あななの隠れた宝石を発掘し、磨き上げます

審美眼カードカウンセラー 西村きょうこです


昨年の5月にNHKで、作家の村山由佳さんご本人と

彼女の自伝的小説「放蕩記」についての番組をみました。



彼女の語る「母娘の関係性」と

彼女のこれまでの恋愛や結婚、離婚のパターンが

私とあまりにも似通っていて

ちょっと怖いぐらいでした。

NHKのページから・・・



=====



直木賞作家・村山由佳(50歳)の自伝的小説「放蕩記」は、

幼いときからの凄まじいまでの母との葛藤の物語です。

村山は語る。

「母は自己顕示欲が強い“劇場型”の人だった。

不幸にしてその自己表現の場は子育てにしかなかった。

だから私を自分と同化し、

自分ができなかったことをやらせようとした。

私は母の作品だった」

母親は村山に文章表現を手ほどきし、

規範と事の正邪を示した。

村山の行動と心理は母によって承認され、

よい娘を演じようとする村山は、

その抑圧と呪縛の中で育った。

どうしても愛せなかったその母が認知症になって、

もう娘の作品を読めなくなったとき、

村山は「放蕩記」を著す。

母を愛せないのは私の罪なのか?

「放蕩記」を読みながら、

村山の半生を辿りながら、

認知症の母と娘との愛と憎、

その関係がどのように変容しているのか、

じっくりと話を聞きます。

=====



村山由佳さんのこれまでの人生

本当に私の人生とそっくりです。

男性との恋愛、結婚、離婚にいたるまで。。。

つまり彼女もまた私と同じ

アダルトチルドレン→モラハラダメ男ハマり→自爆

のパターンを踏んでいるということですね。




村山さんは2014年、9歳年下の元旦那さんと離婚したそうで

理由は、夫が浮気、借金を繰り返し

村山さんがいくら稼いでも夫の借金返済に消えていき

ついに彼女のほうが爆発して離婚したのだそう。

このパターンも、私の場合と全く同じ。


=====



整理してみましょう。


アダルトチルドレンは産まれた瞬間から

・親が極度に(無意識に)支配的
・なぜなら親が自分の人生で、自己実現出来ていないから、その不全感を子供で埋め合わそうと(無意識に)しているから
・いわば親による子どもの人生・人間性の乗っ取り(ゾンビ)

・子供というのは皆、「親に愛されたい、受け入れられたい、親を笑顔にさせられる自分でありたい」と自然に思うもの。
・なぜなら子供というのは非常に弱い存在で、成人するまでは親元で養ってもらうしか生きる術がないから
・いわば、子供は家庭内の絶対的弱者(親は絶対的強者)


・上記の親と子の関係性の中で、子供は24時間常に「親の顔色を伺い、親の機嫌を損ねない」ことに異様に神経を使い、神経をすり減らし、疲弊しつつ大人になる
・結果「自分が今、どう感じているか」「どうしたいか」などが分からなくなり、自分を失う(ゾンビに生き血を吸い取られている状態)
・親による(無意識の)支配・管理は凄まじく、子供は(無意識レベルで)常に「監視されている」感覚の中で生きる



・この状態で大人になると、恋愛・パートナーシップにおいても、この親子関係をそっくりそのまま投影する
・すなわちアダルトチルドレンの妻(女性)は、夫(男性)の顔色を常に伺い、夫(彼)の機嫌を損ねない」ことに異様に神経を使い、神経をすり減らし、疲弊しながら時を過ごしていく
・夫(彼)の側は、そのような状態に甘え、どんどんダメ人間度を上げていく
・夫(彼)がダメ人間であればあるほど、妻(女性)側は「私がこの人をどうにかしてあげなくちゃ。私なら出来る。私にしか出来ない。」という、【自分の人生を生きるのではなく】【相手(元々は親)の人生を生きようとしてしまう】という、アダルトチルドレン特有の感情を発動し、どんどん負のループにハマる


・このような関係性を「共依存」と呼ぶ


・最終的には妻(女性)の側が、その負荷に耐え切れなくなり、自分から関係性を終わらせる(離婚や別れ)で終わる。


=====


以上です。

このパターン、私や村山さんだけでなく

多くの女性に当てはまると思います。


このパターンから脱するためにすること。


ファーストステップ
・自分の中での「親(ゾンビ)の断ち切り」を行う

(←これは、幼少期からの非常に強い刷り込みからの離脱なので、自分でするのはかなり難しいです。私も多くの先輩セラピストさん、カウンセラーさん達に(当然、きちんと料金を支払って)セッションをしていただいた上で、自分自身、長年かけて心のことを学び、ようやくここ数年で離脱出来てきた感じです。ここはプロの手を借りたほうが早いし的確です。ご自分に合った専門家をお探し下さい。)



セカンドステップ
・その上で「自分の本音の感情」例えば


★本当はすごく寂しいの。
★本当は独りが怖いの。
★本当はものすごく怒りが湧いているの。
★今、すごく悲しい気持ちなの。
★あなたに愛されたい、愛して欲しいの。
★私のありのまま、全部このままで受けとめて欲しいの。


★今、すごく楽しい。
★あなたがコレをしてくれて、とても嬉しい。
★もっとこうしてくれたら、もっと嬉しい。
★私いま、とっても幸せ。
★いつも私のこと大切にしてくれて、ありがとう。本当に感謝してる。


などを、まずはちゃんと「自分に」


そして次のステップでは「相手に」、言葉に出して伝えること。



怖くても!
ちゃんと言葉で「自分の本音の感情」を伝える!


