イルミ2

わが実家です。


今年も張り切って、イルミネーションしています。

お隣りも、一緒にやっているので、夜、実家に行くと、なかなか見ごたえがあります。

父もいい年なので、腰などもいためて、昨年は、今年で最後だ・・・と言っていたはずですが、なんか、今年もやってます。


今年もいくつか追加があって、このツリーもその1つです。

イルミ1


孫たちが喜ぶので、やりたくなるようです。

イルミ3


さて、今日は、どうやって、子供たちを喜ばせてやろうかな?


パーティーが楽しみだ。


メリークリスマス!


AD

イブキとハルトは仲良くもあるけど、よく喧嘩していて、たいていハルトがやられます。


先日、いつものようにやられたあとで、居間の窓に向かって両手を合わせ、目をつぶり、頭を下げてごにょごにょ・・・
「イブキに、サンタクロースがきませんように!」


そのあとで、イブキのところに戻って、

「イブキにサンタクロースこないからね!」

と言っていました。

この強力な口撃を受けて、イブキの方は少しひるんで少し黙ったあとで、

「アニキのところに来ないって事は、ハルトのところにも来ないんだからね!」

と、イブキ君、苦渋の表情で搾り出した苦肉の策!


すると、ハルトは、はっとして、再び居間の窓の前に行き、両手を合わせて、

「やっぱり、イブキのところにもきてください!」

とお願いしていました。


もう、かわいいのなんの!(完全に親バカですけど)

サンタさんを信じる2人が、ギリギリの精神戦を繰り広げています。

3

我家の子ども達、カメラを向けるとすぐに寄って来ます。

ビデオも同様ですが、もうどんどん前に出てきて、レンズにひっつくほどまで前進してきます。


そんな可愛いうちの子ちゃんたちですが、その反面、時々めちゃめちゃ憎たらしいです。

バカ、バカタレ、ヤダ、ヤーダ、イヤッピーなどなど、ものすごくいいタイミングで言って来ます。

あるいは、兄弟で、お互いに言い合ってエスカレートしていきます。


それと同様、カメラでも、誰もかまってない時はよいのですが、どちらかが前に出ようとした瞬間から、俺が前、俺が前・・・・と始まって、あと言うまに出てきてしまいます。

あんまり楽しそうなので、時々は、私や奥様も加わったりして・・・


そんな訳で、その様子を捉えた写真は、たいていピンぼけになってしまいます。

4


この臨場感を、何とか写真に納められないものだろうか?

と思うのですが、うまくいかないなあ。

5

我家のお姫様、シュンリちゃんです。

最近は、自由に寝返りをうち、後ろへのずりばいもマスターして、徐々に移動するようになってきました。

ちょっと目を離した隙に、移動してしまいます。


それと同時に、おすわりも安定してきました。


そこで、これ。

100均で買ってきた四角い桶。たしか、食器洗い用って書いてあったと思います。

もともと、ハルトの踏み台として、洗面所で使おうと思って買ってきたのですが、これが今、シュンリにぴったりのサイズです。


移動も阻止できるし、おすわりも安定するし、入れとくと、なんか楽しそうにしてるし。

なんて良いアイテムなんでしょう。


6


おまけに、キーボードものっかって、演奏も楽しめます。


地べたでやると、キーボードが遠くに行ってしまったり、前かがみに倒れたりするんだけど、ここなら、そのままつかえます。


ばあちゃんは、大正琴にはまっているので、この姿を見せたら、喜びそうだなあ。


笑顔も可愛くなってきたし、うーん、女の子はやっぱり違うかも知れないなあ。

2

りんご、美味しいですね!


私は、りんごが大好きです。

子供たちも好きですが、特にハルトは大好きです。


食事の後など、1人で1玉ぐらい、簡単に食べてしまいます。

まだ、自分で剥くまでにはいたってないので、1日2玉ぐらいでセーブされていますが、自分で剥くようになったら、いったい、いくつ食べるのか・・・怖いぐらいです。


あの小さな体の、どこにそんなに納められているのでしょう?


1


そんな訳で、箱買いです。

10kg買っても、半月ぐらいだなあ。

リンゴの成果か、我家、今のところ、誰も風邪をひきません。

リンゴが赤くなると、医者が青くなるって言うもんね。


私はハックナインとサンふじあたりが好きですね。北斗もいい!

歯ごたえがシャキシャキしてかたく、甘くて、すっぱみもあるものが好きです。

アニキは私とおなじ好みながら、あまり量はいらないみたいです。


ハルトは私と奥様の中間型ですが、量は我家で一番多いですね。


それで、奥様の好みはというと、ひたすら甘いものが好きで、王林やボケてすっぱみが無くなったふじなどを好んでいます。


そんなわけで、我家、リンゴと牛乳だけは、豊富にそろっています。


業務連絡!

ハルト君、ちゃんと剥いてあげるから、リンゴを、おもちゃにするのはやめましょう!

机1

アニキの学習机の隣りに、自作で私の机を作りました。


目的は2つ!

