コードの役割つまり機能を考えると

各キーのルートの音からどの位置にあるかで

機能が変わってきます。

 

それでメージャースケールのルートの音の ド(Do) の音を 1 として順番に番号をつけましたね。

 

Do(1) Re(2) Mi(3) Fa(4) So(5) La(6) Ti(7) Do(8)

 

一オクターブ上の ド は 8 ですね。

3と4そして7と8の間だけ半音間隔でそれ以外は全音です。

 

コードにもそれと同じように番号で表すと相対的に考えられて

そのコードの機能が分かりやすくなります。

 

 

コードの役割で説明したトニック、ドミナント、サブドミナントと呼ぶのも機能を表しています。

 

でもコードネーム毎に表すためにスケール上の番号を使うともっと便利です。

番号を区別するためにロディは1,2,3、--13の算用数字(アラビア数字)、

コードにはI、IV、VIIのようなローマ数字を使います。

 

そしてコードを ド ゥレ ミ(Do Re Mi)(I、II、III) で歌い覚えると覚えが悪い私には楽なようです。

 

ハ長調つまりCメージャスケールの音は

C D E F G A B C で一オクターブですね。

 

その音の上に3度づつ積み重ねて四声の和音を作ると

I:C:C、E、G、B---Cmaj7ーーImaj7

II:D:D、F、A、C---Dm7  --IIm7

III:E:E、G、B、D---Em7  --IIIm7

IV:F:F、A、C、E---Fmaj7 --IVmaj7

V:G:G、B、D、F---G7   --V7

VI:A:A、C、E、G---Am7  --VIm7

VII:B:B、D、F、A---Bm7b5 --VIIm7b5

 

C は一オクターブ下と同じなので省略です。

 

このように数字とコードの種類だけで表示します。

間の半音のコードは番号の前に#やbの記号をつけます。

 

例えばここでEbm7のコードが出てくれば

 

bIIIm7

 のように表記します。

 

こうすればマイナースケール等でも同様に表記できます。

 

また 

トニックはCなので I、I6、Imaj7

ドミナントはG7なので V7

サブドミナントはFなので IV、IV6、IVmaj7

等と表記します。

 

それからメージャースケール上の曲のコードならば

コードの種類は決まっていますので

Cメージャスケールの場合は

Dm7、G7、C

のコードの場合は

II、V、I

と省略することもあります。

「にい、ご、いち のコード」と言えば

IIm7、V7、I   の意味になります。

 

もしD7などの場合はII7とそこだけ特別に種類を付ければよいのです。

マイナースケールなども同様なので考えてみると楽しいですよ。

 

循環コードは

C Am7 Dm7 G7

なので

I VI II V となり

ド ラ ゥレ ソ と歌っても良いわけです。

 

それでは循環コードが出てくる基本の曲

I Got Rhythm を楽譜を見ながら歌って聞いて見てください。

 

コードを歌いながら聞いても楽しいですよ。

[A]

do/la| re/so| do/la| re/so

do/mi| fa/fi| so/so| do/(so) :| |

[B]

mi    |  %    | la     |   %    |

re    |  %    | so     |  %    ||

[C]

do/la| re/so| do/la| re/so

do/mi| fa/fi| so/so| do/(so)

 

目 次

AD

先週の土曜日、以前、日系強制収容所のメモリアルのビッグバンドMinidoka Swing Bandで一緒に演奏していた家族、

お母さんがボーカリストでお父さんがトロンボーンで息子がドラム。

 

お孫さんの野外の結婚パーティで

ファミリーバンドで一緒に演奏してきました。

 

オレゴン州ポートランドから1時間くらいの

美しい眺めのコロンビア渓谷のワシントン州側にある

Hooper Hillという所で、孔雀が迎えてくれました。

https://www.facebook.com/hooperhillbnb

 

花嫁がユダヤ系なのでユダヤ式の結婚式のようでした。

終わりの頃、結婚式で皆が踊ってお祝いする曲で有名な

ハバ・ナギラを演奏しました。

アラブの音階の曲でハーモニックマイナーの5度から始まる音階です。

 

花嫁のお父さんが出てきて歌ってくれてみんな踊り狂るって盛り上がり楽しいパーティでした。

 

暗くなってからなので写りが悪いですが雰囲気を味わってください。


Hava Nagila with Alan Gross

まだ80歳半ばの元気な歌とトロンボーン。

Perhaps Perhaps Perhaps & Song For My Father

私も孫の結婚式で弾きたいですね。

でも90は軽く過ぎちゃうな、頑張ろう。

 

AD

7月14日金曜日6時半から日本風のビアガーデンに

ジャズピアニカトリオで出演します。

JASOビアガーデン

場所は

オレゴン州ポートランド市のダウンタウンの

Ecotrustビルの屋上です。

 

721 NW 9th Ave, Portland, Oregon 97209

ジャズ風のハワイアンや日本の曲

そしてジャズのスタンダード曲をお楽しみください。
チケットはこちらです。
 
ジャズピアニカ & ピアノ  田川康吉
ベース Loyd Love
ドラム Eric Peterson
 
お会いできるのを楽しみにしています。
AD