• 15 Dec
    • 「採用!フリップNEWS」時間が変更になりました!(関東地区)

      一足先にご覧になった中京地区の皆さん、いかがでしたか?当日バタバタの撮影だったので、どんな感じで放送されたのか気になるところですが。前回お知らせした放送時間が変更になったようで関東地区は21日(木)は深夜26:04〜だそうです。https://tv.yahoo.co.jp/program/38206487/その後、12/30(土)お昼12:25〜Eテレ「ごちそんぐDJ」の「たのしいのりまき」が再放送されます。http://www4.nhk.or.jp/gochisongdj/x/2017-12-30/31/33475/2394135/以前にもお知らせしましたが、この「たのしいのりまき」は昨年アメリカ国際フィルムビデオ祭で幼児教育番組部門で最優秀賞を受賞した回なのです。おみそはんが番組内でムンクの叫び寿司を作っていますが、来年はムンク生誕155年で「叫び」(日本未公開)が来日します!(「叫び」は何点か描かれていて、今回来日するのは初来日の作品)前回生誕150年の時はノルウェーのムンク美術館で「叫び寿司」のパフォーマンスが出来ましたが、来年も何か関われれば嬉しいな〜と思っています。年が明けてからも再放送を含め、2本の番組が放送予定です。情報公開がOKになったらこちらでも告知して行きます!よろしくね〜!来年は戌年。「たまてばこ」はくまちゃんと思われていますが、「犬」です。

      6
      テーマ:
  • 11 Dec
    • 中京ファースト「採用!フリップNEWS」

      中京地区の皆さん!12/12(火)23:59〜中京テレビ「採用!フリップNEWS」でにっこり寿司の新作が一足先にご覧いただけます!http://www.ctv.co.jp/flipnews/関東地区は12/21(木)日テレ25:59〜の放送です。その他の地域でも曜日や時間が違いますが、放送されますので是非ご覧ください!(こちらで放送局と地域を確認できます。)http://www.ctv.co.jp/flipnews/airtime.html撮影は随分前にしたのですが、2017年に話題になったモノがテーマです。詳しくは関東の放送後に。深夜なので今まで作品集でしかほとんど見たことがない「ニヤリ寿司」になっています。時間がなくて番組ではちゃんと作品解説できていないかと思いますので「けしからん!」とご立腹される方もいらっしゃるかもしれませんが後日このブログでも作品に込められたメッセージを書くのでご覧ください!年が明けてからも放送される番組があるので、情報公開日が来ましたらお知らせします!「ニヤリ寿司」は作品集からかなり漂う香りですが、「お料理の本だと思ったのに、こんな本買わなきゃ良かった!」とAmazonのレビューで激怒されている方もいて、購入時は注意していただかないといけません。どんな本か興味のある強者は是非ご購入ください! Smiling Sushi Roll (スマイリング スシ ロール) たまちゃんのにっこり寿司 1,512円 Amazon 覗いたり、自分で折ったりして楽しめる本になっていますが人を「にっこり」させるどころか激怒させる本でもあるのでご注意を!では、どうぞよろしくお願い致します!!!来年は戌年ですね!こちらも以前テレビ番組の為に作った「仲良し柴ちゃん」こんな愛らしい作品もあります。2匹をぼんやり眺めていると・・・大きな1匹の柴ちゃんに見えて来ますよ。

      10
      テーマ:
  • 23 Nov
    • 原始人ウーの物語〜フレンチカップル

      夏にニューヨークに発つ前に公開になっていたインタビュー。帰国後バタバタしていてお知らせするのを忘れていました。「原始人ウーの物語〜フレンチカップル」https://newstory.jp/posts/5941(動画も見られます。)食べ物を探す原始人ウーを作ったことで、私たち人類の歴史を改めて考えるようになりその疑問や気づきを新しい作品として作っています。(この一つの巻き寿司から・・・)(原始人ウー、フランス人の男女が現れます。)フレンチカップルの前はアラブ人カップル。原始人もアラブ人もフランス人も知っているつもりになっているだけで実はほとんど知らない。博物館や百科事典の原始人の絵は、何人だかわからないし、人類の祖先は「アフリカン」とも言われているのに何人か解らない絵のほとんどが「黒人」ではない。そんな風に、作品を作る時は「こんなお寿司を作ったら、みんなが喜ぶかなぁ?」なんて呑気な感じではなく、「この作品を見た人は何を感じるかな?」と思っています。喜ぶか、疑問に思うか、問題意識を持つか、嫌悪するか。撮影後は、その場にいる人にプレゼントして食べてもらっていますが私の思惑とは別に、そのお寿司をどうやって食べたか知らせてもらうこともあります。その人なりのストーリーや表現をして写真を撮って送ってくれる人も入れば「食べ物」としてとにかくお腹に入れてしまう人も。「一生懸命作ったのに、そんなにあっさりあげてしまって惜しくないんですか?」とよく聞かれますが、私は作って提案することに興味があるので撮影はしますが、その後は美味しく食べられるうちに美味しく食べてくれる人に差し上げます。食べることで、よりインパクトを感じてもくれますし。「ご飯と海苔で出来ている作品」の意味はおいおいまた書いて行きます。Face Bookだと簡単に記事をアップできるので、そちらには記事をちょこちょこアップしてます。こちらもご覧ください。↓https://www.facebook.com/nikkorizushi/お知らせはなるべく遅くならないように記事にして行きますので引き続きこちらのブログもご覧ください!どうぞよろしくお願い致します!

