工房カモ 

手ぬぐい制作*版画制作*お絵描き教室「クレヨンさん」


テーマ:

先日からの大雪で景色はすっぽりと雪に覆われています。

 

 

美しい銀世界にかわいらしいお客様が顔を出してくれました。

 

山に住んでいると、色々な生き物に出会い、

(シカは毎日のように親子でたくさん来ます)

この世界にいるのは人間だけではないのだな、と当たり前のように思えます。

 

 

色々な種類の木や木の実、葉っぱも身近にあり

(捨ててあることもあるし、、、)

これで染めないのはもったいないな、と思えるようになりました。

 

 

手ぬぐいの染めは染め屋さんに依頼してしているのですが

それは、はなからそういうものだと思っていたのと、

やはり「餅は餅屋」ということで、プロの染めはとても上手いのでそれはそちらにお願いすべきだと思っていたのです。

 

もちろん、手ぬぐいの染めはこれからもプロの方にお願いしていくつもりです。

 

 

ただ、自分で染めることもあってもよいのではないかな?

とふつふつと気持ちがわいてきていたのです。

 

そんなとき、染めや織りをしたいがためだけに「志村ふくみさんの学校」に入るために東京から関西に引っ越してきた方と知り合ったのでした。

そして、学校を卒業すると

彼女はそのまま琵琶湖の北にある木之本町に工房をかまえ、

そこで仕事を始めたのです。

その方と縁あって色々お話していくうちに、話は尽きず、

私の中のふつふつは満杯になったようで、

これは縁あることかな?そう、やらないでどうする?

と思う様になり、

今は彼女に染めについて色々教わりながら、

身近にある素材と向き合い自然染料での染めにトライしています。

 

 

 

そして、

今度その方の所から自然染料で作ったものも販売していく事にしております。

今までの手ぬぐいも販売しております。

(今はまだ自然染料で染めたものは販売はしておりません)

 

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

手しごとや

http://teshigoto-ya.com/?mode=cate&cbid=2229917&csid=0&sort=n


 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

あけましておめでとうございます。

 

日本に帰ってきて、やっぱり日本食が恋しくなって

おせちをいっぱい作りました。

日本人だな、、と思う私。

 

 

年末にマケドニアとイタリアに行って、新たに自分の居所について考えるものがありました。

 

消費文化になれすぎてしまって、忘れかけている大事なことに色々気がつきました。

(お金ではなく、心豊かに過ごすこと)当たり前なのですが、、

 

夜、電気がキラキラしてるということは、暗くなくて怖くはないけど、それだけ電気を使っているということ。明るい夜に慣れすぎている自分に気付きました。ワールドバザールは真っ暗だった。

 

 

それとは反対に

 

当たり前になっているけど、とてもありがたい日本人の良さにも気づいたように思います。

 

日本はわりと清潔で、ゴミをぽいぽいと捨てたりする人はあまりいない。

(私の知っている限りですが、、、)

イタリアもマケドニアも街がゴミだらけでした。。。

ゴミ箱は設置してあるのに、ゴミ箱の横にゴミが捨ててありました。

 

水道水が直接使える日本はとてもありがたい。(イタリアでパスタを茹でようと思ったら水道水の水を湧かしたら石灰が強すぎて、アクでいっぱいになってお鍋が真っ白になってしまった。)

 

 

そしてマケドニアもイタリアもsnsの普及率はすごかった。

電車に乗っても飛行機に乗っても、とても多くの人が携帯電話をもって使っていました。

 

そういう私も海外で不安になっていたときに日本の友だちとsnsで繫がれたのは

とてもココロ強かった。

道に迷った時、グーグルは使わず地図は見たものの(海外ではすごく料金がかかるので)美術館の営業時間や電車の乗り継ぎ、発車予定時刻、金額などはsnsのおかげで助かったのも確か。

(ただし、地球の歩き方で14歳までは電車代は半額と書いてあったのに、飛行場までの特急列車だけは違ったみたいで、罰金として65€も取られた!!!!)プンプンプンプンプンプン

 

 

さてさて、こんな思いを胸に,今年も制作に励みたいと思います。

皆さま、本年も良い年になりますように。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

クリスマスでお店はほとんど開いていないということと、

安く済ますため、ホテルは取らず、アパートメントを借りました。

 

お鍋や調理器具、食器なども揃っていたので、とても過ごしやすく

気楽にすごせました。

自炊

お店は開いてなくても、コロッセオや教会は外からも観ることができたので

街探索。

街の作りから色々な文化も見えてきます。

「ローマの休日」の景色と余り変わってないイタリア。

これも、すごいな〜。

ころころ変わってしまう日本とはやっぱり違う。

イタリア私ぴざ

 

ピッザは思ったよりシンプルな味。

 

イタリアやマケドニアに行って、日本の事をまた考えるきっかけになりました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明けましておめでとうございます。

