くまのブログ

ギルの話す言葉を知りたい…そんなブログです。


テーマ:

昨日12/7からパンドラ公開で、ニュースがあふれるギルさんですが、ギルストーリー代表としての地道な活動をお知らせくださった嬉しい記事、ななさんからリブログさせていただきました。

ななさん、いつもありがとうございます。

 

そして、以下、キム代表としての記事を、遅ればせながら^^

 

 

[インタビュー]キム・ナムギル "俳優として持つようになった影響力、良いので使いたい」②

http://enews24.tving.com/news/article.asp?nsID=1136379

 

enews24キム・ジヨン記者

 

俳優キム・ナムギルが演技して持つようにされた影響力を良いので使いたいと作品以外の活動をすることになった理由を打ち明けた。

キム・ナムギルを(は?)最近、記者と行ったインタビューで、「演技をして持つようになった影響力を、よいものなので使いたいという気がした」とし、ヨーロッパ短編映画祭の共同組織委員長、文化芸術NGO「ギルストーリー」の代表として活動することになった理由を明らかにした。

 

キム・ナムギルは「自分自身を振り返って誰かに傷つけられ、また、時には(傷を)与えながら生きているという気がした。だから、成熟した人になろうと決心した」とし「基本的に皆等しく豊かに暮らす社会を作るには、配慮と尊重を持って接しなければならない」と話し始めた。

続いてキム・ナムギルは「このようなマインドを持ってみると、私ができることで良いことをしようという気がした。最終的に私がやり方を知っているのは演技だったよ。だから、文化芸術が貧困を救済することはできないが慰めてさしあげることはできるという考えで、ヨーロッパ短編映画祭などに関するいくつかの仕事をしている」と明らかにした。

キム・ナムギルは「私もスタッフとして始めて、大小の役を演じて成長した。長い間続けるのが堅実だという気がする」とし「私のように演技をしたい方に長く耐えることができる力や希望を与えたい」と願いを明らかにした。

一方、キム・ナムギルが主演した映画「パンドラ」は、歴代最大規模の大地震に続いて韓半島を脅かす原発事故まで、予告なしに訪れた大韓民国初の災害の中で最悪の事態を防ぐための普通の人の死闘を描いた作品である。劇中キム・ナムギルは田舎の村ウォルチョンリの発電所の従業員であり、平凡な青年ジェヒョクとして身近で純朴な姿で飾らない演技を見せてくれた。開封は7日である。

写真提供= NEW 

キム・ジヨン記者butthegirl@enews24.net

 

 

 

 

そして、日付は遡りますが、、、

ギルストーリーさんのFBに12/1付でご紹介のあったインタビューです。

 

12月が始まる今日、

嬉しいニュースで朝を始めます!

私たちが探す道、その道を歩きながら

この道で出会った人々と長く長く

優しい心を分かち合うことができますようにと願います~

ギルストーリーの‘道の話:道を読む男、キム・ナムギル’

文化芸術キャンペーンはこれからも続きます~

 

とのコメントと共に…

 

 

路地・城郭の道... 140話で解いて読んでくれる俳優

http://news.joins.com/article/20949242

 

記者 グォンヒョクジェ記者

 

NGO「ギルストーリー」の代表キム・ナムギル

 

【ギルさんの写真】年相応でw素敵です^^

「道を読んでくれる男」俳優キム・ナムギルさん。「道ストーリー」の活動について、「小さくても大きな動き」とした。「芸術が貧困を救済することはできませんが、慰めることはできる」という意味からだ。 [写真グォンヒョクジェ写真専門記者]

 

「私が上手にできる事で他人を助ける方法が何なのか悩んで始めたことです。演技してコンテンツを作成しながら、人々に日常の小さな余裕と慰労を伝えたいと思います。」

 

文化芸術家100人余りと一緒に
動画、音声ガイド作成
「日常の余裕と慰労伝えたい"

 

