よっちんのブログ

ブログの説明を入力します。





テーマ:

23日から、黒瀬、郷原、安芸高田で開催する

大地の再生講座~結いの杜づくり~in広島第2回目

は、おかげさまで定員に達しました。

ありがとうございます。

宮崎、山口、岡山、そして、関西支部の方々もご参加頂きます。

このように、はるばる遠方から矢野智徳さんの講座に、参加されるには理由があります。
*矢野智徳さんをクリックすると、滋賀彦根新聞の記事を見る事が出来ます。

自分自身、広島講座開催を目前に、淡路島の講座に参加して再確認した事を記事にしました。

ゆっくり、じっくり、読んで頂きたいと感じます

兵庫県洲本市五色町鮎原(淡路島)に、地元の方を中心に、東京、愛知、長野から総勢70人、村の人々を含めて80人以上の方が参加されました。

{E453D24D-CCB8-4650-B554-E2F3CEF493ED}

Iターンでこの地に住まわれている方のお家付近をフィールドにしています。

一見、自然豊かで何の問題もないように見えますが、石と水と植物のバランスが崩れ、空気が通らなくなり、その結果、土が固くなって、水が土中に浸透していない話しを現場を観ながら矢野さんが解説されます。
{9B3C12E3-2BB8-450F-8A04-82D02F95091E}

ここでも、竹の侵食に悩まされ、どこから、どう手入れしてよいか分からないようです。
{4A80B7D1-4991-491D-A1B3-DB51F23BDAF4}

誰にでも分かりやすく、自然のメカニズム、植物の性質を説明され、竹と闘うのではなく、1シーズンで様子をみながらやって行く事を教えてくださいました。
{6D87D5DB-DC6A-4E40-8D91-915E22ECB138}

地下と地上のセットでバランスを取っていく。
地上の竹を伐採するだけでは解決にならない。

時間が取れない時は、これ以上、広がらないように、竹林の外側に溝掘りして空気通しをする。

参加者の皆さんは、必死にメモを取りながら聞いておられました
{D4E5C888-47B1-4A3A-9860-804A1B703187}

講座には、必ず座学があり、そこで、淡路島の皆さんを驚かせたのは、この地理地形の説明の時です。

その内容は、山脈ラインが、本州、四国と全てに繋がっている、そして、淡路島の井戸修理の方から聞いた話しで、六甲の水脈が淡路島に繋がり、井戸水は、「六甲山の水」

この説明を聞いた私も、びっくりポンでした。
{ABD32364-57DF-48BF-BC19-5D3B4CF95E00}


講座2日目は、雨の中の作業。

矢野さんは、雨の日は水の流れが分かって良い!と雨を喜ばれます。

この写真は、雨で土砂が流れているのではなく、
淡路島は、ため池が2万ヶ所あります。

砂地に水分を多く含む土壌のようです。

{C0C57613-D411-4DC0-8A5F-997033CF175F}

ユンボで溝掘りした場所に、炭、暗渠排水管、伐採した竹、笹を緩衝材として使い、有機物が土と石に噛み合うよう空気の視点から改善、こうする事で、ゆっくりと有機物をいっぱい含み、有益な微生物いっぱいの土壌は、土と石と水のバランスが取れ、ぬかるまない、柔らかいけど呼吸している土なので崩れない土壌になります。

全ての作業は、結い作業(協働作業)によって行われました。

{1587A6E0-073E-43AF-9651-E95BE7B21E1D}

2日目間の昼食は、お仲間が、提供して下さいました。
どれもこれも、身体が喜ぶ、美味しい食事でした。
{9676892D-CE31-4E73-B4F1-96CF96FBF157}

こちらは、2日目の講座が始まる前に、矢野さんの提案で参拝した[都志八幡神社]


{7335E499-0657-46CC-B296-9BE0EF89096C}
*観光案内の写真をお借りしています。

境内の樹齢450年のナギの大本と、入口の木の根が外壁を持ち上げている様子を観て「やっぱり!ここも傷んでいる。」
と矢野さんが言葉を発すると同時に、腰の移植ゴテを取り出し、手当てされました。
{645F9286-D901-4D88-A8CA-C967C944C523}

雨の水が土が固く浸透しないで、表層を削り、神社の外には、土がいっぱいたまっていました。

移植ゴテを持って、川の流れのように、水の流れを導かれていました。
{45DBFD1F-507F-4644-8E19-46F2AD6DAF07}

水の勢いが強いところは、土手を作り弱めています。
{B56C80B1-959D-465E-ADCA-CDE6B77B5B23}

境内の真ん中に流れていた雨水を、植物を護るように脇に導かれた水の流れ。 

矢野さんは、これだけで、苦しくて表面に張り出し、外壁を持ち上げていた木の根が、ゆっくりと地下に戻っていくと説明されました。

樹齢450年の大本も、喜んでいる事でしょう。

人間都合で痛めつけた自然は、1日も早くその事に気がつき、人が出来る足元から改善して生きたいと、ここでも、想いました。

{0E880FD9-D483-466E-9325-C4FC49603ACF}
*防災記事から写真をお借りしました。

最後に、この写真は、2014年8月の豪雨による広島土砂災害の写真です。


去年の2月に、矢野さんの大地の再生講座に参加した時に、この地形がなぜ崩れたのかがなんとなく分かり、講座の参加を重ねると同時に、仕事の現場や、去年10月31日~11月3日大地の再生講座in広島のフィールドを何度か訪れて、体感した自然の変化で、確信しました。

