• 27 Mar
    • 2、サプリメントの必要性について

      2、サプリメントの必要性についてAbram Hoffer:Orthomolecular Medicine For Everyone、よりほとんどの女性は血中ビタミンB濃度が低い。特に、B6、葉酸、ビタミンC濃度が低い。ビタミンEの服用により心血管病変は40%減らすことができる。ビタミンC500mg服用により、心疾患の死亡率は42%減少し、全ての病気による死亡率を35%減少できる。サプリメント服用により、血中ホモシステイン値を下げ、CRP(炎症反応)を下げ、中性脂肪を下げ、HDLコレステロールを上昇させることができる。脳においては、ビタミンC、ナイアシン濃度と脳のレセプター機能との間に大きな相関がある。人はビタミンC合成能力を失っている。ナイアシン合成能力も失いつつある。1mgのナイアシンは60mgのL-トリプトファンから合成されるが、非常に効率が悪い。ビタミンの要求量は先天的に決まっている。確率的親和力が低い代謝酵素を持っている場合、高用量のビタミンがないと代謝が進まない。高用量のビタミンがないと代謝が進まない人=ビタミン依存症。ビタミンの必要量は、加齢により増え、心理状態によって増え、ストレスにより増える。長期間のビタミン不足や栄養失調により、治療においてはきわめて高用量のビタミンが必要となる。つまり、ビタミン依存症が後天的に起こる。ビタミン依存症では通常の100~1000倍の量のビタミンが必要となる。ビタミン依存症は、先天的な部分も大きいのは確かだが、加齢、食事内容、服薬、疾病の合併によっても引き起こされる。第二次大戦中捕虜収容所にて栄養失調となった兵士は、その治療のためにはきわめて高用量のナイアシン投与が必要であった。慢性的なナイアシン不足(ペラグラ)はビタミンB3(ナイアシン)依存症を引き起こす。ビタミン、ミネラルの最低必要量、B1 25mgB2 25mgB3 300mgB6 25mg葉酸 2000mcgB12 500mcgC 2000mgD3 1500IUE 200IUZn 25mgMg 500mgセレン 200mcgクロム 200mcg上記を食事だけで摂取するのは無理。すなわち、サプリメントが必要。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1254328391350149

      NEW!

      59
      2
      テーマ:
  • 25 Mar
    • ビタミンE(d-αトコフェロール)、当院で販売開始

      ビタミンE(d-αトコフェロール)、当院で販売開始適応は、鉄剤を飲んでもフェリチンが上がらない過多月経の女性、もしくは月経困難症などの婦人科系の症状がある人。プロゲステロン合成を促進する。400~800IU(1~2錠)程度。冠動脈疾患や末梢循環障害がある人。血液粘度を低下+血管のプラークを溶解。800~1600IU(2~4錠)。*血管プラーク溶解目的利用については元記事のコメント欄を必ず参照のこと(管理人記)糖尿病患者。膵臓ベータ細胞細胞の生体膜の透過性を改善。800~1600IU(2~4錠)。パーキンソン病、レビー小体病、などの脳変性疾患の人。生体膜の透過性を改善させ、症状を軽減。1200~2000IU(3~5錠)。 ガンでビタミンケトン療法を行っている人。生体膜の透過性を改善させ、標的臓器に酸素とビタミンを送り届ける。2000~4000IU(5~10錠)。*1日2錠までなら、1日1回朝服用。 鉄剤、フェロケルとは8時間空けること。*1日3錠以上まとめて飲むと下痢する場合、2~3回に分けて服用。iHerbで購入の際、 紹介コード「JZD352」を記入すれば初回5%引きになります。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1252347624881559

      68
      テーマ:
  • 24 Mar
    • 自然治癒の健康相談ー14,妊婦の風疹

      自然治癒の健康相談ー14,妊婦の風疹三石巌:全業績ー6、分子栄養学の健康相談、より1)30歳の妊婦、2歳の男の子が風疹と診断されました。私には何の症状もありませんが、来年3月出産予定なので、胎児が心配です。中絶すべきでしょうか。私も30歳をこえていますので、生みたいのですが。2)29歳の主婦、一児の母です。現在、妊娠5ヶ月目です。1ヶ月前に足にブツブツがでてかゆいものですから診察してもらったところ、妊娠中毒症だから心配はいらない、とのことでした。ところが、最近また全身に小さなブツブツができて、かゆくて困っています。風疹ではないでしょうか。私のアドバイス、 分子生物学の立場からの発想は、このような場合、とくに積極的です。風邪同様、風疹もウイルス感染症ですから、そこに的をしぼります。 もっとも、2)の場合のように、風疹かどうか不明であれば、むろんそれなりの対策がなければなりません。皮膚科の先生の診察を受けるのが常道でしょう。しかし、即刻しかるべき専門医の診察を受ける便宜があるならともかく、二、三日ぐずぐずしているのだったら、まずビタミンCを、と私は考えます。それは、ウイルス攻撃もさることながら、妊娠というストレッサーを頭においての対策のつもりです。 妊娠がストレスをおこしているところに、風疹の心配が加わったら、いわばダブルパンチです。わるくすれば、そのストレスが風疹の形をとらないとはかぎらないと思います。 ビタミンC大量投与の急先鋒はアメリカのクレナーですが、彼にいわせれば、ウイルス感染症にかかった体重50kgの成人には、2~4時間毎に3.2~11.0gが必要ということです。そこまでやれば、ウイルスは発育も増殖もできなくなる、というのです。 むろん、ここには個体差の問題が隠れているわけですから、いざ実行となったら、各自に適切な判断をしなければなりません。ただ、大量にとるにこしたことはない、という原則はあります。ビタミンCをとりすぎたところで、せいぜい下痢ぐらいのもので、心配は無用です。 1)の場合にも、風疹と診断されたら、すぐにビタミンCをやるのが正しいと思います。 また、2)には妊娠中毒という病名がでていますが、これにもビタミンCが効いた、という報告があるのです。 妊娠は、とにかくストレスをおこしているのですから、風疹の心配をする前から、高タンパク食とビタミンCとを心がけるべきだと思います。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーウイルス感染症予防には、普段から高タンパク食+Cでインターフェロン合成機能を高めておくことが必要。ウイルス感染症の初期には、Cの大量服用。1時間ごとに1~2gを5~10回。20~50gの大量服用が出来ればウイルスのDNA,RNAを切断できる。Cの大量服用でお腹が下る量がその人の最大服用量。ホッファーの本では、普段は2~3gしかCを飲めない人でも、ウイルス感染症時にはその2-3倍服用してもお腹を下さないそうだ。つまり、Cを服用できる最大量は体調により変動する。あまり量が飲めない人には、C点滴が良いはず。ウイルス感染症に対して、陶板浴+C点滴が最強。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1251391668310488

