農業/飲食/食品マーケティング実行支援 久保 正英の戯言

農業・飲食・食品の売上を上げるお手伝い専門(食関連企業252社会員組織 (一社)エコ食品健究会 代表理事のブログ)

農業/飲食/食品マーケティング実行支援コンサルタント 久保 正英です。

売上を上げることだけに特化したコンサルタントです。


~社団からのお知らせ~

★水をコスト削減と利益改善のモノサシにウォーター・フットプリント実践塾  塾生募集中♪

★有事の食を考える炊き出しグランプリ vol.4に向けて始動中♪
★さいたま市CSRチャレンジ認証を全国へCSR導入塾 仲間を募集中♪

~事務所からのお知らせ~
★最新のお呼ばれ登壇情報はこちら

★最新のメディア掲載情報一覧はこちら
★公表可能な支援実績や過去の250人以上のセミナーや講演実績はこちら


テーマ:

去る2017年3月18日(土)に閉村式を迎え、20日の昨日、事実上、

復興屋台村気仙沼横丁が閉村しました。

 

当日は全国から多くの支援に関わった仲間が集まり、笑顔で見送ることができました。

 

なぜか私もバッチリメディアに収まる醜態ぶり(笑・・(-_-;))

どれだけ真ん中で偉そうやねん・・みたいな写真・・笑

 

少し閉村式の中で記憶に残る視点を報告をさせていただきますと、

まずはこの写真ですね。

仙台ミツバチプロジェクト等々、多くの仕掛けをされている阿部ご夫妻真ん中に、右でスピーチしているのが現在の富谷市長 若生 裕俊さん。

当時は、本気仙沼横丁の代表理事でした。

 

この3人が中心になり、瓦礫の中に復興の足掛かりになる「初の灯」を掲げるべく、瓦礫の中での用地探しが始まったのです。

 

私が主催する炊き出しグランプリのvol.1でも寄付し活動を支援させていただいた次第でした。

炊き出しグランプリはこちらをクリック(⇒クリック

 

このようなお金の掛かる取組を支援するには、誰かがリスクを追わなければ前に進みません。

そのリスクを資財を投げ打って、進めたのが、阿部ご夫妻であり、そのサポートをご友人であった若生さんが進めたのですね。

 

その用地探しに紛争したのが、当時の防衛大臣であった小野寺五典さんです(↓)

彼の生家である大鍋屋さんには、復興支援での半年にわたるボランティアや復興支援コンサルの度にお世話になったものです。

 

大鍋屋さんは気仙沼港のすぐ目の前にあり、瓦礫が散在する中でいち早く復興を支援すべく、再開した旅館の1つでしたね。

 

気仙沼市長の菅原茂さん(↓)も、おっしゃっていた通り、震災後の暗闇に最初に灯りを灯したのが気仙沼横丁でした。

そういった意味で、復興のキックオフだったと語っておられました。

菅原さんには私が主催した三陸野菜(復興元気野菜プロジェクト)でも多大な関心を寄せていただいたもので感謝しています。

 

店主の皆さんもご挨拶されていましたが、これからが、スタートですよね♪

 

これらの店主の振る舞いを最後まで楽しまさせていただいた閉村の夜でした。

当日は、支援させていただいている気仙沼ダンススタジオや三陸野菜のメンバー、更には復興支援のボランティアやコンサルでお会いした方々と更なる交流を深め、私の活動地である陸前高田や南三陸町の再興の新たな支援の想いを馳せたものでした。

 

さて、屋台村に入居するメンバーはそれぞれです。

新たな商用施設に移転する者、自分で立地を探しなんとかオープンさせたい者、震災後の新たな観光拠点として発展した屋台村を残す動きを模索する方々。

 

すべての旅立ちを応援したい!

そんな想いがこみ上げてきます。

 

さて、新たなスタートに立つ気仙沼横丁ですが、後世まで残したいと新たなプロジェクトがキックオフしました。

https://camp-fire.jp/projects/view/24095?token=1nftzb2s

私も微力ながら応援していきます。

皆様におかれましてもぜひ、お気持ちをお寄せいただけましたら幸いです。

 

閉村式では風船を(^^♪

素敵でしたねー

 

余談ですが、私が昨年受賞した中小企業庁長官賞以降のセミナーでは、

復興を「記号化し応援される経営」の事例として、度々セミナーで紹介させていただいています。

 

また自著でも紹介しました。

 

合わせて、この気仙沼横丁の取組が如何に人を魅了したのか!についても触れてみていただけますと幸いです。

 

==久保正英プロフィール== 

≪株)シンプル・べジ 代表取締役≫

 サラダで美味しい自然栽培の春菊を中心とした季節の御野菜を食卓に届けています。  食の最大の社会課題である「生産と消費の分離」を解決するために、自らが模範となるべく精進しています。 

≪一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 / 経済産業省登録 中小企業診断士≫

 加工食品企業や飲食店のマーケティング戦略立案(商品・販路等)と実行支援を直近3年で56社に実施。応援されて集客(応援客獲得の販促や商品化)できる仕組み(売上を獲得する仕組み)が好評で、ロッテ・湖池屋・カルビー・大阪前田製菓・イトーヨーカ堂・明治製菓・三河屋製菓、東海氷糖・パイン・カネフク製菓・三幸食品・尾崎食品・フクイ・富士屋あられ・カネタツーワン・ユニバース・ヤマザワ・平和堂・天満屋ストア・サミット・日生協・新潟ゆのたに等の支援実績を公表している。

 ≪主な著書≫

 「お客様が応援したくなる飲食店」になる7つのステップ(同文舘出版)  

飲・食企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)

 ≪主な委員歴≫

 『逗子市地域資源全国展開事業 委員(2016年~』 

『 農水産物の環境情報表 示の在り方検討会(農林水産省2014年~)』 

『CO²の見える化 消費財分科会(環境省~2013年)』

 ≪主な受賞歴≫

2016年 中小企業庁長官賞受賞(中小企業経営診断シンポジウム)

2014年  環境省 奨励賞(第3回カーボンオフセット大賞 社)エコ食品健究会)

2013年  中小企業診断協会 会長賞(中小企業経営診断シンポジウム)

2012年 フード・アクション・ニッポン販売促進・消費促進部門 入賞(社)エコ食品健究会)

==経営におススメのブログ満載==

にほんブログ村

==飲食・食品経営に関する情報満載==

小売・飲食業 ブログランキングへ

 

==著書のご案内==

 

==関連リンク==

☆飲・食252社の会員組織 一般社団法人エコ食品健究会

http://ecoken-workshop.jimdo.com/

http://ameblo.jp/ekoken/

☆私の本業(笑) 春菊の株)シンプル・べジ

http://simple-vege.jimdo.com/

☆防災&追悼&有事 炊き出しグランプリ

http://www.takidashigp.jp/

☆ウォーターフットプリント実践塾

http://waterfootprint-academy.jimdo.com/

==久保正英のFacebook==

 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)