1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-30 19:31:02

ホタテのヒモは使いみち豊富よ!

テーマ:美味しい食べ物

「安心して味わうことの喜び」を心から愉しんでもらうための本物の食材を提供する「旬の食卓便」店長の栗田岬知です。

 

青森はホタテの生産量が北海道に次いで2位で34.3%ものシェアを占めているとか。

弘前市内のスーパーでは必ず殻付きの活きホタテが並んでいます。

 

 

そして、弘前に住んでいたという知り合いから「時々、ホタテのヒモだけを安く売っているときがあるので、ホタテのヒモが好きだったらそのときに買うと良いですよ」と教えてもらいました。

 

それ以来、スーパーへ買い物に行くたびに鮮魚売り場で目を皿のようにして(笑)ホタテのヒモを探すのですが、一度として売られているのを見たことがありません。

話を聞いてから1ヶ月以上が過ぎて、もはやヒモだけを売るのは止めたのかな??と思い始めていた矢先に見つけました!!

 

ヒモだけがこのようにパック詰めされて売られていましたよ。(笑)ウレシイ~~!
早速1パックをゲットして来ました。

 

 

何を作ろうかな?としばし考えましたが、

ホタテを使う料理だったら何でも良いのよね~と思い当たりました。

 

一品目は豆苗とホタテのヒモの炒めもの。

豆苗、ニンニク、ヒモを炒めて塩コショウだけ。ホタテのヒモがコリコリして豆苗との相性バツグンです。

 

二品目はホタテのヒモ入り炊き込みご飯。

具材は舞茸、ホタテのヒモ、ニンジン、薄揚げ。天然出汁パックの玄人はだし(旬の食卓便オリジナル出汁パック)で引いた出汁を使うから美味しさはバツグンです。(笑)お米の一粒一粒に旨みが絡み合って幸せ感満載です。

三品目は焼そば!

たっぷりのキャベツに豚肉、ニンジン、ピーマン、ホアたてのヒモ、しめじなどを入れてガシガシと炒めます。最高よ。

 

そして、四品目はかき揚げ!

丁度出回っていたトウモロコシと枝豆にホタテもヒモを入れてかき揚げにしました。

サクサクした中に歯ごたえのあるヒモから旨みがジュワ~~と出てきます。(笑)

枝豆やトウモロコシには夏の暑い時期を過ごすのに必要な栄養分がたっぷりと含まれているから丸ごとかき揚げにすると沢山摂ることができます。それに美味しいですからね。

 

これだけいろいろなお料理に使えて、ホタテの干物お値段はたったの1パック180円でした。

コスパ最高でしょう。それ以外の材料の方が高かったわね。(笑)

皆さんの地域にも、お買い得品のお肉や魚などが時々出回るときがあると思います。

そういう時はこのようにちょっと工夫すると美味しいお料理が作れますから試してみてね。

 

◯新米の美味しい季節になりました。

甘くて香り高い新米に豪華なおかずは不必要です。

日本人のソウルフードとも言われる、納豆、豆腐、お味噌汁で新米の美味しさを味わってみてはいかがでしょうか。

 

28年産新米フェアー!棚田の魚沼産コシヒカリ-5kg <白米>

 

 

減農薬大豆で作るこだわりの納豆・豆腐・味噌セット

 

 

◯--------------◯-------------------◯

 

5年先の身体を作るためのバランス生活応援団ー旬の食卓便 私たち人間は、口から食べるものだけで生きています。 その毎日食べる食べ物が、身体に良いものかどうかは、5年後に自分の健康として現れてきます。 「旬」の滋養たっぷりで健康に良い安全な食材を食べて、毎日を元気に過ごしましょう。 旬の食卓便は安心・安全・健康、そして元気な毎日を送るためのバランス食生活応援団です。

 

クリクリの良質な食べ物、食べてますか?-旬の食卓便

宜しかったらポチッ!をお願いします。

 


おうちごはん ブログランキングへ

 

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

 

にほんブログ村 料理ブログ 食材へ


にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-24 18:39:27

林檎王国-青森!

