竹内友さん「ボールルームへようこそ」9巻を読んだ。
今年(2017年)のはじめまで1年余り休載していた「ボールルームへようこそ」が、テレビアニメ化決定という驚きとともに連載を再開したのが2月号。それ以来、3、4、5月号と掲載されて6月は休みで7月号まで、順調に掲載されて、そこまでが第9巻に収録されているので、7月6日発売の8月号ではその続きが読めることになるし、その後すぐ8日にアニメ放送が始まるので、「ボールルームへようこそ」、かなり加速している感じがする。

 

色々なコラボも行われていて、その辺はフォローしきってはいないが、昨日(6月23日)にツタヤで9巻を買ったら進撃の巨人のリヴァイとのコラボのブックカバーがついてきた。

 

 

第8巻が出たのが2015年の10月で、8巻は2015年の8月号の途中までが収められているという変則的な収録になっている。だからその後の分、休載前の2015年8、9、12月号に掲載された分から9巻に収められていて、単行本では38話(Heat38と表現されているが、以下38話という表現で触れる)「千夏と明」が54ページと長大になっているが、その前半までが休載前に相当する。また、単行本では41話になっている9巻ラストの「着地点」が7月号では42話になっていて、とにかくこの作品は連載掲載後に単行本でいつも徹底的に修正されていて、そのあたりも通常と異なって興味深いものがある。

 

 

私は単行本8巻をたまたま買ってからこの作品を読み始めたので、その後既刊の7巻までを含めて読み切ったのだが、8巻の続き部分で連載誌(月刊少年マガジン)で読めないところがあったので、結局2015年の8月号と9月号はkindleで読んだ。(Kindleで読める雑誌ならバックナンバーももちろん見ることができるから)

 

 

8月号の15ページ目までは8巻に収録されていて、9巻の最初の章、37話「花瓶とビヤ樽」は16ページ目からになる。この部分は連載誌では40話になっていて、副題はない。最初の14ページ分が8月号(2015)収録分になる。この部分も細かい改変が多いが、単行本では読みやすくわかりやすくなっている。

 

 

例えば、賀寿に水をぶっかけられた清春が「嘘だろ」というところが「ガキかよ」になっていて、「嘘だろ」の方が清春の自問自答の天才ぽさが出るが「ガキかよ」の方が反応としてノーマルだし変な引っかかりを持たないで済む感じはする。そう、全体に改変はわかりやすく、違和感をなくす方向に行われているように思う。

 

 

だけどそのわかりやすくするための改変が新たな表現に結びつくことが多いのもこの作品の特徴、というか作者さんは意識してそのように描いているのだと思う。例えば、この単行本で最大の改変はラスト、41話「着地点」のラストに4ページ追加されているところだが、ここで「踊りにくさ」が「カップルとしての武器」に変貌したことがはっきりと理解できて、とても先を読みたくなる。ここに関してはひょっとしたら連載時に原稿が間に合わなかったからこうなったのかもしれない、とも思う(なんとなく終わりが中途半端な印象があったから)が、さすがにこの4ページがないと先がわからないので、8月号(2017)ではおそらく冒頭にこの場面が持ってこられるのではないかと思う。

 

 

このことは、連載では読んでない部分についてネットで調べた時にこの「描き換え」について触れてある記述がかなり出てきたので、そうなんだろうと思う。雑誌に掲載された時点ではまだ作品が完成していない、という作品は最近多いけれども、まあその善し悪しは別として単行本で完成度が上がること自体は悪くないとは思う。

 

 

ただその過程を見るのはとても面白いので、連載誌で追っかけてこそそれを楽しめるということがあるから、まあ本当に好きな作品には限られるが、比較していくのは楽しみだ。

 

 

9月号(2015)も41話とだけあって副題なし。「花瓶とビヤ樽」の表現はここで出てくるが、この章全体の表現としてまさにふさわしい。釘宮組を花瓶に、峰組(明たち)をビヤ樽にたとえているが、確かに千夏にそう言われるとビヤ樽にしか見えなくなってしまうから恐ろしい。(笑)回想場面でのマリサ先生のスウェイについての説明がかなり書き換えられていて、教科書的な表現が会話的な表現になっている。そしてその説明について回想する中で、多々良は千夏が、「おそらくこの子が会場で一番”美しい”」ということに気がつく場面が私は好きだ。

 

 

37話のラストの部分、明の思いが連載誌では言葉にされていたけれども、単行本では言葉がずっと少なくなっていて、ここは余韻がぐっと増したように思う。多々良と千夏のカップルの踊りを外側でみている小さな明の絵。決まった、という感じ。

 

 

12月号(2015)でも42話とだけあって副題なし。単行本では38話「千夏と明」になっている。「ビキニ跡」がモザイクになってたのが描写されてるが、これはなぜか。24ページ目までが連載中断前。話が明と千夏の過去の途中で途切れてしまっていたので、一体どうなることかと思っていた。

 

 

