くるりんぱの海遊び&道楽ブログ

最近、自然の中で手足広げて腹の底から笑ったことってありますか~?ボクはシーカヤックで「海抜0メートル」の世界を楽しんだ後、仲間と他愛もない話しをしながら美味い魚や酒に舌鼓を打っているときに幸せを感じます♪さー、週末は出かけましょう!


テーマ:
前回のブログ更新から早数か月。2015年を迎えた。
シーカヤックの体験ツアーOCEAN & SKYを立ち上げて2年目を迎えた昨年は、それまで以上に沢山の新しい出会いがあり、また、昔からお付き合いしていた方との再会も果たすことが出来て、充実した1年だった。
初めてお会いする方々の中には、ショップのツアーブログだけでなく、有難いことにこちらのアメブロもチェックされてからお越しになった方が数多くいた。うれしい反面、こっぱずかしいというか、くすぐったい気持ちになった。なぜなら前回の「考え方を変えてみる」タイトルでアップした内容は、ボクがサラリーマン時代を通しての思いをぶちまけてしまったのをご覧になったわけだから、なおのことだった。
でも本音を言えば、半分もぶちまけていない。
今年一発目のアメブロでは、残りの少しの部分について述べたいと思う。
こちらのアメブロを遡って読んでいただければ分かることだが、サラリーマン時代のボクは1週間くらいまとめて休んでアメリカ旅行を楽しんだかと思えば、土日や祝祭日に有休をくっつけて休んでシーカヤックを楽しむこともしょっちゅうだった。
ボクは営業職だったが、同僚からは「よく休めるよね」「仕事が気にならない?」「取引先から電話がかかってきたらどうするの?」などと言われた。
実際、シーカヤックを漕いでいる時に会社用の携帯が鳴り、取引先や上司や同僚からの電話のためパドリングの手を止めて応対をしつつ、ドライバッグからメモ帳とペンを取り出すことなんてしょっちゅうだった。
例を挙げると、2011年のゴールデンウィークに沖縄の慶良間諸島座間味島から途中の無人島でキャンプ泊して那覇まで漕ぐというケラマカヤックセンターさんのツアーに参加しているときにことだ(こちらがそのときのキャンプツーリングの模様)。
アイランド2日目8


後輩Aクン(当て字のアルファベッドにしておこう)からの電話だった。
以下はそのときのやりとり。

Aクン「ボクが担当している×××マートの○○店ってT郎さんチームが担当ですよね?」
ボク「うん、そうだよ。ウチのチームだよ」
Aクン「△△△の件でクレームなんですけど、もしかしてT郎さん沖縄にいる?もしかしてシーカヤック?海の上?」
ボク「あったりー!今、座間味島から無人島へ向けて漕いでいて、今日はテント泊。明日、そこから漕いで那覇に渡るんだ」
Aクン「スゲー!マジですかー!?じゃあ(連休中の対応は)無理ですね」
ボク「申し訳ない」
Aクン「気にしないで、大丈夫です。ひとまずこっちで対応しときます」
ボク「悪いね。じゃあGW明けの出勤一番で対応するよ。お土産買って帰るから」
Aクン「マジですかー!?了解です。では気を付けて~」

と言った具合だった。
モチロン、仕事が全く気にならないとは言い切れない。
アイランド17

なぜなら大胆に休むが情けないくらい気弱な性格で、何かあればドキドキしてしまうタイプだ。
このときも無人島に上陸後、携帯片手に浜辺を歩き、かろうじて電波が入るところを見つけてAクンに電話をし、すぐさま対応できないことを謝った。