 ①アニキとおなじ部屋で本を読んだり作業をすることで、アニキが机に着きやすい雰囲気を作る。

 ②前から、自分の場所を確保したかった。


作ったと言っても、家にあったパイプ棚と同じようなものを追加して、ホームセンターの処分コーナーで買ってきた、ブラウン管TV32型用の回転テレビ台を組み合わせて、それに照明を載せただけです。


安く上げるために、本当は、木の板などで自作しようと思っていたのですが、驚いたことに、木の方がずっと高いんですね。

パイプ棚とテレビ台で代用したことで、パイプ棚、天板、照明込みで8000円ぐらいでおさまりました。


机2

しかも、意外とすっきりして、見た目も悪くないし、何より、棚で出来ているので、収納が格段に増えました。

ジャンバーや帽子、ベルトにリュック!本もたくさん置けます。

何でも置けるし、何でもかかります。


さっそく、アニキが使いたがって、ここで宿題をやっています。

目的①はOKだな。


私の場所は、早くも取り上げられてしまったようなものですが、雰囲気も良くなったな。

と、自己満足しているところです。

映画に行ってきました。


イブキが、ポケモンの映画を見に行きたいと言うので、新聞で、上映館を探すと・・・

どこにも無い。

この前、見に行ったばっかりだもの、そんなにすぐに、新作出ないでしょう?


そうしたら、新聞覗きこんで、

「炎のゴブレットに行きたい!って言おうと思ってた!」

と言い出しました。


そうして、まんまと行ってきまいた。

シネコンで、字幕で2スクリーン、吹き替え2スクリーンの合計4スクリーンで上映していましたが、すごく混んでいました。

イブキと一緒なので、もちろん、吹き替えで。


券買で20分、2人並びの席が2箇所しか空いておらず、前から3列目の見上げる席を確保しました。

かなりきつかろうと思いましたが、字幕ではないので、意外と大丈夫でした。


今回のは、なかなか面白かったな。

本とは、いろいろと違いがあるけど、良く出来ていました。

逆に、シンプルになって、話が理解しやすいかも知れません。


学校では、ハリーポッターごっこ(杖のような紙の棒を作って、魔法をかけ合う)がはやっているそうなので、また、ねたが増えてよかったね。


しかし、最近は、アニキとしか映画に行ってないなあ。

たまに、奥様と2人で行ってみたいなあ。

14


白い恋人でおなじみ?の会社のミュージアムです。


アニキが気に入って、ハリーポッターの誕生日ケーキ前で撮影しました。


アニキは、写真となると、妙にかしこまったり、変におどけたりして、なかなかうまく撮れませんね。


今夜は、我家にお客を呼びます。

ご馳走にしたいところですが、出来る料理がそんなに無いので、メニューは、お好み焼きとたこ焼きです。


しかし今日は、手がかじかんでしばれるし、雪が降り続いていて、外に出るのがおっくうですね。


あれ?「おっくう」って、標準語かな?

2

きょうは、まだ暗いうちに起き出して、夜明けに、家を出ました。


イブキ君、春まで住んでいた留萌の友達に誘われて、一人で遊びに行くことになりました。

イブキは、数日前から、もうワクワクとドキドキで、ニヤニヤしたり、神妙になったりしていました。


昨夜も、「ドキドキして眠れない!!」

と言いながら、かなり遅くまで起きてたかな。


3

見よ!この緊張とワクワクの入り混じった表情を!


最近、なにか物騒な事件も起きていて、6歳のアニキ一人で出すのは、かなり不安な部分もあるけれど、下校途中でさらわれるのなら、どこにいても同じかなという気もします。


かわいい子には旅をさせろと言うし、なにより、本人が行きたがっているし、思い切って、出すことにしました。


1


最寄の駅まで、送ってきました。

ここから、30分ぐらいで札幌に出て、そこからバスで2時間半~3時間ぐらいだったかな?


無事、行けるかな?

頑張れよ、イブキ!


行ってらっしゃい!


-----------------------------

追記


雪のため、バスは大幅に遅れたようですが、無事着いたと連絡がありました。

とりあえず、ひと安心です。


なんか、すでに寂しい気がするなあ。

平日だって、こんな時間会ってないから、何にもかわらないんだけど、夜になっても帰ってこないというだけで、なんかちょっと寂しい気がします。


いつか、こうして巣立って行ってしまうんだなあ。

私も練習しておかなければ。

せめて、心構えだけはしておこう。


先方との話で、明日、迎えに行きます。

ひさびさの、雪道長距離ドライブだなあ。

この時期は、良く滑るから、緊張するなあ。

でも、ちょっと楽しみ。

最近、平井堅「歌バカ」2CD+DVDを買いました。

DVDには、なんとシングル全部23曲も入っています。
あれだけ入ってると、CDをかけないですね。


1曲目プレシャスジャンクは、当時、「王様のレストラン」と言うドラマのテーマソングで、恋人だった今の奥様が、「面白い!」と言うので、一生懸命見てました。


槇原敬之みたいな歌声の人がテーマを歌っていて、槇原敬之がいなくなっても、代わりが出来たと喜んだものです。


オリジナル編集のテープにも吹き込んで、帯広などへケーキを食べに行く途中の峠などでも、「見失わないように応援しないとね」などと話していたものです。

そんなこんなで、いろいろと思い出深い曲でした。


ところが、奥様に、このCDジャケット見せながら、
「この曲、懐かしいね」って言ったら、
「こんな曲知らない」と言われました。

思わず・・・・数秒開いた口が閉まらなくなりました。


あれ?別な子だったか!?

と、あせって冷や汗たらした訳ではないですよ。
単純にあきれただけです。


それならと、ドラマの話をすると、
「ああ、あのドラマね。ドラマは見てたけど、歌まで聞いてないわ」
と、あっさり切られました。


それはないだろう?
あれだけ毎日ドライブして、60分ぐらいのテープだもの、何十回転したかわからないよ?


さすがに、曲を聞けば思い出すだろうと思いましたが、
「覚えてない」
そうです。


私としては、思い出深い曲だったんだけどな・・・