樽前山登山、疲れました。


子ども達をつれて7合目の登山口からと思っていたのですが、8:30ぐらいに山に着いたら、

5合目の林道ゲートで入場制限をしていて、仕方がないので、そこから登りました。

幸せな生活-1-1

5合目から7合目まで、予定外の林道を行く


車の中ではノリノリだったシュンちゃんが、調子に乗りすぎて、

出発直前にハルトと喧嘩して、すっかり元気がなくなって

いきなりの苦戦です。


5合目駐車場で、小休止。

今月12日にクマが出ているとかで、注意を呼びかけていました。


10:10頃ようやく登山道に入りました。


小さい子どもをつれているためか、あいさつ以上の言葉を

かけてくれる人たちがたくさんいました。

その言葉に励まされることもあり、くじけかける子供達の調子が何とか維持されて行きます。


幸せな生活-1-2
中腹にて。なかなか良い景色


幸せな生活-1-3

小休止した、頂上への分岐点にて記念撮影・・・をしたがるシュンちゃんを撮影


幸せな生活-1-4
いよいよ、頂上へ!


幸せな生活-1-5

登ってくるシュンちゃん達を頂上付近から撮影

(水曜スペシャル風)


幸せな生活-1-6

一足先に登頂のアニキ。


活火山の樽前山は、背後に溶岩ドームが見える。

周囲の噴火口などは立ち入り禁止!

周囲には、硫黄の匂いが立ち込めている。


今日噴火があったら、ひとたまりもないだろう。

と、アニキは心配していた。


ちなみに、写真では見えないが、頂上付近だけ、なぜか色んな虫が

たくさん飛び交っていて、アブやら蜂やらあとなんだか分からない虫達がいっぱい服に付く。

写真を撮っているときも、アニキも逃げの姿勢。

大人の私をしても、さすがに気持ち悪いほど。


シュンリなど、悲鳴を上げる続けるだけで、近寄ろうともせず。


幸せな生活-1-7
もう、くだりです。

下りは、早い。


先に見えるのは、支笏湖。

綺麗だなあ。

登ってよかった。


降りてきてみると、もう1つの登山道では、10時過ぎに熊が出たとか。

そちらのルートは、前回のぼっていたので、行きませんでしたが、我々の入山時間と

ぴったりなので、行ってれば熊に出くわしていたかも。

無事帰って来れてよかった。

さて、9時前に登り始めて、降りてきたのが3時過ぎなので、6時間半ぐらいかな?

子ども達をなだめたり、おだてたり、怒ったり、励ましたり、引っ張ったり、

押したり、持ち上げたり・・・


降りてみれば、子ども達は帰りの車では寝てるものの、いたって元気で、

一番ダメージがあるのは私だったりして・・・


左ひざとその上下の筋が痛くて痛くて。家についてみると、まともに歩けないほど。

普段の運動不足と歳のせいでしょうか?

思い出した!

先日、寝ているアニキ(約30kg)を寝床にだっこして行って、下ろすときに、左ひざでビシッ!というか、バキッ!という音がして、痛くてしばらくのたうったことがあったっけ。

寝て起きたら、忘れてたけど、もしかしてあの時、筋か腱か関節を痛めていたのかも。


やっぱり歳かな?

病院行った方が良いのか?

また、寝てみて考えよう。


でも、楽しかった。

アニキは荷物もちとしても頼りになるし、ハルトも一人でも頑張れるし、シュンリも何とか・・・


次ぎ登る時は、私の杖代わりになってもらおう。

AD

明日は、シュンリの運動会です。

同じ日に、ママチャリの4時間耐久もあります。


運動会に行ってから、ママチャリ会場に駆けつける予定ですが、

どうやら雨のようです。


風も強く、嵐のようです。


どっちも大丈夫か?


まあ、なるようにしかならないか。



それと、今日はエヴァエクストラの日だったんだけど、仕事で行けなかった。

なんか、気分の良くない週末だなあ・・・

今日のハルト


幸せな生活-1

会社から帰ってくると、私のところに来て、

『ハルトの体で何か変わったところはあるでしょうか?』

と、ちょっと恥ずかしそうにニヤニヤ。


ざっと、手、足、頭と確認したけど、特になにも・・・

と、そういえば、さっきからずっと、口閉じたままちょっと恥ずかしそうにニヤニヤ。


もしかして、歯抜けた?

しゃべる時も恥ずかしそうにしている、と思ってたけど、口を隠していたのですね。


学校の図書館にいるときに、グラグラしている歯をいじってあそんでいたら、抜けたそうです。


ハルト君、初めて乳歯が抜けた話でした。


ねずみの歯がはえれ!



久々の小樽水族館です


幸せな生活-6

熱帯の水槽はきれいです。

みんなで、タツノオトシゴを探しています。


先日、シュンちゃんと奥様は、幼稚園の親子遠足で行って来たのですが、

室内は薄暗いので、怖がってほとんど観られなかったとか。


今回は、アニキたちもみんないるので大丈夫みたいです。


幸せな生活-5
イルカが、あいさつに来てくれます。

イルカショーは、迫力があって、楽しいです。


幼稚園で来たときは、若く小さなイルカだったそうで、

あまり迫力がなく、面白みにかけたとか。


今回は、バッチリでした。


幸せな生活-3
こちらは、キング・オブ・トドのジロー


長年、トドショーを引っ張ってきた、リーダー。

体重700kg、23歳オス。


並外れた力、芸術的な美しい逆立ち、

豪快かつ華麗なダイビング。


彼が繰り出す技は、どれをとっても世界トップレベル!


幸せな生活-2
見よ!この美しい逆立ち!


ほえながら、目の前でやってくれて、すごい迫力です!

この後の、ダイビングも、ものすごく豪快で良いです。


幸せな生活-12
すぐ横の浜で、石投げ。


ハルトは、注意を聞かず、大きな石を持ってこけて、

ジャージを破いてヒザをすりむき、逃げていきました。


早めにこけてくれて、大怪我しなくて良かった。


しかも、注意したことをこっそりやって、注意した通りに怪我するなんて、ハルトらしい。

注意を守らないのは困るけど、何でもやってみないと、分からないもんだし、これで、これについては多少覚えるでしょう。


小樽水族館、始めて家族で来た時は、まだアニキしかいない頃で、

近所のお兄ちゃんと、お姉ちゃんも一緒でした。

近所のお兄ちゃんは今のアニキぐらいで、お姉ちゃんはハルトぐらいだったかな?

そして、イルカショーのときに、アニキがコーラをこぼして、お兄ちゃんの服がぬれたんだけど、怒りもせずにゆるしてくれて。かっこよかったな。

みんな、あんな風になったらいいな。