      39
      テーマ:
  • 23 Mar
    • 1、健康になりたければ全ての精製糖質を止める

      1、健康になりたければ全ての精製糖質を止めるAbram Hoffer:Orthomolecular Medicine For Everyone、よりホッファーの本は、全330ページの最初の40ページは、精製糖質を止めることの重要性が詳細に記載されている。サプリメントを摂る前に糖質制限が重要であることが強調されている。ガン、心疾患、動脈硬化疾患、精神病など全ての慢性疾患は、18世紀の産業革命頃に糖質精製技術か確立し、精製糖質を摂取するようになって急増した。精製糖質は、砂糖、小麦粉、白米、とほぼ同義。精製することにより、タンパク質、脂肪酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維が削ぎ落とされ、質的な栄養失調を生じる。(質的な栄養失調=糖質過多+タンパク不足+脂肪酸不足+ビタミン不足+ミネラル不足)。つまり、補酵素の確率的親和力の低い脆弱な体質の人は若くして病気を発症してしまう。例えば学習障害、注意欠損性多動性障害、統合失調症、など。補酵素の確率的親和力の比較的高い人でも、中年以降になると、肥満、高血圧、糖尿病、、高脂血症、ガンになってしまう。質的な栄養失調により、「潜在的なビタミン不足」の人が多数。「潜在的なビタミン不足」は、B1不足による脚気、ナイアシン不足によるペラグラ、C不足による壊血病、D不足によるくる病、など。例えば、鼻血が出やすい人、歯茎から出血しやすい人、頻繁に風邪を引く人、繰り返しヘルペスになる人は、C不足による潜在性壊血病。骨折しやすい人はD不足による潜在性くる病。イモ、ニンジン、トマト、蜂蜜など非精製糖質は質的な栄養失調を生じないので、重症糖尿病の人を除けば、ある程度は摂取してもかまわない、と書かれていた。”全体を食べることが重要”と書かれており、食べるなら皮ごと種ごと食べるべきだろう。しかし、最近の野菜、果物は品種改良が行われており、自分が子供の頃のものとは全く違うものになっている。子供の頃の野菜はエグくて食べにくかったし、果物もとても酸っぱかった。つまり品種改良は、糖度を高め、タンパク質、脂肪酸、ビタミン、ミネラルなどの他の栄養素は激減しているため、あまり量を食べない方が良いだろう。特に、コンビニで売られている野菜はビタミンはゼロだろう。アレルギーを生じる食物を止めることの重要性も強調されていた。小麦グルテン、牛乳カゼイン、など。グルテンやカゼインにより「脳アレルギー」を生じ、発達障害を悪化させる。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1250402888409366

      85
      2
      テーマ:
  • 22 Mar
    • メグビーE

      メグビーEうちのがnow E−400IU 1200IUでは生理痛が治らないと言うので、メグビーEを注文。吸収率3、4倍らしい。これで治らないと他に方法があるのだろうか?元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1249950701787918