      8
      テーマ:
  • 04 Nov
    • 錦鯉 「和の美」 by ELLE eten

      お久しぶりです!夏にニューヨークに仕事で行っていて、帰国したらパソコンが壊れたりスマホを滞在中に壊したのを修理したりしていたのですっかりネットと距離をおくようになってしまってね。色々あるんですが・・・なかなかパソコンに向かえず、ご無沙汰してしまって。帰国寸前に取材依頼があった Dutch ELLE(エル オランダ版)の『ELLE eten』ELLEDECORの食の雑誌のよう。掲載誌を送ってくれたのですが、オランダ語?なのでよくわかりません。こんな感じ。私がネットと距離を置いていても、ネットがあるお陰でこんな依頼も来る時代です。この錦鯉は「和の美」を表現しました。白黒、赤・・・これは西洋から見た「和(日本)」を連想する配色です。そして「金」(いろんな色を作って見たかったので、1本で3色になるように作りました。)画像を送る際には、タイトルとコンセプトを伝えているのですがなんせオランダ語なのでちゃんと書かれているかわかりません。ただ、コンセプトは説明になるので、オランダ人が「日本っぽい」と感じてくれれば、言葉で説明する必要はないなとは思います。いろんな作品の中から、「和」(日本)を感じるデザインを選んだようです。ちなみにこの作品はかなり前に作ったのですが、忙しくてブログで紹介していなかったかもしれません。自分でも、今回の依頼があるまで忘れてました。結構、ブログで未発表の作品があるので、おいおい発表していきたいと思います。

      10
      テーマ:
  • 09 Oct
    • Stay Hungry. Stay Foolish.

      先週、お月見の事を考えていたら、フッとある人の事を思い出して。2011年10月5日に亡くなったSteve Jobs氏。彼の偉業はもちろんですが、残した言葉にいつも励まされています。Stay Hungry. Stay Foolish.そしてThink different.当時、リスペクトを込めて作ったiPhone寿司。彼がシンプルなデザインを好んでいたので、極力シンプルに作りました。当時のブログに、その時の心境が綴られていました。https://ameblo.jp/kururinzushi/entry-11044383360.html2015年にはスマホで動画を撮影するテクニックを教える番組でこんなスマホの作品を作りました。詳しくはこちらをご覧ください。https://ameblo.jp/kururinzushi/entry-12098893283.htmlスタジオで小林幸子さんと一緒に彼女の愛猫のジャコちゃんのお寿司を作りました。iPhone やスマホって考えたら、その人その人の大切な「愛」が詰まっているんだな〜と。「便利な機器」とだけ思われがちですが、この製品が世の中で広く受け入れられたのは「世界共通の気持ち」を伝える事ができる機械だったから。先日、ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏がテレビで「何故世の中の人は作り事である小説を読むのか?」と公演を聴きに来た人に聞くところから、ご自分の話をされていました。そしてご自分の作品の説明をしながら、最後に「何故自分は小説を書くのか?」と話された時には、すでにみんなの中にその答えがイメージ出来ていました。素晴らしい公演でした。何気なく見たのに、心を打たれました。この番組はノーベル賞を受賞するより前に放送され、今回は再放送だったそうです。「何故お寿司を巻くのか?」それは「感情」(気持ち)を共有したいから。そう、それがカズオ・イシグロ氏の答えでもありました。そしてまたそれが、何故小説を読むのか?の答えでもあります。世界中の人々がスマホのお陰で手軽に感情を共有する事ができるようになったのはやはりSteve Jobs氏のお陰ですね。Thank you ! "Good Jobs"

      13
      テーマ:
  • 05 Oct
    • Fry me to the Moon♪

      昨晩は、中秋の名月でしたね。東京は雲間から見えましたが、私は晴れた夜空より昨日のような薄雲から見えたり隠れたりする月が表情があって好きです。月にはウサギがいない事が分かっていても、月を見上げるとウサギがお餅をついている絵柄を探してしまいます。1969年にアポロ11号が月面着陸を果たしても宇宙に対しての科学的なロマンは広がりましたが、月に対しての神秘なロマンは今も人の心の中にありますね。当時、宇宙に対する憧れや神秘性からインスピレーションを受けた音楽やアート、ファッション、映画などが流行っていました。『Fry me to the Moon』は月面着陸よりずっと前に作られた歌でフランク・シナトラがカヴァーして大ヒットした曲ですがこのロマンチックな歌が大好きです。Fry me to the Moon,私を月まで連れて行ってand let me play among the stars.星空で遊ばせてLet me see what spring is like on Jupiter and Mars.木星や火星にどんな春が来るのか見せてIn other words,hold my hand!つまり手を繋いで欲しいIn other words,daring kiss me!だからキスして!Fill my heart with song,私の心を歌でいっぱいにしてand let me sing forever more.ずっとずっと歌わせてYou are all I long forあなたは私がずっと待ち焦がれていてall worship and adore.憧れ慕うのはあなただけIn other words,pleaes be true!つまり、裏切らないで!In other words,I love you!言い換えれば、愛してる!原題は『In other words』だったそうですが、この「言い換えれば」というフレーズ、夏目漱石が生徒に「I love you」を「私はあなたを愛しています。」と日本人は言う習慣がないから「月が綺麗ですね」と訳しなさいと言ったという逸話に通じます。あの人がよく「たまちゃん、月が綺麗だよ!見た?」と言ってくれたのは「あなたのこと好きだよ!知ってるよね?」と言ってくれていたんだと勝手に意訳したりして。まぁ、月は洋の東西を問わず、やはりロマンチックなものだなぁと思います。寿司がコロッケの上に乗っています。「1人の人間にとっては、小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」と月面に降り立ったニール・アームストロングさんが言ったように具材(コロッケ)の上に寿司が乗っていることは「寿司はこういうものだ!」と思っている人にとっては意識を変える大きな飛躍かもね。

