たまちゃんのにっこり寿司

アート表現として巻き寿司作品を作っています。

オリジナルデザインとプロセスで巻き寿司での表現の可能性を探っています。

無断で転用、転載、営利目的での使用はご遠慮頂きます。


テーマ:
ラン・ラン♪

縄跳びって楽しいね~。




私も入れて!

ラン・ラン・ラン♪



楽しそう!私も入れて!

ラン・ラン・ラン・ラン♪






このお寿司は1本から出来ていて、組み合わせを変えると5パターンになり
切る度に子供が増えて縄跳びをします。






5月号の「禅の友」の表紙は「こどもの日」にちなんで
元気に仲良く遊ぶ子供達を作りました。


4月の末には出ていたのですが、またしても遅いお知らせ。

撮影風景もちょっとだけお見せします。



このお寿司は実は立てて撮影しているのですが、切り抜きでデザインした為
立体感が表紙ではわかりません。


(「表紙のことば」も読んでね!)

とにかく毎号ギリギリまでアイデアを考えているので
撮影してもらうのが大変です。

大変なのはカメラマンの白石ちえこさん。


彼女は「ぞうきんがけ」という昔の現像手法でどこか懐かしい
観ていると吸い込まれそうな写真作品を普段は作っています。


そんな白石ちゃんが工夫していつも撮影してくれています。

あ、この写真は撮影中に私がパパッと撮っている写真です。

「禅の友」の表紙が彼女の写真です。

是非本物をご覧ください。

今は8月号まで撮影済み。

私がお知らせするのが遅いので、ギリギリで撮影してると思っているアナタ!


来月号は「梅雨とお坊さん」!

2月に撮影しています!

「禅の友」史上初めての試みが!
(全体的に「巻き寿司」が表紙自体、初の試みですが・・・)

撮影秘話はその時に! 乞うご期待!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
さてゴールデンウィーク、皆さんいかがお過ごしですか?

私は相変わらずバタバタしてます。



今月末からシンガポールでエキジビジョンとワークショップがあり
準備しているんですよ!

異国での大々的な開催にボーゼンとしながらも着々と準備するたまちゃん。


シンガポールの広告代理店「キネティック」が主催で5月29日~6月7日まで
開催予定です。

「キネティック」は去年ニセコで開催したワークショップに社員一同で参加してくれ
「是非!シンガポールで開催して欲しい!」とずっと言われていて、とうとう行く事に!


シンガポール情報のある方!教えてね!


そしてもう一つお知らせが!


先日4月27日(月)にご覧になった方もいるかと思いますが
Eテレ「ごちそんぐDJ」「たのしいのりまき」が5月4日(月)23:50~
再放送されます!!!

2355の前の番組だよ~!

http://www4.nhk.or.jp/gochisongdj/x/2015-05-04/31/28287/


撮影はしたものの私も27日に見たのが初めてでしたが、
可愛らしい番組になっていましたよ!


5分番組なのに5時間も撮影していて、大幅にカットされていました~。

まぁ、しょうがないんですが。


おみそはんの可愛らしいところはもちろんですが、
たまてばこも右側のイーゼルの上に乗っていて、
チラッチラッと映っていますのでお見逃しなく!


「たまちゃん何か新作を作ってきてくださいよ~。」と言われたので
「Let's sing a song!」寿司をご披露しましたが、全面ボツ!

時間がね~!

音楽と料理がコラボな番組だから、私も音楽とアートで表現しましたよ!


切っていくとト音記号から♪になって♬に!





で、最後に♬をタテに切ると笑顔の子供が歌っている!






この表現は「KATEIGAHO」でも紹介しましたが、巻き寿司を切る方向を変えても
絵柄が出てきたら楽しいだろうな~と思い作りました。


「絵柄が切る度に変わるだけでもビックリなのに、違う方向に切っても絵が出て来るのは
もうどうやって作っているのか、全く解らない!」と驚嘆されましたが
なんせ尺が。


スタッフの方からお詫びの電話が来たりして大変でしたが
またいつかどこかで沢山の人に見てもらえる日が来ると思うので。


動画で見ると本当にビックリしますが、ここでは写真だけ。


絵が変わるのは他の人もやっているのを見た事があったけど
まさかそんな風に展開していくのは初めて見たし、想像もしていなかった!と
その場では皆さん感動して頂けたので、良かったです。







あ、おみそはん(DJみそしるとMCごはん←正式な名前。一人です。)から
4月に発売になったCDをサイン付きでもらったよ。





脱力感と可愛さMAX!


