よっちんのブログ

ブログの説明を入力します。





テーマ:

{CBCCB99A-6163-48BE-B9CB-F3AC53D7D643}

{2877E172-0D87-4520-84D2-B8A4961641A7}


大地の再生中国支部では、今まで、農地、住宅、古民家の環境改善を行っていましたが、
この度、山口県光市にある牛島(うしま)の環境改善をする事になりました。

募集要項は、以下の内容になります

大地の再生中国支部Facebookページ→こちらにも詳しく書かれています。

主催:国際貿易(株)
organize:大地の再生中国支部

0次産業とは、自然に寄り添った産業。
1次産業の手前、元環境の改善からはじまる。

内容

杜の園芸
矢野智徳氏の日本各地で開催されている”大地の再生講座”は、参加者が後を絶たない状況にあります。

その理由は、
今迄に無い、新しい視点→地上、地下の空気作用に視点を置いた環境改善。

地上に一応に風を通す
⚪️風の草刈り
地下に一応に水を運ぶ
⚪️水脈通し

を参加者の結作業(協動作業)によってすすめられていく中で、地上の空気が通り、風を感じた時の気持ち良さは、作業の疲れを吹き飛ばしてくれます。

地下の水脈通しによって、泥水が澄んだ水になった時は、これで海に流れる泥水が無くなり、海水の温度も安定する。
山・川・海が、繋がっていると参加者がイメージ出来る。

そして、
矢野氏の智慧を座学とフィールドワークを結い作業で学ぶ事で、昔は皆が協力してやっていた業を本能的に思い出し、
諦めず続けていくと、結作業は、自主自立の上に、成り立つと気付く。

『大地の再生は自分の再生』でもあると仲間と共有しはじめるのです。

牛島の講座開催も、例外ではなく、

”海の矢野さん”といわれる
海藻研究所所長
新井章吾氏が、地元の自然環境の豊さを取り戻したいと切に願っていた
国際貿易(株)
重岡社長に出会った事で今回の牛島講座が実現されました。

海産物の宝庫である牛島は、平安時代に京都加茂社の御厨(みくりや)→神領であったことや、「亀吉の墓」「牛鬼」などの数々の島伝説でも有名である。

牛島は、昭和初期の懐かしさが残る島
コンビニエンス無し。
車通ってない。
人口52人

漁師に聞いたところ、松と段々畑があった頃は、いわし、キスがいた。
耕作放棄地が増え、湧水が減ったので少なくなってきた。
しかし、
語り継がれるほどの豊さがほんのすこし残っている今なら
まだ間に合う!と見立て後に矢野さんが言われた事が印象的だった。

今回の講座では、

島の心臓部である5本の水脈を2日間で一気に通す作業となります。

自然環境のミクロとマクロはどこも相似形。

山、川、海どこも相似形。

島の本流の見極めと風通し、水通しを学ぶ事の出来るまたとないチャンスです。

新井さんの海が呼吸している事が分かる実験、湧水を全身で体験(気温が低い時は、別の体験)も行います。

23.24日の下蒲刈講座からの連続参加募集。

そして、

瀬戸内海の島での水脈通しを全国からの参加者と共にやっていきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。


詳細

日時:9月25日(日).26(月)
9時半(受付9時)〜18時(作業内容によって延長の可能性あり

場所:山口県光市大字牛島
島には、フェリーで渡ります

フェリー運行時間
http://www.geocities.jp/ushimajp/unkou.htm

{BDDB2F1F-39E2-4A3D-B5B9-41C5E54E3152}



集合場所・駐車場:アイランドアカデミー
山口県光市室積5丁目3-23

✳︎26日に参加される方は、集合場所に車を停めて、徒歩5分のフェリー乗り場から牛島に渡り、講座場所に来てください。

参加費:25日5000円
           26日5000円
定員:40名

宿泊:前泊(24日)2000円

          25日牛島内  1500円(朝食付き)