      9
      テーマ:
  • 24 Sep
    • I ♡ BONSAI

      9/13に発売になった盆栽のビジュアルブック「I 💚 BONSAI」(MdNコーポレーション) I LOVE 盆栽 Amazon 盆栽家の葉住直美さんと編集兼ライターの武智美恵さん、イラストレーターの伊藤智代美さん、デザイナーの飯淵典子さんからなるザ・ハレーションズが盆栽の基礎知識から盆栽をテーマに作られたアート作品やデザインなどいろんな方向から盆栽を楽しめる本を作りました。私の「盆栽寿司」も掲載されていますので是非ご覧ください!(著者の葉住さんと)堂々たる盆栽は、手入れも難しそうだし、お部屋の雰囲気にも合わないしと・・・思いますが、手軽で可愛らしいミニ盆栽を紹介していてちょと初めてみようかな?と思っちゃいます。とはいえ、驚いたのはこの超ミニ盆栽!生きてるって、すごい!   当たり前ですが。また盆栽がある生活や空間を楽しむヒントから広がるいろんな世界をイメージできます。ハンコ作家のあまのさくやさんのページ。盆栽と一緒に芝犬のハンコを押すとのどかな「和」の世界がさらに広がります。アイシングクッキーの作家平井理沙さんのページ。この本のために作られた作品は是非、掲載ページで!今では日本国内ばかりでなく、世界中で愛されている盆栽。先日、SNS に「盆栽寿司」をアップしたら外国人ばかりがメッセージを送ってくれて時代を感じました。この本、銀座シックスのTSUTAYAさんでも扱っているそうなので是非銀座にお越しの際は、ご覧ください!

      17
      テーマ:
  • 02 Sep
    • 「痩せ式」痩せる方程式とは⁉

      仕事でニューヨークに行っていました。その事はまた後日書きますが、ニューヨークに行く前に表紙の撮影していた「Tarzan」がすでに発売中です。書店、コンビニですでに見かけた方もいらっしゃるようですが、こちらで短いメイキング動画が見られます!https://kyotore.jp/information/special/8401/どうぞご覧ください!そして、とんでもなく痩せちゃって下さい! 

      10
      テーマ:
  • 26 Jun
    • 自由の翼 「私のセツ物語」

      私が通っていたセツ・モードセミナーという学校が、この春「閉校」になりました。ファッションイラストレーターであり画家の長沢節先生が生徒に乞われて始めた学校でしたが、入学試験もテストも成績表もな〜〜〜〜〜んにもない学校でした。そして何も教えない。それって学校!? と、思いますよね。でもね、そこで私達はものすご〜〜〜〜〜く沢山の事を学んだし経験する事が出来ました。私が今、やっているワークショップはセツでの体験を元にやっています。巻き寿司は絵と違い、テクニックをある程度教えないといけませんが試験をするから細かい行程を見本通り忠実に覚えないといけませんよ!なんて言いません。それよりも、同じセンスで集まった人達といかに楽しく過ごせるかどのようにコミニュケーションをとれば、お互いに「いい時間」を過ごせるかを体験して欲しいと思っています。とはいえ、私がセツの学生だった頃は、先生の親心も解らず突っかかっている生徒でした。そんな思い出をこちらに書いていますので、ご覧ください。http://www.chilchinbito-hiroba.jp/column/setsu/?p=283#comment-34705他の皆さんのセツ先生との楽しい思い出が沢山掲載されています。で、キャップとメガネだけで先生を表現しました。頭の上にある翼は「自由の翼」(Wings of freedom )という作品です。これは「発想を自由にする翼」原始人ウーと同様に「軍艦巻きを新しく!」シリーズです。こんな風に一緒に食べるものに添えたら、とんでもなく自由な感じに!お寿司の具材を自由に発想。翼が付く事でコロッケも自由に飛び立てそう。タマゴも焼き鳥も「鳥」の様になることで、同じ次元のものに。シュール・・・「超現実」を表現する事が出来ます。こちらも今度イベントをしますから、是非「自由の翼」であなたの「自由な発想」を表現してみてくださいね♡

      23
      テーマ:
  • 23 Jun
    • 最も希有な時代!?

      ダーーーーーーーーーーーン! ご無沙汰しましたーーーー!うっかりしていたら全然記事をアップしてなくて、自分でもビックリ!まぁ、いろいろ忙しかったんですが、もう田植えの時期が終わっちゃう!と慌ててアップしました!「早乙女寿司」お米でお米を作っている人を作る。なが〜〜〜い間、現在とは全然違う価値観でお米を育て、食べてきた私達、日本人。でもちょっと前まで、お米は統制で管理されていて誰でも売る事は許されてなかったんですよ。そして買う時も「米穀通帳」提示が決められて、(実際は提示しなくても買えたそうですが、身分証としては使えていたそうです。)制度としては、つい最近の1995年まで続いてました。まぁ、色々調べると米の安定供給の為の策だったそうですが皆んながお米を食べなくなったり、外食が増えてお米を買わなくなったりで管理していた国が赤字になりまくりだったので、「もう無理!」と廃止になったそうです。1993年、お米が超不作だった時があって、タイから緊急輸入米が届いてもタイ米に不慣れだった日本人は「マズイ!」と捨てたりした人が報道されていました。今ではお米は私達にとって「普通」のもの。あって、食べられて、当たり前。マズけりゃ捨てる。でもね、第二次世界大戦中に出来た「食糧管理法」は、江戸時代やその前の時代のモノでは無く、近い過去の制度です。この後、少子化やら天候異変やら地殻変動やらで現在のようにお米がある事や食べられる事が「普通」じゃ無くなる日も来るかもしれませんよね。ご飯で作る私の作品は「今という、日本人の歴史上、最もお米を無意識に食べられた時代」だからこその作品だと思っています。それが希有な時代だったと痛感する日が来ない事を祈りつつ。お米に敬意を表し、ありがとう!

