農業/飲食/食品マーケティング実行支援 久保 正英の戯言

農業・飲食・食品の売上を上げるお手伝い専門(食関連企業252社会員組織 (一社)エコ食品健究会 代表理事のブログ)

農業/飲食/食品マーケティング実行支援コンサルタント 久保 正英です。

売上を上げることだけに特化したコンサルタントです。


~社団からのお知らせ~

★水をコスト削減と利益改善のモノサシにウォーター・フットプリント実践塾  塾生募集中♪

★有事の食を考える炊き出しグランプリ vol.4に向けて始動中♪
★さいたま市CSRチャレンジ認証を全国へCSR導入塾 仲間を募集中♪

~事務所からのお知らせ~
★最新のお呼ばれ登壇情報はこちら

★最新のメディア掲載情報一覧はこちら
★公表可能な支援実績や過去の250人以上のセミナーや講演実績はこちら


テーマ:
食で
何かしらの社会的、地域的な課題解決に貢献したい!

そのような高い使命感を持ち

その「食品」や「メニュー」を売れるようにしたい方に、ストレートに

何をすべきか!をご案内したいと思います。

簡単に言いますと次の4つを実践していけば、
必ず道は拓けます♪

1 必然性があることを扱う

2 役割を明確に持たせる

3 楽しみや面白さを伝える

4 +α 記号化

それでは1つ1つ説明しますね。

1 必然性があることを扱う
なぜ、あなたが、あなたの会社が、その商品を扱うのか?

明確な理由が必然です。

誰が聞いても、納得してくれるだろうか?

そんな視点で、皆様が売れ行きを良くしたい自社や自店の商品やサービスを検討してみてください!

例えば、春菊。
→春菊が好物で、より美味しいものをつくりたい!って思うから

→この地域は鹿や猿の食害が多くて、でも春菊は食べないんですよ♪

このように、あなたが、あなたの会社が、その商品を取り扱う必然性を用意することが大切です!

ここで消費者が納得できないと、以下の論点が活きてきません。

2 役割を明確に持たせる

創業した1997年、専業主婦は921万世帯、共働きは949万世帯でした。しかし2016年には専業主婦は664万世帯に減り、逆に共働きは1129万世帯に増えました(労働政策研究・研修機構
)。

例えば、このような背景ならば、
→共働き世帯に役立つ

共働き世帯の暮らしや行動を研究し、どのような問題点や課題があるのかを知る必要があります。

例えば、家事が仕事の合間ってなことで、小まめに自炊が出来ないという背景があれば、小まめに自炊をストレス軽減で、可能な商品化が、喜ばれるかもしれません。

自炊を助ける簡便即食商品やサービスの視点ですね♪

→専業主婦に役立つ

例えば、家事にマンネリ化しているなら、家事から離れられたりするような
あるいは非日常の飲食空間の商品化が喜ばれるかもしれません。

脱マンネリ化の視点ですね♪

このような論点で、商品やサービスの検討や展開が可能になります。

3 楽しみや面白さを伝える
4 +α 記号化

こちらは、自著や本ブログの過去の記事で、何度も書いてますので、割愛させてくださいね♪

==まとめ==
1 2 3については、そんなこと、わかってる!って声が聞こえてきそうですが、

いえいえ
意外と、儲かってない方々のほとんどが、出来ていないのです(^^;

ですから、
わかっていても
今一度、やりきっていただくことが

大切!なのです。

4 は、自著か、わたしの論文か、セミナーか、ブログ検索で(笑)

==久保正英プロフィール== 

≪自然栽培のシンプル・べジ 代表≫

 サラダで美味しい自然栽培の春菊を中心とした季節の御野菜を食卓に届けています。  食の最大の社会課題である「生産と消費の分離」を解決するために、自らが模範となるべく精進しています。 

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫

 加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案(商品・販路等)と実行支援を直近3年で56社に実施。応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・大阪前田製菓・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、東海氷糖・パイン・カネフク製菓・三幸食品・尾崎食品・フクイ・富士屋あられ・カネタツーワン・ユニバース・ヤマザワ・平和堂・天満屋ストア・サミット・日生協・新潟ゆのたに等の支援実績を公表している。

 ≪主な著書≫

 「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ(同文舘出版)  

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)

 ≪主な委員歴≫

 『逗子市地域資源全国展開事業 委員(2016年~』 

『 農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』 

『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』

 ≪主な受賞歴≫

2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)

2014年  環境省 奨励賞(第3回カーボンオフセット大賞 社)エコ食品健究会)

2013年  中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

2012年 フード・アクション・ニッポン販売促進・消費促進部門 入賞(社)エコ食品健究会)

==経営におススメのブログ満載==

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

==飲食・食品経営に関する情報満載==

小売・飲食業 ブログランキングへ

 

==著書のご案内==

 

==関連リンク==

☆飲・食252社の会員組織 一般社団法人エコ食品健究会

http://ecoken-workshop.jimdo.com/

http://ameblo.jp/ekoken/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)