テーマ:「今が旬!」

「安心して味わうことの喜び」を心から愉しんでもらうための本物の食材を提供する「旬の食卓便」店長の栗田岬知です。

 

先日、弘前市のリンゴ公園に行ってきました。

 

 

6月下旬に引っ越してきてすぐの頃に一度来ているのですが、その時のリンゴの木には可愛い林檎の花が咲いていました。

 

 

 

そして、今回はりんごの実がなっているところを見に行ってきました。

真っ赤に色づいているものからまだ青いもの、そして小さくてまるでチェリーのようなものまで本当にいろいろな品種のりんごがあるのです。

 

 

りんごの種類は1.000種類近くもあるのをご存知ですか?

 

私は精々30種類ぐらいかと思ってました。(笑)

 

リンゴ公園にはお馴染みの津軽、国光、紅玉、ふじ、王林など以外にバラ科と言われるだけあってまるでサクランボね!と見間違うかのような小さな粒のものもありました。

 

 


真っ赤な実がギュッと密集したマンチュリカは北海道では自然分布しているとか。

 

 

りんごが落ちるのを見て「引力」の存在を発見したと言われるニュートンのリンゴの木もありました。ケントの花と言われる木とのことです。下の林檎がそれです。

 

 

そして、今では世界のりんごの生産量の2割以上を占めるようになった「ふじ」の準原木もこのりんご公園内に移植されています。

 

果実はその剪定技術がとても重要でそれらを生産者に指導した故齋藤昌美さんの業績を全国の皆さんに知ってもらうために氏の園地にあった木をこのりんご公園に移植したと書かれています。

ふじはデリシャス(父)×国光(母)の交配種で果汁が豊富なうえ味のバランスもよく、シャキッとした歯ごたえも魅力の1つです。
また、貯蔵性が高くて他の種類に比べて長持ちします。室温で4ヶ月、冷蔵保存で7ヶ月近くも長持ちするのです。

 

調理用リンゴとして人気のある紅玉などは20日間ほどしか持ちませんからそれに比べると雲泥の差ですね。

でも、紅玉の糖度はとても高いので生食でも美味しいですがアップルパイや煮りんごなどにすると最高に美味しくなります。(笑)

 

 

りんごの木の下には下草が生えていてところどころ虫食いや風で落ちたリンゴが転がっています。

 

このりんご園を見ているだけで、まるでメルヘンの世界に迷い込んだような心持ちになります。ここにディレクターズチェアーなどを持ち込んでお昼寝でもしたくなりますね。(笑)

 

でも、リンゴ農家さんたちはこれから繁忙期に入り毎日大忙しの日々が続きます。

 

そして、弘前市郊外の至る所に大量のリンゴが入った大量のコンテナが積まれるシーンを何度も見かけるようになりました。そして、大きなリンゴの集積所が何箇所もあります。

 

米どころの新潟などにお米を貯蔵するカントリーを何箇所も見かけるように、青森はりんごの国なんですね。

 

今は津軽が最盛期。このあと、ジョナゴールドや王林、紅玉などが始まり11月上旬からふじの収穫が始まります。

 

これからが楽しみです。

 

■28年産新米フェアー!棚田の魚沼産コシヒカリ-5kg <白米> 9月末より発送!

 

◯--------------◯-------------------◯

 

5年先の身体を作るためのバランス生活応援団ー旬の食卓便 私たち人間は、口から食べるものだけで生きています。 その毎日食べる食べ物が、身体に良いものかどうかは、5年後に自分の健康として現れてきます。 「旬」の滋養たっぷりで健康に良い安全な食材を食べて、毎日を元気に過ごしましょう。 旬の食卓便は安心・安全・健康、そして元気な毎日を送るため

のバランス食生活応援団です。

 

クリクリの良質な食べ物、食べてますか?-旬の食卓便

宜しかったらポチッ!をお願いします。

 

 

