膠原病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法は実在しました!

最終的に辿り着いた高濃度ミネラル、ホルミシス療法を
提案しています。在庫限りですが
震災前の安全で私自身が膠原病と癌を治したミネラルを
提案しています お問い合わせは此方から
https://kougennbyou.amebaownd.com/

NEW !
テーマ:

癌ではないと診断が付かず



亡くなられた方を含めて



検査で女子プロの方も同様に見落としていましたよね



良性の甲状腺がんが悪性だったりとか



世間では沢山、癌ではないと判定を受けて実は悪性だったと言うことが



山ほどあります





と言う事は、間違いなく



癌の判定を受けて抗癌剤を受けた、手術を受けた、放射線治療を受けた



と言う患者さんにも



癌ではなかった可能性も沢山あると見てよいのです。




当たり前の理屈ですよね?




癌を癌ではないと初診時に診断した医師は



癌だと診断をしても、治る事は無い事は医師の立場から分かるので



癌だと決め付けて治療をして更に寿命を短くしたくなかったかもしれません




だって、医師の99%は自らが癌になっても抗癌剤を選択をしないのは



今ではもう当たり前の話になりつつありますよね?




ですが、サイト検索が抗癌剤をする



医師を信じてる人には、まるで抗癌剤を選択しない医師達の情報や



がんもどきの情報、悪性ならば1mmの大きさで転移をしてるので



間に合わない事含めて



知られていないと言うか、患者さんや患者さん達の家族が理解を



しようとされないのです。





理解をしようとしないで自分が探してる必要な情報は



抗癌剤をして助かってるという情報を探す訳なんです




私も当然抗癌剤を使用して助かった人々の患者の会含めて



それは沢山情報収集をして来ました




診断書ではなく、血液検査内容含めた診断に確定をされた経緯等も



見て来ましたが



曖昧な世界だと言う事は良く理解が出来てきたのです




東大医学部の渋谷教授が言いたい事



京大癌研究元教授の白川先生が言いたい事



慶応癌専門医 近藤先生が言いたい事が理屈ではなく



体験と理論、理屈が良く理解が出来るのは



紛れも無く私から見ても、この人は癌ではないな・・・・と思う人が



沢山居たからなんです。





私のブログの記事の検索を使い探せば分かりますが



日本全国の患者の会へ電話をして情報を収集してきた積み重ねを



書いてます 電話でも、メールでも



時には会う必要があるときは、出向きました。




インタビューとして、医師側にも得た情報の中で



悪性か悪性ではないのか診断を付いてない状態だと説明をして



診断を求めても



本当に千差万別なんです。癌だ、、、癌ではないと言うのです




どこか病院で確定診断を受けてると言う条件を付けると途端に



癌だと言う意見しか無くなるのです




言いたいことがわかるでしょうか?




今回、亡くなられた奥様の自宅療養について



ある記事が、自宅療養ではなく病院だったら生きてたかのような



記事を書いた記者が居ました




私は、この無礼な記者に正直呆れたのです




其処までして出世したいのかと。




病院を大切にして持ち上げる記者は、仕事が沢山来ますから



自分を守るためには強いものの味方をすれば良いのです




ですが、命をかけて戦い抜いて愛に殉じた命と覚悟を



何故理解をして上げれないのか残念でなりませんでした。




自然療法もこれで100%正しい事はありません



なので、癌判定も治療法も医学だとしても間違いがあるのは当然です




アメリカやイギリスでは



抗癌剤の使い方を選択できて、自然療法との組み合わせでの生存率も知れて



治療をしたときの延命率、改善率、治癒率を患者さんが知れて判断できるのです




その上で、民間療法と医学を組み合わせるのか



医学だけを頼るのか



民間療法を頼るのか、何がベストの選択なのか



相談をしながら決めていくのです




私ならば、もし抗癌剤を使うとするならば



少量抗癌剤短期間を行い



高気圧高酸素療法を併用して、自然療法と組み合わせます




また、ナノテクで癌細胞だけに効果が出る分子の大きさにした抗癌剤を



少量使い、高気圧高酸素療法を行えば



少量で数倍以上の効果が出るので抗癌剤の副作用が出にくいのです




その上で、民間療法をすれば生存率が飛躍的に上がるのです




この様に、知恵があれば病院側と協力をして方針を自由に組み立てる事が



出来るようにならねば



患者さんが選択したことではないので



私はある意味、今の治療の仕方では法律的に罪はなくても人道的な大きな



罪はあるんだと考えています




私自身は抗癌剤を選択しないと思いますが



万が一選択したとしたらば、最小限の被害で最大の恩恵が出る



選択をして当然と言う意味で上記は書いています




今の選択肢しかない癌治療の問題点は



情報の不透明さが情報操作でかき消されてしまってるという事ではないでしょうか。




確定診断を受けてしまうと何処でも同じ事をいうので



確定診断を受ける前に



今本当に癌なのかどうかも、きちんと他の病院で繋がりが無い場所を



選んで行うべきではないでしょうか。




いつもありがとうございます




敬具




膠原病13年


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。