1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-26 16:43:13

吟醸純生の生酒を江戸切子でいただく!

テーマ:快適な生活
「安心して味わうことの喜び」を心から愉しんでもらうための本物の食材を提供する「旬の食卓便」店長の栗田岬知です。

先日、お友達のY女史が主催する「my猪口呑兵衛会」が
南千住のギャラリーアニモさんで開催されました。



この会の主旨は

自分のオリジナルのお猪口を持参してお酒と料理と会話を楽しむこと。
今回のお酒は日本ライスネットワークさんから吟醸純生の生酒を始めとした
飲みくち爽やかな日本酒がドドド~~~ンと満載です。




日本ライスネットワーク(NRN)は国内の造り酒屋さんが30社ほど集まって作った会ですが、それぞれ独自のユニークなお酒を作られています。

最近では珍しくなくなった日本酒の発泡酒。
ビールではなくて日本酒の中に炭酸が入っていてシャンパンのような飲み口です。

甘いから食前酒にピッタリ ♪

一ノ蔵は日本酒好きな方なら誰でもご存知ですが、こちらの吟醸純生の生酒の美味しいこと!

クイッ!クイッ!スイ~!スイ~!と何杯でも入っていきます。



喉の奥で何にも引っかからないのです。

雑味の多いお酒は喉の奥で何かが支えるのでスイスイとは飲めませんが、一ノ蔵と山形の千代寿(ちよことぶき)は旨い!(笑)

NRNの大石理事のお話によると




最近は日本酒が話題になって日本酒の売れ行きが伸びているように思われますが
国内の売上は年々低迷しているとのこと。

ところが海外では日本酒が注目されてきて輸出が伸びているらしい。

しかし、海外へ輸出すると消費者が購入する金額は日本で買う価格の3倍ほどにも膨れ上がり、お金持ちしか飲めないらしい。

日本酒の品質は各酒造メーカーが科学的な設備を取り入れたりして研究を重ねているので、今では過去最高の品質になっているのだそうです。

ふむふむ、道理で最近の日本酒は旨いです。(笑)音譜

そして、会場がギャラリーなので壁面の絵や床、テーブルや調度品などが普通の飲食店とは違って上品なのです。

さて、最初は持参したmy猪口で飲んでいましたが、今回は江戸切子の製造元の方も参加されていて、持参された江戸切子のお猪口を自由に使っても良いとのことでした。

江戸切子の柄について説明されましたが、
このブルーのゴブレットの美しいこと!




赤ワインを入れたら素晴らしくキ・レ・イです。

「コメ」という柄を下絵無しに直接ガラスの上に掘っていくのだそうです。

素晴らしい!

ド素人の私などは、ちょっとでも手が狂ったらどうするのだろう???と心配になります。
このブルーの器は82.000円とのこと。お~~やはりね。

しかし、高いか安いかを決めるのは人それぞれ。
私はこの芸術的な美しさはそれ以上の価値はあると思いますわ。

真上から撮りました。



素晴らしいでしょう!!!

やはり、ガラスの器で飲むと飲み口がまったく違いますね。

それまでも美味しいと思っていたお酒がさらに旨くなります。

器は大切です。

これからは時には器を変えていただくことにしましょう。ニコニコ


今年の夏は例年以上に暑い夏になるらしいです。(涙)

そんな暑い時には、できるだけ短い時間で調理できるものがウレシイですね。

茹で上げたパスタに絡めるだけで美味しいイタリアンジェノベーゼパスタが食べられます。

今だけ数量・期間限定で20%off!

詳しくは下記の旬の食宅便サイトを御覧ください。

3種類のジェノベーゼソースセット




◯--------------◯-------------------◯
5年先の身体を作るためのバランス生活応援団ー旬の食卓便

私たち人間は、口から食べるものだけで生きています。
その毎日食べる食べ物が、身体に良いものかどうかは、5年後に自分の健康として現れてきます。
「旬」の滋養たっぷりで健康に良い安全な食材を食べて、毎日を元気に過ごしましょう。

旬の食卓便は安心・安全・健康、そして元気な毎日を送るためのバランス食生活応援団です。
クリクリの良質な食べ物、食べてますか?-旬の食卓便



宜しかったらポチッ!をお願いします。





おうちごはん ブログランキングへ


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


にほんブログ村 料理ブログ 食材へ
にほんブログ村

ペタしてね
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-22 15:38:13

暑い時はざるうどんが最高!