連載再開した今年の2月号は巻頭カラーで、扉は明と千夏のドレスアップしたカラー絵。単行本では38話の扉になってるが白黒なので、2月号は取っておいたほうがいいかな。2月号では連載中断前の最後の2ページがセリフは単行本と同じように変えらえて掲載され、甲本さん(明の父で多々良のバイト先の店主)のセリフに入っていっている。

 

 

連載時の副題は38話HomeComing。単行本では37話「千夏と明」が「お母さん友達できたよ」というセリフで終わっていて、そこから先の部分が39話HomeComingになっている。そして連載では釘宮のところに双子が現れた場面で終わっていて、なんだかよくわからなかった。

 

 

連載39話は「ゼロ和ゲーム」で扉が釘宮と双子。この絵はいい絵だと思うが、単行本ではラストのスペシャルサンクスのページに使われていた。このラストでは章分けが単行本と一致。清春による多々良の「肩甲骨はがし」が準決勝での異変に繋がる。単行本ではここまでがHomeComingで、千夏と明が悪口の言い合いのHomeに戻ったという感じなのだろう。

 

 

連載40話は単行本でも40話になり、ここで「ゼロ和ゲーム」が表題に。この言葉自体はその前に釘宮が言っているのだが。

 

 

連載41話と42話を合わせて単行本では41話「着地点」になっている。ここで富士田・緋山組の展望がようやく見える、「男役を通ってきたパートナー」の強さ。その1番の例が仙石のパートナーの本郷千鶴で、千夏は千鶴を見て憧れてダンスに本気になった経緯を持っている。連載42話の扉も好きなのだが、単行本では使われていないようだ。

 

 

今両方を見比べながら読んでみて、やはり単行本の方が圧倒的にわかりやすくなっている。極端な話、話の繋がらないところでその号が終わったりしているのは、描けたところまで掲載するという昔のマンガ家がやってたことの再現なのかもしれない。まあ読む方も連載1話の完結性を重んじるより話全体の流れを追うつもりで見た方が楽しめるということだろう。

 

 

それにしても多々良と千夏の凸凹コンビが、着地点において大化けするという展開はとてもよく、来月号以降がとても楽しみになった。

 

 

 

AD
「図書館の主」最終15巻読んだ。
 
図書館の主 15 (芳文社コミックス)
篠原 ウミハル
芳文社
2017-06-16

 

 

主人公である私設のタチアオイ児童図書館の司書である御子柴とふらりと舞い込んだ利用者である宮本、それに子供達、親、司書たち、オーナーなどを中心とした人間模様が数々の児童書・物語とともに描かれていくこの作品も、最終巻。この機会に第1巻を読み直してみて、15巻で裏表がぴったり合った感じがした。

 

 

15巻で中心的な役割をする物語は「だれも知らない小さな国」。この本の名前は子供の頃から知っているが、読んだことはなかった。そしてこの本の物語が起爆剤になってタチアオイ児童図書館の未来が決まっていくわけだけど、作者さんはきっとかなり前からこの話を最終話にしようと思っていたんだろうなと思う。そのくらい、平仄が合っているように思う。

 

 

シリーズを通しての話だが、全体的に、読んだことのある物語の時は抵抗なく読めたし、知っている話の本当の内容(幸福の王子とか)を知るのも興味深かったが、知らない物語の時は厳しかったこともあった。ただそれでも最終15巻まで追いかけたのは、登場人物たちの物語を最後まで読みたかった、ということが大きいと思うし、それによって取り上げられる物語群も自分の中に入ってきて、それが作者の作戦だったのかどうなのか、気になる物語が増えたことは確かだ。

 

 

人文系逆風の時代と言われ、TSUTAYA図書館など、図書館を取り巻く情勢も変化が見られる今、「本を読むこと」の原初的な一つの意味を問い直させてくれるこのような作品が、もっと読まれるといいかもしれない。

 

 

ラストは気になる伏線はほぼ回収されているが、オーナーとしての宮本の活躍も少し見て見たかったなと思う。その伴侶との語らいなども。

 

AD
なんだかんだ言ってもたくさんマンガを読んでると思う今日この頃。とりあえず前回の更新以降に読んだもの、見たものなど。30分アニメ2本、単行本3冊、総合雑誌の特集を少々、マンガ雑誌1冊。やはり読んでるなあ。
 