アイランド18
シーカヤックを漕いでいる時の電話は煩わしく感じたが、ある時ふと思った。

「土日の休みだろうが平日の早朝や深夜だろうが、社内外問わず電話がかかって来るんだから、仕事していようが休んでいようがどうだっていいだろう?」

というある種の開き直りの気持ちだった。
そのきっかけは、父の葬儀中に取引先からしつこく電話がかかって来たことだった。
こちらが何をしていようとも、相手はボクが会社から支給されている携帯電話を持っているのを知っているのだから用事があれば電話をして来る。
嫌な世の中だ!と、嘆きたいところだが、嘆いたところでどうにもならない。
ならば、開き直った方が良いのではないかと考えた。
だいたい有休を取得するボクに「よく休めるよね」「仕事が気にならない?」「取引先から電話がかかってきたらどうするの?」と言う同僚ほど、仲間内で会社の金で飲み食いをし、果てはタクシー代まで領収書を切る。ボクにはこういうことの方がドキドキする。
そこで声を大にして言いたいのは、ある種の「背任行為」よりも、
会社から認められた権利で堂々と遊ぶべし!
今では国を挙げて「ワーク&ライフバランス」を推奨している時代だ。
手前味噌な話だが、ボクのところでも平日割引を通年化にした(くわしくはこちら)。
人それぞれかもしれないが、チマチマと家でごろごろ、ゲームでちょこちょこ遊ばずに、堂々と休んで身体と心を使って遊ぶと、より充実した生活が送れるはずだ。
(画像は全て既出)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
最近ふと思うのだが、多くの人は
「なぜ出来ない理由ばかりを探すのか?」
ということだ。
昨年の春に、シーカヤックの体験ツアーと保管庫を営むショップを立ち上げた。
それ以来、沢山の方々にお会いしている。
シーカヤックをやったことのない方などを誘うと必ず言われることがある。
「暑くなったら、参加させていただきます」
「夏になったら、参加します」
シーカヤックはウェアなどがあれば、1年を通して楽しめるマリンスポーツ。
逆に暑すぎると、漕いでいてシンドイものだ。
ボクなどこういうときは、距離はさほど漕がずにシュノーケリングをする時間を設ける。
「暑くなったら・・・」「夏になったら・・・」と言った方は、その時期になっても現れない。
そんな会話をしたのを思い出して真面目にもお誘いすると、「暑すぎて行動に移せないんです・・・」と言う。それでも海水浴やゴルフ、バーベキューなどには行くのだから不思議だ。まあ社交辞令なんだろう。

思えばサラリーマンをしているときに、同僚をはじめ数多くの人間に声をかけて、シーカヤックに誘った。
すると、社内の人間だと、
「(くるりんぱさんは)営業だからそういったことが出来るんですよ」
と言われた。
これは理解に苦しむ発言だった。
ややもすると「営業は楽で、内勤の自分の仕事は大変なんだ」とも受け取れる発言だ。
また、営業は自由に時間が使えるから、前日から準備をして伊豆など現地に前泊することができるからシーカヤックを楽しめる・・・、こういう論理かもしれない。
何日も前からカヤックを行くことが分かっているなら、数日前から仕事量やイヤな社内の飲み会も工夫すれば前泊も可能だ。
それに、当日の早朝に電車などの公共機関を使って移動して来ることだって出来る。
ボクのカヤック仲間には、自営業の人もいれば、国家公務員だっているし、経理の人だっているし、実に様々だ。
それを伝えると社外の人間だと、
「いいですねー、沢山給料をもらっているからそんな高価な遊びができるんですよ」
と言う。
さほど高い給料をもらっていたわけではない。むしろ人並だった。社内では低い方だった。
ボクは、クルマやスーツ、身につける時計など高価なものには興味がない。クルマは、06年に乗り換えたが、ごく普通の国産車。それ以前は中古車。スーツなどは「クールビズ」などと言う風潮になってからチノパンだったし、シャツはアウトレットで購入していた。時計に至っては、まったく興味なし。
「いや、そんなに(給料を)もらってないよ」と言うと、
今度は「家庭」「家族サービス」という伝家の宝刀を抜いてくる。
しかしこれも、ボクのカヤック仲間には妻帯者も数多くいる。
また、自分の子供時代を思い出してほしい。休みの日は部活や地域のスポーツに精を出し、子供だけの時間があったと思うのだが・・・。大体、思春期を迎えた頃、家に父親がいるとウザいと思わなかったか?
これを伝えると、ますますもって困った顔をして、
「自分の家庭の大変さ」をアピールしてくる。
もうここまで来ると、「はいはい、わかりました」という感じで誘った自分を後悔したものだ。

話は変わるが、ボクが2年前まで勤めていた会社は、遡ること7年前に大変革を迎えた。
会社の方針・方向性もガラッと変わり、明確になった。
しかし、それにより自分も新設部署に異動。
正直言えば、肩を叩かれているのかと思った。実際、そうした感もあった。
色々な思いが逡巡した。
とりあえず踏みとどまった。
するとある日、中途入社して来た新しい上司が現れた。
鬱積した思いをぶつけると、受け止めてくれた。
そしてこう言われた。
「『出来ない理由』を考えるより『こうすれば出来る』というふうに考えてみないか」
だった。
なるほど、そう言われればそうだ。
それまでは、周りの目や結果ばかり気にしていたが、この考え方だと開き直れる。
そうなると仕事も楽しくなった。
楽しくなると、ある程度の結果も付いてきた。
人間、こうなると変わるものだ。

「できない理由」を探すより、こっちの方がよっぽど楽しい。
これは何も仕事に限らない。
ボクがやっているシーカヤックだって同じ。
最初の一歩を踏み出すのに不安なだけだ。
多分「漕いでいるときにひっくり返っちゃったらどうしよう・・・。カッコ悪いな~」とか思われているだろうか・・・。
ならば、それこそ海水温が高い「暑い時期」「夏」がいいんじゃないだろうか。
カッコ悪い?
初めてやった遊びやスポーツ、仕事、何か思い出してみるといい。
初めてゴルフをやったときは、ボールがちゃんと飛んだか?
初めて自転車漕いだときって、距離を漕ぐことが出来たか?
初めてピアノ教室に行ったとき、ドレミファソラシドから始めたはずだ。
中途入社して初めてやった仕事を、率なくこなせられたか?