      35
      テーマ:
    • 自然治癒の健康相談ー13,不妊症

      自然治癒の健康相談ー13,不妊症三石巌:全業績ー6、分子栄養学の健康相談、より27歳の主婦;月経が年に1~2回しかなく、結婚3年目ですが妊娠しません。通院して1年、クロミット、セキソビットとHCG注射を併用していますが、効き目がありません。こんどは、五つ子で有名なHMGを使うといわれ、不安なのですが。私のアドバイス、 赤ちゃんがほしい人が、八方手をつくすのは当然です。排卵誘発剤の使用も、もっともだと思います。 ただここに、私の経験がいくつかありますので、参考のために、その一つを紹介しておきます。 その主人は43歳、奥さんは42歳という年で、子供がありませんでした。結婚後すでに9年もたっていたのですから、本人たちも周囲のものも、あきらめかけていました。 私は、ビタミンEの50IUのカプセルを1日10個やってはどうか、とアドバイスをしました。むろん、これをご両人にすすめたわけです。1日500IUですから、ちょっと費用がかかります。しかし、お子さんがほしい場合、たいていの人は、いくらお金がかかってもかまわないというものです。 これを半年続けて、めでたく妊娠に成功しました。このように上手くいったケースはほかにも沢山あります。排卵誘発剤の世話にならずに子宝に恵まれる方法がある、ということです。ただし、ビタミンEの一日量を4000IUにふやすまで成功しなかった例もあります。 むろん、ビタミンEで百発百中などということはないでしょう。それにしても、赤ちゃんのほしい人が最初に手をだすべきものは、排卵誘発剤ではなく、ビタミンEだと私は思っています。 このようなことがあるからといって、ビタミンEを、妊娠のための薬だと考えてはまちがいです。日常の食習慣のなかでビタミンEが欠乏していたからこそ、不妊の状態があった、と考えるべきです。だから、原因は栄養失調という見方になります。しかし、ビタミンEを豊富にふくむ食品というのが、小麦や米の胚芽であったりピーナッツであったりでは、知らないままに欠乏におちいったとしても、ふしぎはないでしょう。サラダオイルや魚油のように、ビタミンEを食う食品もあるのですから、油断はできません。 ビタミンEは、性ホルモンの分泌を正常化します。性ホルモンは、副腎皮質、精巣、卵巣でつくられますが、そのもとじめは脳下垂体前葉にあります。ここから、性腺刺激ホルモンも、副腎皮質刺激ホルモンも分泌されるのです。ビタミンEは、たぶん、脳下垂体でも、副腎皮質でも、精巣でも、卵巣でも、重要な役割をもっているのでしょう。 不妊に克服のためには、男性の協力が必要です。不妊の原因の30~50%は男性にあるといわれているのですから、問題の原因を奥さんになすりつけるのは、無知というものです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー不妊の場合、夫婦でビタミンE400~4000IU。日常の食習慣のなかでビタミンEが欠乏していたからこそ、不妊の状態があった。鉄剤、フェロケルでフェリチンを50以上にしておくことも必要。低フェリチンでは不妊になります。また当然ながら、夫婦で高タンパク/低糖質食。糖質まみれの食生活で低タンパクではダメに決まっています。しかし現実は、ジャンクフードを食べつつ不妊治療に通っている人が多いのではないでしょうか?結論、高タンパク/低糖質食+鉄+E(+C)。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1249382415178080

      46
      1
      テーマ:
  • 21 Mar
    • ホッファー、2冊目来た。

      ホッファー、2冊目来た。今月中は、1冊目を2回目の読書。この本は来月のお楽しみ。当分、楽しめそう。付いてきている人いる?元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1248876138562041

      28
      テーマ:
    • 日本人における栄養療法について、論点を整理する

      日本人における栄養療法について、論点を整理する質的な栄養失調=糖質過多+タンパク不足+脂肪酸不足+ビタミン不足+ミネラル不足。普通に食事をしている人は、多かれ少なかれ全員、質的な栄養失調がある。三石理論=高タンパク+メガビタミン+スカベンジャー、が三本柱。それに加え、適切な必須脂肪酸、適切なミネラル。C、E、B1重視。オーソモレキュラー(ホッファー)=精製糖質を止める+メガビタミン。それに加え、適切な必須脂肪酸、適切なミネラル。ナイアシン、C、B6、亜鉛重視。欧米では日本人の3倍肉を食べるためタンパク不足はベジタリアン以外では稀。また、小麦粉に鉄を入れているため、鉄不足は稀。魚介類を食べないので亜鉛不足、ω3不足が多い。白米を食べないのでB1不足は稀。従って、ホッファーの方法を直接取り入れても、日本人では効果に時間がかかる。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー日本人では、1)高タンパク/低糖質食+プロテイン+鉄にて、鉄タンパク不足を改善させることが最も最優先される。2)次に、C、E、B1を中心としたメガビタミン(三石理論)。3)その次に、ナイアシン、亜鉛、その他(ホッファーの方法)。上記の順序で改善を図るのが最も効率が良い。手順前後があれば改善に時間がかかる。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1248377488611906

      54
      テーマ:
  • 20 Mar
    • 輸血による鉄過剰症

      輸血による鉄過剰症自治医科大学内科学講座血液学部門、鈴木隆浩先生の講演資料より http://www.riona.jp/seminar/pdf/seminar151010report.pdf#search='%E9%88%B4%E6%9C%A8%E9%9A%86%E6%B5%A9+%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%B3'http://www.jichi.ac.jp/zoketsushogaihan/tetsufinal.pdf#search='%E9%88%B4%E6%9C%A8%E9%9A%86%E6%B5%A9+%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%B3'輸血後鉄過剰症は血液内科領域では重要な問題となっている。鉄過剰症の診断は、実際の臨床場面では、血液中の血清フェリチン値を測定している。血清フェリチン値は体内鉄量を示す良いマーカーであるが、血清フェリチン値を変動させる原因が複数あることにも注意が必要である。病態を判断する際はフェリチン値が鉄過剰によるものか、別の原因によるものかを判断する事も重要である。血清フェリチン値を上昇させる疾患としては、がんや造血器悪性腫瘍、慢性肝障害、慢性炎症、自己免疫疾患、感染症が知られている(解説;細胞が壊れる病気=ミトコンドリア膜にある鉄が血液中に流出)。総赤血球輸血量40単位患者の75%は血清フェリチン値が1000ng/mLを超え、輸血後鉄過剰症となると臓器障害を引き起こす。輸血後鉄過剰症への対処としては鉄キレート療法があり、鉄キレート剤を使用することで臓器障害を予防、改善できる。輸血後鉄過剰症では血清フェリチン値500~1000を維持目標とする。フェリチン値500以上=軽度鉄過剰症フェリチン値1000以上=鉄過剰症で臓器障害ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー鉄剤投与による鉄不足の改善目標フェリチン値は100全く危険性のない安全な治療であることがわかると思います毎月400例の女性に鉄剤を処方しています今まで700-800例に鉄剤を投与したはずしかし、鉄過剰症は一人もいない15-50歳女性ではどうやってもフェリチン値が100に届かない人が多数腸管から吸収されるのはタンパクと結合した鉄であり、鉄イオンではない鉄過剰症は、フェジン頻回静注や輸血により血管内に直接鉄を入れる場合のみに生じるフェジンはタンパクと結合していない鉄イオン下記ファイルも参照を鉄不足があるとガンになりやすいhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/923996531050005元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/941147796001545