      20
      テーマ:
  • 08 May
    • 食べられる作品ということは・・・

      「原始人ウー」は原始人という曖昧な立場なので、人(動物)が本来持っている「食欲」に従って食べ物をゲットしようとする様がしっくりと来ますが、これを現代人に置き換えると・・・宗教や民族などが関わって来て「原始人」の様に気楽ではなくなるかと。食べる事は、ただ生命を維持するだけの行為ではなくなり、思想や宗教に左右され狭まります。ご覧のように「アラブ人」を作ると、この男女の間に何を置いていいかわからなくなります。「アラブ人」と一緒に食べたいモノ・・・トンカツや豚の角煮も美味しそうですが、もしここにそれらを置いたら「何もわかっていない!」と怒られたり、悲しませたり、軽蔑されるんじゃ・・・。なんて不安がよぎります。アルコールも飲まないから、食べる時に一緒に飲んじゃダメかな?なんて思ったり。更に「男女は一緒に食事しないよ!」と言われたり。デザインが「原始人」から「アラブ人」になっただけで相当な緊張感に包まれます。立場がハッキリして来ると、途端に自分の曖昧な知識が露呈してしまう。誰かアラブ人を友達として紹介してくれませんか?(すでに「アラブ人」と「ムスリム」が混同しています。)アラブ人=イスラム教徒ではないそうです。知らない国の知らない人に親身になれないように、まずは身近に「知るコト」から始めたい。理解する事は相手に対して寛容になれ対立を防げるようになれるかと。見た目ではわからない思想や宗教って、本当にややこしい。でも、アラブの人達から見たら「日本人」も「韓国人」も「中国人」も区別はつかないだろうしね。

      18
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 原始人ウーの物語 @和菓子 薫風

                    (「ふきむ」と角右衛門)ご覧のように、「日本酒」と「和菓子」を楽しんでいます。何処で?千駄木の「和菓子 薫風」さんでは、そんなマリアージュを提案しています。お店はこんな感じ。http://wagashikunpu.com和菓子屋さんのイメージとはかけ離れてますね。どちらかと言えば、喫茶店!?アトリエ!?ここの和菓子も果物のコンフィやコーヒー、洋酒、スパイスや野菜など以外な組み合わせ?!と思いきや、新しい味の発見が楽しいお店です。いろんなメディアで取り上げられているので、何かでご覧になった事があるかも。で、先日、この薫風さんに「どうしても!」と頼まれ、にっこり寿司ワークショップをこっそり開催しました。現在、私は「原始人ウーの物語寿司」はワークショップではなくインスタレーションとして私のコンセプトに共感して参加して頂くようにしています。皆さんはテーマにそって、自由に自分のストーリーをお皿の中に表現してもらい、それを公開する事を一つの作品としています。では、薫風さんで作って頂いた皆さんのウーの物語をご覧ください!やはり、「富士には、月見草が良く似合う」(by 芥川龍之介)と言うフレーズが頭の中をグルグル回るくらい「原始人には、肉が良く似合う」今回も肉肉しい作品が登場しました。タコがいたりタマゴがあったり、ブロッコリーがあってチーズの星が瞬いている・・・沢山食べ物が獲れたリッチな原始人です。写真ではわかりにくいのですが、巨人種族のウー達。ダイナミックな盛り付けと巨人ウーに、人柄を感じます。地面に見立てた「とろろ昆布がいいね〜。」と言われていましたが「赤いのは何?」「みどりは葉っぱ?」と謎めいていましたが全体の色感はキレイですよね。ダイナミックな性格の愛されキャラだそうです。魚派の方。串に刺した魚を焼いてます!「ウーと日本食」をテーマに作ったそうです。佃煮の魚やごぼうの漬け物の薪・・・和の素材を選んでいます。「火」を焚いている光景も定番化してますが、良く見ると火の表現が人によって違います。この方は大きな櫓を組んでます。プリッツとさきイカで火を表現しています。森の中を抜けたら、木の実や果物を見つけた!というストーリーだそうです。ウー達が食べ物にありつけて良かったね!とお話が終わる所ですが翌日、これを全部食べた彼女は「原始人パワーが食べることで自分に入った気がした!身体に入ったウーの物語を続ける自分がいる・・・まだまだ続くウーの物語を感じています!」とメールをくれました。食べられる作品として、作り、提案している私には嬉しい感想でした。現代版ウー。「鯉のぼり」になっています。鯉のぼりに化ける為に足をわざと尾ビレのように作りたい!と。もうすぐ5月ですね。スペースシャトルに乗り込んだ未来人ウー。金髪の3人組が宇宙人に見立てたタコさんウインナーや☆のフライドポテトと共に宇宙へ飛び立ちました。聞くと、「原始人」から「はじめ人間ギャートルズ」を連想してギャートルズのスピンオフ作品「未来人間ゴン」という作品をイメージして作ったとか。彼はいつも人と違うように表現したい人なので、今回はどんな感じかな〜?と楽しみにしていたら、ナント「未来人」人の想像力って果てしないな〜。こちらはニューヨークに来たウー達。お皿にはマンハッタンの絵が描いてあり、ビルに見立てた卵焼きやアスパラが。手にはウインナーで作ったホットドッグを持っています。豆まめしいウー達。本当は器の中で豆にうもれているトコロを表現したかったそう。基本的に撮影後はウーと共に「食べる」具材を前提にしています。衛生的に無理なモノや誤飲の危険があるモノなどはお避けください。例えば、植物でも「あじさい」の葉には毒があり、食中毒をおこします。エディブルフラワー以外に、観賞用のお花屋さんで売られている切り花には大量の薬が使われていますので、直に食品に触れる事はおススメ出来ません。野の花にも毒や臭みがあるものがあり、見た目にカワイイからとお皿に乗せるのはキケンです。また小さいおもちゃのような物も誤って食べてしまう恐れがあるためあまりオススメしません。で、こちらも豆。和菓子屋さんで開催したので「あずき」や「豆」に思い入れがあるようです。いかがでしょうか?「原始人ウー」を食べる事で、パワーを体内に注入した気になるとか、物語の続きを自分が生きていると感じるコトなど、「食べて体内に入る」コトが絵画を鑑賞したり、音楽を聴いたりする以上にインパクトがある作品なのです。また、衛生や誤飲、毒のあるモノの知識を持つ事も「食べる」からこそ必要になってきます。その事についてはまた別の機会に詳しく書きます。ほぼ4時間、おしゃべりはしながらですが、手は止めずに作り続けた皆さん!お疲れさまでした!今回は、お皿と具(食材)をご持参頂きましたが、それぞれ器に合った世界を作られていて、細やかな配慮を感じました。薫風さん!海苔を提供頂いた有明海苔株式会社さま!撮影して頂いた、たけぽんさん!ご協力ありがとうございました!*スピンオフ作品* 「原始人ウーの物語 in 新宿」新宿の飲み友達に私が作ったウーを渡したら、こんな作品写真を送ってくれました。いかがでしょうか?なんにもない〜なんにもない〜全くなんにもない〜♬ と歌が聴こえてきそうです。こんな世界観も面白いです。作り込んだり、盛り込まなくても大丈夫。ウーと向き合ってみてください!決して手抜きではありませんよ〜。日本酒好きの彼ならではの作品や他にも送ってくれましたが今回はこの2枚をご紹介しました。

