シンガポール発☆仲山今日子のブログ

フリーアナウンサー(元tvkテレビ神奈川・UTYテレビ山梨アナウンサー)
All About シンガポールガイド☆地球の歩き方シンガポール特派員
tvk過去ブログ→http://www3.tvk-yokohama.com/anamaga/nakayama/

出演情報

シンガポールFM96.3 アート&カルチャー(毎週金曜午前8時10分頃/7月4日スタート)こちら(http://www.meradio.sg/starterkit/radioStreaming.html?station=963)より、インターネットラジオで世界中からお楽しみいただけます

シンガポール紹介記事を随時更新中!

地球の歩き方シンガポール特派員ブログ
http://tokuhain.arukikata.co.jp/singapore/

オールアバウトシンガポールガイドページ

http://allabout.co.jp/gm/gp/1322/


テーマ:
シンガポールでサンクトガーレンの生ビールが飲めるお店がグランドオープンした、という事で、
行ってきました!


オーナーのJeremyさん(左)と、Singapore Craft Beer Weekの立役者、Charlesさん


Mandarin Orchard Hotelのロビーフロア、5階にあるBar on 5に隣接する場所にオープンした、Bar Takumi。シンガポールで、日本のクラフトビールが飲める店としておなじみのJi-Biruと同じ経営で、さらにプレミアム感のある、レアなクラフトビールを提供していくお店にしたいのだそう。
現在は夜中の12時までの営業ですが、隣のBar on 5でも深夜2時まで同じビールを楽しめるそうです。



オープニングイベントを手掛けた、フードジャーナリストのDaniel Goh
さん

オーナーのJeremy Reynoldsさんは、東京に9年間在住。在住時に出会った木内酒造のホワイトエールに衝撃を受け、この仕事を始めたそう。

{FFB3F19A-2D5C-4389-A572-92EB8A072A7D}

そして、今回は今だけ限定、サンクトガーレンのペールエール、ゴールデンエール、IPAの横浜XPAなど、生ビール4種類が楽しめます。

中でも、注目はレアなパイナップルエール。
確かに、パイナップルの芳醇な香りが後味に残ります。フルーツビールまでの甘さはないので、すっきりとした料理に合わせてもバランスが崩れません。

Jeremyさんから、サンクトガーレンは日本の酒税法が改正される前、先代の社長がカリフォルニアにブルワリーを作って、日本に輸入してお店で出していた…という、歴史についても話がありました。



テレビ神奈川で10年間働いた私としては、厚木で醸造されているサンクトガーレンはとってもなじみ深いブルワリー。特に毎年バレンタインデー近くになると、担当していたニュースでチョコレートスタウトを紹介するのが定番で、シンガポールでこうして紹介されているのが、なんだかとても誇らしかったです。


サンクトガーレンの生ビールは、樽がなくなり次第終了(横浜XPAのみ継続)、そしてまた珍しいビールを入れていくとのこと。

写真では瓶が写っていますが、実際は生ビールが楽しめます!


シンガポールでハイクオリティな日本のクラフトビールが楽しみたい、という方、お勧めです!

お店について詳しくはこちら
Craft Beeer Bar Takumi
営業時間:11:00~24:00(年中無休)
住所:333 Orchard Rd 5th Floor Lobby, Mandarin Orchard Hotel,
Singapore 238867
電話:9299 5673

そして、シンガポールではクラフトビールウィークが20日~27日の予定で行われます。

詳しくは、
Singapore Craft Beer Week 2016 公式ウェブサイトをご覧ください!
http://www.singaporecraftbeerweek.com/


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
{6262D5AB-A84A-419D-AE96-257ED501368C}

きょうはEpicurean Market 2日目に参加、NYのダニエルは、ずーっと昔にNYに食い倒れ旅行に行った時に、かなり早くから予約しようと頑張ったのに、どうしても予約が取れず残念な思いをしたお店。こうして面と向かってDaniel Boulud さん本人と会えるなんて。

{E037F6B7-EF9A-44D3-BE70-E0C90E1B698D}

db bistro の、フォアグラと牛肉のスライダー、トリュフ乗せ。フォアグラの入ったdbバーガーも美味しいけれど、このビストロ鉄板の赤ワインソースで煮込んだ牛肉とフォアグラ、そしてウィンタートリュフをシンプルに味わえるこちらはかなりお勧め。

{9A86DE27-0A5B-4695-9960-42D5E5D65557}

ワクギンの和久田哲也シェフにも!
なかなかシンガポールを離れるのが難しいけれど、オーストラリアのテツヤズも、是非お邪魔したいお店のひとつ。
8/29放送のFM96.3 Smile Wave 「仲山今日子の今日のベストレストラン」 にも少し登場していただきます!