地形は、広域、流域で繋がっています。

大地の再生講座に参加された方は、私と同じように、今、土中で何が起きているか、そして、
このままにしていたら、呼吸不全を起こしている大地、地球環境がどうなっていくのか。。。
を座学とワークで知る事が出来ました。

矢野さんの講座は、神がかり的な事ではなく、大学在学中にこの事に気付き、40年近くの実践の中で確信した、事実だけを伝えて下さいます。

なので、それは不安要素ではなく、矢野さんの指導のもと、それぞれが得意とする分野で自然のバランスを取っていく手法を、講座の結い作業(協働作業)で体感する事になります。
身体に、落とし込む事が出来ます。

私も、人を繋ぐのが得意。

その得意分野で
大地の再生中国支部を講座の頭につけ、

大地の再生関西支部と協働しながら

地元(中国地方)の大地・生物(人間も含む)・水、空気のバランスを取る事を伝えていきたいと思います。
この活動は、点を線で紡ぎ、やがて面となるのです。

まずは、足元からコツコツと、、


大変長い言葉を書かせていただきました。

冒頭でお伝えしたように、淡路島の講座で参加された方々の動き、講座を終えての感想を受けて、広島講座(3月23日~27日)にも、脈として、繋げていきたと感じ、投稿させて頂きます。

最後まで読んで頂きありがとうございます。





AD
いいね!(12)  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
お待たせしました。
大地の再生講座in広島2回目の開催日が決定致しました。

お知らせの前に

矢野さんの年初のご挨拶に、「結の杜づくり」
大地の再生のサブタイトルとして、想いを綴られ.
その言葉に各地での主催者、参加者が意思統一され、講座の名前を変更されています。

そこで、広島の講座のタイトルも変更させて頂きます。

~「大地の再生講座 結の杜づくり」に向けて~ 

日本の各地で、 
傷んできた大地の再生講座をひらかせてもらうようになり、 
大地の再生は、関わる四者の結い作業(協働作業)によって 
成り立ってゆくものだと 改めて思うようになりました。 

一. 杜の園芸 
二. 講座の参加者 
三. 講座で関わる地域(人社会) 
四. 講座で関わる自然(生き物社会) 

杜の園芸と参加者の方だけのギブ&テイクでは終わらない。 
その学びと改善の余波は、直接流域におよび、 
その場とその周囲に影響し合う責任を 
問われてゆくことになるでしょう。 
  

“結の杜づくり” 
それは、まるで おまつりのおみこし担ぎのよう。 

-- 誰かがつかれたら誰かが入れ替わり、 
力のある人・ない人 それぞれに力の流れをつむいで 
おみこしは進んでゆく。 

命の作業は、 
あわてず、あせらず... でもゆっくり急げ。 

人だけが楽しむのではなく、 
みなが力を出し合う、ささやかな結い作業によって 
命はつながってゆく。 -- 

それは、小さな動きから大きな動きまでが連鎖してゆく 
自然の生態系の動き・流れそのものに重なります。 
  

そもそも「杜」の語源とは、 

-- 人が森の神に誓って 
「この場を、傷めず、穢さず、大事に使わせてください」 
と祈りを捧げて、ひも(紐)張って囲った場、を意味する和語 -- 

と、ある本に記されていました。 

  
この大地の再生講座(学び)が 
願いや想いだけにとどまらず、具体的な 
大地の要である水脈機能(大地の空氣と水の循環)を回復するための、 
人と自然との協働作業(結)として 
一歩一歩つむがれてゆくことを願い、 
今年もスタートしていきたいと思います。 

  
杜の園芸 矢野智徳 
 
矢野智徳氏の大地の再生とは↓ 
呼吸をしている限りはまだ間に合う大地の再生
 
{51FEF690-25DF-4D82-8858-DD78FB451986:01}

安芸高田の結い作業風景
{65FB8262-2DBE-46E2-A0BA-8F8B6E8FEF2D:01}

東広島での結い作業風景
{11B94C2D-E077-406B-AC50-425B8DC9AACE:01}

1回目の安芸高田に参加された硲さんが、書いて下さった記事がとても詳しくてしかも分かりやすい。
珍妙雑記帖 ←読んでみてください。

矢野さんの言葉をお借りして、、

  この大地の再生講座(学び)が 
願いや想いだけにとどまらず、具体的な 
大地の要である水脈機能(大地の空氣と水の循環)を回復するための、 
人と自然との協働作業(結)として 
一歩一歩つむがれてゆくことを願い
広島講座2回目を下記の内容で開催致します

