黄色い花メッセージ黄色い花


「楽しくよりも正しく」を常に選んできた人生でした。それは少し窮屈で、苦しいものでした。

ある時から、「本当に?」「本当は?」と問うようになり、自分の心の声に気づくようになりました。

そして少しずつですが、その心の声に従って、素直に行動するようになったときに、

本当に大切なことは、暮らしの中にちりばめられていて、それに気づけるかどうかが、

豊かな人生を送る上で大事なことではないかと感じるようになりました。

毎日が『笑顔と気づきの宝箱』なのです。

こちらのブログでは、企業研修や個人セッションの中で、あるいは日々の暮らしの中で、

笑顔でいるために、より幸せであるために大切だと感じたことを綴っています黄色い花

クローバー法人・団体のお客様向けメニューはこちら

クローバー個人のお客様向けメニューはこちら

尾庭恵子(ハイジ)のオフィシャル・ホームページ


テーマ:
【結局続く、竹布(TAKEFU)のおはなし⑮】 

なぜ今さら、
経験がないに等しい販売業に挑戦したのか。 
 
なぜ、わざわざ東京まで、
日帰りで勉強しに行ったのか。 
 
合間に鍼をうってまで、
なぜ慣れない立ち仕事に臨んだのか。  
 
バイト代以上の買い物までして、
なぜ竹布を体感したのか。 
 
頼まれてもいないのに、
なぜ毎日竹布のことを、
こんなにも伝え続けているのか。
   
ノルマがあるわけでもなく、
売り上げによって時給が変わるわけでもないのに、
ここまで、時間、お金、労力を費やして、
お手伝いさせていただいた理由がわかりました。  
 
それは友達が気づいてくれました。
   
 
昨年までの数年間、
私は平均睡眠時間4,5時間で、
とにかくひたすら、
色々な役割をこなしてきており、 
 
昨年末から、気力体力ともに、
がくっと来ていました。
 
そこに出逢った竹布。 
 
販売するにあたり、
試さないと伝えられないと、
 
ブラやショーツを身に着け、
布ナプキンを試し、
タオルケットで少しでも快適な睡眠環境を整え、 
レグウォーマーでふくらはぎを冷やさない。  
 
そんな竹布ライフで、
本来の私の課題、
冷え対策や安眠や自身の健康。
 
そこに取り組むことができたのです。 
  
どこまでも突っ走ろうとするあなたが、
そこに向き合うために、
それだけのお金と労力を、
かける必要があったんだろうね。 
 
とその友達が伝えてくれました。 
 
すごく納得がいった。 
 
冷えも安眠も大切とは思っていたけれど、
いつも後回し。 
  
竹布と関わることになったおかげで、
それを根本から、
集中して一気に、
改善に向けて動き出すことになったのです。 
  
自分自身の健康のために必要だと、
実感したんです。
 
だから、大好きな人には、
是非つかってみてほしいと思うんです。
 
ようやく、
お伝えすることが楽しくなってきたのに、
明日がラストになってしまいました。 
 
リピートのお客様も目立ってきています。
最終日の明日は、
時間帯によっては混雑しているかもしれません。
 
あしからず、ご了承くださいませ◎
 
*****

関西で竹布に触れていただける機会はこちら。
 ↓
【竹布(TAKEFU)フェア】
大丸芦屋店 1階イベントスペース 10時~20時
いよいよ明日、6月14日(火)が最終日!
 
私も13時~20時、売り場に入ります◎ 

 
竹布ホームページ
http://www.nafa-take.com/

写真撮影:橋本和典



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)