{55A443EC-9F60-4254-9D5E-106CEF794065}

マグロのタルタルの手巻き寿司や

{6A3CD4FC-7CFD-4485-A968-30DB5AFDB8FD}
牛肉の煮込みとトリュフ、マッシュルームスライス

{AAC9A05F-657C-4585-BFC3-1BA84DB8E813}

スパナクラブのバジルチリソースなど。



{5214F9BE-36A4-47FB-A299-26200004D4D6}

今回特別にやって来たマカオのレストラン、North とGolden Peacockの エグゼクティブシェフ、Alen Chow さん。 

{9A0CEBD4-F753-4998-9CD6-42FD620BE643}

香港出身のAlen さんですが、中華のNorth には、 四川風のスパイシーなメニューなども。点心や麺などもシグネチャーのようです。

写真は、中国のYellow wine で煮た海老と鶏肉。枝豆やキノコが入っています。どこか酔っ払い海老のような味わいでした。

同じ系列の
Golden Peacock は、モダンにアレンジしたインド料理。
ケララ出身のJustin Paul さんが指揮を取っていました。新しい解釈のインド料理は、マカオのミシュランでも1ツ星に輝いたそうです。

{26429024-6F81-4607-B60E-798BE871B3B0}

インドのスナックをアレンジしたメニュー。コリアンダーとヨーグルトの効いたソースに、海老を合わせて。アボカドで仕上げてあります。

{679C3CF5-5A21-4ED9-92D3-7E3DCB0E8F81}

以前も取材でお世話になったCUTのJoshua シェフと。今はCUTとSpago、両方の統括を任されていて、以前ほどキッチンに立つことができなくなったのが残念だけれど、新しいチャレンジに充実感を見出している、ということでした。CUTもSpagoも、アメリカのお店のメニューが半分くらいあるそうですが、カヤトーストをアレンジしたメニューなど、新しいメニューはチームと一緒に考えたりしているそうです。

{8C750EFE-2457-4602-90FE-709506455044}

{4D705BAB-B299-4E49-9E28-9FE74F7D4E85}

CUTのステーキサンドイッチ。ハンバーグが入っているのですが、さすがステーキハウス、お肉がとっても柔らかくて、ジューシーでした!

Punjab Grill の Javed シェフも!

{1EDB7145-2310-4667-A55C-5251899B3F78}

北インドにあるパンジャブらしい、濃厚な黒レンズ豆の煮込み、大好きなカルダモンの効いたチキンビリヤニ、そしてバターチキンカレーの入ったタルトとコーン、という、シグネチャーを詰め込んだプレート。乳製品を多めに使うのが北インド料理の特徴で、どれも辛すぎずマイルドな味わい。味が混ざらず、カレーなのでこぼれないように仕切られているのも、食べやすくて良かったです。

{FD4A961D-AE0E-402A-B3EB-7EA7D9C84915}


そして、販売ブースには日本からの出店もいくつか。



栃木の澤姫の井上さん。2年ぶり?にお会いしました。
シンガポールに来たことで着想を得たお酒を試飲させていただきました。
{BD31A54A-ED98-47B1-97DB-F60C3D0F21EA}

Gold という縁起の良い名前通り、金色のお酒。樽で熟成しているわけでも、ぶどうを混ぜているわけでもなく、実は磨きを15%だけにし、米麹を通常の4倍も使って醸したお酒。おりが出るので、それを冷蔵室で5ヶ月以上も寝かせて自然に沈殿させ、フィルターをかけて取り除いたのだそう。

味わいは、しっかりした酸味がありつつも、コクと旨味があるので、よくバランスが取れています。
「チリクラブやラクサに合わせられる味を目指しました」という井上さん。

確かに、味わいはどこか紹興酒のような濃厚さがありつつも、後味がすっきりとしているので、そこは日本酒。
杜氏でもある、井上さんのこだわりの部分でもあるそうです。

海外の食に合わせた日本酒、これからも挑戦していかれるそうです!