      18
      テーマ:
  • 17 Apr
    • Eテレ「ごちそんぐDJ」の「たのしいのりまき」が再放送されます!

      4月22日(土)12:25〜12:30(お昼)にEテレ「ごちそんぐDJ」で「たのしいのりまき」が再放送されます!以前、ブログでも書きましたが、この回が去年アメリカの国際フィルム・ビデオ祭の「教育部門:プリスクール/幼稚園カテゴリー」で最優秀賞を昨年受賞しました。詳しくはコチラをご覧ください↓http://ameblo.jp/kururinzushi/entry-12242035525.htmlで、見逃していらっしゃる方、お待たせしました!再放送があります!是非ご覧ください!相変わらず画像を回転出来ず。

      15
      テーマ:
  • 09 Apr
    • Daryl Dixon とNorman Reedus

      昨年、アメリカの大人気テレビドラマ「The Walking Dead」のCMの依頼でノーマン・リーダス演じる「ダリル・ディクソン」のSmiling Sushi Rollを作りました。このCMは日本では放送がないのですが、こちらでご覧になれます。https://vimeo.com/184587968いろんなアーティストがそれぞれの表現方法で出演者やドラマの場面を表現してて面白いCMです。このアメブロもFace Bookもあまり使い方がわからずやっていますが更にインスタグラムも薦められて、始めたのはいいのですがずっと放ったらかしにしてて。でも、インスタをきっかけで連絡をとってくる海外の方が増えてインスタのアップを久々にやってみるかな〜と、ここ最近画像をアップしているのですがダリルの作品もアップしたところ「ご本人がリポスト(アメブロで言えばリブログ)してますよ!」とコメント頂いて、調べてみたら確かに。https://www.instagram.com/bigbaldhead/巻き寿司で描いて似せるのはとんでもなく難しいので、作った時はどうかな〜?と思っていましたが、ご本人が喜んでくれているようなので良かったなと。その辺の心情が以前のブログに書いてありました。↓http://ameblo.jp/kururinzushi/entry-12221433127.html弱気ですね〜。彼がリポストしてくれて私もホッとしました。ネットのお陰で世界中の会う事も無いだろうと思うような人に会えたりこんな風に反応を知れたり、スゴイ時代になったものですね〜。The Walking Deadのシーズン7は昨年秋から放送中ですが、すでにシーズン8の制作が始まっているとか。ダリル・ディクソンは原作にないキャラクターだったのが、人気が出て主役の一人となっているそう。人生ってわからないものですね〜。つくづく。

