たまちゃんのにっこり寿司

アート表現として巻き寿司作品を作っています。

オリジナルデザインとプロセスで巻き寿司での表現の可能性を探っています。

無断で転用、転載、営利目的での使用はご遠慮頂きます。


テーマ:

以前、チラッと書きましたが8月に仙台でワークショップを開催します!





詳しい告知はコチラ!

http://web.midc.jp/bunka/event/shousai.php?id=7613

仙台に来年2015年、地下鉄東西線が出来るそうです。

開業の関連イベントで仙台市市民文化事業団の方からの依頼で
「にっこり寿司ワークショップ」をする事になりました!


なんと!東西線の駅に関連した絵柄を巻きます!

8月は七夕かざり。

仙台は「七夕祭り」が有名ですよね~。



その後、11月、12月も開催されますが、「アンモナイト」と「こけし」を予定しています!


さらに関連イベントとして
「仙台フォトコンテスト2014~地下鉄東西線*沿線風景」があり
ワークショップで作ったみんなの巻き寿司を一つの作品として写真に撮って
2015年2月20~25日、せんだいメディアテーク6階ギャラリーaに
展示してもらいます!

なんとアートな企画!


そして8月は準備期間もあまりなかったので、キッチンスタジオをご用意頂きましたが
私の希望で、11月以降は会場を関連施設で探してくれています。


ただ巻き寿司を作るのではなく、その場を訪れる事によって
全身でテーマを感じて欲しいのです!!!

会場の方に面白いお話をしていただいたり、いろんなモノを見たり
身近な場所でもなかなか訪れない博物館やお寺など交渉していただいていますので
お楽しみに!


7月に下見で仙台を訪れたのですが、「杜の都」というだけに空気までボンヤリみどりに
感じるな~なんて思ったのですが、実は市民は気がついていませんが
仙台は「雑草」が多い!

仙台市民は「みどり」と思っていますが「雑草」ですよ!

でもそれが茂っていてなんか美しい。

柔らかい雑草のみどりが空気までみどりに染めている。

雑草だって名前があるし、地域の植物だから、他の土地や外国から来たら
素晴らしい自然に見えるんじゃないかと。


今年は仙台に数回訪れるので、また雑草の様子を見てみます!


では!仙台の皆さん!8月にお会いしましょー!

あ、仙台の「河北新報」で「Smiling Sushi Roll」が紹介されていたそうです!

Smiling Sushi Roll (スマイリング スシ ロール) たまちゃんのにっこり寿司/リトル・モア

¥1,512
Amazon.co.jp


ワークショップの時も会場で販売します!

よろしくね~!
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
6月27日(金)NHKの「あさイチ」の「身近に感じる”アート本”」のコーナーで
「Smiling Sushi Roll」をロバート・キャンベルさんに紹介していただきました!

Smiling Sushi Roll (スマイリング スシ ロール) たまちゃんのにっこり寿司/リトル・モア

¥1,512
Amazon.co.jp



生放送だったので朝7:00にNHKに行き、打ち合わせやリハーサルは
本当にわずかだったのに、キャンベルさんの的確なコメントやアドリブに
「賢い人って、こういう人を言うんだよな~。」と
つくづく感動しました。


皆さんもご存知だと思いますが、テレビのコメンテーターをされていますが
彼は東大の先生で日本の文学や美術に精通していて
海外から見た日本の魅力に敏感な方なので、私の活動にとても興味を持ってくださり
短い時間でしたがいろいろお話をさせて頂きました。


浮世絵などに見られる日本の絵画の特徴「輪郭線」と
海苔で輪郭をつくるという巻き寿司の表現に共通点を素早く見つけ
質問されていました。そして、すぐメモ!

で、数分後の放送でコメントに反映!


出演の依頼が来た時に「ナマケモノ」を巻こう!と思ったのですが
「絵柄が変わる物を!」とのリクエストだったので
「花子とアン」シリーズにしてみました。






ご覧になっていた方。

スタジオのイノッチや有働さん、健さん(マツケン)の様に最後に誰が出て来ると
思いましたか?