{3C5FDC44-14FC-4955-978A-05A9751DAB82}

輸出を担当していたのは、tvkで10年一緒に働いた、元同僚かつ大学の同期、三崎幸恵アナの高校の同級生、という世間の狭さにもびっくり!

{24C59D2A-BC67-4983-8FD6-61BDC7445B1C}

続いて、熊本の焼酎、繊月。100年以上の歴史のある酒蔵で、目玉は写真の原田さんが左手で持っている10年オーク樽で熟成した無言と、50年近く熟成している、甕熟成の大古酒。この甕は今もう作れる所がなく、一時800個あったものが、今は40個ほどになってしまっているとか。
黒麹を使った濃厚な味わいは、年月を経て、旨味と丸みのある味に変化していました。
{DDBC0AB3-5C44-41CF-8E47-B001B87C6C52}

また、コシヒカリと同じようなご飯として食べる上質な米を使った焼酎は、透き通った味わいながら、上品な香りがありました。

大古酒以外は同じ白麹を使っているそうですが、原料の違いでこんなに味わいが異なってくるのかと驚きます。


お酒関連では、ラズベリーを漬けることでほのかなピンク色をつけたジンや、イギリスやシンガポールのクラフトビールが飲めるお店も。

これでもまだ全部回りきれていないほど充実の内容、エピキュリアンマーケットはあす14日夜9時までです!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
シンガポールのグルメ雑誌、Cuisine & Wine Asia の取材で、こちらのお店に行ってきました!
{76146EF9-F2F7-48A4-8B73-5911FADD414E}

Amoy Street に移転オープンしたばかりのアルゼンチン料理の店、Bochinche!

{E1EEC3CE-51E4-438C-9E01-CA06E395DAE7}

Diego Jacquet シェフによると、以前よりも席数を減らし、更に季節毎の食材にフォーカスするようになった、とのこと。Diego シェフは、2ヶ月に1度ほど、8日前後シンガポールに来るそうです。

{676CE2D3-88F5-4D2C-BBC4-F456674A692F}

今度の日曜日、14日には、Artichoke の Bjorn Shenシェフ、Esquina の Carlos Montobbio シェフとのコラボレーションディナーが行われるそうです、興味のある方はチェックしてみて下さいね。

今回いただいたのはこちら。

{54E77348-A0E3-47F6-AC45-23BA1412A8DC}

Chorizo croquettes, somoked peppers & red amaranth
ライムの酸味の効いたシーバスのセビーチェと、クリーミーなコロッケ。

{07F277C6-E113-4420-9D4F-D347A9604AE9}

Candied beetroot salad, raspberries, goat's curd & "garrapinada"
香ばしく焼いた黄色いビートルートに、山羊のチーズ、そして、キャラメリゼした玉ねぎ、garrapainadaとラズベリーのサラダ。程よい酸味のラズベリーが絶品。

{F6C366DF-B30E-4FCA-978A-B39503BC8FA2}

Grilled octopus, pickled mussels, black tomatoes & burnt onions
もっちりとした食感のタコと、酸味の効いたムール貝のピュレ、ムール貝で作ったクランブルで、海の旨味がぎゅっと詰まっています。

{E56D506F-CC7E-44EF-8568-CA89540325D3}


そして、Bochincheと言えば、忘れてはならないお肉!
Ojo de Bife、リブアイに、オレガノやバルサミコ、オリーブオイルなどで作ったチミチュリソースを合わせて。

{8A13EE4D-5391-4A64-9555-0FFE0E50C791}

デザートは、Chocolate mouse, cherries, olive oil & honeycomb
オリーブオイルのアクセントが効いていて、かなり好みのチョコレートムースでした。

まだ発行前の雑誌のため、詳細はお伝えできませんが、ぜひ次号のCuisine & Wine Asiaをご覧下さい!

{F806E60E-1122-4C90-A7A5-C734611248B0}









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オーチャードのマンダリンギャラリーの外(オーチャードロードに面している側)でお土産の自販機発見!
{0194A377-6C97-40F1-A34C-D3A8A9F34CE9}

{8C6E9612-3427-4D0B-BFD4-9164A09514E3}

シンガポールの大手カフェチェーンのもの。
コーヒーの粉やカヤジャム、シンガポールカレーやチリクラブ、ラクサの素まで。
夜遅くなっちゃった、あるいは早朝だけど、ムスタファ(24時間営業)まで行く時間がない、という時に便利そう。価格もお手頃だし、バラマキ土産探してる方、いかがでしょうか〜?
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週7月21日に上陸したミシュランシンガポール、Resort World Sentosaで、華やかに表彰式が行われ、私もお邪魔してきました!


