あななの隠れた宝石を発掘し、磨き上げます

審美眼カードカウンセラー 西村きょうこです

【新宿・町田】を拠点に、ヒプノセラピー、心理カウンセリング、心理サイ(PSY)カードや手相によるリーディングセラピーなどを用いて、クライアントさまの現状~未来の夢・希望・願いを実現へと導くため、オーダーメイドで創り上げたセッションを行っています。

遠方のみなさまには、スカイプやお電話でのセッションも行っています。

恋愛、結婚、仕事、人間関係、お金など、さまざまなご相談をうかがってきました。

ご自分の内なる宝石を発掘し、キラキラに輝かせた人生をおくりたい皆様の、サポートをさせていただいております。


心理セラピー・カウンセリングの料金と場所のご案内

◆お問い合わせ・セッションのお申し込みは、下記メールアドレスまでお願いいたします。


通常48時間以内でのお返事をさせていただいております。

まれに、ガラケーからのメールの場合、こちらのgmailからのメールが不着となる場合がございます。

PCからのメールが受信できる設定にて、よろしくお願いいたします。


★セッション料金・・・60分 9000円  (10分延長毎 1500円)


セッションの内容は、最初にクライアントさまのお話をじっくり聞かせていただいた上で、
ヒプノセラピー(催眠療法)、心理カウンセリング、心理サイ(PSY)カードや手相をみてのリーディングセラピー、ヒーリングなど、
クライアントさまの状況と必要に合わせて、一回ごとにオーダーメイドで組み合わせた内容となります。


 ◆セッションの流れ


 ⚫︎恋愛のお悩みの場合の一例


Step 1 : まずはクライアントさまの今のお気持ち、状況など、ゆっくりじっくりと、お話をうかがいます。

恋愛では特に、感情でいっぱいになってしまって「冷静に客観的に自分を知る」ことがむずかしくなりがちです。


Step 2 : そこで、自分の持って生まれた気質や、大まかな青写真としての運命の流れをつかむため、まずは「手相リーディング」をいたします。
 
ただし、手相では自分のことは分かっても、相手の気持ちなど、自分以外の他者のことは見えません。
心理サイ(PSY)カードを使って、相手のお気持ちや、これから恋愛をうまく運ぶための【潜在意識レベルからのメッセージ】を読み取っていきます。

手相やカードによるリーディングは、多くの場合「占い」として「当たる、当たらない」でとらえられるものです。

しかし私の場合には、これらのリーディングを、占いとしてではなく、

あくまで「潜在意識レベルから深く自分を知り、相手を知り、運命の大きな流れを知り、

自分の人生をよりよく運ぶためのセラピーツール
」として用いています。


Step 3 : リーディングで自分や相手の深い意識を読み取っても、

それをしっかりと「自分の中に落とし込み」さらには

ではこれから、どのような心持ちでどう振る舞い、

どう生きればものごとがうまく運んでいくのか
」までは踏み込めません。

そこでヒプノセラピー(催眠療法)やヒーリングを用いて、「心と体の最も深い部分への落とし込み」を行って行きます。

この部分では、音、色、触覚、気持ち、など「イメージ」を引き出しながら、凝り固まった心と体をゆるめ、ほぐし、「自然体で幸せをつかみやすい」ご自身へと変容させていきます。

通常60分の中でここまですることで、例えば恋愛のお悩みの場合であれば
その恋が、クライアントさまご自身にとって、本当に幸せな方向へと導くことができると考えています

(10分毎 1500円でのお時間延長も可能です。)


◆セッションの場所

①渋谷区代々木2-23-1 ニューステイトメナー内(新宿駅徒歩6分マンションのレンタルルーム)