4日(月)の19:50~は「フィフティー餃子」が放送されます。

フェルトで出来た餃子くんの旅がスッゴク可愛いので、こちらもお見逃しなく。



しかし・・・この番組は1年間のレギュラー放送なので、何度も再放送されるそうです。


偶然見る方もいるでしょう。 よろしくね~!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
金比羅 ふねふね 追風(おいて)に帆かけて しゅらしゅしゅしゅ~♪

地下鉄虎ノ門駅を降りてすぐのところに琴平タワーがあり
そこにIHG ・ANA・ホテルグループジャパンのオフィスがあります。

そこで部署内の交流を図るパーティーがあり
先日巻き寿司のパフォーマンスをしてきました。


その日はIHGホテルグループのブランド「hotel INDIGO」のバンコク支店が
グランドオープンだったので、お祝いに「hotel INDIGO」のロゴを巻いて欲しい!との
リクエストでした。





ロゴ発注は普段あまりお受けしないのですが
担当者の方と知り合いだったので、たってのリクエストにお応えする形に。


「hotel INDIGO」のコンセプトはただ滞在するだけのホテルではなく
泊まっていると自然に地元の歴史やカルチャーを体験でき、観光地巡りだけでなく
もっとプライベートな旅の思い出を作れるようになっているんだとか。

お部屋も画一的なデザインではなく、部屋ごとにコンセプトがあったり
地元のアーティストの作品が飾られていたり、デザインホテルのような演出がありつつ
高級ホテルのサービスが楽しめるホテルです。


で、パーティーのプログラムとして「地元」を知るというコンセプトで
オフィスがある虎ノ門界隈の「neighborhood story」(地元ネタ)を
調べてみんなで披露する事も伺い、私も「neighborhood巻き」を作る事にしました!


まずはオフィスがある「金比羅」さんについて。

江戸時代「お宮参り」は唯一庶民に許された旅行。

お伊勢さんや金比羅さんにお参りの旅に、代参の「犬」がいたそうです。

旅の途中、やむなく旅が出来なくなった者が「犬」にお金などを付けて
お参りの人々に託す事があったそうです。

http://www.konpira.or.jp/about/dog/dog-2011.html

なんとも可愛らしい、人情味溢れるエピソード。


でもね私は犬では無く「ネコ」を巻きました!

金比羅さんには円山応挙の「水呑みの虎」と呼ばれる虎の絵があります。

http://www.konpira.or.jp/museum/shoin/shoin_2009.html

日本画で多く描かれている「虎」ですが、実は江戸時代の多くの絵師達は
本物の虎を見た事が無く虎の毛皮や足の剥製を見て虎の絵を描いていました。

応挙といえば、日本画でありつつも「写生」を重視してリアリズムを追求していた
絵師にもかかわらず、本物を見た事が無かったので、どこか「ネコ」のように可愛らしく
見えてしまう虎達。


ナゼなのか?私にも解りませんでした。


でも調べてみると虎の瞳孔は丸くて人と同じ。

ネコは「タテ」

で、よ~く「水呑みの虎」を見ると・・・瞳孔が「タテ!」


だからどことなく「ネコ」に見えていたんだと。


他の絵師の作品もこの事に気をつけて見てみると面白いですよ!


という話しをしつつ巻き寿司を切っていきました。





虎からネコ・・・そして「ワイをするネコ」

ワイはタイでは目下の人から敬意を込めてする挨拶。






日本の「合掌」とはちょっと意味が違うんだとか。


こんな風にIHG ・ANA・ホテルグループでは接客するスタッフだけではなく
より良いサービスを提供する為にオフィスのスタッフも楽しみながら勉強しています。


タイのバンコクにお越しの際は是非滞在されてみては?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