      18
      テーマ:
  • 08 Apr
    • 原始人ウーの物語 in 伊万里

      お待たせしました〜!3月5日(日)に開催されたSaga Dish &Craftのワークショップ「原始人ウーの物語寿司」in LIB COFFEE IMARIのレポートです。いつもはお寿司を作った後に皆んなで集合写真を撮り「同じ時間、同じ説明、同じ材料」で作ったハズがどれも似てないそれそれの表現になっている事を感じてもらっていますが、今回は更に佐賀のお皿を使い、それぞれお皿の中に世界を作ってもらうコンセプトで食材を持参して頂きました。(Saga Dish & Craftを開催していた唐津・伊万里・武雄・嬉野・有田のお皿をLIB COFFEE IMARI の森永さんが揃えてくれました!)何度も言いますが、お料理教室ではないのでコンセプトを理解した上で、インスタレーションとして体験してもらうワークショップです!さて、ナゼこのお寿司のデザインにしたかと言いますと「巻き寿司の具は巻き込まれていなければいけない」と思い込んでいる方が多く「もっと具を入れたら?」「イクラとかマグロとか入れて絵にしたら?」など言われていたので、「握り寿司は具が上に乗っているのに、ナゼ巻き寿司は必ず中に巻き込まれていないといけないのか?」と。今までに観た事が無いモノは否定するのでしょうか?そもそも私の巻き寿司での表現のコンセプトは「常識や思い込みに一石を投じる作品」なのです。お料理として、「楽しく、美味しく作りましょう!」だけで無く「楽しく、美味しく、の他にも表現出来るコトをやってみる!」です。食べ物を使うので、基本的に衛生面には配慮しますが、今回、このインスタレーションとして参加して頂いた中にはそれぞれの観念の違いを見る事も出来ました。これが現在の日本で料理屋さんで出されるものでなく自分の為、家族の為、友人の為に作りたい食の世界です。いかがでしたか?中にはとても作り込んだ食材もありましたが、こんな風にミニチュア世界を表現するのは、デコ弁が流行る日本ならではの発想だと思います。果物やお菓子をレイアウトされている方は(具)としてではなくデザート感覚なんだと。一緒に食べなくても、お寿司を食べた後にデザーとしてお菓子や果物を食べることはよくある事です。カフェなどで出されるワンプレートメニューにデザートとしてお菓子や果物が乗っていても違和感は感じないハズ。そんな見方をすれば良いじゃないかと。植物や造花を飾っている方は、それを何か食物で表現して欲しかったです。衛生面でも気になりますので。食を日本独特の「見立て」という手法を生かして別のモノを表現する。懐石料理や和菓子の世界では食で「季節」を表現します。この原始人ウーのお寿司では、昔、食べ物を得る為に彷徨ったり仲間と力を合わせて狩猟をしたりを表現してもらいました。現代の日本ではそのように食物を得る事に集中しなくても簡単に手に入ります。しかし私達の祖先がそのような努力をして日々を過ごし、食べ、命を繋いで来てくれたお陰で今の私達がいるのです。まだ民族や宗教も無く、自然の中で生きる為に食べていた時代に思いを馳せてみてください。全体に2人で力を合わせているような作品が多かったのを見るとやはり美味しいモノは1人より2人、みんなで食べる事がいいなと感じているのが無意識に現れているように感じました。食物(具)を持って来なかった方が何人かいらっしゃいましたがその人達は「食べ物をゲット出来なくてひもじいい」を表現してください!」とお伝えしました。LIB COFFEEの方がリンゴやパプリカを添えてくれましたが「近くにリンゴがあった事に気がつかず、食べ物を探せなかったウー達はその日はお腹がすくのを我慢するしかありませんでした。」・・・なんてストーリーを考えてみるのも楽しいものです。これからこのワークショップを経験する方の為に細かい点は書きませんでしたが、次回はどんなウーのストーリーが表現されるか楽しみです。25名参加されたので25点あるハズですが、私のところに送られてきた写真はこれだけだったので、もし自分の作品が無い!と思った方は私のホームページへお送りください。http://smilingsushiroll.comご参加くださった皆さま、ありがとうございました!LIB COFFEE IMARIの皆さま、海苔を提供して頂いた有明海苔株式会社さまお米を提供して頂いた佐賀の米・麦・大豆マーケティング協議会さまチェキプリンターをご提供頂いた富士フィルムさまありがとうございました!4日にデモンストレーションを開催させて頂いた伊万里市民図書館の皆さま、佐賀県庁の皆さま、宣伝会議の皆さまありがとうございました!

      11
      1
      テーマ:
  • 20 Mar
    • 伊万里の思い出

      本日、無事Saga Dish & Craftが終了したかと思います。あっという間とも、長かったとも思いながら、こんな記事をアートナビガール達がリポートしてくれています。http://girlsartalk.com/event/24966.htmlhttp://girlsartalk.com/event/24995.html動画は前半に開催されていたイベントが映されているので残念ながら私のイベントは写っていません。写真も送られて来ないので、いずれ届いたらアップします。私が行っていた伊万里は、こんな美術品が街中に当たり前にあって更に壊されたり、落書きされたりしない平和な街でした。JRの駅があったのですが、ずっとナニかの公共施設?と思っていました。余りにも利用客の姿が無くて。車社会なんで、しょうがないでしょうが、余りにも自分の住んでいる新宿と違っていて面白かったです。穏やかでいい街でした。今度はプライベートで行きたいな〜。協賛頂いた、有明海苔株式会社様、佐賀の米・麦・大豆マーケティング協議会様、株式会社リコー様ありがとうございました!

