follow us in feedly

にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-27 21:00:08

林道のすすめ。NINJAですけど。

テーマ:東京からツーリングどこいく?!

青梅から奥多摩?と思いきや秩父方面へ都道を曲がる。秩父へ?と思いきや観光地には目もくれず

林道へ!ニンジャですけど。。

 

愛読書!ツーリングマップル(もうオレの中ではバイブルレベル)

を見ていたら無性に

このムラサキに縁取られた、細道を走ってみたくなり、

観光地に目もくれずにこの道へー。

 

バイクはストイックにナビ使わず、

タンクバックのこのバイブルを止まっては見、止まっては見ながらずんずん進む。

 

クルマも徒歩も、電車でもナビやGoogle mapに慣れ過ぎた体。

地図は流石によく道を間違えますな。

その間違えるのもなんか旅っぽくて嫌いじゃない。

しかも老眼でみえない。。

 

いつか老眼用マップルも出して欲しい。

 

 

対策。

付箋に行く道をふっといマジックで書いておく!どアナログ。

それでも間違えます。

老眼ですから!

 

途中でよく雨にふられるんだよね。

地図、アマ粒とタンクバックの曇りで見えない。

今回も土砂降りへ。

 

さて土砂降りになったところで林道へ入ります雨

 

林道っていうと

モトクロス系が行くようなダートコースをイメージしていたけど

舗装された道もあるんすねー。

 

ウッヒョー、全く慣れてないのでこわー。

道細、勾配あり、くねくね、路肩以上に枯れ葉がわんさか、所々陥没、

さらに雨で、制限速度の20kmをきっちり守ってしまいます。。

これは自己責任で行くレベルだな。

 

くねくねし、道間違えて、また懲りずにクネクネへは入り、出た!

 

 

着いた。雨も小ぶりな標高818m。

登山だったらかなりの低山だけどバイクでここまこれる幸せ。

 

 

向こうは晴れてるのか?!休憩して

大野峠、

白石峠まで走って、

走りっぱなしもなんなんで

バイブルをみると、

 

あった!

 

♨︎

 

 

ナビなしだと妙に勘がさえて左折してみたらビンゴ!

 

 

それほど混み合ってもなく、ゆっくりつかって、堪能したらそそくさと

帰ります。

 

が。

やっぱり帰りの高速もどしゃ降られましたとさ。

AD
2017-04-20 19:00:00

撮り鉄ならぬ撮り単が、外車バイクのデザインは自由だねとつぶやく。

テーマ:バイクコネタニュース

つぶやきレベルですが、

 

撮り鉄さんがいるならば

撮り単さんがいてもいいのではないか。

でも単車は個人所有で撮りにくいのでここぞと

モーターサイクルショーで撮りまくった写真を並べてみる。

 

ハーレー、インディアン、ハスクバーナ、KTMを

並べてみたら

デザインが共通項になった。

なんか海外バイクのデザインは主張が強いと言うか自由にみえるなー。

アメリカ、北欧、ヨーロッパ。結構お国柄も反映されてる感じだなー。

 

まずはドアップのハーレー。

このカウルのデザインは迫力ありますな。単車だけど重みというか重量感すごい。

 

 

トライクだった(気がする)からかな重量感は。

このトリミング、迫力あって個人的なお気に入り。。。おおらかなデザインだなぁ

 

 

ドアップシリーズ2。インディアンのフェンダーのモチーフ。先頭にあると守られてるーっ、てなるな。

 

 

古いインディアン。じろじろじろじろ見るとエンジン形状が面白いな。

フロントフォークもギアのシフターようなものの形状も面白い。

 

 

ハスクバーナデザインは、北欧的なもだーんなセンス満載だよなぁ。

ロゴもタイポも明るめな黄色ももだーん。爽やかでさっぱり。

 

本来はどろんこオフロードが得意なはずだけど。

 

このストリート系シングル、タンクとそこからつづく造形センスは北欧モダンだなー。

白ベースだからか、未来版RZみたいにも見える。全然違うけどな。

けど、キスカデザインというデザインオフィスがデザインしてる。KTMと同じ、デザインオフィス。

 

 

分裂していたKTM傘下のフサベルと再合体でハスクバーナらしいハスクバーナになるようだな。

 

次。

 

 

KTM。

 

 

KTMデザインは言うまでもないけど自由な感じがするな。

ヘリテージの、過去から脈々とつづくアイコンを真摯に受け継ぎますーというより、

新気分を取り込んで俺たちジユーにやるぜーって感じに見えるな。

 

 

オーストリアって、どんな国なんだろう。

ドイツ、イタリア、スイス、チェコ、スロバキア、ハンガリー、スロベニア!