開催場所
会場1
東広島市
3月23日(水).24日(木)10時~17時
昼食:カフェこかげオーナー鈴木さん提供
        700円(コヒー付き)
夕食:雲母の湯でお風呂と夕食利用出来ます。
宿泊:リビング雑魚寝になりますが先着5名(寝袋持参)1000円→満室になりました。
その他、車で20分のところにビジネスホテル有り。
           
会場2
安芸高田市
3月26日(土).27日(日)10時~17時
昼食:千代田仕出しセンターお弁当
         700円
夕食:神楽門前湯治村でお風呂と夕食利用出来ます。

宿泊:神楽門前湯治村

       千代田温泉



両会場共通

参加費:1日3000円(1日だけの参加OK)


昼食は、予約が必要です。開催日の2日前までにお申し込みお願いします。

宿泊先は、各自でご予約お願いします。

17時終了ですが、講座内容、作業内容によって延長される場合がありますのでご了承お願いします。

持参品:軍手、移植ゴテ、ノコガマ、作業出来る服装、雨具、長靴があると安心。

会場3
呉市郷原町
今回特別に矢野さんにお願いして、新たに再生する農地の視察に同行させて頂き、見立て方を教わります。
壊れている石垣の写真を矢野さんに見ていただいたところ「水の力で壊されているからここだけ修復してもまた壊れる」と教えて頂き、現地でも矢野さんの知慧を聞く事が出来ると思います。

今迄にないワークショップを2時間の間にギュギュッと詰め込み、学べる講座を企画しました。
最初で最後のワークショップです。

日時
3月25日(金)
15時~17時(終了予定)
定員30名
参加費1500円(飲み物付き)

1回目に参加された方のお申し込みでFacebookされている方は、イベントページからお申し込みください。
Facebookされていない方は、前回と同じ方法でお申し込みください。

はじめての方は、アメブロのメッセージでお申し込みください。

お問い合わせも、メッセージにお願いします。
仕事の都合で直ぐにお返事出来ない場合があります
ご了承くださいませ。

それでは、皆様のご参加をお待ちしております。






AD
いいね!(9)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
  我が家の元旦は、毎年、主人の実家に新年の挨拶とお墓参りに行きます。


{753B65CF-B23B-4DF8-A658-22C3D2D8F549:01}

数え切れないくらい見てきた風景ですが、今回は、矢野智徳さんの杜の園芸”大地の再生講座”
を4日間広島で開催させて頂きそこで学んだ事、
その他、京都・千葉・明石のワークショップに参加して学んだ事から農地や山を観ていくと面白いように分かってきた事があります。


{2A7DE9D2-F036-4D2C-9D2C-D796ABEF9FE5:01}

段々畑は30年以上この地形で、石垣も昔ながらの自然石です。

しかも、未だに浄化槽無しの地域です。
{0433917B-5FFB-44BF-ACDB-466F5BC22612:01}

草を刈りすぎるとこは気になりますが、セメントを使って整備されていないので畑に立っていても土が硬くなく、フワフワしています。
{A600382B-F371-4E22-A06A-0F114DE22392:01}

{5A30D5A5-D28C-4033-B6CC-FBAEE5870EC4:01}

孫が、採り残しの柿を一生懸命に落とそうとしています。
この竹竿、結構重量あります。
{63171FE1-847A-4FB0-AC9B-768A1DB365F9:01}

{12A177F8-408D-4436-B302-2BA1F386BC8F:01}

背景の山もご先祖様が大切にされていました。
主人と一緒に麓まで登る事にしました。
{2B756BF7-35DC-4844-87F3-14DCA6A76D80:01}

檜や杉は、義父が生きていた頃、枝の伐採や間伐をしてきたのでなんとか立派に育っていますが、向かって右側は、コンクリートの側溝やU字側溝の影響で松枯れがおきていました。
{71FBA42A-904B-4BB4-80F0-CC3FDAF21996:01}

まだまだ登っていくと、、
{1382B222-8648-4887-8F2F-93F5762D25E8:01}

見つけました!

11月に大地の再生関西支部のフィールド神戸のかもすわ講座に参加した時にこれ以上の穴に出会いました。

大地が崩落する事で呼吸できるようになった穴。

なぜかこの穴を見つけて嬉しくなった。

{7EFF799A-2D95-4767-8DF0-93ED3CA43D00:01}

山道の両脇を蛇行して出来た溝。

これは、猪のしわざ。

しかし、この絶妙な曲線は、雨が降った時に流れる水の勢いを緩め、土中に水を浸透できるようになっています。

やはり、猪は土中の空気通しをしてくれています。
{43C1D1A2-1877-4A87-9F30-03CC092271A6:01}

大地の環境が健全かどうか、五感で観ていくと、
まだまだ経験不足ですが、実際見てきた現場で教わった事との答え合わせが少しずつですが出来るようになりました。

今年は、この地にこそ今迄以上に帰ってきて自然から学びたいと感じました。

大地の再生講座in広島開催しますので皆さん、一緒に学びましょう。


今年も、どうぞ、よろしくお願い致します。




AD
いいね!(14)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。