      39
      テーマ:
    • 自然治癒の健康相談ー12,流産

      自然治癒の健康相談ー12,流産三石巌:全業績ー6、分子栄養学の健康相談、より1)32歳の妊婦、これまで何度か流産をしました。私はひどい頭痛もちで、よく頭痛薬をのみます。流産や奇形児の心配はないものでしょうか。つわりのときは、鎮静剤をのんでいました。2)28歳の主婦、一児の母です。これまで三回も流産し、習慣性になっている、と医師にいわれました。最初のお産のあと、一年半して中絶したせいかと後悔しています。ぜひ、もう一人ほしいのですが。3)25歳の主婦、結婚後5年になります。一回流産し、その後、卵巣嚢腫のため左卵巣を摘除されあました。手術の後遺症か、足、腰がときどき痛みます。最近、また流産してしまいました。習慣性流産でしょうか。私のアドバイス、 1)の場合ですが、習慣性流産と頭痛とのあいだには、共通の原因が考えられます。どちらも、ビタミンEの不足でおこるからです。 スイスの統計ですが、流産の習慣のある婦人にビタミンEをあたえると、正常な出産に成功する割合は、流産の2回経験者で59%、3回経験者では23%という成績がでています。ビタミンEをのんだら、頭痛薬も安定剤もなしで、頭痛がなおり、正常なお産ができる可能性があると思います。  ビタミンEには、天然品と合成品があります。天然品は小麦胚芽油からとったものです。抗酸化作用の点では、天然品も合成品もたぶんちがいがありませんが、抗流産作用となると、合成品は劣ると思います。 ビタミンEの抗流産作用は、ホルモン分泌の調整、胎児の血行改善、子宮運動の抑制などによると考えられています。 ビタミンEの一日量は、400IUが最低と思います。 2)の質問者に対して専門医は、黄体ホルモンについて説明していますが、これはすべての性ホルモンの前駆体で、いわばこの問題のカギをにぎるホルモンです。そしてこれをつくる代謝にビタミンEが関係しているのです。 流産の心配をする人が、最初に目をつけなければならないのは、ビタミンEだと思います。 専門医もいわれることであり、理論的に考えても当たり前のことですが、中絶は、頸管裂傷でもつくらないかぎり、流産の原因にはならないはずではありませんか。 3)の場合ですが、専門医はストレスをとりあげています。よく「病は気から」といいますが、この「気」はストレスの原因のストレッサーをさしています。ストレスに強くなるためには、ビタミンC、ビタミンE、タンパク質の三つが重要であることは、再三繰り返したところです。気になることがあったら、まずなにをおいても、この三つに手を出すことだ、と私は思います。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー習慣性流産にはビタミンE1(d-αトコフェロール)400~800IU。E1は、コレステロール→プレグネノロン→プロゲステロン(黄体ホルモン)の代謝の補酵素。プロゲステロンから、エストロゲン、テストステロンが作られます。当然、高タンパク食、ビタミンCも必要。 元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1247500265366295

      35
      テーマ:
  • 18 Mar
    • 塩のNo.1とNo.2

      塩のNo.1とNo.2KはNaに拮抗して降圧作用がある。MgはCaに拮抗して血管攣縮抑制作用、筋弛緩作用がある。つまり、K、Mgの含有量が多い塩が良い塩。世界中の塩の中でNo.1は”ぬちまーす”、No.2は”雪塩”。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1245548925561429