って、こんなに他国と接してるのは凄いな。島国日本としてはピンとこない。

沢山の県と接する長野県みたいなことか?きっといい国だ。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

モータサイクルショー2017 他のブース↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓ 攻殻機動隊のリアルバイクとか、その1。

これは見た事ないバイク。東京モーターサイクルショー2017

 

↓ トムクルーズも乗ってたセンターハブステアのヴァイルスとか。その2

生で見た事ないよな、レアーな外車。 東京モーターサイクルショー2017

 

 ↓ V型エンジン縦置きってどうよ。その3

MOTOGUZZIに跨がってみた。

 

 
↓ アグスタはカッケーと思い調べると、ヘリが県警他で大活躍とか。その4
AD
2017-04-17 20:00:00

春の海3種。

テーマ:東京からツーリングどこいく?!

新品タイヤの皮むきをかねて土曜の海沿いを走りまくる事にしてみた。

 

地図を見ていて我が下町、江東区方面から伊豆方面は東名を使うけど今回は

首都高湾岸から横横朝比奈、鎌倉、大磯、小田原、と静岡の目前の真鶴まで行ってトンボ帰り。

 

さてー。鎌倉まで来たのに、全く観光もせず、七里ケ浜のセブンイレブンでいつものコーヒー休憩。

キリンに出てくる的なかっけーCBの女の人がいて、さすが鎌倉だなーと何故か腑に落ちる。

この辺て個人のスタイルを楽しんでる人が多い印象なんだよな。

クルマとか見てても、カルマンギアとか、水色に塗った古めのランクルとかこだわった車両にすれ違う。

 

 

しっかし風が強ー。ココまで来る途中に斜め右から、左から突風の嵐。

タイヤも新品だからか、思いっきり風に機体ごと持ってかれまくる。

新品だからかちょっと滑る感じあるな。

でも前の古タイヤより明らかに柔らかい印象あるな。空気圧のせいか??

 

 

逗子方面の海も、江ノ島方面の海も荒れ気味だな。動画だったら風の音がぼぼぼってうるさいぐらい

入る感じで。

 

 

さて次へ。

江の電と並走しつつ渋滞しつつ江ノ島にも寄らず134から1号へ入りつつ間違えて大磯港へ入ると

マップルにある『めしや大磯港』が!列着いてる。。。断念。。メシ食いに来たんじゃないタイヤの皮むきにきたのだと自分にストイックに言い聞かせ結局ノンストップで

 

次!

 

 

黒磯から西湖バイパスの国府津の西湖PAへ。

 

 

バイカーだらけジャーン。しかしこの駐車場ほど曖昧な駐車場ないな。自転車置き場のようだ。

 

 

黒磯下り方面。七里ケ浜より若干風弱まったかな。

 

 

小田原方面。あー腹減ったなー。愛用マップルでアナログ的に調べると真鶴にピンと来る誘い文句が。

町営の食堂。

 

 

小田原方面。猛烈に腹が減りつつ出発。

そっから急に給油ランプがつき、ニンゲンもバイクも腹ぺこ状態に!

小田原で両方済ましちゃおうとも考えつつえーい行ってしまえとどんどん進む。

まだ大丈夫だけどスタンドないかなー。。。

 

神奈川の南端、真鶴半島へ。

 

 

ウワーさすが海が奇麗だ。透明度が引きの写真からでもよくわかる。

 

 

この前に、漁港の市場の2階でメシにありつけた。

しかもその斜め隣で、バイクもガスにありつけた。

しっかしキレーだなー。来たかいあった。さて帰ろう。

 

 

ひたすら来た道を帰る。上りの江ノ島あたりから鎌倉までは混むね。あと朝比奈の手前の山が混む。

残念な事に、その山の渋滞、結構な上りだったようでエンストこいたりして。

ちなみに前にいらしたイタリアンレーサーの方も一緒に一緒にエンストこいたりしてましたな。

 

あっという間に帰宅。

家族うけのお土産も買わずに!

かなりストイックなタイヤの皮むきの走りになってしまったな。

100km超走ってIRCのRX-02は一皮むけた様で

まえの古タイヤよりしっとり感は感じるな。帰りもそれなりの風はあったけど行きよりしっかりと

走った、気がする。インプレ、って言う程でない、多分!だけどな。

 

でも海が奇麗で良かったよ。

 

 

 

 

(前回のタイヤ交換記)

ニンジャ250Rに新品タイヤを入門記。  ニンジャ250RのタイヤはIRCのRX-02に決めてみる。十分なのか?

 

結局、マッハでタイヤを替えまして。  マッハで替えてみる。ここで良かったよ、気持ちのいい専門店だ。

AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。