1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年06月23日 10時56分13秒

21日に代表質問した報告。

テーマ:活動報告
おはようございます。
21日に、新しくなった仮議場で会派代表質問を行いました。
内容はこのような感じです。(ざっくり解説)
 
 手に持っている資料は、ゴミの「分別ガイドブック」
 
〇塩浜第一期区画整理事業について
塩浜第一期区画整理事業が今年3月に事業認可を取得し、平成30年末まで基盤整備が行われること。
11,3㏊の具体的な用途はまだ決まっていないものの、民有地では
リゾートホテルや商業施設を計画していることを受け、
市川市有地はどのような利用形態を考えているのかの質問をしました。
 
答弁は、海を活かしながら公募を中心に取りまとめていきたいという内容。
その答弁を受けての要望として、もちろん民間のノウハウを広く募集することはよいことだと思うが、
民間でやりたいこと(収益事業)
民間では採算が取れないが、市民が欲しいもの(BBQ場、ドックラン等)
行政がやらなければならないこと(環境学習施設等)
を相対的に勘案して予定案を作り上げてほしいと要望しました。
 
また何よりも市民の海を取り戻すために
階段護岸先の干潟化を、県へ働き掛けていただきたいと要望しました。
今後とも「市民に海を取り戻す」まちづくりを見守りたいと思います。
 

〇学校におけるICTを活用した教育の推進について
 
私は、あらゆるモノがインターネットにつながるIoTや人工知能(AI)など目まぐるしい技術革新が生まれている時代に、これからの子どもたちが希望をもって生きていくためにはSTEAM教育を推進していくべきと考えております。(STEAMとはScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Arts(芸術)、Mathematics(数学)のそれぞれの単語の頭文字をとったものです。)

英オックスフォード大学のマイケル.A.オズボーン准教授らの研究では、「10~20年後に、日本の労働人口の約49%が、技術的には人工知能やロボット等により代替できるようになる可能性が高い」と推計されております。
中央教育審議会における学習指導要領の改訂に向けた議論では、「社会や産業の構造が変化し成熟社会に向かう中、これからの時代を生きる子供たちには、情報や情報手段を主体的に選択肢活用していくために必要な情報活用能力や、急速に進化するICTなどの技術を正しく使いこなす素養が求められる」と指摘しております。
そのような考えのもと、学校におけるICTを活用した教育の推進に向けた本市の重要性の確認と今後の方向性について伺いました。
 
答弁としては、
学習指導要領が改定される通り、ICT教育の充実は必要不可欠である。財源を確保し、人材の育成・環境整備に努めていきたいとの答弁をいただきました。
保護者や卒業生にも得意分野の人材もいるかと思います。
学校と波長の合う適任者がいれば(ここ大事)、地域の力を借りながら進めていただきたいと、エールを送りました。
 
 
〇さらなるゴミの減量・資源化について
ゴミ収集回数の削減に関する対応と効果について
いま市民が、最も関心の高いことの一つではなかろうかと思います。
 
さらなるゴミの減量・資源化を進めていく背景として、
市川市には最終処分場がないため、ごみの焼却灰などを県内他市や市外の最終処分場で埋め立てているということ。
クリーンセンターは平成6年から稼動を開始しているが老朽化が進み、平成35年度末で稼動を終了する予定のため、
建て替え計画を進める必要があるということ。現時点での建て替え試算は289億円とのことでありました。
燃やすごみの中には、紙類やプラスチック製容器包装類などの資源物が約3割も混入しています。分別を徹底すれば、燃やすごみを減量することができます。
 
さらなるゴミの削減・資源化を進めるべく
廃棄物減量等推進審議会からの出された答申「ごみの有料化」「個別収集」「ごみ収集回収の削減」の一つ、
ゴミの収集回数削減を4月より実施したところ、様々な市民の声を伺いました。
市民からは告知が不十分であったという不満や利用しづらい声も多く聞こえ、
またゴミ収集業者などからも、マナールールの悪さなどが地域ごとに際立って見えたなど。。
ゴミ収集回数の対応と効果について、質問しました。
 
答弁は、4月の収集回数の削減にあたり、幾度となく説明会の開催やリーフレットの配布、スマートフォンアプリの配信、集積所に周知用看板を設置するなど様々な告知を行っているが、
まだまだ市民へ浸透するのには時間がかかる。今後とも活動を継続するとともに
新たな取り組みを交えながら周知徹底を図っていくという答弁をもらいました。
 
 
 
動画はこんな感じです。お時間あればどうぞ。
http://ibs.city.ichikawa.chiba.jp/ibsweb/topPage.do?id=3295

 

田中幸太郎

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月20日 06時21分33秒

6月定例会 代表質問始まる

テーマ:活動報告

おはようございます。

最近、クリーンスパ通いが流行りの田中幸太郎です。

 

6月定例会は先週の金曜日から開会し

任期4年の折り返しを迎え、役職の改選が行われておりました。

議長が松井努氏、副議長に堀越まさる氏が就任されました。

 

2年間務めた議会運営委員会委員長職も、様々な経験や失敗を積みながら

運営方法を学ばせて頂き、役目をおりることとなりました。

 

改選にあたり、市川のまちづくりや地域経済を所管として審査する

建設経済常任委員会の委員長として勉強させていただくこととなりました。

引き続き、市政の発展へ向けて研鑽してまいりたいと思います。

各種委員会の構成はこちらをご覧ください。

 

現在は、各会派による代表質問が行われています。

2月定例会に引き続き、

今議会も会派「創生市川第一」として代表質問を行います。

項目は以下の通りです。

○道の駅について

○塩浜第一期区画整理事業について

○学校におけるICTを活用した教育の推進について

○更なるごみの減量・資源化へ向けて

 

特に、ごみの問題に関しては、

4月からゴミ収集回数が削減されたことにより、様々な市民の声を伺いました。

多くの市民が関心を寄せている事案ではないかと思います。

大局的な質問を考え、準備をしてまいりたいと思います。

 

田中幸太郎

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
2017年06月16日 09時53分26秒

6月定例会開会

テーマ:活動報告
おはようございます。

本日より、仮本庁舎議場において6月定例会が開会されます。

気持ち新たに頑張ります。

田中幸太郎
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。