      82
      テーマ:
  • 17 Mar
    • 自然治癒の健康相談ー11,頭痛

      自然治癒の健康相談ー11,頭痛三石巌:全業績ー6、分子栄養学の健康相談、より28歳の男性;学生時代から頭痛持ちでしたが、最近は3日に1日は頭痛に悩まされています。そのときは食欲もなくなります。薬は一時的にしか効きません。なお、精密検査の結果、軽い胃潰瘍と診断されましたが、誤診ではないでしょうか。私のアドバイス、 専門委の回答には、頭痛と胃腸症状とが共通の原因からきた、という見解が述べられています。その原因として、ストレスやビタミン欠乏などがあげられています。私としては、ビタミン欠乏に焦点をあわせたいのです。 高血圧とか脳腫瘍とかを心配して病院の門をたたく前に、また、トランキライザーに手をだすまえに、無難な治療法をとるのが順序だと思います。専門医の示唆するとおり、ビタミン不足を想定して、それを服用してみることです。 脳に障害のない場合の頭痛は、酸欠によるものが大多数です。これは、ビタミンEの服用でなおります。わたしたちの呼吸する酸素の平均43%は、不飽和脂肪酸の酸化に使われるといわれています。この酸化は、エネルギーの発生とは無関係で、過酸化脂質をつくります。そしてそれは、全く無駄で、しかも有害な化学反応です。 この不飽和脂肪酸の自動酸化を防ぐことができれば、有効な酸素が二倍ちかくにふえるわけですから、脳の酸欠は救えることになります。そして、これを防ぐのが、ビタミンEの役割の一つなのです。 血液のなかの不飽和脂肪酸が自動酸化をおこして過酸化脂質になると、血液がねばってきます。これでは、脳の血行がスムーズにゆくはずがありません。しかも、血液のはこぶ酸素は少ないのです。脳の酸欠は当然の結果でしょう。そして、それが頭痛をひきおこすのです。 ビタミンEのこのはたらきを抗酸化作用といいますが、抗酸化作用をもつ物質が不足すると、胃壁の細胞膜にふくまれている不飽和脂肪酸も、自動酸化をおこします。すると、細胞膜がいたんでただれてきます。これが胃におきれば、胃潰瘍です。 頭痛と胃潰瘍が共通の原因でおこることが、おわかりでしょう。頭痛が長年つづいているとすると、魚のような不飽和脂肪酸の多いものをよけいにとる食習慣がおありかどうか、知りたくなります。 頭痛はストレッサーの一つですから、これによって、ビタミンCとタンパク質の大量消費がおきているはずです。ビタミンEとともに、ビタミンCとタンパク質とを補給すれば、体調はめっきりよくなるはずです。 もし、そこまでしてもどうにもならなかったら、観念して専門医をたずね、その指示を受けることにしましょう。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー頭痛に対しては、ビタミンE、ビタミンC、タンパク質。ビタミンEにより血液粘度が低下して血流が改善する。そして、無駄な酸素消費を抑制し、酸欠を防ぐ。ホッファーの本では、頭痛に対して、ナイアシン3g+ビタミンC3gが効果があると書いてあった。ナイアシンは末梢血管拡張作用がある。処方薬のユベラニコチネートは、ナイアシン+ビタミンE(合成型dlートコフェロール)。末梢循環改善作用があり、手足の冷えやしもやけなどにはとてもよく効く。頭痛にも効果があるのではないか、試してみよう。しかし、サプリメントのナイアシン500mg*3~6錠+NowE-400(d-αートコフェロール)1~2錠のほうがさらに強力。元記事はこちら

      50
      テーマ:
  • 16 Mar
    • 70代女性 統合失調症 症例 後日談

      米を食べ過ぎて70代で統合失調症を発症した女性、完治しました 2017.3.16記1年前はこの記事高タンパク/低糖質食を続けているが、低アルブミン血症は改善しない。エビリファイがゼロでは症状が出るので、1.5mgで継続して症状は安定している。ナイアシン3g。鉄剤も続けているがフェリチンがなかなか上がらず、やっと50を超えた程度。低タンパク血症+低フェリチン、という体質的弱点があると思われる。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1244137509035904ーー(2016.3.16記)https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/notes40代の息子が統合失調症で15年間治療を継続、自分が勤務医時代から主治医として診ているここ数年、体重増加、HbgA1c6.2までの上昇があり、1年前より高タンパク/低糖質食+ナイアシン投与を行い、10kg以上の体重減少、HgbA1c正常化症例:70代前半、女性生来健康H27に入り、”やくざが来る”“家を取られる””ヘリコプターが怖い”と言うようになった(幻覚妄想状態、統合失調症)H27.5-10、国立病院機構A病院に入院して治療するも症状は全く改善せず幻聴、被害関係妄想、不安、恐怖が持続H27.10(退院の翌日)夫、息子、娘に連れられ来院A病院の処方は、エビリファイ6mg、ジェイゾロフト100mg、メイラックス2mg、セルシン6mg、フルニトラゼパム2mg入院前と同じように”やくざが来る”“家を取られる””ヘリコプターが怖い”との言動は続いている不安、恐怖が強く泣いてしまう振戦、固縮、等のパーキンソン症候群の副作用が強く小刻み歩行息子、娘のどちらが年上かわからなくなっている(見当識障害)エビリファイ、ジェイゾロフトは継続メイラックス、セルシン、フルニトラゼパム等のマイナートランキライザーは不眠がなければ中止と伝える高タンパク/低糖質食を指導(息子と同じ食事に変えるよう指導)ナイアシン開始Alb4.1↓、BUN17.1、フェリチン20↓1週後、再診マイナートランキライザーを止めて見当識障害はなくなった幻覚妄想はまだ強いご飯、パンは止めて卵、チーズ、肉、魚をしっかり食べているとナイアシンは500mg→1gフェルム追加その2週間後(3週目)恐怖感がかなり軽減、ヘリコプターが怖いと言わなくなった少し落ち着き妄想的な言動軽減しているナイアシン1gエビリファイ6mg→4.5mgその2週後(5週目)幻覚妄想はほぼ消失、怖いとは言わなくなったパーキンソン症状もかなり軽減して体の動きも良くなったナイアシン2.5gエビリファイ4.5mg→3mgその2週後(7週目)幻覚妄想は全くない病前の元気な姿に戻ったと家族が口を揃えて言う口唇の振るえが少し残っている歩いたり走ったり出来るようになったが足がやや重いと言うH28.1.この2ヶ月はジェイゾロフトを減量、100→75→50mgきっちり糖質制限を継続中すっかり元気、幻覚妄想は全くなく普通娘も”元気な頃のお母さんに戻った”と言う診察時の様子を見ても薬も必要なさそうな印象”以前は米を沢山食べていた”、そうですフェリチン33ジェイゾロフト25mgに減量ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーH28.2エビリファイ中止H28.3病的体験は全くない病前の元気な姿に戻っているジェイゾロフト中止糖質制限+フェルム1T+ナイアシン3gH27.10の処方は、エビリファイ6mg、ジェイゾロフト100mg、メイラックス2mg、セルシン6mg、フルニトラゼパム2mg    ↓H28.3の処方は、フェルム1Tこの症例もフェリチンが上がりにくい体質発病後1年以内ならこの症例のように完治する元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/938234332959558

