クルミドコーヒーのブログ

西国分寺駅前
くるみをテーマにした
こどもたちのためのカフェ


ゆっくり、いそげ。 ~festina lente~


  クルミドコーヒーのホームページ http://kurumed.jp/

NEW !
テーマ:
みなさま こんにちは。
スタッフのゆあさです。
 

新年を迎えて
もう半月が経ちましたね (はやい!)
 
毎日お天気がよくて
ついつい 暖かいのかな、なんて思うと
布団から出られなかったり (私です)
外は寒かったり… 
寒いのが苦手ではありますが

好きなおやつに
コーヒーを添える時間は
冬が1番似合う気がして大好きです!
 
そんなわたしの
つたないつぶやきから 笑
はじまる1月のお知らせ今年もやります!
(今年もよろしくお願いいたします)

音の葉コンサート!
いつもと変わらず そこにある音楽を…
 
新年一発目は
昨年5月にいらしてくださった弦楽器デュオ。

ヴィオラ:小淵早保子さん
チェロ:寺島志織さん
 
をお迎えいたします。
それでは まずプログラムから
ご紹介いたします。

と、いうのも 主催のながさらさんから
今回のプログラムについての
お声もいただいています!

〜プログラム〜

①インヴェンションより No.4,8,10,13/ J.S.バッハ 5'00

②二重奏曲 全3楽章 / J.ロッシーニ 13'00

~休憩~

③椰子の実 大中寅二

④無伴奏チェロ組曲 第一番 J.S.バッハ

⑤サリーガーデン  アイルランド民謡4'00

⑥O Waly Waly スコットランド民謡 3'00

⑦冬の旅より「菩提樹」「春の夢」/ F.シューベルト 9'00


今月は ヴィオラとチェロという 中低音の音をお届けします。

このふたりのプログラムにいくつか
歌の曲が入っていることにお気づきですか?
ヴィオラの 小淵早保子は とても歌が好きで、
これをヴィオラで表現できたら、と
ずっと思っていたそうです。
ある日の音の葉のライブで 日本の歌曲を
演奏してくれた時、
好きな曲っていうのは こんなにも表情豊かになるんだ、と納得した記憶があります。

ぜひとも一年で一番寒いこの時期に
じっくりと中低音の響きに身を委ねてみませんか?(ながはら)


 
音の葉 1月のコンサート
inクルミドコーヒー
- - - - - - - 
おやこの日
日時: 1月21日(土) 
9:00~10:00 (開場8:45)
 
*お子さま連れのお母さん、お父さんに楽しんでいただけるコンサートです。
 
オトナの日
日時: 1月28日(土) 
9:00~10:00 (開場8:45)
 
*こちらはオトナと一緒に座って静かに楽しめるお子さまもどうぞ。
 
参加費:
おとな 2,000
こども 1,000円 [高校生以下]
(ワンドリンク込みコーヒー)
 
※ 定員に達した場合は、キャンセル待ち対応をさせていただいております。万が一 キャンセルされる場合は、ご一報いただけますようお願い申し上げます。
 
 
○●○
定員約21名様につき
店頭、または、メールかお電話にてご予約を承ります。
 
info[at]kurumed.jp / 042-401-0321(10:30~22:30までOK
 
最後に
演奏家のおふたりの
プロフィールです
 
{DD857542-93A8-420A-9071-7F72AFFCCDC6:01}


ヴィオラ:小淵 早保子(おぶち・さほこ)さん


◯プロフィール
神奈川県立弥栄東高等学校音楽コースを経て、2011年国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒業。管弦楽コース修了。在学中、室内楽における中音域の魅力に目覚め、卒業後ヴィオラに転向。
これまでにヴァイオリンを大関博明氏、長澤正康氏に師事。また室内楽をライプツィヒ弦楽四重奏団、澤クヮルテット、漆原啓子、志賀信雄の各氏に指導を受ける。
現在、オーケストラや室内楽奏者として演奏活動を行う。


