関西大学探検部ブログ

現役探検部の情報はこちら!
当探検部では新入部員を老若男女、時期を問わず募集しております。

NEW !
テーマ:

連投失礼しますさんだーばーどです。

 

今度は先日行ってきた活動の報告です。

 

夏に沢行きたいし色々経験しとかないとなぁと思い近畿の山日帰り沢登りの本を開いて探すこと5分

 

JRの駅近!徒歩20分!片道480円!のエエ物件を見つけました!

 

それが大峰山西ノ谷なんですね!

 

JR武田尾駅から歩いてトンネルを2つくぐり、広場みたいなところから登山道に入っていきます...

ここがまぁスタート地点みたいなところですね、今回は大峰山の山頂まで行ったら別ルートでここに戻ってくる周回コースですね~

 

画面中央にうっすらと見えますがここにも堤防が...土石流等を防ぐためには必要ですからね...仕方ないね...

 

今回も前回同様沢に入っては堤防を迂回しての繰り返しとなりました。

 

事前にネットで下調べしてみたものの年に1回程度しかレポートが上がってない程度には不人気な沢らしく、沢を歩けば顔面蜘蛛の巣まみれになる沢でした。

 

ここ最近雨が降ってなかったせいか水量は前回の金剛山と比べるとちょっと控えめ...

 

少ないなぁと嘆きつつ水辺に足を突っ込むとズボッと股まで沈み危うくスマホが水没しかけました...あぶねー...

 

写真で見る分にはわりと綺麗ではあるんですが、足を突っ込んでみると水中に土が舞い上がり汚くなってしまいます。

 

もう少し人が立ち入って、水量が多くなれば割と綺麗にはなるのかなぁ...と。

 

そして少し行くと大きな滝がありそれを巻いていく(写真撮り忘れました)

 

それをさらに越えていくと滑り台の様な地形が...ヌルヌル滑って危なかったので左の乾いたところを巻いていきました、降雨後だったら中々にいい景色がみられそうに思います。

 

写真に写るは春から入った新入生くんです、こういうのしたかったんですよ!と目を輝かせていたので合宿が楽しみです。

(大峰山山頂から下山辺りでバテバテになってたので体力面はもう少し頑張る必要がありますね...)

 

上の写真を越えた辺りから水量が減っていき、もうすぐ詰めなんやなぁと思っていると二股が出てきまして、歩きやすそうな右股を歩くことにしました。

 

そして歩いていくとやけにブンブンうるさいHIK○KIN...ではなくハエの大群が...

 

足元をチラチラ見回すと太いロープみたいなのが落ちてましてよく見るとヘビでしたね、

蜷局を巻いていたので全長は分かりかねますが、太さが自分の手首より一回り小さいくらいだったのでまぁまぁ大きいんじゃあないでしょうか。

 

ナンマンダブ、ナンマンダブと心で唱えながら、こいつを跨いで歩くべきか跨がないべきか悩みました。

 

跨ぐとハエの大群に突っ込まないといけないので迂回することにしました。

(まぁ右に数mそれるだけですが)

 

されど、悩む僕をよそに新入生くんは「こんなん余裕っすよ!」と王道を往く正面突破をしておりました。

 

そして稜線に向かって突き進んでいきます、地図を見る限りでは稜線の登山道に出て左に曲がれば、山頂に着くはずだったのですが...

 

稜線に着いたところ登山道らしきものが無い!松の木が生えており、歩くたびに突き刺そうとしてきます。

 

そして足元は枯れた松が所狭しと敷き詰めれており非常に滑りそうで怖い!

 

ひとまず腰を下ろして休憩として地図を読むことに、コンパスを見ると真逆に進めと指しており何から何まで間違えており「あ、これ遭難したんじゃねーの...」と不安になりました。

 

とりあえずコンパスの指示する方に歩いてみますと自然と道っぽくなってきて、

 

大峰山山頂につきました、大峰山山頂は周囲が木で囲われていて景色は特に見えませんでしたね。

 

まぁそのせいで不人気なんでしょう。

 

そこからは1時間ほど下っておしまいです、駅まで歩いて沢靴を履き替えておしまい!

(沢靴履くのはいいんだけど脱ぐとき恐ろしく脱げないので嫌い)

JR宝塚で阪急に乗り換えると大阪まで安く帰れるんですね...いやはや知りませんでした...

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先々週の日曜日に金剛山の妙見谷に行ってきましたさんだーばーどです。

 

年度末に完全燃焼してしまい、しばらく文を書く気が起きなかったのですが滝行のおかげか元気が出ました!

 

河内長野駅からバスに乗り金剛山登山口で降り、そこからバスの後を追うこと十数分...

 

車止めを目印に登山道に入る。(写真は撮るのを忘れました)

 

最初は広い登山道もどんどんと両側からの草木で道幅が狭くなっていき、手でどけつつ行かねば進めない程度に...

 

と思いきや突然道が開けて歩きやすくなります、そしてしばらく行って入渓

 

いや堤防あるんかいな...

 

右の方を無理くり登っていきます

 

この先もいくつか堤防があり、沢に入っては出てを繰り返しました。

 

そして歩いていくと大きな滝が...

 

この谷で一番落差のある滝は妙見の滝と言い、落差が15mほどあるそうです。

滝を見ると打たれたくなるのが少年の性分で打たれてきましたがやはり痛いですね...

 

まぁその分、気力やら何やら補充できたと信じたいものです... 

