kumazawa-erimakiのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
この記事はSpeedcubing Advent Calendar 2015の9日目記事として執筆しました
今回はこの記事も含めて3本立てです。
他の2本は
CFOPerのためのCMLL講座
2×2×2レビュー

です。

最近Rouxerも増えたし、遊びでRouxやる人も増えたしと言うことで
今回はCMLLについて書きます。
(文章力が低いことについてはご了承ください)

---Roux methodを知らない人へ---

ルービックキューブを速く解こうとしている人たちの中で、人と違うことをしたいという少数派が使っている解法がRoux methodです。
こちらのサイトを見れば、どんな解法かわかっていただけると思います。
実は最近、メジャー解法のCFOPをやっている人たちが、Roux methodを遊びでやってCFOPに生かしている例もあったりして、その需要が高まっていたりします。

今回は3つ目のstepのCMLLについてです。
3つ目のstepを行う前にちょっと考えることを増やして、4つ目のstep、LSEとのつながりを良くしようという目的で以下の記事を書いています。

---ざっくりしすぎた解説ここまで---

CMLLとLSEのつながりをよくするために、役立ってくれるであろうことについて書きます。

結論から言うと、
CMLLを回した結果、エッジがどのように動くのか(どのエッジがフリップして、どのエッジがどこに移動するのか)を覚えてしまい、LSEのEOを処理の1手目を判断する時間を失くしてしまおうというのが目的です。

ちなみにEOを毎回回避するのはパターン数が途轍もなく多いので逆に非効率的なようです。
というわけで、CMLLを回した後の
・EOが何個あるのかがわかる
・どの形になるのかがわかる
・可能なものは全フリ(すべてのエッジがフリップしている状態)を回避できる
ということが大切です。

今回は、時間の関係もあってD面のエッジが移動しない手順のいくつかを紹介し、CMLLを改善したいひとにとって足がかりになればと思います。
当然のことながら手順によって、エッジの動きは変わってしまいます。手順については私が使用しているもの(覚えているもの)を使わせていただきます。ご了承ください。(それよりも良い手順があるということであればコメントいただければ幸いです。)

たとえば一番手数が短いCMLL
F R U R' U' F'
のcaseのとき







とエッジの状態が考えられるわけです(すべてではないはず)。

この中でどれが全フリになって、どれがEO skipなのか位は最低でも判断したいわけです。
この場合では
全フリ:⑤
EO skip :⑥
となっています。
残るパターンはEOが2個 or 4個のときです。
ちなみに
①のときは
Fw R U R' U' Fw'
の2層回しの手順、
③のときは
(U2) R' U' R' F R F' U R
でEO skipします。

F R U R' U' F'
においてエッジは

のように移動します。
ここで、白い矢印はフリップ有、灰色の矢印はフリップ無を意味しています。

エッジの動きは以下の2項目によって分類できます。
①フリップの有無
②どのようなEP発生するか

①フリップの有無
これについてはどこのエッジがフリップするのかを含めて覚えましょう。
これが本記事における最低限の目的です。
これによってEOの数が0,2,4,6のどれなのかがわかります。
逆に言えば、これだけ知っていれば、複数のCMLL手順を知っているcaseが出てきたとき(2層回しでなんとかなるFat suneなども含めて)であれば、全フリが回避できます。
これだけでも結構な時間短縮につながります。

②エッジの移動
これが瞬間的に判断できるようになると、どのEOが待っているかまで判断できます。
エッジの移動には以下のような種類があります(D面エッジが移動しない場合)。
①移動しないパターン
①'AUF的な感じで動くもの(伝われ)
②U-perm(n1)のように動くパターン
③U-perm(n2)のようにパターン
④Z-permのように動くパターン
⑤H-permのように動くパターン
④1組の対面エッジまたは隣接エッジが入れ替わるパターン
⑥8の字のように動くパターン
です。

今回はD面エッジは動かない手順だけを考えているので
フリップなし、エッジの移動無の場合コミュテーター手順となります。
CMLLを回す前のエッジの状態がそのまま保存されるので、もっとも簡単にLSEを先読みできるパターンだといえるでしょう。
このパターンはL case, U case で良く出てきます
私の基本手順の中では
D1 : R' U2 R U R' U' R U R' U' R U R' U R
D2 : R' U2 R' D' R U2 R' D R2
D3 : R U2 R D R' U2 R D' R2
E3 : x' R U' R' D R U2 R' D' R U' R' x
E5 : R2 D' R U2 R' D R U2 R
(E6): F R U' R' U' R U2 R' U' R U' R' U' R U2 R' U' F'
F5: Rw U R' U' Rw' F R F'
H6 : F R U R' U' R U R' U' R U R' U' F'
※()のものは基本手順ではない手順のうち使う気のあるも、下線は基本手順の2層回し
があります。

フリップ無の場合はCOLL手順になります。この場合も先読みはエッジがどこに移動するのかだけを考えればよいので簡単です。
B1 : (U2) R U2 R' U' R U' R' (UB > UR > UL)
B5 : L' U R U' L U R' (UF > UL > UB > UR)
C1 : R U R' U R U2 R' (UB > UL > UR)
C5 : R U' L' U R' U' L (UF > UR > UB > UL)
D6: Rw U2 R2 F R F' R U2 Rw' (UF > UR > UL)
E1 : R' U' R U' R' U2 R2 U R' U R U2 R' (UF ⇔ UR, UL ⇔ UB)
(E2): F2 R U' R' U' R U R' F' R U R' U' R' F R F2 (UL ⇔ UB)
F1 : R U2 R' U' R U' R2 U2 R U R' U R (UF ⇔ UR, UL ⇔ UB)
F4 : F R U R' U' R U' R' U' R U R' F' (UL ⇔ UR)
(F6): R' U R2 D Rw' U2 Rw D' R2 U' R (UF ⇔ UR, UL ⇔ UB)
(G1): R U2 R2 U' R2 U' R2 U2 R (UF > UB > UL)
G5 : R U' L' U R' U L U L' U L (UF > UB > UR > UL)
H1 : R U2 R' U' R U R' U' R U' R' (UB > UL > UR)
H3 : R U R' U R U L' U R' U' L (UF > UR > UL > UB)
※()のものは基本手順ではない手順のうち使う気のあるも、下線は基本手順の2層回し

特に簡単な2パターンを考えただけでもこれだけの手順が出てくるので、覚えておいて損はないですね。

こんな感じで覚えていくことでCMLL後のEOを先読みしようという取り組みはRoux methodで一定上のレベルを目指す場合必要になってくることでしょう。

今回はここまででかなりの文章量になってしまったのでここで終わりにしたいと思います。
また機会があればこの続きも書いていきたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kumazawa-erimakiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。