②町田駅徒歩3分のマンションの一室

①②ともに場所の詳細はご予約後にご連絡いたします。

=====


上記の一例以外でも、お仕事、夫婦関係、家族関係、結婚、人間関係、お金、健康など

多くのお悩み、先の不安、心の葛藤などのご相談をうかがってきております。

どんなこともお一人で抱え込まず、心をほぐして気持ちを軽くすることで

必ず次のステップが見えてきます。


クライアントさまの自然体で幸せな未来を、いつも願っております。
AD


あななの隠れた宝石を発掘し、磨き上げます

審美眼カードカウンセラー 西村きょうこです


昨年の5月にNHKで、作家の村山由佳さんご本人と

彼女の自伝的小説「放蕩記」についての番組をみました。



彼女の語る「母娘の関係性」と

彼女のこれまでの恋愛や結婚、離婚のパターンが

私とあまりにも似通っていて

ちょっと怖いぐらいでした。

NHKのページから・・・



=====



直木賞作家・村山由佳(50歳)の自伝的小説「放蕩記」は、

幼いときからの凄まじいまでの母との葛藤の物語です。

村山は語る。

「母は自己顕示欲が強い“劇場型”の人だった。

不幸にしてその自己表現の場は子育てにしかなかった。

だから私を自分と同化し、

自分ができなかったことをやらせようとした。

私は母の作品だった」

母親は村山に文章表現を手ほどきし、

規範と事の正邪を示した。

村山の行動と心理は母によって承認され、

よい娘を演じようとする村山は、

その抑圧と呪縛の中で育った。

どうしても愛せなかったその母が認知症になって、

もう娘の作品を読めなくなったとき、

村山は「放蕩記」を著す。

母を愛せないのは私の罪なのか?

「放蕩記」を読みながら、

村山の半生を辿りながら、

認知症の母と娘との愛と憎、

その関係がどのように変容しているのか、

じっくりと話を聞きます。

=====



村山由佳さんのこれまでの人生

本当に私の人生とそっくりです。

男性との恋愛、結婚、離婚にいたるまで。。。

つまり彼女もまた私と同じ

アダルトチルドレン→モラハラダメ男ハマり→自爆

のパターンを踏んでいるということですね。




村山さんは2014年、9歳年下の元旦那さんと離婚したそうで

理由は、夫が浮気、借金を繰り返し

村山さんがいくら稼いでも夫の借金返済に消えていき

ついに彼女のほうが爆発して離婚したのだそう。

このパターンも、私の場合と全く同じ。


=====



整理してみましょう。


アダルトチルドレンは産まれた瞬間から

・親が極度に(無意識に)支配的
・なぜなら親が自分の人生で、自己実現出来ていないから、その不全感を子供で埋め合わそうと(無意識に)しているから
・いわば親による子どもの人生・人間性の乗っ取り(ゾンビ)

・子供というのは皆、「親に愛されたい、受け入れられたい、親を笑顔にさせられる自分でありたい」と自然に思うもの。
・なぜなら子供というのは非常に弱い存在で、成人するまでは親元で養ってもらうしか生きる術がないから
・いわば、子供は家庭内の絶対的弱者(親は絶対的強者)


・上記の親と子の関係性の中で、子供は24時間常に「親の顔色を伺い、親の機嫌を損ねない」ことに異様に神経を使い、神経をすり減らし、疲弊しつつ大人になる
・結果「自分が今、どう感じているか」「どうしたいか」などが分からなくなり、自分を失う(ゾンビに生き血を吸い取られている状態)
・親による(無意識の)支配・管理は凄まじく、子供は(無意識レベルで)常に「監視されている」感覚の中で生きる



・この状態で大人になると、恋愛・パートナーシップにおいても、この親子関係をそっくりそのまま投影する
・すなわちアダルトチルドレンの妻(女性)は、夫(男性)の顔色を常に伺い、夫(彼)の機嫌を損ねない」ことに異様に神経を使い、神経をすり減らし、疲弊しながら時を過ごしていく
・夫(彼)の側は、そのような状態に甘え、どんどんダメ人間度を上げていく
・夫(彼)がダメ人間であればあるほど、妻(女性)側は「私がこの人をどうにかしてあげなくちゃ。私なら出来る。私にしか出来ない。」という、【自分の人生を生きるのではなく】【相手(元々は親)の人生を生きようとしてしまう】という、アダルトチルドレン特有の感情を発動し、どんどん負のループにハマる