      33
      テーマ:
    • アスコルビン酸粉末を水に溶かしたらすぐに飲まないと酸化されてしまう

      アスコルビン酸粉末を水に溶かしたらすぐに飲まないと酸化されてしまうホッファーの本、2回目読んでいます。1回目の理解度は70%程度、2回目の理解度は98%で、ほぼ完全に理解できている。診療の合間に読んでいるので半日で15ページ程度のペース。現在、105/330ページ。1回目には気付かず見落としていた所も結構ある。アスコルビン酸粉末(ビタミンC)について、水に溶かして暫くすると酸化されてしまい、本来の抗酸化力がなくなると記載されていました。時間的には、リンゴの皮をむいて色が変わる位の時間で酸化されてしまうのではないかと思う。しかしこの本、歴史的名著だ。臨床医必読の本だと思う。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1244091245707197

      41
      テーマ:
    • どうして医師は栄養療法に抵抗を示すのか

      どうして医師は栄養療法に抵抗を示すのかリチャード・カニン:メガ・ニュートリション(1984)、より なぜ、これほど多くの知性のある医師や行政官が、ビタミン大量投与、大量栄養療法にこんなにまでの抵抗を示すのかを説明するのは難しい。広く受け入れられている薬物療法が有害だということが分かっていながら、医師向けの治療指導でビタミン・ミネラル療法が忌み嫌われ、時には禁止されることもあるということが、不思議に思われてならない。なかでも、統合失調症の治療にビタミンの大量療法を試してみた医師の間に、これは効く、劇的に効くこともあると、全員が一致して認めているらしいと聞くに至っては、何がどうなっているのかわからなくなる。にもかかわらず、とにかく、この療法に対する医師や看護師の態度が、ずっと否定的なものだったというのは事実である。病院も、患者がビタミン療法を受けることを許可するのに難色を示し続けてきた。大量投与にたいしてだけではなく、総合ビタミン剤を与え、砂糖とコーヒーの取り過ぎを避けるというようなことにたいしてさえも難色を示したのである。 二重盲験法を使った二種類の研究の結果、食餌からただ小麦と牛乳を除くという簡単な処置をするだけで、入院中の重度の統合失調症患者の回復期間が半分に縮まったことが明らかとなっている。しかし、この単純に食生活を変えるだけで良いというメッセージは、ほとんどの病院や担当医には届かないのである。今から10年以上も前の1968年に。フランシス・ドーハン博士が、小麦はイライラや偏執狂(パラノイア)を引き起こすという内容の研究報告を出版して、大いに認められているにもかかわらず、である。 ビタミン大量療法をめぐり、仲間の医師から排斥を受け追放されてしまった医師もいるのを私は知っている。この種の治療法を行った結果、成果があったと主張して、医師の資格なしと責め立てられている精神科医もいる。私は個人的に二人の看護師を治療した。彼女らの健康と職業人としてのキャリアは、ナイアシンの大量投与と正常分子治療で救われたのである。しかしそれでも二人とも、今の職をクビにされないようにこのことは秘密にしておかなければと感じていた。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー医学部では栄養学を一切教えない。つまり、先進国では”栄養障害なんてあり得ない”ということが前提となっている。このことが現在の医学の最大の間違い。多くの医学会は製薬会社がスポンサーとなり、資金を提供している。学会のランチョンセミナーは製薬会社から提供された弁当を食べ、新薬の説明を受ける。医師会館やホテルで行われる製薬会社がらみの勉強会も全てその内容。医者は皆、真面目に習うことだけに熱心で、実は自らの頭では何も考えていない。だから、今まで習ったことがまさか大インチキだなんて疑うことさえもしない。だから、栄養で病気が治ると主張しても、”そんなことある分けねーだろー””エビデンスを出せ”、などという大合唱となってしまう。全員質的な栄養失調、つまり、糖質過多+タンパク不足+脂肪酸不足+ビタミン不足+ミネラル不足、これが正解。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1243769792406009

