四万十川民宿「おとり家の囮」のブログ

私は「民宿 おとり家」の囮・・・鮎釣りの囮鮎のようにフラフラと営業活動中!
四万十川で鮎を釣りたいと夢を抱いて全国各地から釣り師が集まる四万十川。鮎情報や様々なことをUPしております。


テーマ:

9月17日尺鮎ツアーのリベンジに四万十川中流に行ってきました。

 

あちこちポイントを見ながら本命ポイントに到着、さっそく囮をつなぎ流れの中に放します。

 

秒殺でアユが追ってきたのが見えたとたんゴツっと大鮎独特のアタリで上へ目印が吹き飛び

 

ます、ごつい仕掛けなんで強気のやり取りで取り込んだにはこやつ!!

 

尺あるか?ないか?たぶん28~29センチぐらいかな?っと思いながら次に期待を込め

 

囮にします、すぐさま掛かったのは20センチぐらいのビリ鮎でした。(やっぱしね)

今度はちびアユで勝負をかけます、鉛を付け流心にねじ込むと又ゴツっと大鮎のアタリが・・・

 

竿を絞り込み取り込んでみたのは本日の最大サイズ29センチでした。そのあとも強烈なアタリが続きますが強引に行き過ぎてラインブレイク3回です。16時まで頑張りましたが尺には出会えず本日は終了となりました、お持ち帰りは8匹と貧釣前日は友人たちが中流に出かけ30.4センチ?やったかな?まぁでかいのをやっつけてきたようで2匹目のドジョウをと思いましたがそんなに甘くありませんでした。

 

別のポイントで釣っていた同級生のノボ○君は17時ごろ対岸に渡り釣っていたので数釣りできたんでしょうか?台風が通過中なので今後はどうなるか?わかりませんが落ち着いたら最終日までにもう一度行ってみようかな?

 

四万十中流もアユの数は少ないですが掛かりは良くなってきたようで船や釣り人も多くなってきています。

 



にほんブログ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月9日・10日と関西地区からのお客さんを連れてとっても厳しい四万十川に尺鮎を求めて釣行しました。少し前に台風通過による降雨があり増水し正直竿出しできる状態になるか微妙なところでしたが、何とか竿出しできる状態まで水位も下がり坊主覚悟の釣行です。


9日は若干水位が高いので四万十最上流部への釣行です、関西地区の河川でも天然遡上は少なく厳しい状況でまともに釣りできない状態が続いているようです。

それなんで数釣れる最上流の北川川に釣行し、そこそこの釣果に恵まれ皆さん少しはうっぷんがはれたようで何よりです。

10日は今回の高知へ釣行された最大の目標「尺鮎弾丸ツアー」です。



最下流部にあたる西土佐地区へ行くが先行者あり、情報を聞くとハミ後はあるが全く魚の気配がしないとのこと、なので少し上流に移動し十川の道の駅とおわ近くへ降りてみました、ここはハミ後もなく厳しい状態です、まだまだ水量もあり中心部へはいけませんが竿出ししてみようということになり二組に分かれて上下と探ります、1時間弱わたくし待望の1尾GETですが後は全く無反応・・・チーン!

場所変わり決定です。3か所目、4か所目アユが見えません目

ここで大阪からの友人が前にいった支流部のポイントはどうですか?ということで大正地区にある支流扱いの四万十川へ午後から移動です。

鮎もポツポツ見えていましたのでこうなったら尺鮎なんか無理無理~!とにかく鮎をGETしに目標変更です。終わってみれはかろうじてツ抜けもできた様子、もう一人の方も2桁釣果には恵まれませんでしたが四万十のアユを釣れたようで正直ほっとしました。
 水温もそこそこありまだまだ元気もりもりの鮎です、尺鮎には出会えなかった弾丸ツアーも終わり、みなさん日常に戻ります。
 最終日の釣果、最大サイズで26センチぐらいかな?尺には程遠いですが釣れたので何よりです。

四万十川の川相や癖、アユの性質違い、それぞれが複雑に入交いろんな釣り方でせめてみるのもいいものだなあと改めて思い知らされた2日間、トーナメンターのお二人の釣りも見れて楽しませて戴きました、今回一緒に来られたF岡さんこれからもいい針を作ってくださいね~。


いつかトーナメントで決勝に名前を見れる日が来たら自慢させてください。


ご報告ですが翌日疲れた体に鞭打ってバレーボールの試合に挑みました、見事優勝をさらえておいしいビールをしこたま飲みました。


ではまた機会がありましたらいつか尺鮎を釣りましょう!




にほんブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

四万十川に掛かる沈下橋、現存する沈下橋の中で最も古い「一斗俵沈下」


一昨日、手長エビ宴会をした後夏休みの子供に思い出になればよいかなと?思い民宿のカヤックを


持ってきてクルージングに出かけました。


普段の光景の中にある沈下橋を下から見てみようということに・・・


沈下橋の上からは観光客の人が飛び込みをしていました。


子供のころは沈下橋からのダイブが根性試し、3~4年生になるころにはみんな飛び込んでいましたね。

沈下橋下から見るとこんなんですよ!

ところどころ老朽しコンクリートが剥がれていますね!

四万十川の洪水に耐えた60年余り無理もありませんが今では歩行者か自転車でしか渡れません!

沈下橋、四万十川がひとたび増水すると暴れる川に変貌します、普通の橋だと水圧で橋脚が壊れてしまうので水抵抗の少ない沈下橋が考案され増水したときに水の中に沈み難を逃れるというまさに逆転の発想が生み出したものです、水が出ると流木などは上を流れます当然沈下している橋には水抵抗や障害物が掛からないようになります。


毎年この地区では沈下橋祭りが開催されています、祭りのときには松明で飾られた沈下橋が幻想的に浮かび上がり写真愛好家の方たちも夜に浮かぶ沈下橋を撮影しようとたくさん来られますね!


今では有形文化財になっていますが、景色も自然も同じように後世に守り引き継ぐことが大切ですね!


今回は沈下橋を下から見ましたので子供も興味を持ってじっくり見ておりました、四万十川に来られた際は是非こんなこともしてみてはいかがでしょうか?

民宿 おとり家ではレンタルカヤックもございます、予約の際にお問い合わせください。

*保険などの費用はお客様のご負担になりますのでご了承くださいませ*




にほんブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。