡辺小春(浜井派鳴和)

(3  位) 柳澤玲来(浜井派福井)

(3  位) 川添柚佳(桜塾)

     

クローバー中学男子45kg未満

(優  勝) 欲賀晟吾(桜塾)

(準優勝) 市來葵士(桜塾)

(3  位) 高崎稜人(至道会館)

(3  位) 大本 蓮(七州会)
                         

クローバー中学男子55kg未満

(優  勝) 高 優一郎(浜井派平和町)

(準優勝) 堂田一斗(浜井派金石)

(3  位) 西村一真(光武会館)

(3  位) 福井雄基(真門塾)

              

クローバー中学男子65kg未満

(優  勝) 金森悠成(金森道場)

(準優勝) 鈴木陸斗(ノーティカラテアカデミー)

(3  位) 星野力也(土方道場)

(3  位) 我那覇 亮(七州会)

 

クローバー中学男子65kg以上

(優  勝) 若狭竜雅(政浦道場)

(準優勝) 野々部雄斗(佐藤道場) 

      

ブーケ2中学女子45kg未満

(優  勝) 藤田咲嬉(飛心会)

(準優勝) 渡貫沙耶(MAC横浜中山)

(3  位) 西村香那(光武会館)

(3  位) 嶋田ひな(闘心会館) 

 

ブーケ2中学女子55kg未満

(優  勝) 杉本里帆(誠拳會館)

(準優勝) 山形智香(浜井派内灘)

(3  位) 中川由菜(浜井派鳴和)

(3  位) 島津美羽(七州会)

 

ブーケ2中学女子55kg以上

(優  勝) 川村命那(祐心会)

(準優勝) 平原  澪(浜井派愛知)

(3  位) 土屋阿海(寛水流)

 

クローバー高校男子60kg未満

(優  勝) 尾原武人(桜塾)

(準優勝) 内田聖那(浜井派鳴和)

(3  位) 杉山飛雅(誠道館)

(3  位) 宮川岳大(桜塾) 

  

クローバー高校男子70kg未満

(優  勝) 賀久泰嗣(闘龍會)

(準優勝) 池上景偉(浜井派美川)

(3  位) 竹嶋柊音(吉塚道場)

(3  位) 西野智貴(拳勝会館)

 

クローバー高校男子70kg以上

(優  勝) 森口聖也(矢郷道場)

(準優勝) 鳥井開斗(浜井派金石)

(3  位) 須貝涼馬(闘真会館)

(3  位) 上原大輝(浜井派新神田)

                 

ブーケ2高校女子50kg未満

(優  勝) 木村 杏(澤崎道場)

(準優勝) 欲賀 陽(桜塾)

 

ブーケ2高校女子57kg未満

(優  勝) 神谷優良(神谷塾)

(準優勝) 山田綾華(極真小井)

(3  位) 寄田優華(浜井派砺波)         
(3  位) 
長縄真由(聖流拳真会)

 

ブーケ2高校女子57kg以上

(優  勝) 福田桃香(浜井派小松)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「第34回北信越空手道選手権大会」(一般男子上級)結果

 

 

優勝    泉 魁斗(平和町)

準優勝  麻井 仁(安原)

3位    澤田大嗣(平和町)

4位    堀岡大雅(内灘)

ベスト8  堀岡風雅(内灘)

ベスト8  桝田諒介(羽咋)

ベスト8  沖田大芽(平和町)

ベスト8  大野篤貴(内灘)

 

 

素晴らしい戦いをありがとうビックリマーク

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

報告が遅くなりましたが、

 

お盆真っ只中の8月13日~15日、初の海外遠征に行ってきました。

 

戦いの場は中華人民共和国・大連。

 

約10年前、浜井代表がこの地に極真空手の道場を構え、

 

その後着々と地盤を固め、満を持して開催した「第1回大山倍達杯」

 

この記念すべき大会に今回、大嗣、魁斗、優一郎が招待選手として選ばれました。

 

大会前日の13日、まずはこれといった渋滞もなく無事関空に到着。

 

現地で仁、ケイン、開斗などなど他の浜井派代表選手と合流。

 

そして同じく今大会に遠征する酒井監督、葉山コーチ率いる

 

武神ユース代表メンバーとも合流。

 

 

しかしここでアクシデント発生。飛行機が遅れて何時発になるかわからないと。

 