おうちごはん ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

にほんブログ村 料理ブログ 食材へ

にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-22 00:28:25

これが日本人のソウルフード

テーマ:美味しい食べ物

安心して味わうことの喜び」を心から愉しんでもらうための本物の食材を提供する「旬の食卓便」店長の栗田岬知です。♪


先日、山形から大豆加工品セットが届きました。

減農薬栽培の大豆で作る納豆と豆腐、そして味噌です。

納豆はたっぷりのネギと鰹節をいれて。

豆腐はネギとかつ節、そして生姜のすりおろしを♬


味噌汁は天然出汁パックの玄人はだしの冷凍出汁キューブを使い、具材はキャベツ、人参、ほうれん草を入れました。 


大豆の旨味と甘味、そして風味がそれぞれの薬味や野菜とからって素敵なハーモニーを奏でます。(*´∀`)♪

昔ながらの大豆で作るお馴染みの食材ですが、日本人に生まれて良かったと感じます。^ - ^ これがソウルフードというものですね。


http://youtu.be/n6t8WpF0KwE


山形の納豆と豆腐、味噌セットhttp://shop.syun-syoku.jp/smartphone/detail.html?id=015001000001&category_code=ct5&sort=order&page=1

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-16 15:32:39

素晴らしかった十五夜お月さん!

テーマ:快適な生活

「安心して味わうことの喜び」を心から愉しんでもらうための本物の食材を提供する「旬の食卓便」店長の栗田岬知です。

 

昨夜は仲秋の名月の十五夜でした。

ひょんなことから弘前市郊外にある瑞楽園で開催された「瑞楽園で十五夜を楽しむ夕べ」に行ってまいりました。

瑞楽園は弘前市が管理する国指定名勝の昔ながらの藁葺き屋根の施設で、庭は江戸末期に津軽地方で流行した大石武学流庭園のひとつです。

 

 

8月に訪れた時は、日中の気温が30℃を超す真夏日でした。

入り口は濃いピンク色の花を付けた大きな百日紅の花が出迎えてくれました。
建物の入り口には津軽弁で書かれたおもてなしの看板が出迎えてくれます。

広い土間とそれに続く畳の部屋。
その先には見事な枯山水庭園が広がります。

 

縁側に敷かれた座布団に座って庭を拝見していると、案内の女性が冷たいお茶を運んできてくれました。

 

どうぞ、何杯でもお代わりしてください!と出されたお茶の美味しいこと。

一服の清涼とはこの事ですね。(^ー゜)

そして、外気は軽く30℃を超えているにもかかわらず、部屋の中は涼しい。
庭から吹き抜ける風がとても心地良くて、もう、このまま動きたくないほどよ。(⌒▽⌒)

 



そして、先ほどお茶を出してくださった女性が挨拶された後、この建物と庭園について軽く説明してくれました。

この建物は昔からの豪農の対馬家が江戸末期から明治時代に掛けて津軽地方で流行った大石武学流で造った枯山水庭園です。置かれた石や灯篭、木々などには全て意味があります。また、津軽地方は冬になると大量の雪で覆われるために、その雪に負けないような庭造りになっているのが大きな特徴らしいです。


初めて訪れたこの時に今回のお月見の会を紹介され「残り2名様です!」と言われて、その場で申し込みました。^^;

さて、それから約1ヶ月後の昨日、再度訪れた瑞楽園は相変わらず清楚な佇まいです。
部屋の隅々には季節の花々が形良く生けられ、庭の大きな石の上にはお団子と果物、ススキの花々が飾られています。

 


広い縁側の中央には赤い毛氈が敷かれ、小さなテーブルの上にはうさぎの置物とススキの生け花です。(^_-)

 

 

そして、日が沈んだ頃、庭から笛の音が聞こえてきました。山口流篠笛によるお月見の宴のオープンニングセレモニーは素晴らしいの一言に尽きます。

そして、色あざやかなお月見弁当は一つ一つの惣菜がお月見や季節、この津軽に関係するものを表しています。
アスパラで創った稲穂、パプリカの紅葉、グリーンの練り物は岩木山です。

 


食事の後は、津軽弁で昔を語る「つがるのむかしっこ」で心をほんわかさせてくれました。津軽弁は柔らかくてはんなりとして京都弁と似ていると言われますが、本当にその通り。

 

 

最初は雲に隠れがちだった月も、徐々に顔を出し始めて最後には煌々と輝き始めました。

まるで夢の世界のようなお月見の宴。
かぐや姫が月に帰ったのも今夜のような夜だったのね。
素敵な一夜でした。(^ー^)ノ


秋と言ったら食欲の秋。そして食欲の秋と言ったら新米ですね。

 

棚田で作る魚沼産こしひかり 只今新米キャンペーン中!9/30〆切です。

 

28年産新米フェアー!棚田の魚沼産コシヒカリ-5kg <白米> 9月末より発送!