何だって最初から普通にこなせることはできない。
だから決してカッコ悪いなんて思う必要はない。
「出来ない理由」を探すより、「素直な心」に従ってやってみたらいいと思う。
カヤックでひっくり返ったら、「普段の仕事で心と身体に積もった垢を洗い落とした」と、貴重な体験をした自分を誇らしく思えばいいんだ。
考え方を少し変えるだけで、無限に広がる。

考え方

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
某月某日


毎度のことながらブログ更新が滞り、申し訳ございません。
前回の日記をアップしたら、情けないことに「バーン・アウト」とでも言うのか、そんな状態になってしまった。
ある種の思いの丈、ずーっと心の奥底にあったものを綴ったから、致し方ないのかなとも思った。
ただ、書き綴っているときの感情は、何の色気もなく、いつもと同じように更新したが、アップ後に驚いたことが多々あった
メールマガジンを発行している業者さんや、出版社さんからご連絡をいただいたことだ。こんなことは初めてだ。
その一方で、サラリーマン時代の同僚からは、「(文中にある働きにくい上司って)誰のこと言ってるの?」と尋ねられたり、「ちょっと書き過ぎではないか?」と苦言を呈されたり・・・。まぁ全て笑ってやり過ごしましたが(苦笑)。

反響と言えば、嬉しかったこともあった。
それは、まだ学生と思しき方や多分若そうな人からの問い合わせがあったことだ。
ただ、その内容が、
「なぜサラリーマンを辞めてまで、カヤック屋さんに?」
「決心した部分のことも書いてください」
「今、転職活動中なんですが・・・」
などでした。
どう答えるべきかすごく悩みました。
ボクがもう少しボキャブラリーに富んでいて文章力があるなら、上手にお答えできるのだが、生憎それらを持ち合わせていない。
結局、当たり障りのない言葉を選んで返信した。
お問い合わせいただいたみなさま、満足な答えが出来ず申し訳ございません。
ただ、やはりそこには色んな思いがあるので、心中察してお許しいただきたい(苦笑)。

その中で、問い合わせの内容は前回アップした内容とは少し違うが、このブログでも記したことのある「アメリカ旅行」についてもいくつか質問を受けた。時期的に卒業旅行のシーズンだからだろうか。
アメリカ旅行は11回経験した。
西海岸のロサンジェルスなどから入国するものの、
redondo

SFO

レンタカーで果てしなく続く一本道をひたすら走り、
road

AZUT

メジャーリーグや
major

マイナーリーグの試合を観たり、
minor

乗馬をして楽しんだり、
horse

タイムスリップしたような町で寛いだりする、
66

そんなスタイルだ。宿は行き当たりばったりで、モーテルだ。
だが、2006年を最後に行っていない。
ボクに旅行の情報をお求めになるよりも、それこそネットで新しい情報を得た方が良いだろう。何しろボクが最後にアメリカに行ったときは、燃料サーチャージなどもなかったし、アメリカへ入国する際の手続き「エスタ」も存在しなかった。
当然、これだけの年月が経つと、訪れたところも変化していると思う。
話が脱線したついでに、ひとつだけ言っておきましょう。
アメリカ旅行に限ったことではないが、現地の人に話し掛けてみることは、旅を有意義にすると思う。
例えば、94年だったか95年にコロラド州の片田舎に立ち寄ったときのことだった。
郵便局に行き、当時付き合っていた彼女に絵葉書を送ろうとした。
事務の女性にその旨を伝えると、固かった表情が崩れて笑顔になり、こう言われた。
「毎日、同じ仕事ばかりで退屈だった。でも、今日は初めて日本へのエアメールを取り扱えて、楽しい1日になった」
と言われた。すると、こちらも良い気持ちになれる。
旅行中、このようなことはしょっちゅうあった。
もしかしたら、こうした出来事は旅の中だけでなく、気にも留めない日常の中でも存在するのかもしれない。
現に、ブログのこういう反響によって、旅に出たくなった。
だから、ボクは旅に出られるよう頑張ろうと決心したのだった。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。