朝から何も食べず、早く前日計量をしたい大嗣、優一郎にとってこの待ち時間は苦痛。

 

ナーバスになる必要ないからと少し軽食をとって仮眠。

 

(結果的に現地についたら計量がありませんでした。いい加減)

 

結局2時間遅れで出発飛行機

 

 

約2時間半のフライトを終え、無事大連空港に到着。

 

そして梁先生のお出迎えでバスに乗り、

 

会場&宿泊先である大連フラマホテルに到着しました。

 

 

さすが五つ星ホテルだけあって豪華でした。

 

しかし日本語通じると聞いていたが、中国語のみでちんぷんかんぷん。

 

Wi-Fiはつながりましたが、LINEなどSNSはすべてシャットアウト。

 

あたりまえに使っているツールがなくなると不便ですね。

   

ゴージャスな階段を上がって2階にいくと試合会場が。

     

迫力のある垂れ幕。この大会に賭ける代表の意気込みが伝わってきます。

       

そして素晴らしい試合会場。舞台が組んであるなんて思わなかった。

        

そして日本の物とはデザインが異なるトロフィ。

 

右の特大は成年男子「大山倍達杯」の優勝決定戦のもの。

 

魔法のランプにしか見えませんが(笑)

    

会場視察後、ホテルを出て近所の日本料理店へ。

   

裏通りに入ると怪しい雰囲気に。

 

味つけも日本料理でありながらちょっと違う感じ。

 

優一郎はこの店の杏仁ジュースの独特の味が気に入り?

 

おみやげに何本かもらいました。

 

プレゼントされた友達は悲鳴をあげてることでしょう。

  

夕食後、翌日試合なので早めに切り上げて就寝。

  

  

 

14日、大会当日

ホテル内なのでエレベーター降りたら試合会場と言う贅沢さ。

 

 

会場は日本の試合会場と変わらず朝から熱気に包まれています。

 

いや、日本よりテンション高めです。

   

アップを終えた優一郎、大嗣、魁斗そして仁。

 

活躍が期待できる充実した表情をしています。

    

 

いよいよ開会式。浜井代表もいつになくテンション高く、、

 

中国語もペラペラで、完全に中国人になりきっています。

 

 

試合の方は、優一郎は最近ボクシング重視で空手の感覚が

 

完全に鈍ってましたが、最後は意地を見せ優勝。

 

私は同じコートで小学生と中学生の主審を担当。

 

大連の子供たちも予想以上にレベル高く、熱い試合がたくさんありました。

 

虎羽やオースティン、莉愛、愛粋たちを連れてきたかったな、

 

ここで戦ったら面白いだろうな、って思いながら試合を裁いてました。

 

特に4年男子で優勝した黒帯のワンイーチン君はひと際目に留まりました。

 

彼は今度の百万石杯に遠征してくるとの事。

 

日本の強豪選手とどこまでやり合うか楽しみです。

    

 

 

メインコートの成年男子は盛り上がりました。

 

軽量級は篤貴がまず決勝進出。続いて準決勝第2試合、

 

センス抜群、大連軽量級エース・胡友兵選手は準決勝で勝ったものの

 

負傷により決勝は棄権。篤貴が軽量級王者となりました。

 

しかしこの戦いを見たかっただけに残念。

  

        

 

中量級は仁、大嗣がそれぞれ勝って決勝進出。

 

決勝は日本人対決となりました。

 

初対戦の両者。本戦は互角で勝負は延長へ。

 

中盤、中段突きで追い込んだ仁がペースを握り、判定勝ち。

 

仁優勝、大嗣準優勝という結果となりました。中身の濃い良い試合でした。

 

 

 

軽重量級は魁斗が危なげない試合運びで、

 

南京の選手、大連の選手に快勝し優勝。

 

決勝は突きで1本勝ちでした。

 

 

重量級は激戦でした。

 

千葉から来たKWF極真会館の宮原穣選手と、中国最強の極真選手と

 

呼ばれる総極真上海のエース・陳春康選手の決勝。

 

陳選手のラフファイトに押され気味の宮原選手でしたが、

 

粘り強く戦い、延長で逆転勝ち。重量級を制しました。

 

これで4階級とも日本人選手が優勝し、空手母国日本の意地を見せました。

 

 