・このような関係性を「共依存」と呼ぶ


・最終的には妻(女性)の側が、その負荷に耐え切れなくなり、自分から関係性を終わらせる(離婚や別れ)で終わる。


=====


以上です。

このパターン、私や村山さんだけでなく

多くの女性に当てはまると思います。


このパターンから脱するためにすること。


ファーストステップ
・自分の中での「親(ゾンビ)の断ち切り」を行う

(←これは、幼少期からの非常に強い刷り込みからの離脱なので、自分でするのはかなり難しいです。私も多くの先輩セラピストさん、カウンセラーさん達に(当然、きちんと料金を支払って)セッションをしていただいた上で、自分自身、長年かけて心のことを学び、ようやくここ数年で離脱出来てきた感じです。ここはプロの手を借りたほうが早いし的確です。ご自分に合った専門家をお探し下さい。)



セカンドステップ
・その上で「自分の本音の感情」例えば


★本当はすごく寂しいの。
★本当は独りが怖いの。
★本当はものすごく怒りが湧いているの。
★今、すごく悲しい気持ちなの。
★あなたに愛されたい、愛して欲しいの。
★私のありのまま、全部このままで受けとめて欲しいの。


★今、すごく楽しい。
★あなたがコレをしてくれて、とても嬉しい。
★もっとこうしてくれたら、もっと嬉しい。
★私いま、とっても幸せ。
★いつも私のこと大切にしてくれて、ありがとう。本当に感謝してる。


などを、まずはちゃんと「自分に」


そして次のステップでは「相手に」、言葉に出して伝えること。



怖くても!
ちゃんと言葉で「自分の本音の感情」を伝える!


別のことで誤魔化さない!!
被害者意識は捨てる!!!
自分で自分をご機嫌に出来る自分になる(←本当の意味の自立。共依存体質からの離脱)!!!!



だいたいこんな感じです。


これが出来るようになると、人生が一変します。

それまでいかに自分の人生が(自分の無意識下の内面世界において)

ゾンビに生き血を吸われ続け、人生を乗っ取られ続けていたかに気付けます。

そしてやっと、自分の人生を自分で生きられるようになります。

そうすると、恋愛・結婚生活・仕事・お金関係など

全ての現実も好転し始めます。



難しいのはファーストステップだけ。

あとはスイスイです。



私が自分で人体実験済みですから、間違いありません。




★西村のセッションにご興味おありの方は、こちらよりどうぞ。








{A731189E-7798-4175-8CFA-F28B5A8F7DA5:01}


AD

坂道萌えな私



あななの隠れた宝石を発掘し、磨き上げます

審美眼カードカウンセラー 西村きょうこです







タモさん、キンシオさんと同じく

私も「古地図、坂道、すり鉢状の場所、区と区や県と県の境界線、元川」などに萌えます。


このクネクネ坂道は、かなり最高の部類。


東京の渋谷にある坂道です。
桜が終わると次は新緑の美しい季節になりますね。

美しい日本の四季に感謝です。


{BBBD9E2A-7505-41A1-AF2E-1C9FD35B037A:01}

{21E8D120-E336-42B1-8F97-35B0C07D4759:01}



AD


あななの隠れた宝石を発掘し、磨き上げます

審美眼カードカウンセラー 西村きょうこです


今日の記事は、ホリエモンが大学の卒業式で

学生たちに語ったメッセージからの抜粋です。


平成26年度近畿大学卒業式
堀江貴文氏メッセージより


「・・・・・

僕がなぜ、これまでいっぱい失敗し

多くの人にも裏切られ

それでも今なお色々なことにチャレンジし

楽しく生きられているか。それは



を生きてるからです

今に集中して生きてるからです。


未来のことを考えてもしょうがない。

だって5年先ですら、なにがどうなっているかなんてわからないでしょう?

僕もわかりません。

そして過去を振り返っている暇もありません。

何か失敗したら、その日一日『何が失敗の原因だったか、そして2度同じ失敗をしまい』と決めて

翌日には酒でも飲んで忘れてください。

・・・・・

今、この瞬間の目の前のことに集中し

今を生きてください。

・・・・・

それが僕からのメッセージです。」




ホリエモンがこんないいこと言う人だったなんて、初めて知りました(←ホリエモンさん、ごめんなさい)。


日々、自分の目の前の一つ一つに

誠実に、かつ集中して取り組む。

それに尽きると私も思います。

その数珠繋ぎ、連続が

良い人生、充実した人生であると

地味で地道ですが、まさにその通りだと思います。



{C2B115AD-01EE-428D-8CB7-C856B64FE40E:01}