俳優キム・ナムギル(36)氏は、文化芸術NGO「ギルストーリー」の代表だ。2012年ソーシャルブランドで始めて、2013年ホームページ(gil-story.com)を開いた、昨年2月にソウル市の非営利民間団体として登録した。彼は写真家・音楽監督・画家・翻訳家など100人余りの文化芸術の専門家と一緒に"せちがらい社会に住んでいる人々の心の中で忘れていた暖かさを引き出すこと」を図る。ソウルの路地と漢陽都城城郭道を紹介する動画や音声ガイドなどを製作してホームページにのせる「道の話:道を読んでくれる男」プロジェクトが主な事業である。今まで140以上のコンテンツを作った。ほとんど彼が出演したり、ナレーションをした。

彼はNGOまで作って本格的な公益活動を広げることになったきっかけは、偶然に訪れてきた。

“2010年1月ドラマ「善徳女王」でピダム役で出演した直後インドネシア災害救援現場を訪ねていった。地震の被害を受け、生活の基盤が崩れてしまったところでした。そこでボランティア活動をするために、放送用カメラが継続撮影をしました。見せてやる式イベントであるようで気まずい思いがしたんです。演技するという感じがして担当PDと葛藤を起こしたりもしました。しかし、放送後、募金がたくさんされているのを見て、俳優の影響力についてもう一度考えて見るようになりました。”

彼が注目した俳優の影響力は、「他の人の参加をもたらすことができる」という点だった。「私の仕事でできる範囲内で良いこと、分かち合うことができることをしてみよう」と心に決めた。インドネシアボランティア活動を一緒にした広報専門家のキム・ユンギョンさんが「ギルストーリー」副代表として参加し、ムン・イロ作曲家、イ・ソンス画家、イ・ヒョンヨルコピーライター、ジ・ウンソク映像監督、チェ・ソンムン放送作家、イ・インボク広告プロデューサーなどがボランティアとして名乗り出た。また、ユ・ジンリョン前文化体育観光部長官、ギム・オギョン前浦項(ポハン)支庁長などが諮問委員として参加している。彼は「他人を助ける仕事をしたかった人が多いのにびっくりした。まだ世の中が暗くはないなと感じた」と述べた。

 

[「ギルストーリー」のホームページ]   * 写真お借りしました。

 

「ギルストーリー」の活動は、数値や統計で、その成果を測定することは困難な仕事がほとんどである。募金活動は、2013年フィリピンの台風被害の被災者支援寄付で集めた3500万ウォンと最近、「私たちが作る文化遺産、漢陽都城」クラウドファンディングで1900万ウォン余りを集めたのが全てだ。残りはすべてキム代表とボランティアたちが直接文化芸術コンテンツを作成する活動である。「道の話:道を読んでくれる男」だけでなく、各ボランティアが作成ホームページに掲載したコンテンツが700件に上る。月平均3万2000人余りが「ギルストーリー」のホームページを訪れている。


「ギルストーリー」のコンテンツが目指す価値は「みんな一緒に豊かに暮らす暖かい世界」である。「傷ついた人々 、怒りのたくさん出ている人たちにつまらない「ヒーリング」を与えようというのではなく、彼らから暖かさを引き出したい」ということだ。彼は「そのような情緒を途方もなく誇張したり、強圧的に強制することなく、自然に込めようと思う」とし「ホームページに載せた映像を見て慰められたという人々のeメールを受信したときは本当に胸がいっぱいだ」と述べた。「ギルストーリー」の運営費を充てる仕事はほとんど彼の持ち分である。オフィスもなく運営しているが、コンテンツ制作費が少なくない。「今までに3億5000万ウォンが掛かった」と述べた。

彼は来る7日に公開する災害映画「パンドラ」で主人公ジェヒョク役を引き受けた。国内初の原発事故を題材にした映画だ。また、映画「ある日」と「殺人者の記憶法」なども撮影を終えて公開を待っている。彼は「「ギルストーリー」の活動をして自分の成熟ということを感じる。スター、このようなものを離れ、俳優として最善を尽くすことができるということに感謝している」とし「多くの人が「パンドラ」を見てくださったらいいと思う」という言葉も付け加えた。

文=イ・ジヨン記者jylee@joongang.co.kr
写真=グォンヒョクジェ写真専門記者

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「Gilstory」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。