1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年04月14日 22時00分27秒

市川市保育園建設問題にかかわる私の考えについて

テーマ:活動報告
市川市保育園建設中止に関する一連の案件に関しまして、
連日テレビや新聞などで大きく取り上げられています。
結果的には、報道などでご存知の通り、保育園整備に対する地域住民の理解が得られないと、
この状況下で開園した場合に園運営に不安を生じるため、
28年3月末に開設事業者が断念したということです。

日本全体の子育て施策に水を差すような状況となってしまったこと、
また、市川市の子育て環境が良くないかのように広まり、
信頼を損なう結果となってしまったことに関して、
市川の行政をチェック・サポートする議員の立場として残念に思っています。


市川の閑静な住宅街を舞台に起こったこの問題。
第一報を聞いた際には、住民自治の希薄な地域でのトラブルかな、と感じましたが、
どうもそのようではなさそうです。
道幅の狭い道路に面しており、100人規模の送り迎えが毎朝夕なされるに耐えうる環境
ではないという理由からの反対運動で、
確かに、子供の声がうるさいという意見もあったことは事実ですが、
それは反対理由の最後のほうに記された一部の声だそうです。


それをあたかも、「子供の声がうるさいから保育園の建設に反対した地域がありました」
というようなニュースとして
取り上げられてしまう報道の怖さを取り上げられた地域の立場として実感した次第です。

市川市以外の各地でも同様の事例が起きています。
地域住民の反対を受けて開設を断念した園や、
トラブルを防ぐために車での送迎は禁止、園内の駐輪場の設置、地域の行事への園児と職員の参加など、
条件を出してなんとか開設にこぎつけた園もあるようです。


今回、保育園の設置を希望する社会福祉法人より平成27年3月31日に
計画が申請されて以来の経緯も確認しましたが、

・子供たちの安全を考えつつも待機児童を解消したい行政
・子供たちへの支援は惜しまないが、住宅環境になじまないと考える地域住民
・市川市内の子育て施策に貢献できるよう準備を進めていた事業予定者

何度話し合いの機会を持っても、折衷案を探ってみても、
この三者の思いはジャンケンのようなパワーバランスで平行線をたどり、
その結果として起こってしまった、答えのない、誰が悪いといえる問題でないと感じております。
では、どうすれば良かったか?と考えてみても、
正直なところ、私にはまだ答えが見いだせていません。

しかし、この案件がさらに日本全体において子育て施策の充実を図る機運とした流れとなり
市川市においても、子育て施策を進めるための理解をより深めていくためのきっかけとなることを願っております。

なんとも歯切れが悪くて申し訳ありませんが、現時点での私の意見を述べさせていただきました。
皆さまのお考えがありましたら、ぜひご意見をお聞かせください。


市川市議会議員
田中幸太郎

AD
いいね!(19)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年01月06日 12時59分49秒

「新・塩浜ドッグラン」移設オープン

テーマ:活動報告
塩浜土地区画整理事業予定地を暫定活用して運営していた「塩浜ドッグラン」。

事業の準備に伴い閉鎖される予定でしたが、
二俣ドッグランは諸般の事情で利用できない事や、ペット愛好者の要望も多いことから
塩浜第2公園の余裕地を活用し、フェンスを使い回しすることでお金をかけない形で
移設された「新・塩浜ドッグラン」が本日オープンしました。

利用には、事前の会員登録が必要です。
詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.city.ichikawa.lg.jp/pub01/1111000064.html



ペットに関する施策の需要は、近年さらに市民ニーズが高まっています。
今後も、市民と行政のちょうどいい関係(協働)のサービス拡充を考えていきたいと思います。


申し遅れましたが、新年あけましておめでとうございます。
『少子高齢社会をどう乗り切ることができるか』を見据えて
皆さんのお役に立てるよう活動してまいりたいと思います。
本年もよろしくお願いします。


「子供にツケをまわさない」×「36歳NEWLEADER」
田中幸太郎


AD
いいね!(40)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015年12月09日 19時30分14秒

【一般質問予告③】水辺を活かしてもっと楽しい街にしよう!

テーマ:活動報告
12月10日10:00~ 市議会議場にて
一般質問を行います。

○水辺のまちづくりについて

その1
旧江戸川に関する質問です。
その昔この地域は、江戸と行徳を行き交う船の運航が盛んでした。
市川市の指定有形文化財第1号の常夜灯は、江戸時代の文化9年に
江戸の日本橋から成田山へ参詣する人たちが航路安全を祈願して建てたものです。


私は、古き良き歴史を継承し
陸側の側面だけではなく、水辺側からのまちづくりも大切と考えるひとりです。

現在の緊急船着場にはワイヤーが張られており船の離岸着岸ができないようになっています。
平常時から船着場を利用出来るようにするなど、更に水辺に親しめる環境が必要ではないかと考えますが、
市の見解を伺います。


その2
行徳臨海地域に関する質問です。
私はもう一度、この地域を自然を生かし経済活動が生まれる臨海地域にしたい
という思いから質問しております。

護岸の整備、土地区画整理事業、公園予定地先の干潟化、漁港の整備、など
各事業において大事な局面を迎えていると伺っています。
併せて行政の最終決断も必要な時期だと思っています。

私は、いくら各事業を進めようとも、海の魅力を高める作業をしなけば、各事業の価値は半分以下だと考えています。その認識と取り組み状況を特に伺いたいと思います。
具体的にいえば、毎年赤潮・青潮で死んでしまう海に漁港整備をする価値はどれだけでしょうか。


お隣の船橋市では、海を活かすべく約22億円でふなばし海浜公園を
環境学習の場へ再整備する市の対応も報道されております。


市川市行政の姿勢も踏まえ、それらの進捗の確認と今後の展開について、市の見解を伺います。
AD
いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。