こたつ通販

ブログです


テーマ:
身体の小さな子供には、座面までの高さが低いこたつが最適です。高い椅子に座らせると、そこから間違って落ちてしまう不安があります。でも、こたつなら、簡単に座ったり、立ったりする事ができます。急に寝る事がある子供は、その場で急に寝てしまう事があります。



こたつなら、急に寝ても、危険ではありません。今のこたつは、自動的に熱を下げてくれる機能があります。子供でも安心して入っている事ができます。



そんなこたつには、国産のこたつがあります。国産の丈夫で品のある木を使っているので、艶と光沢があります。壊れにくいので、長年に渡り、使う事ができます。エコにも繋がります。布団も国産で、そのしっかりとした縫い方が人気です。肌に優しい綿を100%使っているので、肌触りが最高です。シワで悩んでいる人には最適な国産の布団です。



丸ごと布団を洗っても、簡単にほつれたりしません。今の布団は、自宅の洗濯機で簡単に洗う事ができるものもあり、衛生的で便利に使えます。


AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
冬が近づいてきて寒くなってきました。寒くなってくると暖房が必要になってきますよね、そんな暖房と言えばこたつは日本人には欠かせない重要な暖房機器になっていると思いますが、一人暮らしをしているとこたつさえあればストーブがなくても意外と過ごせます。



そんな一人暮らしを支えるこたつですが、私は以前苦労したことがあります。



それは、冬の前に今まで使用していたこたつが壊れてしまったこと、冬の準備のためにこたつを出してスイッチを点検のために入れてみましたが、まったく反応しないことに気がつきました。



まったく予想していない状況に焦りました、実はその時はかなりの金欠で節約生活を送っていました、なのでなるべくこたつにお金をかけたくはない、しかしこたつが無いと寒い冬を越すことはできません。



仕方なくお店を色々見てこたつを探しましたが、予算に合うこたつが見つからない、諦めかけてインターネットの通販サイトを見てみると、一人暮らし用の小さなこたつが格安で売っていました。



本当にこたつの通販があって助かりました。今考えるとこたつの通販はかなりお得でした。



一人暮らしの助けになるこたつの通販、今でも本当に感謝しています。
AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は結婚して海外に住むようになりました。

海外に住むようになってもう、10年たちます。



10年もたつので、こちらの生活にもだいぶ慣れました。

ですが、一つだけ日本の生活に戻りたいと思う時があります。

それは冬にこたつがある生活がうらやましいということです。



もちろん私の住んでいる国にはこたつはありません。

冬は床暖房があるので、こたつは必要ないです。



ですが、12月になり大晦日になると

ふと、日本の事を思い出します。

特に紅白歌合戦を見ると、こたつに入って見ていた事を思い出します。



こちらの国でもNHKが放送されているので、日本と同じ時間に紅白歌合戦を

見ることができます。

しかしソファーに座って見ていると、なんだか物足りないような

足元が寒いような気がしてくるんです。



やっぱり日本でずっと暮らしてきた私にとって

こちらで10年過ごしたとしても、日本の習慣は忘れられません。

こたつがあると掃除が大変という人もいますが、日本にこたつがあるということは

とてもうらやましく思います。

こたつ通販
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
わが家は四人家族で長方形のこたつを使っています。

長方形なので短い辺と長い辺があるのは当たり前のことですが、

どの辺に座るかによって、自分に与えられた机上のスペースの広さが変わるみたいな

変な暗黙のルールがあるのです。

だから、誰が一番にどこに座るかという静かなる争いが繰り広げられるわけです。

だいたいいつも早い者勝ちですが…。

辺の場所取りがひと段落したら、今度はこたつの中での足の場所取り合戦が始まります。

この足誰の?とか、その足どけて!とか、ワイワイと賑やかです。

私はいつもこの争いに負けてしまうので、あまり場所がないのですが、

やっぱりこたつの暖かさが欲しくて、これまた静かなる反撃に入ります。

空いている場所をこたつの中で探して、暖をとります。

見た目がオシャレじゃない、と敬遠されていたこたつですが、

最近はデザインもいいものが多くて、テレビで流れているこたつのCMに見入ってしまうこともあります。

こたつを使うことによって起こる場所取り合戦で家族間の会話もできるようになりました。

今夜も争奪戦が始まります。
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本人たるもの、冬にコタツは欠かせない。私の家は洋室がメインですがコタツは必ず冬設置することにしている。やはり、昔からの習慣は欠かせないものでありどうしても使ってしまうのです。



実際コタツがあれば冬の寒さには耐えられる気がします。コタツの電源をつけていなくても、コタツのカバーをかけているだけで暖かさを十分に感じれるからわざわざコタツから出てまでコンセントをつけたくないというのが本音ではあるが。