食事:25日・26日   2日間分の昼食代  
                                    1500円

         25日 夕食代    1000円

*スケジュール

午前中、矢野さん、新井さんの座学→昼食→徒歩5分の”室積港”から船で島に移動14時出発予定→夕方まで見立てまたは作業→島に宿泊→26日作業→16時の船でアイランドアカデミーに帰って講座のまとめ。
(予定変更の可能性あり)


25日、26日いずれかの日に参加の方は、事前にお知らせください。


  持参品:動きやすい服装。雨具、剣スコ、ノコガマ、剪定バサミ、
海用に、靴を数種類用意してください。
気候によって泳ぐ事が出来ます。
希望者は水着持参。

寝具:寝袋持参。

{C01D23A9-8DB0-4AE4-B7F1-D7A5C5265835}


牛島の前には、上関原発で有名な祝島があります。

その先は、国崎半島。

矢野智徳氏、新井章吾氏から島の”いのちが巡る環境改善手法”を
学び、島での結作業が、祝島に繋がり、その先の島々に海流とともに繋がる事をイメージして1人でも多くの方々にご参加頂きたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ、お申し込み
Facebookされていない方は、メッセージにてお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ほんと、久しぶりの投稿です。

あの藪枯らし記事で有名になった
第一園芸
押田さんのブログをご紹介します。

空気の視点から施工された芝生の駐車場。

私も学んでいる大地の再生視点を取り入れられています。

芝生の駐車場
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

23日から、黒瀬、郷原、安芸高田で開催する

大地の再生講座~結いの杜づくり~in広島第2回目

は、おかげさまで定員に達しました。

ありがとうございます。

宮崎、山口、岡山、そして、関西支部の方々もご参加頂きます。

このように、はるばる遠方から矢野智徳さんの講座に、参加されるには理由があります。
*矢野智徳さんをクリックすると、滋賀彦根新聞の記事を見る事が出来ます。

自分自身、広島講座開催を目前に、淡路島の講座に参加して再確認した事を記事にしました。

ゆっくり、じっくり、読んで頂きたいと感じます

兵庫県洲本市五色町鮎原(淡路島)に、地元の方を中心に、東京、愛知、長野から総勢70人、村の人々を含めて80人以上の方が参加されました。

{E453D24D-CCB8-4650-B554-E2F3CEF493ED}

Iターンでこの地に住まわれている方のお家付近をフィールドにしています。

一見、自然豊かで何の問題もないように見えますが、石と水と植物のバランスが崩れ、空気が通らなくなり、その結果、土が固くなって、水が土中に浸透していない話しを現場を観ながら矢野さんが解説されます。
{9B3C12E3-2BB8-450F-8A04-82D02F95091E}

ここでも、竹の侵食に悩まされ、どこから、どう手入れしてよいか分からないようです。
{4A80B7D1-4991-491D-A1B3-DB51F23BDAF4}

誰にでも分かりやすく、自然のメカニズム、植物の性質を説明され、竹と闘うのではなく、1シーズンで様子をみながらやって行く事を教えてくださいました。
{6D87D5DB-DC6A-4E40-8D91-915E22ECB138}

地下と地上のセットでバランスを取っていく。
地上の竹を伐採するだけでは解決にならない。

時間が取れない時は、これ以上、広がらないように、竹林の外側に溝掘りして空気通しをする。

参加者の皆さんは、必死にメモを取りながら聞いておられました
{D4E5C888-47B1-4A3A-9860-804A1B703187}

講座には、必ず座学があり、そこで、淡路島の皆さんを驚かせたのは、この地理地形の説明の時です。

その内容は、山脈ラインが、本州、四国と全てに繋がっている、そして、淡路島の井戸修理の方から聞いた話しで、六甲の水脈が淡路島に繋がり、井戸水は、「六甲山の水」

この説明を聞いた私も、びっくりポンでした。
{ABD32364-57DF-48BF-BC19-5D3B4CF95E00}


講座2日目は、雨の中の作業。

矢野さんは、雨の日は水の流れが分かって良い!と雨を喜ばれます。

この写真は、雨で土砂が流れているのではなく、
淡路島は、ため池が2万ヶ所あります。

砂地に水分を多く含む土壌のようです。

{C0C57613-D411-4DC0-8A5F-997033CF175F}

ユンボで溝掘りした場所に、炭、暗渠排水管、伐採した竹、笹を緩衝材として使い、有機物が土と石に噛み合うよう空気の視点から改善、こうする事で、ゆっくりと有機物をいっぱい含み、有益な微生物いっぱいの土壌は、土と石と水のバランスが取れ、ぬかるまない、柔らかいけど呼吸している土なので崩れない土壌になります。