別のことで誤魔化さない!!
被害者意識は捨てる!!!
自分で自分をご機嫌に出来る自分になる(←本当の意味の自立。共依存体質からの離脱)!!!!



だいたいこんな感じです。


これが出来るようになると、人生が一変します。

それまでいかに自分の人生が(自分の無意識下の内面世界において)

ゾンビに生き血を吸われ続け、人生を乗っ取られ続けていたかに気付けます。

そしてやっと、自分の人生を自分で生きられるようになります。

そうすると、恋愛・結婚生活・仕事・お金関係など

全ての現実も好転し始めます。



難しいのはファーストステップだけ。

あとはスイスイです。



私が自分で人体実験済みですから、間違いありません。




★西村のセッションにご興味おありの方は、こちらよりどうぞ。








{A731189E-7798-4175-8CFA-F28B5A8F7DA5:01}


AD

坂道萌えな私



あななの隠れた宝石を発掘し、磨き上げます

審美眼カードカウンセラー 西村きょうこです







タモさん、キンシオさんと同じく

私も「古地図、坂道、すり鉢状の場所、区と区や県と県の境界線、元川」などに萌えます。


このクネクネ坂道は、かなり最高の部類。


東京の渋谷にある坂道です。
桜が終わると次は新緑の美しい季節になりますね。

美しい日本の四季に感謝です。


{BBBD9E2A-7505-41A1-AF2E-1C9FD35B037A:01}

{21E8D120-E336-42B1-8F97-35B0C07D4759:01}



AD

桜坂



あななの隠れた宝石を発掘し、磨き上げます

審美眼カードカウンセラー 西村きょうこです





桜が満開で美しいですね

坂道、四つ角、桜、空

私が好きなものが全て揃った場所に遭遇。

夕暮れ時と、昼間の青空。

定点観測的に2枚の写真を撮ってみました。


{DD558EE9-D8B4-4EF9-82AB-C5632205A956:01}

{A2611B51-3C24-449E-A585-C5AAB23FDB7F:01}


AD


あななの隠れた宝石を発掘し、磨き上げます

審美眼カードカウンセラー 西村きょうこです


今日の記事は、ホリエモンが大学の卒業式で

学生たちに語ったメッセージからの抜粋です。


平成26年度近畿大学卒業式
堀江貴文氏メッセージより


「・・・・・

僕がなぜ、これまでいっぱい失敗し

多くの人にも裏切られ

それでも今なお色々なことにチャレンジし

楽しく生きられているか。それは



を生きてるからです

今に集中して生きてるからです。


未来のことを考えてもしょうがない。

だって5年先ですら、なにがどうなっているかなんてわからないでしょう?

僕もわかりません。

そして過去を振り返っている暇もありません。

何か失敗したら、その日一日『何が失敗の原因だったか、そして2度同じ失敗をしまい』と決めて

翌日には酒でも飲んで忘れてください。

・・・・・

今、この瞬間の目の前のことに集中し

今を生きてください。

・・・・・

それが僕からのメッセージです。」




ホリエモンがこんないいこと言う人だったなんて、初めて知りました(←ホリエモンさん、ごめんなさい)。


日々、自分の目の前の一つ一つに

誠実に、かつ集中して取り組む。

それに尽きると私も思います。

その数珠繋ぎ、連続が

良い人生、充実した人生であると

地味で地道ですが、まさにその通りだと思います。



{C2B115AD-01EE-428D-8CB7-C856B64FE40E:01}






あななの隠れた宝石を発掘し、磨き上げます

審美眼カードカウンセラー 西村きょうこです




本日の記事は私が落ち込んでいる時に

勇気と元気をくれる曲

story

です。 


EXILE. ATSUSHI & AI ライブバージョン






「説明する言葉も

ムリして笑うコトもしなくていいから

何かあるなら いつでも頼ってほしい

疲れた時は 肩をかすから

どんなに強がっても

ため息くらいする時もある

孤独じゃ重い扉も

共に立ち上がればまた動き始める」







一人じゃないから・・・


って、ほんとにそうだなって思います。

私たちにはきっと誰か  

近くで、遠くで

見守り支えてくれている誰かがいるんです。

一番しんどくて辛い時

その「誰か」を思い出してほしいと思います 。

孤独では重い扉も

その「誰か」が愛をもって見守ってくれているんだって気付けたら

きっと開くことができると思うから。



{DFBD7A56-DD16-46D8-BE63-4C8A6A3E8F82:01}