◯好きな曲
Emerson Lake & Palmer
展覧会の絵

プログレッシブロックなんて言葉も知らない小学生の頃、初めて聴いた「展覧会の絵」はオーケストラ版でもなくピアノ版でもなく、ロックアレンジされたエマーソンのものだった。
後にオーケストラ版を聴いたときに物足りなさを感じてしまったほど、ワクワクさせられるものだった。
 

チェロ:寺島 志織(てらしま・しおり)さん

 

{F4E94756-2030-46DF-A8BF-898E78D653BF}

10歳よりチェロを始める。
長野県上田高等学校を経て、2011年国立音楽大学卒業。
在学中、アンサンブル・エトワールとしてソロ・室内楽定期演奏会に出演。
これまでにチェロを、小野崎純、山本裕康、三戸正秀、藤森亮一、室内楽を徳永二男、漆原啓子、志賀信雄、大関博明の各氏に師事。
現在、アンサンブル・エトワール、またフリーランスとしても東京都中心に活動中。
 

◯好きな曲
コル・ニドライ/ブルッフ
「4つの小品」よりNo.2/ブラームス

この2曲は大学受験の時に聴いていた大好きな曲。
ブルッフはいつか…オーケストラバックで弾いてみたい1曲でもあります。
美しいメロディーの中にある切なさに、いつも胸がキュンとしてしまいます。

音楽で悩んだ時も、音楽で助けられます。

***

最後まで読んでくださりありがとうございます!

2017年もみなさまにお会いできますことを

楽しみにしています。

クルミドコーヒーで、お待ちしています。◯ 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうもこんにちは。

店主のかげやまです。

どうか本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

昨年末、記事も投稿させていただいたのですが

今年は、新しいお店をつくります。

来年は、新しいお店をつくります。

 

8年半かかりました…。

 

年明け早々には

工事に入る前

まだ何も手が加えられていない

がらんどうの空間に何人かで集まり

コーヒーを挽き、飲んだりもしました。

 

 

 

3月上旬のオープンを目指し

今まさに、工事が進行しているところです。

 

そして、これも先立っての投稿で

触れさせていただいたのですが

今回、新しいお店をつくるための資金を

クラウドファンディングで募らせていただくことにしました。

クルミドコーヒーファンド

クルミドコーヒーファンド2 (寄付つきタイプ)

 

資金面でのサポートをいただけたら
ありがたいということはもちろんなのですが
それに加えて
新しいお店をつくり、育てていく過程を
一緒になって味わっていただけたらなと
思ったのです。

 

そしてこの度、こうした仕組みの運営会社である

ミュージックセキュリティーズの協力を得まして

こうした「ファンド」の説明会

クルミドコーヒーで開催させていただけることとなりました。

 

日時:2017119日(木)

    第1回 16:30~

    第2回 19:30~

    *両会とも、内容は同じとなります。

場所:クルミドコーヒー

参加費:無料

定員:20名さま

お申込み: info<a>kurumed.jp / 042-401-0321(10時半~22時半)

      * <a>の部分を@に変えて、ご送信ください。

 

<プログラム>

 ・「セキュリテ」の説明

   (ミュージックセキュリティーズご担当者さまより)

 ・新しいお店に向けての抱負

   (自分(かげやま)より、お話させていただきますm(_)m)

 ・クルミドコーヒーファンドの説明

 

実は自分、2002年に出会って以来

今までにない新しいお金の流れをつくる

その斬新な仕組みに心ひかれ

ミュージックセキュリティーズの

経営メンバーの一人としてやってきました。

 

今回は、そうした仕組みの話も

お聞きいただけると思います。

 

また、昨年末のご案内開始以来

協力はしたいけど、手続きが…というご連絡

何人かの方からいただいてもおります。

 

今回の説明会では

そうした部分も丁寧に

ご説明させていただこうと思っております。

 

もしよろしければ

どうかお気軽にご参加ください。

 

  もちろんですが

  参加したから、お金を出さなきゃいけないということでは

  まったくありませんので!