切るまで中に何が書かれているかわからない。だからみんなワクワクするんです。


「白鳥薫子さま」(ハリセンボンのはるかさん)が卒業の時に実は同じ山梨の出身者だった事に
驚かなかった人はいないハズ。


今の恋愛編より学生時代のお話の方が私は好きだったので
ついこの人選に。

切る時、ワゴンがグラグラして切りにくいな~と思ったら
もの凄く曲がって切れて、無事に絵柄が変わった事を神様に感謝!しました。

生放送だから、止めてもらえないのに
高度なパフォーマンスは厳しいね。
(喋りながら切って!って言われていたけど無理!)
巻き寿司がかなり大きいので、切る時にもの凄く力が入るんです!


それにしても「あさイチ」を一切無視して作ってしまった・・・。


どこまでも「花子とアン」


「ナマケモノ」もドラマを見ていて「ぶら下がる寿司があってもいいんじゃないか?」と
思いついていて、いつか作りたいと思っていたら、今回のお話でした。


あっと言う間の放送が終わり、記念撮影しました。





食べています!


作品集にサインを集めているので、お二人にも好きな作品の所に書いていただきました!



キャンベルさん!40代になったシーン、想像して見てください。 




有働さん!テレビのままですな~。


それにしても「ピロー・トーク」を紹介してくれたNHK、素晴らしいです。



「エロ」と言って一言で片付けないところ、好きです!

PR
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
こんにちは~!

7月12日(土)のワークショップは告知数時間で13:00~の回は
満席になったそうで、17:00~回も翌日には満席に。

ありがとうございました!

海外のメディアの取材や見学者がいて、ちょっとザワつきそうですが
皆さんに楽しんでいただけるように準備しますので
よろしくお願いします!

さて、久々に作品集「Smiling Sushi Roll」の解説を。

一番最初に出て来る「オーギュスト・ロダン『考える人』より」

「考える人」・・・こちら!




上野の国立西洋美術館にあります!


「考える人」は「地獄の門」という作品の一部で、Wikipediaによると
「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」の銘文でよく知られており、
深い絶望をあらわす表現としても用いられる。 






で、たまちゃんのにっこり寿司を見てみましょう!

よ~く見るとこの男の人がトイレに座っているように見えます。

考える人を見たとき、何もそんな格好で考えなくても・・・と思った人は
少なくないはず。


「これってトイレに座っているみた~い!」と無邪気に言えたのは小学生まで。

だんだん心で思っても「バカっぽい。」とか「下品」とか思われるんじゃないかと
口に出さなくなってしまう。

しかし!あえて言いたい!

「考えているかのような人」と。

本来この作品は、「考えているかのような人」でした。

翻訳するのに大変だし、みんなにわかりやすいように
引用の形になりましたが、本当は私の心象作品です。

そして対のページの

「神に見放された者は自らの手で運をつかめ」というフレーズ。

「地獄の門」のテーマとなるイタリアの詩人ダンテの「神曲」の一部と
思い込んでいる方が多いのですが、

これはただの便所の落書きです!


翻訳もフツーに訳してくれてありますが、これは日本語の音が同じでも
意味が違う特徴を活かした秀逸な落書き。


「紙に見放された者は自らの手でウンをつかめ」

もし万が一、紙がなかったら・・・

一切の望みを捨てよ・・・。


この作品を第一に持って来る事こそ「Smiling Sushi Roll」がお料理本ではなく
メッセージを伝える作品として作られている事をご理解いただけるのでは?と思います。



作品集はこのように、いろんな暗喩が含まれていますので、
よ~く見ていただくと何度も楽しさを感じると思います。


しかし・・・これをすぐ理解してクスッと笑ってくれたのは
大学の先生でも会社の社長さんでもなく

新宿の居酒屋のマスターだけでした。
(マスターはこの落書きの事を知っていたので。)

「神曲」を知らないのに「神曲」からの引用なんだろうと思い込んで、
気にも止めなかった人が多い中、
読んでみて「もしかしてこれって紙のこと?」と気がついた人!



アナタはどうですか?


Smiling Sushi Roll (スマイリング スシ ロール) たまちゃんのにっこり寿司/リトル・モア

¥1,512
Amazon.co.jp

PR
いいね!した人  |  コメント(1)

[PR]気になるキーワード