 

こんなもんまともに登ると間違いなく事故を起こすので素直に右から巻きました。

 

このあとは水量も少なっていき、ハチに追い掛け回されつつ山頂まで行きました。


沢とは打って変わって山頂にはたくさん人がいましたので、やはり金剛山は人気なのだなぁと思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さーて、ラストスパート!
今回もよっしーが書きまーす
二人でワイワイしながら進めてきた合宿もいよいよ最後です!
張り切って行きましょう!と思った矢先、またもやひたすら続く国道...ガーンガーン
幸い、雨は降ってなかったので前日ほど疲労感は無かったのですが...
やはり峠道の方が僕的には好きですね…チーンチーン

国道を3時間ほど歩き女鬼峠に到着。

この地図を見て長い旅だったと噛み締めます笑い泣き笑い泣き


ここの公園にお世話になりました笑




ここが有名な?女鬼峠の切り通しという所である。
普通に歩いてたら一瞬で2人で「え?」ってなりました...
距離短すぎん??!笑
女鬼峠結構期待してたんですけどねぇ~ショボーン
期待はずれ感が...笑
そこから、国道沿いに再び足を進めだした2人...
最後のラスト国道頑張ります!

新宮からこんなにも歩いてきたのかという達成感に満ちました笑い泣き笑い泣き笑い泣き






12/31だったせいか、博物館などは全て閉館してましたガーンガーン
でも、外宮と内宮付近は人で溢れてました
そこで、色々お土産を買い、合宿終了

家に帰って年越せましたニヤリニヤリニヤリ
以上で熊野古道徒歩合宿終了しました~!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この合宿を行ったのが年末で、正月とかテストとかあり手付かずでブログ書くのサボってたよっしーです。

さて、書き始めまーす!
・4日目
前日、市役所のおっちゃん達に5時に出発してほしいと言われたので、仕方がなく3:30に起床した1行(2名)
朝の準備を済ませ、いざ出発!という時にトイレに行きたくなり、結局出発が5時になってしまった...ニヤニヤニヤニヤ(生理現象は仕方ないてへぺろてへぺろ)
この合宿で思ったのはトイレが綺麗!ということですね笑
(水洗トイレ神✨でしたわ酔っ払い)

馬越し峠に向かって歩くこと20分ぐらいでこの目印があった。
70km歩いたという達成感と同時にあと100kmもあるのかという精神的にきつい一撃となったのであった...ゲローゲローゲロー

いくつか峠を越え、国道に出るとやたらと人懐っこい猫が...
ワッキーは「わー」とか言いながらもなんの抵抗も無く撫でてました口笛口笛





ツヅラト峠は自然が生い茂り、これが世界遺産か!とか思いながら歩いていると...

これは何?ただの崖じゃないの?とか思いながら、色んなところに名前を付けたいのね。とか思いながら登っていきましたニヤニヤニヤニヤ


ツヅラト峠は、標高があまり無いので舐めてかかったが、なかなかしんどいものを感じたゲッソリゲッソリ
でも景色は絶景!晴れてて良かった~

・5日目
この日は、天気は雨で2日目と同じで国道沿いをひたすら進むという感じで、写真を全然とってないんですよねぇ~
この日は滝原付近から三瀬坂峠を越えてJR川添駅付近の宮川の河川敷で活動を終えた。
宮川についた時は雨は上がっていたんですがね...
結構雨が嫌いになる一日となりました。
次回はついに、伊勢神宮に到着します!
長い合宿の終了です!
お楽しみに!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんちゃ、ワッキーです。

続き書いて行きます。
今日はいくつもの峠を越え尾鷲市まで行きます。

例のごとく朝日が出る前から行動開始。
大阪より南部だからと勝手に南国の気候をイメージしていましたが、普通に寒いです。
歩いている時は夏用長袖Tシャツにフリースで耐えれますが、休憩などで体を動かすのをやめた瞬間一気に凍える。そんな気温です。

{1ADE34BC-9632-4506-8FC2-5C7296F21DD2}
Googleフォトで保存してたら自動で加工してくてました。いい感じなので採用。(多分、三木峠からの眺望を撮った写真です)

{B02F4F08-2032-4C65-AEB2-EBA46A3C53A2}
寒いのに変わりはありませんが、天気は快晴です。それだけで会話が弾みます。
探検部の話題で何時間話したことか笑
何か元気が出てきました。どんどこ行こう爆笑

{0015736D-A800-4819-B2F5-A7BA0C6D2E2F}
峠を3つ越えると今合宿最高峰629mにもなる八鬼山に挑みます。いろんなサイトで「西国一の難所」と言われています。滝汗


{B3CB7568-0511-462C-BACE-7CD4319CB376}
岩についた苔がいい雰囲気出てますね〜

{C0A6670A-9FA0-4216-A958-3F2E54B3CE27}
山頂からの眺め。めっちゃきもちいい↑

{2E78A956-F62D-468B-9B52-AFFE00EB7D97}
山頂は桜の森広場になっています。気候がよかったらここでピクニックしたら絶対楽しい..

よっしーくんは他パーティの進捗を確認しています。

{659E550A-8E35-4F39-B443-24E147F8E7FB}
ちょっと日陰には雪が残っていました。

{CF759C86-26D5-4251-B800-5910C6E4C0CE}
下り道に変な箱があると思って覗いたら、旅人用のノートがあったので、書いておきました。
みかんも入っていましたが、腐ってそうなのでパスしました。

{626E4F7F-66FD-4322-8B39-B70DC1DB1637}
ようやく八鬼山を下り終え、三重南部の大都会尾鷲市に着きました。
もうヘトヘトっす笑い泣き

{EAF4E1B0-ECFB-4635-BB54-18C5DEAAC25D}
三木里(入山した場所)にはなかった看板が尾鷲市にはあった滝汗滝汗滝汗しかも最近..


こうして難所「八鬼山」を越えた二人ですが、新たなイベントが待っていました。

(つづく)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。