 

 

さあ、いよいよです。

 

みなさまのお越し、お待ちいたしておりますm(_ _)m

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

ふだんは

美味しそうなケーキ、イベントのあれやこれや、ナドナド

みなさまにお知らせしておりますが、

 

今日はちょっとだけ、

スタッフたちの、内側のことを書いてもいいですか?笑

 

私、昨年入社した新しめのスタッフであります。

おーはたともうします。

 

実は、学生時代

店主・影山のもと9ヶ月インターンをしていました。

..締めくくりとして、

最後に振り返りの時間を設けてくれました。

 

影山

 

『大畑くん、

 この期間インターンをしてくれたなかで、

 いちばん自分の学びになったことって何かな?』

 

大畑

 

『うーん、、なんでしょう。。』

 

(すこし考えて..)

 

『そうですね、、”何事からも学ぶ”ということ。

 それ自体がいちばん、

 自分に起こった大きな変化であり、いちばんの糧になったとおもいます』

 

影山

 

『大畑くん。

 それがいちばん教えたかったことだよ』

 

大畑

 

『(心のなかでガッツポーズ)』

 

 

と、そんな

ドラマの一場面のような、笑

一致をいただいたことがありました。

 

影山は、そしてスタッフそれぞれも、

”学ぶ”

ということを大切にしています。

 

それはとくに、私たちのような

日々

同じことの繰り返しが行われる場所だからこそ、

日々

新しい視点を持っていかないと、

腐っていってしまうから。

 

 

影山自身も、

もとから今のような姿があるわけでなく、

何事にも真剣にあたり、

そこから学び、よりよくする積み重ねを経て、、

今がある。

そうではないかと、私は想像します。

 

とくに新しめのスタッフは、

 

「日報」

 

という形をとり

日々学んだことを社員間で共有するシステムを回しています。

 

以下、

私が以前実際に送った日報を、

載せてみます。

 

 

日報 大畑 160619

 

『カフェとはどういう場所なのか』

 

まず本日の学びを。

「お客さまが作業をしてるからと料理を脇に置かない」。

 

パソコンを開いて、紙を並べて、本を広げて。

お客さまのなかに多く見受けられます。

そんな方に、料理を出すとき。

今までは

「お客さまの好きなタイミングで召し上がれるように」ということで

スペースの脇をめがけて提供していました。

 

ですが、意外と

お持ちした途端、作業していたものを仕舞う方が多いことに気づきました。

はいはい、そこに置いといてくれればいいから。

そんな方は滅多にいない。

 

お客さまは、美味しい珈琲をめあてにしている。

その待ち時間に、何か手を動かしているにすぎない。

そう気づきました。

 

..今まさにこの文章を打ちながら

ファミリーレストランにいるのですが、

頼んだグラタンは例のごとくパソコンの右奥にサーブされていきまして。

 

ちょっと悲しい気分になります。

料理を楽しみにしているのに、

まるでその料理がどうでもいいもののようにぞんざいに扱われる。

 

そんなふうにはしたくありません。

むしろ、

お待たせしました。

さあ、出来立てがいちばん、お熱いうちに召し上がれ。

そうやって自信を持って

料理をお客さまの前に出すべきだと思いました。

 

むろん、

カフェは自由な場所ですから、

時と場合によります。

 

..転じて、

カフェとは、なんなのか。

最近よく考えます。というか、わからないでいます。

お客さんとして、店員さんとして、

考えていきたい

大きな問いを、今日のタイトルにしました。

 

以上です。

 

--

 

はい。

 

こんなことを、

(こんなことじゃないことも、人それぞれ多様ですが)

毎日送ったりしてるんですね、

私たちは。 笑

 

 

最近では、

なんでも学んで、考えて、よりもむしろ

直感だったり、目の前を楽しむことのほうが

大切なのでは?

なんて感覚も持ってきました。

 

ようは「どっちも」だと思うのですが、

なんにせよこれからも

”学ぶ”

どんどん大切にしていきたいです。

 

ブログ、読んでくださって有難うございます。

またお店でお会いしましょう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。