現在ガイドブックも発売中ですが、ついに、200店を掲載したデジタル版(英語)が完成しました!

https://guide.michelin.sg/en/2016-guide
公式ウェブサイトの中で、2016 Guideのタブを開くと、受賞店の詳細などを見ることができます。
フィルターをかけたい場合は、気になる項目を選択してからAPPLY FILTERSを押すと、探している情報を見つけることができます。

また、お店を紹介するビデオも以下のリンクから見ることができます!
https://goo.gl/Zflp0l


同時にアプリ版も登場。


{A0A93E76-54C4-4527-99CF-6CB3DE1B62E6}

なんといっても、”Near Me”というところを開くと、今いる場所のそばにあるレストランがわかり、さらにコメントを見たり書いたりすることもでき、お店のレビューもチェックできるので、かなりのお役立ちアプリになりそう。私も早速インストールしました。

Michelin SGで検索すると出てきます、ぜひ見てみてくださいね!

{F12FE6FA-23CD-4E09-8BD9-5BFF0D08E69F}


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
シンガポールの料理学校、At-Sunrice GlobalChef Academyで、世界のトップパティシエを招いて、その国を代表する食材を使ったSt. Honoré(サントノーレ、パイ生地の上にクリームを絞り、シュークリームを乗せたお菓子)が披露されました。

世界から集まったトップパティシエのみなさん

学校内のキッチンでは、生徒たちの中から選ばれた「スーシェフ」と一緒に、オリジナリティーあふれる料理が次々に生み出されていきます。










At-Sunriceで教鞭をとる、Sebastien Lefortさん(写真左)の姿も


同じサントノーレ、という食材でも、それぞれのシェフの個性あふれる仕上がりで、そのバラエティと発想力の豊かさに驚かされます。

完成したサントノーレを前に。

続いては、皆さんによるプレゼンテーションタイム。それぞれの国を代表する食材として何を選んだかなどについて話します。

まずは、香港で自らのお店、Patisserie Jeffery Koo を営む、Jeffrey KOO Ka Chunシェフ。日本の食材ではあるのですが、香港の人たちが大好きだということで、抹茶を選んだのだそう。



地元シンガポールの代表、AntoinetteのPang Kok Keongシェフは、シンガポールらしいパンダンリーフと、パームシュガーの一種、グラメラカを。シンガポール在住3年の私にとっては、ほっとする味。


台湾の Pâtisserie La 15ème & L'appartのZhe Wei HUNGシェフは、台湾産のライチとヨーロッパのエルダーフラワーを使っていて、ライチの香りを強調する、華やかなエルダーフラワーのコンビネーション、味としては一番好みでした。 


面白かったのは、中国の浙江省の海沿いの町、寧波のパークハイアットから来たTerry Wangシェフ。中国らしいマンダリンオレンジを選んだのですが、合わせたクリームはなんと紹興酒のクリーム。 



今回残念ながら日本人のシェフは含まれていませんでしたが、一番日本人のパティシエが作るケーキに近い繊細さがあったのが、韓国のDesserTree and Meringue Meringue のオーナーパティシエ、Hyunhee Leeシェフ。 柚子を使った滑らかで上品なクリーム使いが印象的でした。

アラブ首長国連邦からは、Starwood Hotels & Resortsの、Ludovic Audaux.シェフ。中東名産の薔薇、ドバイの人たちが大好きだというハイビスカス、そしてフランス生まれのLudovicシェフにとって、この時期よく木に登って取った思い出があるというチェリーのコンビネーション。

マレーシアからは、お菓子の学校、St Honoréのオーナーの一人でもある、Frederic Ogerシェフ。シンガポールともともと同じ国だったマレーシア、 グラ・メラカとココナッツを使っています。




インドネシアからは、ジャカルタのPullman Hotel から、Gerald Maridetシェフ。 シナモン、クローブ、ナツメグなど、クエ・ラピス(層になったマレー・インドネシア系のお菓子)のスパイスを利かせています。


サウジアラビアからは、TV番組Top Chef Arabiaの審査員でもある、Mona Moslyシェフで、バクラヴァ(baklava)と呼ばれる伝統的な中東のお菓子と、オレンジの花、そしてピスタチオを選んでいます。




世界のトップシェフから刺激を受けたという生徒たち。どんな個性を発揮していくのか、どこかで一人前になった姿を見てみたいなぁ。



シンガポールのスイーツの未来を作る若者たちの姿が見られた、楽しい取材でした!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日行われたシンガポール初のミシュラン(詳細は地球の歩き方サイトをご覧下さい)で、二ツ星を取った四川飯店の陳建太郎シェフの所に、一ツ星を獲得したbeniの山中シェフと、奥様の珠代さんと一緒に行ってきました!