      95
      3
      テーマ:
  • 15 Mar
    • 自然治癒の健康相談ー10,貧血

      自然治癒の健康相談ー10,貧血三石巌:全業績ー6、分子栄養学の健康相談、より15歳の女子高生;最近、疲れやすく、駅の階段を上がるときなど、息切れがします。友人や家族から、顔色が黄ばんでいるといわれます。寝起きが悪く、夕方に足がむくんでいることもあります。貧血ではないかと思いますが。私のアドバイス、 現在、女性の鉄欠乏性貧血は世界的に広まっていますが、この原因は、昔ながらの、さびる包丁やナイフが、ステンレス製にかわったためです。私たちは、調理や食事のさいに自動的に鉄さびを口にいれていたのに、それがなくなったのが原因の一つとされています。 専門医は鉄剤の服用を勧めていますが、それがもっとも無難かつ確実な方法です。 ところで、質問者の場合、この全症状を鉄欠乏だけで説明することには、疑問があります。基調として、低タンパク食を想定したいのです。低タンパク食がつづくと、肝機能の低下や、低タンパク血症がおきます。顔色の黄ばんだ原因を前者に、足のむくみ(浮腫)の原因を後者に結びつけたいと思います。疲れやすさは、貧血からもきますが、肝機能低下からもきます。 低タンパク血症というのは、血中タンパク濃度が低くなっている状態なので、自然、血液は水っぽくなります。すると、血液は、血中タンパク濃度を上げようとして、水を血管の外に追いだそうとします。この水をふくんだ組織に、むくみがおきるのです。なお。ヘモグロビンは、鉄をタンパク質がかかえこんだ形の分子であって、いわゆる複合タンパクに属します。ですから、タンパク質が不足でも、ヘモグロビンは十分にできないのです。質問者の場合、低タンパク食を想定した背景には、このようなこともからんでいるわけです。 ヘモグロビンをも含めて、血液やその成分をつくる機能を造血機能といいますが、造血機能そのものは「代謝」ですから、酵素を必要とし、さらに助酵素(補酵素)を必要とします。その酵素はタンパク質ですから、タンパク質の補給が十分でなかったら、アウトです。そして、造血に働く助酵素としては、ビタミンB6、B12、C、E、葉酸などがあげられます。かりに鉄やタンパク質に不足はなくても、、これら造血ビタミンが不足していれば、造血機能がスムーズに行われるはずがはないのです。 私としては、質問者のような思春期の特徴として、ビタミンEの血中濃度が低い傾向がある、という事実が気になります。もし質問者に、生理痛があったら、その確率はおそらく90%をこえるでしょう。 専門医の指示された鉄剤の服用は、鉄不足の生活からきたものです。したがって、食生活の改善がないかぎり、その服用をやめるわけにはいかない、というのが私の意見です。 結局、鉄剤のほかに必要なのは、ビタミンB12のための魚卵、葉酸のための葉菜類などを食生活の中にとりこむことと、高タンパク食と、ビタミンE、ビタミンCなどをとることです。たぶんこれによって、故障のすべてが消えることでしょう。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー貧血=鉄タンパク不足。鉄剤を飲んでもフェリチンが上がらない人は全員タンパク不足。毎日、何度も何度も、”卵、肉、魚をもっと食べるように”と指導している。女性は食が細いので、食事だけでは十分量のタンパク質が摂れない。つまり、高タンパク食+プロテイン。家のもメグビープロをはじめて、やっとフェリチンが50を超えた。B50コンプレックス、C、Eを追加するとさらに良いはず。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1242838849165770

      58
      1
      テーマ:
  • 14 Mar
    • レシチン顆粒

      レシチン顆粒レシチン錠剤はかなり大きいので、飲み込むのも苦労する。写真がレシチン顆粒。何これ、鳥のエサみたい。油なので水には溶けない。レシチンコーヒー、レシチンスープ、レシチン味噌汁、など色々試してみよう。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1242354915880830

      49
      テーマ:
    • 法律上の理由から、アメリカの医師はガンのための栄養処方は作れない

      法律上の理由から、アメリカの医師はガンのための栄養処方は作れないリチャード・カニン:メガ・ニュートリション(1984)、より 私が開業しているカリフォルニア州では、レアトリル(アンズや桃の実の核から得る制ガン薬)の歴史があることが主な理由だと思うのだが、どんなガンに対しても栄養処方をするのは違法とされている。乱暴な言い方をすれば、私は自分が提唱していることを実践するのを禁じられているのである。 私に出来ることは、「一般的な」栄養プログラムを処方することだけだったが、その処方の中に毛髪分析、食餌調査で不足が明らかになった重要なビタミンやミネラルを盛り込むことは忘れなかった。ビタミンCであるアスコルビン酸を大量投与してガンを治療するライナス・ポーリングとエワン・キャメロンの前途有望な研究のことも話したし、彼女の健康一般のために余分にビタミンEとセレニウム(セレン)を処方することもできた。また、一般的な抵抗力をつけるためにだが、豆類や未精製穀物などの野菜類からのメチオニンの摂取量を増やすようにとのアドバイスもした。 しかし法律があるため、「私の力を最大限に発揮した栄養処方を作ることは出来なかった」。こうして法律を気にしながら用心して処方を行っているうちに、自分が行っている栄養についての一般的なアドバイスにも、自信が持てなくなってきた。馬鹿げた法律がなければ、こんな気分にはならなかったであろうが。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー筆者は精神科医。当時、オーソモレキュラー医学会の会長はポーリング、副会長が筆者のカニン。カニンは、抗精神病薬の副作用である遅発性ジスキネジアが、マンガン不足により生じることを発見した。マンガン投与で遅発性ジスキネジアが改善することを報告しており、これはホッファーの本にも書いてあった。「法律上の理由から、アメリカの医師はガンのための栄養処方は作れない」なんて、凄い話ですね。栄養療法は「異端」なので正統な医学界から認められないそうだ。「異端」だけではなく、「違法」なので最悪の場合、医師免許を剥奪される。今はどうなんだろう?ここら辺の事情については、森山晃嗣先生が詳しい。https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1353421381416224&set=a.228138157277891.52499.100002451259597&type=3&theater”第23回代替 統合療法 日本がんコンベンション‼️ボランティアミーテイングは13:00から‼️””西洋医学の多くの医師から インチキ療法とか エビデンスが無いとか---⁉️例えば-----メキシコ テファナ市のオアシス病院は1960年から代替統合療法の取組む病院----患者の記録など100000人----10万人を超えている‼️””これをエビデンスが無いと 誰が言えるのでしょうか”ホッファーの本にも書いてあったが、オーソモレキュラー医学誌は、40年以上の歴史があり、論文採択にピアレビューがあるにもかかわらず、MEDLINEに掲載を拒否され続けているそうだ。何度掲載を求めてもダメらしい。だから、MEDLINEでAbram Hofferで検索しても何も引っかからない。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1241938375922484