そして、このチャンピオン4人で争われる「大山倍達杯」王座争奪戦

 

間髪いれず本戦3分、延長2分、再延長2分の戦いが始まりました。

 

軽量級王者・篤貴vs中量級王者・仁はお互い一歩も引かず好ファイト。

 

再延長3-2で篤貴が辛くも勝利。

 

軽重量級王者・魁斗vs重量級王者・宮原穣選手。

 

ガタイ、技術、実績、どれもはるか上の宮原選手に果敢に挑む魁斗。

 

動きを止めず、押し気味に試合をすすめるも本戦引き分け。

 

延長もお互い1歩も引かない白熱したファイト。判定4-1で魁斗の勝利。

 

胸を借りるつもりで送りだしましたが、宮原選手の体調が悪かったとはいえ、

 

まさか勝てるとは思っていませんでした。魁斗の空手人生で一番の金星です。

 

それでも宮原選手の強さ、センスが目につきました。楽しみな選手です。

 

 

そして大山倍達杯王座決定戦、

 

日本から海を渡ってやってきた18歳の高校3年生が

 

中国の強豪選手を破り、決勝の舞台で相見えます。

 

お互い疲労の色は隠せませんが、意地と意地のぶつかり合いとなりました。

 

本戦互角で引き分け。篤貴の上手さに魁斗が攻めきれません。

 

延長もほぼ互角の展開でしたが僅差の判定で優勝しました。

 

記念すべき第1回大山倍達杯王者・泉 魁斗。本当におめでとう。

 

 

閉会のあいさつ。大会の大成功にさらにテンションが高くなる代表。

 

すばらしい舞台に招待して下さり本当にありがとうございました。

 

代表についていって、浜井派でやってて良かったなと心から思いました。

 

感謝の気持ちでいっぱいです。押忍。

    

 

この荷物・・・いや、魔法のランプ・・・いや、立派なトロフィが

 

我々のもとに来たかと思うと感無量です。

 

持って帰ってくるのが大変でしたが・・・

 

 

日本から遠征した浜井派のメンバー達。全員が入賞しました。

  

 

平和町より、優勝・魁斗、優一郎。準優勝・大嗣。

 

 

大山倍達杯を争った良きライバル魁斗、篤貴。

 

 

KWFの宮原選手と。彼は今年の極真館全日本の軽重量級王者。

 

魁斗が小さく見える。またいつか対戦する機会があればと思います。

 

優勝した魁斗は会場で人気者となり、写真攻めに合いました。

 

表彰式も予定より遅れ、おかげで買い物ツアーに置いてかれてしまい、

 

試合後大連の街をぶらぶら散歩する事に。

   

ホテル周辺は大都会ですが、

 

一歩裏通りを入るとこんな感じ。このギャップがたまりません。

 

危険だと言われてましたが、ついつい足を踏み入れたくなる怪しさ。

 

 

もちろんブランド店も建ち並んでましたが・・・

   

 

お金ない面々は、とりあえず記念撮影だけ(笑)

 

 

次なる目的地は・・・

 

 

極真会館浜井派大連総本部道場

 

 

総面積220坪。とても広い道場です。

 

 

そして壁には極真の精神、浜井派の武道精神の張り紙が。

   

中国にも脈々と受け継がれる極真精神。

 

政治的な事は抜きにして、押忍の精神で万国共通お互いが分かり合えます。

  

 

そして代表からとっても美味しい?中華料理をごちそうになり、

 

口直しにマックに行きたいと不謹慎なことを言い出した大嗣たちをおいて、

 

ホテルに戻りました。

 

 

彼らは危険な夜の街を徘徊し、ホテルで朝までジェンガ。

 

さっきまで死闘を繰り広げてたのに元気な奴らやのう。

 

こうして無事に大連遠征は終わりました。

 

浜井代表はじめ、美香先生、同行した支部長の皆さん、

 

そしてすごく良くしてくれた梁先生はじめ大連の支部長の皆さん、

 

大変お世話になりありがとうございました。

 

また会える日を楽しみにしています。

  

(優勝)大山倍達杯&成年男子軽重量級  泉 魁斗(いずみ かいと)

 

(優勝)中学男子60kg未満の部        高 優一郎(たか ゆういちろう)

 

(準優勝)成年男子中量級           澤田大嗣(さわだ たいし)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。