 

昨年、夫がオステン ドローンイングビエンナーレにてfirst prizeをいただき

年末、家族でマケドニアへ行ってまいりました。

 

(せっかくなのでイタリアも行きました。)

 

マケドニアはギリシアの北にある国で

元ユーゴというだけあって、決して裕福とは言えないと思いますが

芸術に対する関心や意識は大変高く、展覧会の質もとてもよかったです。

 

 

元トルコ風呂を展覧会場にしていて、趣がある展示、アップテンポの曲がながれる

かっこいい〜展覧会でした。

 

 

受賞者の皆さんはソロベニア、イスラエル、リトアニア、フランスと色々な国から来られていて、国際色豊かなものでした。

みなさんとお話できたことも、とても意義あるものになりました。

 

街は決して華やかではないのですが、料理はトルコ料理とイタリア料理の間をいくのか

、とってもとっても美味しかった!!そして値段もとても安い。

クリームパスタ。(とても大きいお皿に入って320デナリくらい)

1デナリ2円くらい。

ポークカツレツ(大きなカツレツが2枚、ホウレンソウのソースと人参のソースが色鮮やかで美味しい〜、添えてあるレモンもジューシー)400デナリくらい

 

マッシュルームとアンティチョークのリゾット(こちらもたっぷりサイズで280デナリくらい)

 

スーパーもお肉や果物がたっぷり。見せ方がうまいのかな。。

青リンゴが甘くなくて、すっぱくてすーごく美味しかった!!!

チーズを物色する次男坊。

 

トルコ人の多くが営むワールドバザール(3分の1はトルコ人なので)

夜遅かったのもあって、お店はほとんどしまっていました。

時々開いているお店もお客さんがまばらのため、店主が店の中から

大きな目でぎょろりとこちらを見ている様子が少し怖かったけれど

まるでネバーエンディングストーリーの本の中やハリーポッターのダイアゴン横町にいるようでドキドキしました。

 

一番栄えているモールでも、マネキンが多く、

寂れた感じがなんとも懐かしい、、、

 

 

そして、イタリア。

 

クリスマスはどこも開いていないということで

アパートメントを借りて、自炊。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子どもの頃、父が野鳥の会に入っていた。

(ちなみに日本野鳥の会ではない、、ただのご近所で集まる会だったように思う)

 

小さい頃、望遠鏡を片手に持った父に連れられて

近くの神社や林に連れられて、野鳥を観に行った。

 

写真を撮るでもなく、捕まえるわけでもない。

ただ、鳥の声を聞き、姿を望遠鏡で探すだけなのだ。

当時は、なにがそんなに面白いのか全く解らなかった。

 

その時、サンコウチョウという鳥の声が

「ツキヒホシ ホイホイホイ」と鳴くのだと教えてもらった。

つまり、月と日と星の3つの光だから

三 光 鳥=サンコウチョウ なのだそうだ。

 

子どもの頃、サンコウチョウの鳴き声をナマで聞いてみたかったけど

それは叶うことはなかった。(やっぱりなかなかいないのよね)

 

 

大人になって、願っていたこともあって

山の麓に住むことになった。

そうしたら、やっぱり、

鳥の姿や声を毎日のように身近に感じることができるようになった。

今になってあの時の父の気持ちがよくわかる。

 

鳥の姿をみることが出来たり、声を聞いて、その存在を意識できるだけで

とても嬉しく思う。

(未だにサンコウチョウには出会ってないのだけれど、、、)

 

そして、来年の干支手ぬぐい

 

「ツキヒホシ」

 

 

小豆色と水色の2色です。

 

そして、この鳥の鳴き声とたくさんの鳥たちの手ぬぐいの型を彫り終わった時、

なんと、大原 寂光院のまさに「ツキヒホシ」さんというお店の方から

偶然にも「イベントに出店してくださいませんか?」

とお問い合わせをいただいたのだ。

 

なんという!!偶然。

 

という訳で、明日、大原寂光院前にある「ツキヒホシ」さんにて

この手ぬぐいもお目見えいたします。

他にも素敵な出店者の方達がいらっしゃいます。

★ Day Dripper’s Coffee (ハンドドリップコーヒー、菓子)

★ vegan sweets 102(ヴィーガン菓子)

★ cafeナナクリ (酵素玄米のおにぎり、抹茶と菓子)

★ AOW (天然酵母パン)

★ フランク菜っぱ&Tori (無農薬・有機野菜と食品雑貨)

★ 工房カモ (オリジナルデザインてぬぐい)

★ ANZENA (ナチュラルスキンケア)

 

他にも新作

[真夜中のチェリーパイ]

 

コンドル (黒と臙脂)

 

紅葉シーズン真っ只中、

是非、大原寂光院の紅葉を楽しみにお越し下さい。

 

http://tsukihihoshi.blogspot.jp

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。