      15
      テーマ:
  • 11 Mar
    • 未知との遭遇 in 伊万里

      さて、前回でも書きましたが佐賀でのイベントの模様は写真がないので詳しくお伝えするのは随分経ってからになるかと思います。4日(土)に伊万里市民図書館でのデモンストレーションでは「ムンク!?心の叫び寿司」を作りました。その他に「佐賀のみなさんに新作を!」と思い、作りましたよ〜。「未知なるものに、ドキドキしよう」と言いますが人間、本当に未知なものに遭遇したらポカ〜〜〜〜ンです。今年は酉年で、年賀状には伊東若冲の絵からインスピレーを受けて「雄鶏」を作りましたが、それを見た人が細かい表現に「ここまで技術が上がったんだ!」と驚いていたので、「技術ではなくて、元々若冲の絵が超絶技巧だから、それに迫りたくて細かい表現になっただけ。」と答えると「元絵がいいからか〜。オリジナルじゃないのか〜。」って。http://ameblo.jp/kururinzushi/entry-12234628363.html再現する事が「アート」ですよ!とは言っていませんし、名画シリーズとして作るモノには、巻き寿司で再表現するコンセプトがあります。まぁ、いろんな事を言う人はいるもので。で、ふっとビジュアルとして魅力的な「フウチョウ」の事が浮かびました。でもね「フウチョウ」なんてダンスを踊ったり、歌ったりするくらいしか知識が無かったんで、ググってみました。あっ!21世紀の現在、私はこの鳥と同じ時間を過ごしているのに「これCGか!?」と思ってしまいました。「カタカケフウチョウ」このページをご覧ください。https://www.google.co.jp/search?site=imghp&tbm=isch&source=hp&biw=1355&bih=865&q=カタカケフウチョウ&oq=カタカケフウチョウ&gs_l=img.3..0l2j0i24k1j0i4i10i24k1.5137.9825.0.11295.12.10.2.0.0.0.164.782.7j2.9.0....0...1ac.1j4.64.img..1.11.783...0i4k1.5ffSP7p3Wkcご覧のようにとてもリアルに再現しています。そして「アカミノフウチョウ」何!?虫?何処までもカラフルでオマケに尾羽のデザインったら。http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20140114/379923/さらに「ジュウニセンフウチョウ」お尻から毛が・・・。https://www.google.co.jp/search?site=imghp&tbm=isch&source=hp&biw=1355&bih=865&q=カタカケフウチョウ&oq=カタカケフウチョウ&gs_l=img.3..0l2j0i24k1j0i4i10i24k1.5137.9825.0.11295.12.10.2.0.0.0.164.782.7j2.9.0....0...1ac.1j4.64.img..1.11.783...0i4k1.5ffSP7p3Wkc#tbm=isch&q=ジュウニセンフウチョウ&*(全て1本から出来ています。段々慣れてきますよね。切る度に変わっても。)パプアニューギニアの森では私が生まれる前から、いえヨーロッパでハイファッションが登場する前からこの鳥達はこんなデザインだったのです。事実は小説より奇なり。「未知なるものに、ドキドキしよう」未知過ぎて、にわかに信じられずです。ハシビロコウも初め観た時、「恐竜か!?」って思いましたが生き物のデザインって想像をはるかに越えているんですね〜。図書館の皆さんに予めお話しして、この鳥達が載っている本をご用意頂きお寿司と一緒にお見せしましたが、皆さんポカ〜〜〜〜〜ンでした。図書館の方も以前からこの本はうちにありましたがこのページは初めて見ました!と。しかし私は本があったり、画像がネットで見られたりして皆さんが「たまちゃんが作った鳥は実在するんだ!」と確認出来ますがこの鳥達を初めてヨーロッパに紹介した人はかなりポカ〜〜〜〜〜ンとされたり、嘘つき扱いされたんだろうな〜。「フウチョウ」は「極楽鳥」と呼ばれ、ヨーロッパで紹介された時は運搬に邪魔な足を切り落とした姿だったので、パラダイスから飛んで来て一生木に留らず風を食べて生きている鳥だと思われたそうです。パラダイスに棲む鳥・・・と思われるような美しい羽やデザイン。つくづく自然のデザインの素晴らしさを感じますね。

      15
      テーマ:
    • 未知なるものに、ドキドキしよう

      3月4日(土)、5日(土)と佐賀県の伊万里市に行ってこの「Saga Dish & Craft」のアートイベントとしてデモンストレーションとワークショップを開催してきました!どちらも写真がまだ送られて来ないので、詳しい話は次回に。イベントは3月20日まで唐津、伊万里、武雄、嬉野、有田の5カ所で開催中。伊万里では現在、LIB COFFEE IMARIというカフェで内田喜基さんの「Kanamono Art」が展示されています。ちょっと写真が良く無いので伝わりませんが、全て工具の形を組み合わせて孔雀の絵が描かれています。詳しくはコチラをご覧ください!http://dish-and-craft.jp/event/?a=伊万里で、今回のイベントでのワークショップも、いつものワークショップでもこのブログでもお知らせしていますが、私のワークショップは「巻き寿司教室」ではありません。巻き寿司作りを体験しながら、モノ作りの楽しさや大変さ一緒に参加する方々とのコミニュケーションをとる事をコンセプトにしています。ですから、「他の人より上手に作りましょう!」でもありませんし「一定の時間内で素早く巻き上げましょう!」でもありません。基本は、どの人でもなるべく同じ条件でやり、自分と人との違いを感じたり初対面の人とも喜びや苦しみを分かち合って、他者に共感することを体験してもらう機会です。技術だけを教えるセミナーでもありません。今回のイベントのテーマでもある「未知なるものに、ドキドキしよう」と言うのは巻き寿司を作る体験だけではないのです。やきものの里5カ所で、新たに「ツナグ」人、モノ、情報などここでしか感じられない体験をしてもらおうと私も佐賀県庁の皆さんも企画運営している宣伝会議さんも会場としてご協力頂いているカフェやお店、図書館、駅などの皆さんもやっています。日常を非日常に。「いつもの相手といつもの様に」では、何の刺激も受けないでしょう。ご理解頂ければ幸いです。内田さんの展示と一緒にワークショップで皆さんが作った作品の写真がボードに貼って展示されています。原始人ウーがどんな冒険をしたか、気になる方は一足先にLIB COFFEE IMARIさんでご覧ください。5カ所の開催地のお皿をLIB COFFEE IMARIの森永さんが買って用意してくださいました。いろんなお皿がある方がみなさんのイメージが膨らむでしょうしこのイベントで各地の方と繋がるきっかけに!と彼が考えてくれました。ありがとうございました!

