沖縄拳法 三重稽古会

山城美智師範率いる、沖縄拳法空手道 沖拳会。その沖縄拳法の三重稽古会ブログ。毎週水曜日(18:00~21:00)が稽古日時、津市某所でやってます。見学、体験、歓迎。必ず事前にご連絡ください。
hiromichi.ohno1@facebook.com
大野裕廸(おおの ひろみち)


テーマ:
毎週水曜日の定例稽古は、西村さんとマンツーマンか、私一人のこともありますので、武器(棒、サイ)の稽古が増えてます。

武器を練習すると、沢山のことが学べます。

まず、余分な力を抜けます。

武器は重い物を軽く扱うことが重要ですが、そのためには体幹と指の先の両端が効率よく使えなければダメなようです。武器稽古をやって、肩や腕の筋肉が疲れるようでは、どうしても先生のような流れるような動きには近づけません。

動きの源は重心移動。

そのための体幹からの動き、それを伝えるための指先や拳先の正確な動き。

次に、間合いが学べます。

素手同士の組手だと、まあ、一二発もらっても、的な甘えが出るのか割と無頓着に相手前に立ちますが。武器同士の組手では、突かれたら終わり、斬られたら終わり、刺されたら終わり。なので、ギリギリの間合いと、有利な立ち位置の取り合いっこになります。これは、そのまま素手同士の闘いにも言えることなので、武器稽古を真剣にした後に素手組手をすると、ずいぶんと『見えて』来るようになります。まぁ、気のせいかもしれないので、また今度先生がいらした時にその辺りを確かめて見ますが。

あとは、姿勢の大事に気づく。

棒でもサイでも、それなりに重いです。その重さを軽々と支え、素早いスピードで動かし、自分も自在に動く。それを可能にするのは、一番最初に習った「ナイハンチ立ち」「セイサン立ち」です。
この前稽古でも、西村さんが棒の分解型が上手くできないので、つま先の向きを基本通りにするように指摘しました。そしたら、動きも一変しましたが、本人、何かが腑に落ちたらしくとても感心していました。素手の突きも、起こりがなくなり、威力が上がりました。

「でもこれ、貴方が最初の最初、見学に来た時に教えた内容だよ(笑)」

と言って笑い合いました。まぁ沖拳アルアルなんですけど(笑)。

型や稽古の本当の意味が、何年も経ってやっとわかるぐらい多層で裾野が広い。まだまだ山城先生から目が離せません。
{9423AFA1-F2A6-4FD9-919C-D5BE54847775}


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。