でも出来ることなら昔の人たちが使っていた掘りゴタツがあるとなおいいと思います。やはり日本の伝統的な趣を感じれるからです。でも今の時代、そのような伝統が失われつつあるのでそこはやはり悲しいものです。



そしてコタツをつけていると、とても眠くなってくるのです。もちろんそこで寝てしまうと風邪を引いてしまう原因となるのですが気持ちいいから、そうなってしまうのも仕方がないのではないかと思います。



このようにコタツは今だなお、使っている家は多く、まだまだ需要はあり続けると思います。
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、家族のみんなが「寒い」とうるさく言うので、とうとうこたつを出しました。11月に入ってすぐのこの時期にもうこたつを出すなんて、我が家では最速記録かもしれません。

息子はこたつを見て、喜んでいました。まるで猫みたいです。一度入るとなかなか出ようとしません。今からそんなことでは、これからどんどん寒くなったらどうなるのか、心配になります。

食事のときもこたつに入りながらです。なので、今のまだ本格的な寒さではない時期では、暖かいものを食べると、暑くなります。息子なんて、汗がだらだらと流れるほどです。

こたつで食事は暖かくていいのですが、汚れるのがいやです。特に息子は、よくこぼします。こたつ布団がすぐに汚くなってしまいます。昨日に出したばかりのこたつなのに、すでに息子が座ったところはもう汚れています。うんざりです。いつになったら、こぼさずにきれいに食べてくれるんだろう、と思ってしまいます。

でも、みんなでこたつに入って食事をすると、小さくまとまって、一家団欒という感じがいっそう増すので、その点は嬉しいです。
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こたつというのは家族団らんの場所である居間やリビングの真ん中にあることがほとんどだと思いますが、それだけにこたつ一つで部屋の雰囲気がずいぶんと変わるものです。

我が家では以前こたつの掛敷布団は薄い茶色のものを使用していたのですが、だんだんと古くくたびれてきたために二年ほど前に買い換えました。そして新しく買い換えたものは赤の和風柄の掛敷布団だったのですが、これだけでずいぶんと部屋の雰囲気が変わりました。茶色から赤になりどことなく部屋全体の雰囲気が明るくなったといった感じです。

またこたつの掛敷布団をセットにすることで、部屋全体の調和が取れるような気もします。なので我が家では必ず掛敷布団はセットで購入するのですが、そうするとどちらか一方だけが古びてきた時にはもう一方はまだ使えるのにと思い、結局捨てずにクローゼットに仕舞ってあります。とはいえ片方だけになったものは使う機会はまずないのですが、ついもったいないと思ってしまうのでした。
いいね!(0)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
昔は当然のように、茶の間の真ん中にこたつがありました。テーブルの上にはみかんや干し芋が置いてあったものです。しかし、いつの間にかこたつが姿を消しました。畳の生活から、フローリングの生活に変化して、生活が西洋化してきました。しかし、冬になれば必ず話題になるのが、こたつを置くかどうかです。こたつが欠かせない人は大勢います。足元の冷えが苦手な人にはこたつは欠かせないアイテムです。外国でも注目されていて、日本文化が大好きな外国人には人気です。

こたつのデザインも進化しています。現代の家に合うように工夫されていて、冬以外にも、こたつカバーを取れば、一年中使用できるこたつが今は出ています。

わざわざ買いに行くのが面倒なら、こたつ通販サイトを利用しましょう。大手のインテリアチェーンで積極的に宣伝しているからご存知の人も多いでしょう。実物を見てからじゃないと買えないなら、店舗で確認して、通販サイトで購入しましょう。確認できて一石二鳥です。
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私が子供のころは、冬は必ずこたつがありました。

そのこたつに入ると、眠くなってしまうことが多かったです。

実際に子供のころは夕飯をこたつの上で食べてから、そのまま眠ってしまって布団まで親に運んでもらったことが多かったです。

うちにはそのころ父親しかいませんでしたが、父親は凄く優しい人だったのでした。

こたつは団地に引っ越ししても同じものをずっと使っていましたので、随分長持ちしたなと思いました。でも団地に引っ越してから父が亡くなってしまって、こたつが大きく感じるようになりました。

私は高校をでて大手の企業に就職して、その会社の同期の知人を紹介してもらって結婚しました。

結婚するときに旦那の親と同居して欲しいと言われて、3階建ての2世帯住宅に住むようになりました。3階には自分たちのスペースがありましたが、小さなこたつがありましたが、それは息子が生まれてから片付けてしまったのでした。

息子が大きくなってテレビでこたつを見て、「うちにもあのこたつを買って欲しい」と言われたのでした。大きめなこたつをこたつ通販で買うか検討してます。
いいね!(0)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。