【完成品工房 岩崎】

上記屋号でガレージキットの製作代行をしています。

代行製作に関してのメールでのお問い合わせ先は下記

kski3945◆yahoo.co.jp

までご連絡下さいませ。
(お手数をお掛けしますが、
◆を半角のアットマークに変えて送信して下さい。) 

ご依頼される場合、件名に製品名やイベント品製作に関して、
また本文にはキットの状態等も記載して頂けると有難く思います。


【製作費用に関して】

・1/8フィギュア 
メーカー品・イベント品 4万円~

・1/6フィギュア
メーカー品・イベント品 4万5千円~

・イベント品メカ物 ガンダム物・FSS物等
1/100 10万円~


中間位置のスケールはその都度検討します。

ガレージキットの製作価格が高額なのは、接合部のズレや気泡による
欠け等が多く、均し作業が一番多くの時間が掛かる為でもあります。

又、場合によってはパーツの再生(手指や毛先の欠け等)を
しなければならない為割高になりますので、あらかじめご了承下さい。


$◆完成品屋さんによるblog◇模型と猫◇完成品工房 岩崎◆-myb_bana02


左側上部のバナーからもヤフーオークションへ飛べます。


上記リンク先(ヤフーオークション)にて作品を随時出品しています。
(クリックすると別ウィンドウが立ち上がります。)


blogのカテゴリ(依頼品画像、ヤフオク出品関係)にて
完成品画像を掲載しておりますので、宜しければご覧下さい。


代行製作の他に何かお気付きの点やご質問等御座居ましたら
お気軽に上記アドレス(お問い合わせ先)までご連絡下さいませ。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年06月30日 06時10分52秒

暇人ニュース

テーマ:模型関係

今月発売のモデルグラフィックス誌を見て判る様に、昨今は模型メー

カーがプラスチック製フィギュアの製造に大手、小規模メーカーで競争

の様に生産を始めている。


デジタル造形技術の進歩によるモノが大きいでしょう。

今はまだ人間の手による原型が無いと複雑な面貌等が開発できない

レベルですが、データの蓄積と売れた面貌形状と売れない面貌形状

の差が数年で暴露し、集約して行けば何れ外注してた開発原型もデー

タの選りすぐりをしてデータだけで作れる日も来てしまうだろうなと思う。


今年はバンダイが胸像シリーズで技術革新と情報収集に徹しているの

が伺える。
          

五年もしない内に全身像タイプの可動フィギュアと固定ポーズフィギュ

アの生産による市場のメイン商材の入れ替え戦が始まると予想される。

PVCもイイ面は有るが、昨今の客の懐具合、奴等の嗜好を見るにつけ、

首のすげ替え等による衣装チェンジ、魔改造等の需要を満たし易いの

はプラスチック製の改造し易いモノの方が多く買って貰えると見ている

のではないかと邪推する。

今夏から本格的に数が揃い出すバンダイの胸像シリーズ、この出来で

価格が二千円を切る。1/8で全身キットだった場合、タミヤの戦車模型

程度の価格、4~6千円の間で売られるタイプが出て来ると踏める。

改造するにはひと手間、二手間掛かるPVC完成品と、半値程度で弄り

易いプラスチック製なら、目に見えてプラスチック製を選ぶだろう。

バンダイはfigmaの様な可動素体すら既に開発、販売してる実績から見

るに、低価格の出来の良い顔で全身動くプラスチック製フィギュアを推し

立てて市場を席捲するのは時間の問題と思われる。


そうなった場合、従来のPVCフィギュアは淘汰をされるだろう。

夏の室温に負けて歪む、経年劣化による色の変化と可塑剤の揮発に

る硬質化と瓦解のし易さと言う欠点があるからだ。

レジンキットはPVCフィギュアの台頭で市場から追い出されて久しい。

ワンフェス等のそもそもの文化の継承の場が有るからマシではあるが、

プラスチック製フィギュアの台頭はレジンキットにすら追い討ちを掛けか

ねないだろうとみる。

最大の難関は塗装なのだ。

投資も必要、修練も必要な模型の塗装と言う醍醐味を不要とする技法

がガンプラ等から提案されて久しい、それの進化形の先に遂にフィギュ

アすら無塗装で組める時代になってしまったとしたら、如何だろう?


レジンキットもカラー化が始まってしばらく経つが、関門としては難易度

が高い。プラモ的なアプローチを考えると、積木細工の様な原型に成る

ので、高い技量が必要とされる。部品の精度が要求されるからだ。

表面的なパズル方式に逃げたのがボークスのキャラグミンの様なタイ

プ。

着色面において、撹拌が不十分な場合、目指す色のパーツにならない

と言う欠点が有るのは判っている。

又、シリコンゴムの型の持続性から数が作れないジレンマも。


そう言う点で、プラスチック製フィギュアの優位性は保障されている。

数が作れる上に、売り上げがソコソコ見込めるなら安価による大量配布

による方法でもメーカーは稼げるからだ。

レジンなら8000~15000円が普通の値段だし、買って貰っても月に一つ

がイイ所、しかし、3000~5000円程度のプラスチック製なら二つ三つま

とめて買う奴も多いだろう。

バンダイのHGスーパーふみなのキットの様な例が有るからだ。
          

去年発売されるや一気に市場から姿を消したプラモだ。

再生産は今年の八月まで無い。

故にネットでは正価より高騰し、最低でも4000円で転売がされている。

瞬殺的に売り切れたので、私はいまだに現物を見ていない。


簡易金型と言う安易な生産法を採った80年代と違い、今では技術の

向上も有るのでこの手のモノがメーカーとしても開発し易いと言う素地

が出来たからだろう。

サードパーティーメーカーでも金型を、スライド型で作る気概を見せる

時代、大手が手掛けないで他社の売り上げを見てるだけなんて有り得

ない。

この先、どの様な戦国時代が待ち受けるやら。  



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。