テーマ:「今が旬!」

安心して味わうことの喜び」を心から愉しんでもらうための本物の食材を提供する「旬の食卓便」店長の栗田岬知です。

今日の東京地方の最高気温は29℃とのことで、半袖のシャツを着ていても暑いです。(-_^)

まだ、体が暑さに慣れていないから疲れますわ。
そんな気だるさを覚える日曜日のお昼ご飯はこれです。

讃岐うどんの「ざるうどん」。

{2D039442-2F77-4257-A0F6-DB24FB125164}

茹でたうどんをたっぷりの水で何度も洗ってから汁に付けて頂きます。
薬味には、ネギや大葉、茗荷など旬のものを刻みます。
今日は山ウドやゴボウなどでかき揚げを揚げました。
ツルツル、シコシコ、そして大葉や茗荷の爽やかな薬味とうどんを旨味が口中に広がります。
そして、山菜やゴボウの香りが堪らないかき揚げが美味しさを更に引き立てます!(⌒▽⌒)
う~~ん、美味しい!😋😋😋
{8FE4A3FB-432F-4D91-86C3-DF3F59A382D3}

汁はもちろん、津軽の焼き干し仕立ての「玄人はだし」で作ります。
玄人はだしは10種類の天然素材をブレンドしているので旨味も栄養も抜群です。
一度出汁を作ったら製氷皿に入れて凍らせておけば何時でも好きな時に汁をつくることができます。

我が家ではもっぱらこの出汁キューブで料理を作ってます。

皆さんもいかがですか?
美味しくて、安全で便利な天然出汁パック「玄人はだし」です。 

http://www.kuroutohadashi.com/?mobile=1
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-16 16:17:51

身体に良い梅干しの梅は?

テーマ:食と健康について

「安心して味わうことの喜び」を心から愉しんでもらうための本物の食材を提供する「旬の食卓便」店長の栗田岬知です。


5月も半ばを過ぎると梅雨のようなどんよりとしたお天気の日が増えてきます。

今日もそんな感じで、夜からは雨降りになりそうです。


さて、もう少しすると梅雨の季節がやってきます。


そして、梅雨といったら文字とおり「梅」の季節。


この時期になると毎年ご案内している和歌山の自然農法で栽培している生梅は無農薬・無化学肥料・無施肥で作る梅です。



南高梅


化学物質を使わないで栽培した農作物にはとても高い波動があります。


波動とはその物質が発するエネルギーのことで、それが高ければ高いほどパワーがあると言われています。


これまでにご注文いただいたお客様からは感動のご感想をいただきますが、中でもいちばん感動されるのは香りです。


「梅が届いたらかすかにバラのような香りがしてきました。

そして、箱を開けたら部屋中に甘くて爽やかな梅の香りがフワ~~~ッと広がりもう、夢心地です。」


私も毎年農家さんから送ってもらい梅酒や梅干しなどを作りますが、毎回この香りとパワーに感動します。


アロマ(香り)は私たちの五感を刺激して脳を活性化させるとても重要な物質で、これだけ香りが豊かというころはそれだけのエネルギーをたっぷりと蓄えているからなんですね。


そして、梅で作った梅干しには沢山の効果効能がありますが、その原料の梅は表皮が薄いために大量の農薬が使われています。


奇跡のリンゴと言われる無農薬リンゴですが、梅も無農薬栽培するのはリンゴに匹敵するほど難しいのです。


旬の食宅便でご紹介する和歌山の梅農家3名はその難しい無農薬で梅を栽培しています。


私が生梅を扱ってから10年以上が過ぎましたが、何の問題もない年は一つとしてありませんでした。


必ず、何らかの問題が生じます。


これだけ問題が生じたら作るのがイヤになってしまうだろうと思うのですが、それでも彼らは無農薬の梅栽培を止めません。


その理由は、多くの熱狂的なお客様たちに支えられているからです。


単に香りが良い、美味しいだけでなく、重度のアレルギー疾患をもつ人たちからは「この梅がないと私は行きていけません!」とまで言われるのです。



今年も無農薬の南高梅の生梅の予約を開始しました。


梅酒用、梅干用、5kg、10kg、そして訳ありB品。


http://shop.syun-syoku.jp/shopbrand/014/002/X/


梅の香りに感動してみてください。大げさでなく、誰もが驚かれます。そして、この梅のトリコになります。




◯--------------◯-------------------◯


5年先の身体を作るためのバランス生活応援旬の食卓便 私たち人間は、口から食べるものだけで生きています。

その毎日食べる食べ物が、身体に良いものかどうかは、5年後に自分の健康として現れてきます。

「旬」の滋養たっぷりで健康に良い安全な食材を食べて、毎日を元気に過ごしましょう。


旬の食卓便は安心・安全・健康、そして元気な毎日を送るためのバランス食生活応援団です。


クリクリの良質な食べ物、食べてますか?-旬の食卓便





にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ



にほんブログ村 料理ブログ 食材へ


にほんブログ村


ペタしてね


いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-11 22:16:10

春の弘前は素敵!