全ての作業は、結い作業(協働作業)によって行われました。

{1587A6E0-073E-43AF-9651-E95BE7B21E1D}

2日目間の昼食は、お仲間が、提供して下さいました。
どれもこれも、身体が喜ぶ、美味しい食事でした。
{9676892D-CE31-4E73-B4F1-96CF96FBF157}

こちらは、2日目の講座が始まる前に、矢野さんの提案で参拝した[都志八幡神社]


{7335E499-0657-46CC-B296-9BE0EF89096C}
*観光案内の写真をお借りしています。

境内の樹齢450年のナギの大本と、入口の木の根が外壁を持ち上げている様子を観て「やっぱり!ここも傷んでいる。」
と矢野さんが言葉を発すると同時に、腰の移植ゴテを取り出し、手当てされました。
{645F9286-D901-4D88-A8CA-C967C944C523}

雨の水が土が固く浸透しないで、表層を削り、神社の外には、土がいっぱいたまっていました。

移植ゴテを持って、川の流れのように、水の流れを導かれていました。
{45DBFD1F-507F-4644-8E19-46F2AD6DAF07}

水の勢いが強いところは、土手を作り弱めています。
{B56C80B1-959D-465E-ADCA-CDE6B77B5B23}

境内の真ん中に流れていた雨水を、植物を護るように脇に導かれた水の流れ。 

矢野さんは、これだけで、苦しくて表面に張り出し、外壁を持ち上げていた木の根が、ゆっくりと地下に戻っていくと説明されました。

樹齢450年の大本も、喜んでいる事でしょう。

人間都合で痛めつけた自然は、1日も早くその事に気がつき、人が出来る足元から改善して生きたいと、ここでも、想いました。

{0E880FD9-D483-466E-9325-C4FC49603ACF}
*防災記事から写真をお借りしました。

最後に、この写真は、2014年8月の豪雨による広島土砂災害の写真です。


去年の2月に、矢野さんの大地の再生講座に参加した時に、この地形がなぜ崩れたのかがなんとなく分かり、講座の参加を重ねると同時に、仕事の現場や、去年10月31日~11月3日大地の再生講座in広島のフィールドを何度か訪れて、体感した自然の変化で、確信しました。

地形は、広域、流域で繋がっています。

大地の再生講座に参加された方は、私と同じように、今、土中で何が起きているか、そして、
このままにしていたら、呼吸不全を起こしている大地、地球環境がどうなっていくのか。。。
を座学とワークで知る事が出来ました。

矢野さんの講座は、神がかり的な事ではなく、大学在学中にこの事に気付き、40年近くの実践の中で確信した、事実だけを伝えて下さいます。

なので、それは不安要素ではなく、矢野さんの指導のもと、それぞれが得意とする分野で自然のバランスを取っていく手法を、講座の結い作業(協働作業)で体感する事になります。
身体に、落とし込む事が出来ます。

私も、人を繋ぐのが得意。

その得意分野で
大地の再生中国支部を講座の頭につけ、

大地の再生関西支部と協働しながら

地元(中国地方)の大地・生物(人間も含む)・水、空気のバランスを取る事を伝えていきたいと思います。
この活動は、点を線で紡ぎ、やがて面となるのです。

まずは、足元からコツコツと、、


大変長い言葉を書かせていただきました。

冒頭でお伝えしたように、淡路島の講座で参加された方々の動き、講座を終えての感想を受けて、広島講座(3月23日~27日)にも、脈として、繋げていきたと感じ、投稿させて頂きます。

最後まで読んで頂きありがとうございます。





AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。