TVアニメ「進撃の巨人」Season 2 Vol.1 [Blu-ray]
梶裕貴
ポニーキャニオン
2017-06-21


 
17日土曜日。「進撃の巨人season2」最終回「叫び」。今回は2期最後、エレン奪還に成功するところまでだけど、いくつも見せ場が。ただ、それを全てAパート、前半にぶち込んできて後半は3期への続きという感じにしていたので、ちょっと物足りない感じがあった。しかしヒストリアの立体機動アクションやミカサの「マフラーを巻いてくれてありがとう」、エレンの「そんなもん何度でも巻いてやる」(この辺流れていた音楽がナウシカっぽかった)、そして「ペチン」からの巨人操縦、そしてユミルの「女神様も悪い気分じゃない」まで、見所はしっかり収まっている感じ。3期決定のアナウンスもあり、概ね大満足の2期だったと思う。
「僕のヒーローアカデミア」2期12話「轟対爆豪」。轟の迷いが勝負を分けたわけだが、原作に忠実によく描かれていたと思う。OP作曲の米津玄師さんと作者の堀越耕平さんとの対談が公式サイトにあり、後で読んでみようと思った。
大今良時「不滅のあなたへ」3巻。最初は1・2巻に比べてテンションが落ちてる気がしたが、そんなことなかった。とてもいい。これは読んでいて思ったことなのだが、読んでいて手塚治虫作品を読んでいるような気持ちになってきた。「聲の形」の時もそうだったが、一度読んでもなんだか辛くて2度目が読めない。しかし手塚治虫に似てる、というヒントがあれば手塚作品を読むようなつもりで読めば、読める、ということがわかった。つまり、手塚作品の読み方なら私にはわかる、ということなんだろう。徹底的に三人称的な、小説でいうと「神の視点」で見ているところがあり、それだけに対象への迫り方が直接的で、何かをえぐられるような感じがする。この作品は、途中から「ブッダ」に似てるなと思って読んでいた。先を楽しみにしたい。
18日日曜日。「新潮45」。養老孟司・庵野秀明対談「見ることを探求して」。これはツイッターで見つけた記事だと思うが、この二人の共通点は鎌倉に住んでいることだそうで、養老さん宅で行われたと。印象に残ったことを二、三あげると、庵野さんは廃墟が好きだと。これは作品を見ていると感じることはあるが、「廃墟は、人間が作った人工物と、自然の合間にある感じしていい」のだそうだ。「人間が作ったものだけど人間がそこにはいない。自然に還っていく途中のように感じる」と。なんかこれはわかるなと思った。

 

それからなるほどと思ったのは、客が舞台的なもの、長回しについてこられない、と。長文を読むのが難しくなり、情報量を読み取れなくなってきている、ということ。確かにツイッターなどでも140字のみに短絡的に反応し、その前後のツイートの文脈などまるで無視して反論している人が多いから、そうなんだろうなということはよくわかった。

 

 

他にもヤマザキマリ/とり・みきの「プリニウス」が掲載されていたり、将棋の藤井四段の記事他興味深いものがいくつかあった。

 

オノナツメ「レディ&オールドマン」3巻。(画像は2巻)オノナツメさんの絵が60年代のカリフォルニア、男女の運び屋、警察に追われる不死の男といった結構によくあっていて読んでいて気持ちが良くなる。片岡義男や村上春樹の小説の雰囲気もありつつ、やはりオノナツメさんの漫画である、というところがいいなと。楽しみにしている。ウルトラジャンプ連載。
同じく。艶々「落日のパトス」4巻。これは別冊ヤングチャンピオン連載なので一応青年誌だが、作者は成人向け作品も描いている人なので基本的にかなり際どい。男子生徒と女教師が大人になって・・・というとマクロン大統領だが、まあそんな話ではもちろんない。印象に残るのは男女間の駆け引きか。


 
19日月曜日。少年ジャンプ29号。新連載が伊達恒大「クロスアカウント」。SNSでの交流がテーマの話だが、「無害くん」「有害くん」とか設定がなかなかうまいし、絵がとても上手い。SNSを使った学園ラブコメという感じだけど、何か突き抜けたものを感じる。楽しみ。今まであまり長い連載を持ったことがないようだけど、今回はいいんじゃないかと。期待したい。

 

ブラクロ。ミモザとアスタの連携プレー。ワンピース。ジェルマ66の4人がかっこいい。救出された波を抱きとめるサンジと、それを物陰から見ているのはプリンか。ビッグマムが正気に戻る。次週は休載。うわ。

 

 

ハイキュー!。青葉城西の松川のブロックを思い出す場面がいい。ヒロアカ。ちょっと苦労してる感じ。シューダン!。かなり面白くなってきた。背すピン!よりのびのびと描いてる感じ。等身大の主人公よりちょっと突出したところを持ってるキャラの方が合ってるのではないか。ネバーランド。怪しい人物が。鬼滅の刃。かなりよかった。煉獄に一番感化を受けたのが伊之助。火の丸相撲。母との思い出。食戟のソーマ。久我と司との因縁、なんだけど、やはり一番目立ってたのは小林竜胆だな。このキャラがついに本気で食戟に臨むわけだから、いやが上にも楽しみ。僕たちは勉強ができない。地味ながら着実に得点を稼いでる感じがするなこのラブコメは。ロボ・レーザービーム。かなりペースがゆっくりだけど、「黒子のバスケ」の人だから信頼されてるのだろうか。ペコマリ。なんとか続いて欲しいな。ポロの留学記。最終回。残念。

 

 

今週もジャンプ、面白かったが特に新連載の「クロスアカウント」、なんども読み返してる。そんなこと滅多にないのだけど、かなり面白かった。期待。

 

AD