テーマ:ブログ
安心して味わうことの喜び」を心から愉しんでもらうための本物の食材を提供する「旬の食卓便」店長の栗田岬知です。

新緑の美しい春になりました。
連休も終わりましたが楽しまれましたか?
私は夫の郷里の青森県の弘前へ行ってきました。
{0FA21110-3851-4621-9024-E7C2C0C6816C}

弘前といえば弘前城の桜が有名ですが、おおよそ2.500本のソメイヨシノがあるそうです。
一番美しいのは、早咲きの桜が散ってその花びらがお堀に落ちて花筏になり、遅咲きの桜が満開!という、ほんのわずかな時期です。
でも、そんな素晴らしい桜を見たのは3年ほど前の一度きりです。
今年はほとんどのソメイヨシノが散ってましたが、八重桜が咲いていて美しかったです。
{9EFF0AD4-EBAF-404A-B828-7918B316CA60}

{44F954A0-2D9F-492C-8C5C-19E7F222E108}

{1C0EE398-AA21-464A-850B-8053C6451474}

そして、現在の弘前城は石垣の補修工事のために曳家という昔ながらの伝統技法で場所を移動しているのです。

{07B1F6D8-8037-4991-AF37-AC3793874271}

この手前の木の部分が本来の弘前城のある場所です。

{0D46C275-F5CA-4E1C-8C16-7D2B3DD45685}

そして、弘前城だけでなく津軽富士とも言われる岩木山やその周辺も素晴らしかったですよ。

{5712074E-D4CD-49BA-9EEF-CDBB22BD2454}

{F3341C85-D3BC-4F76-ADF3-8C9B8EA0535D}

皆様も一度は弘前へいらしてね。(⌒▽⌒)
いいね!(5)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-04-27 19:15:12

あ~ぁ!勘違い

テーマ:ブログ
「安心して味わうことの喜び」を心から愉しんでもらうための本物の食材を提供する「旬の食卓便」店長の栗田岬知です。

今日は所要があり中野駅方面へと出掛けました。

前にも何度も見ているのですが、今回も鳩の群生がビルの屋上目掛けて何度も何度も旋回して飛んでいるシーンに遭遇しました。

そして、屋上には大きな旗を持って人が2~3人ほどいて旗を大きく振りながら鳩を寄せ付けないようにしているのです。



何やっているのかな~~と、いつも不思議でした。


誰かに聞きたくても知り合いは居ないのでずっと疑問を持ち続けていましたが、今回は交差点におまわりさんが居たので聞いてみました。

「あの、鳩はどうしてあのビルの屋上目掛けて何度も何度も飛んでいるのですか?」

「ああ、あれね。あれは訓練だね。」

「あのビルの屋上で伝承鳩を飼っていてね、小屋から出して飛ばしているんだよ。

 小屋の前に止まっている5~6羽はズルしてるけどね。(笑)」


そう言えば、ビルの屋上を良く見ると小屋のようなモノが見えました。

私はてっきり、屋上に鳩が群がると糞などで汚れるから寄せ付けないように旗を振り回しているのだとばかり思ってました。フフフ。

大きな勘違いですね。

しかし、ああやってけしかけないと鳩は鳩は飛んでいかないのかしら。

今度伝承バトに詳しい人に聞いてみましょう。


さて、超人気の淡路の新玉ねぎがそろそろスタートしますよ。

甘くて、柔らかくて、辛味の少ない上に、30年以上も無農薬栽培した淡路の玉ねぎです。


無農薬栽培歴30余年!淡路の無農薬の玉ねぎ5kg 5/1よりスタート
新


◯--------------◯-------------------◯

5年先の身体を作るためのバランス生活応援団ー旬の食卓便

私たち人間は、口から食べるものだけで生きています。
その毎日食べる食べ物が、身体に良いものかどうかは、5年後に自分の健康として現れてきます。
「旬」の滋養たっぷりで健康に良い安全な食材を食べて、毎日を元気に過ごしましょう。

旬の食卓便は安心・安全・健康、そして元気な毎日を送るためのバランス食生活応援団です。
クリクリの良質な食べ物、食べてますか?-旬の食卓便



宜しかったらポチッ!をお願いします。





おうちごはん ブログランキングへ


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


にほんブログ村 料理ブログ 食材へ
にほんブログ村

ペタしてね
いいね!(16)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>