      44
      テーマ:
  • 13 Mar
    • 自然治癒の健康相談ー9,ダイエット

      自然治癒の健康相談ー9,ダイエット三石巌:全業績ー6、分子栄養学の健康相談、より50歳の主婦;身長は155センチしかないのに、体重は65kgもあります。医者から減食をすすめられているのですが、三日と続きません。減食しないで痩せる方法があれば、助かります。私のアドバイス、 顔でも足でも、どこをみてもそうですが、皮下脂肪はそこに居座っている感じです。しかし事実はそうではなく、皮下脂肪もまた、分解し、新しいものがあとをうめるのです。この回転はノンビリしたものではなく、ラットの実験では半減期が2~3日しかありません。2日か3日のうちに、半分が新旧交代をおえるというのですから、かなりのスピードです。 からだとおなじ物質をつくる代謝を同化、からだをつくる物質を壊す代謝を異化といいます。脂肪組織で、異化と同化とがバランスしていれば、肥満状態が定常化していることになるわけです。ということは、やせたい人は、異化を同化よりも優勢にすればよい、ということになります。 脂肪組織の異化では、脂肪酸が発生します。そしてこれは、人体のエネルギー源として最大のものです。だから、エネルギーを使えば、脂肪組織の異化が高まるわけです。それで、美容体操とかマラソンとか、エネルギー消費の大きい作業がやせる方法といわれることになるのです。 しかし、脂肪を1kgへらすためには、東京から三島市まで歩かなければならないと聞いたら、がっかりする人が多いだろうと思います。運動で体重をへらすのは、なまやさしい企てでないことがおわかりでしょう。 わたしたちのからだのエネルギー消費は、筋肉の運動によってだけ、おこるのではありません。消化液をつくるのにも、消化をするのにも、神経が信号をだすのにも、からだのなかのできごとで、エネルギーを必要としないものは一つもありません。べつにスポーツをやらなくても、脂肪の異化はまちがいなしに進行します。たからあなたは、異化のスムーズな進行をはかることと、脂肪の原料をとるのをひかえて、同化レベルをさげることを考えればよいのです。 脂肪組織の脂肪の原料には、脂肪酸もありますが、主としてブドウ糖が使われます。だから、糖質をひかえることです。それでは減食ではないか、減食はまっぴらと、あなたはおっしゃいますが、糖質の代わりにタンパク質をとればよいのです。 アルコールには、糖をエネルギー化せずに脂肪化する作用があります。したがって、酒をたしなむときには、とくに糖質を遠慮することです。 すべての代謝は酵素のなかだちによって行われますが、酵素はタンパク質であって、タンパク食品を原料として作られるものです。脂肪の異化という代謝にも、酵素、すなわちタンパク質がなければならないのです。ういうわけで、糖質をタンパク質にかえれば、べつに減食せずにやせる方向への動きがでてくるはずです。 それから、タンパク質の必要量をどうやってとるか、という問題がのこりました。わたしたちの日常の食事だと、腹いっぱいたべても、十分量のタンパク質がとれない場合がめずらしくありません。そこには、だきあわせで、かなりの量の糖質や脂肪が入ってくることをまぬかれないのです。 ここで、例の配合タンパク(プロテイン)がものをいう番がきました。このものは食品から脂質や糖質の大部分を除去してありますから、純粋にタンパク質だけをとる目的にかないます。 つぎはビタミンCの問題ですが、これはあったほうがよい、と思います。というのは、この食事では、それがストレッサーとなります。ストレスがおきると、体タンパクの分解がはじまって不利な条件を生むからです。そして、ビタミンCには、ストレッサーに対抗するはたらきがあるので、これを添加することには、調味の問題以上の意義があるのです。 ここでいちばん気になるのは、空腹感の問題です。くるしくなった人は、高タンパク食になにかを適当に追加していただきましょう。やせる方法の大原則が、タンパク質と糖質との比の値を大きくすることにあることを忘れないでください。 なお、代謝性肥満といって、エネルギーを糖にもとめず、もっぱら脂肪にたよるタイプの人がやせるためには、糖分を完全にカットする必要があるでしょう。 -----------------------無駄な脂肪を落として痩せるためにはタンパク質を増やし、糖質を減らす。つまり、「タンパク質/糖質の比を上げる」、三石先生、流石です。まだ糖質制限という言葉がなかった30年前に、正しいダイエットの方法がすでに記されている。「酒を飲むなら糖質は摂るな」とも書かれている。質的な栄養失調(タンパク不足)では痩せない。肥満で質的な栄養失調の人、きわめて多数。”痩せるために運動します”と主張する人がいる。その人には、ランニングで1kg痩せるためには100km走る必要があります。ウオーキングで1kg痩せるためには300km歩く必要があります、と伝えている。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1240954852687503

      50
      2
      テーマ:
  • 11 Mar
    • ビタミンC

      ビタミンC朝、メグビーミックス(C2g)夜、エスターC(1g)エスターCは徐放型で通常のものより6倍効果があると言われている。ドラッグストアで買ったC、これが一番美味しいと思う。自宅、クリニック、車でボリボリやっています。 元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1238816632901325

      74
      テーマ:

プロフィール

AD

ランキング

総合ランキング
2579 位
総合月間
1833 位
メンタルヘルス
36 位
健康・医療
35 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。