 

 

◯--------------◯-------------------◯

5年先の身体を作るためのバランス生活応援団ー旬の食卓便 私たち人間は、口から食べるものだけで生きています。 その毎日食べる食べ物が、身体に良いものかどうかは、5年後に自分の健康として現れてきます。 「旬」の滋養たっぷりで健康に良い安全な食材を食べて、毎日を元気に過ごしましょう。 旬の食卓便は安心・安全・健康、そして元気な毎日を送るため

のバランス食生活応援団です。

 

クリクリの良質な食べ物、食べてますか?-旬の食卓便

 

宜しかったらポチッ!をお願いします。

 


おうちごはん ブログランキングへ

 

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

 

にほんブログ村 料理ブログ 食材へ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-13 07:02:44

白神山地の自然の恵みに感謝!

テーマ:旬の手作りごはん
安心して味わうことの喜び」を心から愉しんでもらうための本物の食材を提供する「旬の食卓便」店長の栗田岬知です。

この前の日曜日、白神山地へ行って来ました。♪
{2D16CFBD-3284-43E0-B67C-4808656568C0}

弘前からは車で30分ほどの距離です。前に行ったのはまだ世界遺産に登録されたばかりの頃ですからずいぶん前でした。
その時は舗装されていない林道をガタゴト走り、轍の深いところは車の底が道路に当たってガツン❗️と言う音を立てて車が壊れるのじゃないかとヒヤヒヤものでした。^^;
{3FADFE37-E580-4EC9-8478-22A1B1878C66}

あれから何十年も経っているので道路は整備されていると思ったら林道はあの時と同じガタゴト道でしたよ。‼️
今回は夕方から用事があったので林道を走るのは止めて途中のセンターでお買い物してきました。
その中で目に止まったのが白神山地に自生するぜんまいを乾燥したものです。
お値段は小さな袋で1,500円とややお高いのですが、水に戻すと何倍にも膨れます。売店の元お姉さんに戻し方などを聞いてきました。
効能書きを読むと動脈硬化からがん予防まで素晴らしい効能があるらしくて、それも東大医学部と共同研究した結果判明したとのこと。(^_-)

山菜は下処理が少々面倒ですが、美味しく食べるためには手抜きは厳禁です。 
これもしっかりとやるかやらないで美味しさが全く変わってしまいます。♪

・一晩水に浸けて戻したら、鍋に水入れて沸騰直前で取り出して水に晒します。
{EF2F5C7A-FD0B-4C2B-B7F1-71BA22F89911}


・水に晒しながら手で揉みます。揉むことでゼンマイが柔らかくなるとのこと。
{4135763F-0941-417F-8E1F-359214D65F6A}


・再度、同じく鍋に水とゼンマイを入れて沸騰直前に火を止めてそのまま冷まします。
{82D843E3-A2DF-463F-ACBF-CF9BE26684F9}


そして、下処理したゼンマイと厚揚げを玄人はだしの出汁に少し甘めの味付けでで炊きました。

我が家の夫・どっこいさんが
「美味いよ!こんなに美味いゼンマイは初めての食べたよ。肉厚で柔らかくて風味と旨味が素晴らしい!」と大絶賛。
{6A9F5356-AE40-4A28-AF77-771FC653E32D}


それを調理したのは私なんだけどな〜〜!
^^;
しかし、料理人がよく言いますが「素材の良さの前には料理人など何の役にも立ちません。素材の持ち味を殺さないように味付けするだけです。」とね。

玄人はだしは、素材の旨味と風味を殺さずにその持ち味を引き出します。こちらも天然素材ですからね。


ぜんまいと厚揚げの炊き上げ!
白神山地の豊かな自然の恵みそのもののです。美と健康の極致ではないでしょうか。
美味しゅうございました。♪( ´▽`)

○味付け
・戻したぜんまい80g
・だし汁  カップ2/3
・味醂   大さじ3
・醤油   大さじ2

{E693370F-6ED9-4717-B309-5C1997FC88C9}




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>