      2
      テーマ:
  • 25 Feb
    • えっちらおっちら

      佐賀でのイベントまで一週間を切りました。昨日、知人にお知らせしようと告知ページを見たところ、すでに申し込みフォームにアクセス出来ないようになっていたので定員になってしまったようです。http://dish-and-craft.jp/event/?a=伊万里お申込み頂いた皆さん!ありがとうございます!そんな皆さんにウーの作品例をご紹介します!今までも何作品かご紹介していますが、そんなに難しく考えなくても良いんです。まず器の中にどんな物語を描きたいか?考えてみてください。「原始の森で」これはこごみをスーパーで見かけて、「原始時代の植物っぽいな〜」と思って。撮影の為に買ってあったブロッコリーは忙しくて数日おいてしまったら、ご覧のようにちょっと黄色くなってしまい残念!傍らの変な野菜はブロッコリーの茎です。面白い形ですよね。原始時代には今とは全然違う植物が生えていたんだろうな〜なんて想像したり、普段見慣れたものでも「視点」を変える事で全然別のモノに見えてきます。「赤大根獲ったど〜!」お漬け物だけでもいいんです。赤大根獲ったど〜!と叫び声が聞こえてきそうでしょ!?で、先日よく打ち合わせで利用させて頂く大江戸線の若松河田駅の近くのCAFE Vogue Rubyさんにご協力頂き、ウーの撮影と店員さんにウーを渡しお家でウーの写真を撮って頂きました!https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13107462/送られて来た画像をご紹介!パスタと一緒!?って思うでしょ!いいんです。パスタと一緒に食べたければ。それで。フルーツ寿司があるように世界では私達日本人が「!?」と思うような組み合わせが好まれたりしています。好みは自由です!「Rich man」レンコンが石のお金みたいに見えて面白いです。お金持ちですね!鼻筋が曲がっていて、欧米人の様に見えます。切る所によって表情が違うのがにっこり寿司の楽しいトコロです。「じんわり」汁物に浸かっていると「温泉に入っている!」とイメージしませんか?温泉大国、日本人ならではの共感性です。で、Vogue Rubyさんでよく頂く、カレーと共に撮りました。ウーは1本から3〜4切れ作れるので、こんな風に複数で力を合わせている感じも面白くないですか?「お〜〜〜〜い!手伝ってくれ〜〜〜〜!」「おっ!これは上手そうだ!皆んなに食べさせてやろう!」「えっちらおっちら。」佐賀のワークショップで、皆さんがどんな世界を作られるか今から楽しみです!!!皆さんの作品は撮影して会期中LIBCOFFEEさんに展示されるので是非ワークショップに参加されなかったご家族やお友達と観に行かれては!?http://lib.in.net/coffee/作品集をお持ちの方は4日、5日に是非お持ちください!サインさせて頂きます!どうぞよろしくお願いします!https://www.amazon.co.jp/Smiling-Sushi-Roll-スマイリング-たまちゃんのにっこり寿司/dp/4898153844/ref=pd_rhf_dp_p_img_8?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=79V12ZWEXAVFSWH15D0Q

      20
      テーマ:
  • 22 Feb
    • Thank you! Dick Bruna!

      2/16に亡くなったミッフィーちゃんの産みの親ディック・ブルーナさん。訃報を聞いて居ても立ってもいられず作ってしまいました。普段はキャラ弁などに間違われないようにキャラクターはあまり作らないのですが悲しみの気持ちを込めて作らずにいられなくて。昔、板橋美術館で大々的な展覧会があり行って見るとシンプルな線で描かれている原画が実はとても繊細な線でジリジリと揺れていてビックリしたのを覚えています。うさぎのミッフィーちゃん以外にも、くまのボリスや、ぶたのうたこさんなどいろんなキャラクターがいます。デフォルメされた形とシンプルな線、オレンジ(赤)、黄色、青、みどり、白、黒(茶、グレー)の基本色で省いて省いて表す世界は一見単純に見えますが、とても考えられた表現なのです。絵本やウサギなど「子供っぽい」と思う方もいるでしょうが、もの凄い表現力です。離れた目とバッテン口を描くだけで、「ミッフィーちゃん」を思い出せます。ポッターのピーターラビットと共に世界中で愛されたうさぎ、ナインチェ。ありがとう!ディック・ブルーナさん!安らかに!!!ベタな表現を避けるならこんな感じでしょうが、今回はあえてベタで、悲しみの表情を作りました。1本の巻き寿司を切り進めるとナインチェ(ミッフィーは英語版の名前。日本では「うさこちゃん」)の悲しみの表情が変わっていきます。上の羽のようなものはブルーナさんご自慢のおひげ。

      23
      1
      テーマ:

プロフィール

たまちゃんのにっこり寿司

お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
イラストレーターで巻き寿司アーティストの「たまちゃん」こと清田貴代です! 巻き上がって、切...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。