きょうはスタッフが病欠が相次いで、前代未聞な位厨房バタバタなんですよ〜と汗をかきながら登場した建太郎シェフの手には

{41F349BD-2EC0-4516-BB26-0D8CC9A35CEC}

自らの手による見事なベジタブルカービングが。。

{7669C62E-E7A8-4588-9D97-CB155D4D9D2E}

見事な鳥と、beniの名前の由来が「紅」であることから、紅色の紅芯大根で作った牡丹。 本当は後ろの鳥かごの中に入れるつもりで作り始めたら、気づいたら大きくなり過ぎて、と建太郎シェフ。

beniの受賞のお祝いの意味を込めて作って下さったようです。
ミシュラン受賞後、翌日のディナーイベントの為に一旦日本に帰り、またシンガポールにとんぼ返りしたという建太郎シェフ。大変でも、疲れていても、温かいもてなしの心を忘れない、お人柄を感じます。

{69FAD086-87D4-40AA-AC90-3D3AD6E62DB5}

建太郎シェフ命名・ピーちゃんを囲んでみんなでパチリ
{395FF25F-5B9B-4618-9EAC-E723B4BAC3FB}

縁起の良い福のお皿、様々な前菜がたくさん。(この中のよだれ鶏、ふくよかな味の黒酢のソースがとっても美味しかった!)、まるで八寸のようです。

その他のメニューは、

祖父建民さんの故郷の料理でもある、ピータンと万願寺とうがらし、酔っ払い海老、巨峰を上海風のしょうゆ漬けにしたもの、冬虫夏草を育てたという、夏草に細かく刻んだアワビを組み合わせたもの、牛肉ににんにくと唐辛子ソース、ロンドンダック。

など。四川料理は発酵調味料が特徴なんです、という建太郎さんの言葉通り、どれも深いコクと味わいがあります。

{B5093F3D-A0F2-4A22-A6C2-907E200112AF}

続いて、蟹の卵とフカヒレのフォワグラ茶碗蒸し。

丁寧にとられた上湯スープに、蟹の卵のプチプチ感と海の香り、フカヒレの食感、そこにフォワグラの濃厚なコクが加わった一品。

{F55A448D-B973-4178-BCDB-9617695D3D8D}

そして、中華でお祝いと言えば尾頭付の魚!
ということで、ヒラメの蒸し物

{F75EDA46-1876-428C-A8BA-55BD1C6316FD}

{8393F4C7-A832-4BFB-AFF5-F29AED404C69}

鮮度の良いヒラメは厨房の大きな生簀から直送

{7F630FAA-BA26-4315-8A19-CA390AD7240B}

{FC5C2FF2-F2FB-4248-9D86-3F01C7A2008E}

身がしまっていて、上品な味のヒラメに、旨みたっぷりの中国醤油のソース、ネギや香菜が

{F166848E-9E4E-4D3E-9690-237A8C0AA674}

最後は麻婆豆腐、山椒の香りが効いていて、程よいピリ辛感

{A6ECB3B4-E360-40C3-96C9-B5B0BDA964E1}

ピーナッツの香りが効いた担々麺
豚肉の優しい味わいの出汁が贅沢に使われたスープも絶品でした

{B4E90D6C-1D6B-4B25-A52D-EC10BB23941B}

香りの良いマンゴーがたっぷり入ったマンゴープリン

{43CFF2B1-5AB4-4E56-8D93-0128695A6786}

最後にものすごーく広い厨房を案内して頂きました

{0E5344C1-EBBF-46CF-A0E6-8B2A3653F06A}

{10ADA1A6-9235-4003-94A9-A82F6DC1814F}

{A0ED8BB3-6D51-49A3-B34E-3AB26B01F7F0}

中華とフレンチですが、同じマンダリンギャラリー内のレストラン、新しいことが始まりそうな予感です!








いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
シンガポール代表チームを率いたPangシェフのお店、Antoinetteで、新作の月餅とケーキを頂いてきました!

{77D0EFAF-F7AA-4B29-A113-3848D9D11703}

まずは月餅。スノースキンと呼ばれる餅のようなタイプのものです。

{F88838C6-5E95-494A-918E-362566EA0800}

味は、左上から時計回りに、竹炭の皮に塩漬け卵黄の入ったもの、チョコレート、抹茶、チョコレートパール。
何と言っても、アントワネットの一番の売りは、塩漬け卵黄と抹茶、チョコレートの3種類が温めて食べる月餅!!なこと。
電子レンジで10秒くらい加熱すると、、

{37252E94-D7C6-450A-AEF8-4FC886DBE3C2}

こんな感じにとろーりとフィリングが出てきます!抹茶も、愛知産の茶道に使うレベルの最上級の抹茶を使っていて、ほろ苦さの奥に旨みがあり、温めると更に香り高く、抹茶の印象が一層高まります。

月餅は、8/1から販売開始で、とろける月餅3種類 は冷たいバージョンと温かいバージョンが食べられるように2つずつ、サクサクした食感の楽しいチョコレートパールと、金木犀+枸杞の実がそれぞれ一個入った計8個で54.5シンガポールドル。8/27までは20%オフのプロモーション価格になっているそうですよ。

ケーキは4種類と、クリスマスケーキとして大人気だった、小さな球体の中の植物園のようなTerrarium(テラリウム)が定番化。

{230F8273-C4F2-46EC-B85C-CCAF07B2F4C7}

まずは、レシピを変えて新しくなったCharotteIII(9シンガポールドル)。バニラとホワイトチョコレートのムースの下に、イチゴのムースに様々なベリーのゼリーが重ねられています。
ケーキもふわふわのシフォンケーキで、軽やかな印象です。

{4C2DD99D-17D8-4B1A-AE1F-479DB31DAC10}


続いて、Superlova(10シンガポールドル)は、見た目も華やかな薔薇のケーキ。薔薇のムース、スポンジ、マカロンにラズベリーのゼリーやメレンゲを合わせ、中には柚子のクリームがつまっています。細部までこだわった、手間のかかった一品です。

{9A801467-DC2E-484D-91C2-B42EDF90B485}

続いて、Marronette(9シンガポールドル)。子どもの頃、甘栗を買いに行くのがとても楽しみだったという、Pangシェフが大好きな栗を使ったケーキです。フランス産の上質な栗のクリームに栗のケーキ、上には黒砂糖に、ラム酒の香りをまとわせています。甘すぎず、ちょうど自然の甘栗を昇華させたような、栗本来の味が楽しめるケーキです。

{68CC8F35-B320-4CBD-AC06-D6725B4C5E67}

そして、万人受けしそうなのが、このBrittany(9.5シンガポールドル)。ふんわりしたチョコレートクリームに塩キャラメルのムースで、カリカリのプラリネの食感が心地良いです。

{361B7B3B-B90A-493A-95EB-74B27B82444F}

そして、人気のTerrarium(20シンガポールドル)。チョコレートのスポンジに、パッションフルーツムースの酸味が効いていて、スモークしたアーモンドが香ばしいアクセントになっています。

{72FAE879-C295-488D-91F8-6728C5C39994}

ぜひ、お気に入りを見つけてみて下さいね!

【DATA】 アントワネット(Antoinette) 

住所:30 Penhas Road (off Lavender Street) Singapore,208188 
Tel: +65 6293 3121 
営業時間:月曜~木曜(11:00~22:00)、金曜、祝前日(11:00~23:00)、土曜(10:00~23:00)、日曜、祝日(10:00~22:00) 
定休日:なし 
最寄駅:MRTラベンダー駅(徒歩7分)


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今月発売のシンガポールのグルメ雑誌、Cuisine & Wine Asia で、著名なソムリエの皆さんに交じってワインのテイスティングをさせて頂きました!

{A7EC7FA4-3775-4C15-85EB-67788DE7B0F4}

{73C5F4AA-0212-4437-89D6-D6DC6DE908BA}

{5FC4E5BA-28F0-4DFD-8E78-AF6FC1F04C81}


もしよろしければご覧下さいm(_ _)m

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。