日本人の進路

左翼全体主義(共産主義)国家化が進む日本。保守と思っていた安倍晋三は反日左翼である。

売国政党の識別


 (クリックで拡大)


売国政党






日本の共産主義(全体主義)国家化推進勢力
 (クリックで拡大)



安倍晋三A01


      ↑
        原子力規制委員会(脱原発推進委員会)
          日本の経済弱体化を推進する共産主義者委員会
        経済産業省も含む
        環境省
        男女共同参画局(真っ赤なおばさん集団がうごめいている)

  霞が関 に巣食う赤い(共産主義者)官僚に
      牛耳られている赤い霞が関





全体主義(共産主義)国家へと驀進する日本



共産主義国家へ03



日本共産党、共産主義者の正体

 (クリックで拡大) 

日本共産党002




共産主義者の倫理観


 道徳観がない。 人間社会の秩序破壊者。
  フリーセックス推奨。家族解体を推奨。
  何でも平等で社会秩序を破壊する。

 良心がない。 善悪の判断ができない。
  人間の命を虫けら以下に扱う。
  一人を殺そうが何千万人殺そうが良心に痛みを感じない。

 悪いのは常に他人。自分で責任を一切取らない。

 伝統文化を忌み嫌う。日本の良き伝統、風習を忌み嫌う。

 皇室を忌み嫌う。






日本の左翼・共産主義者の不思議


日本の共産主義者は自分の将来について全く考えることができない、究極の白痴である。精神分裂症患者といってさしつかえない。

すなわち日本を完全に破壊し、日本が国家として
立ち行かなくなるようにし、全体主義国家、中共、ロシアに
併合され、国家がなくなるように、すなわち自分自身の生活の場を破壊し、
中共、ロシアの奴隷となることを自ら選択している。

また、自分の子孫がどうなろうと、日本という国家がどうなろうと、全く考えることができない究極のバカである。

日本の共産主義者は「祖国ロシア、中共」に日本のすべてを捧げる、
日本のロシア、中共への属国化推進者である。

日本の共産主義者は、自分自身を滅ぼし、日本国民を滅ぼし、日本国家を滅ぼすことが正しいと信じている、究極の「日本滅亡教」の信者である。






日本の左翼共産主義者は中共、ロシア、北朝鮮の尖兵である


001











日本の左翼政党











日本全土に照準を合わす、中共の水爆



001





保守主義とは



<「保守主義」とは、短く定義すれば、全体主義とアナーキズムの極左思想を祖国から排除すべく、剣を抜く戦闘的イデオロギーである。

この二つの極左思想は、必ず国家の繁栄を破壊し、美しき倫理道徳を破壊し、「法の支配」による法秩序(=自由の擁護)体制を破壊し、国家の永続と人間の自由とを簒奪する。

このことにおいて保守主義は、この二つの極左思想を祖国から撲滅すべく全力をあげる。

共産主義や社会主義は、いかなるものでも政治的には全体主義体制を指向するが故に、それを排撃することは、「保守主義者」の情熱となる>



保守主義とは、「左右の左翼」と戦い、米国や英国など西側自由主義国家と同盟して、全体主義の侵略国家(ロシア、中共、北朝鮮など)と対決して、「法の支配」が貫かれる自由主義の祖国日本を一層繁栄させて永続させていく、戦闘的イデオロギー(思想)である。 





NEW !
テーマ:
75 自民党の「政権奪還=政権交代」の絶対阻止を狙う“北朝鮮人マルキスト”中西輝政の大詭弁











    日本が好きな方はクリックをお願いします 
人気ブログランキングへ













安倍晋三の取り巻きは共産主義者か朝鮮人



安倍晋三a001
















なりすまし日本人(隠れ朝鮮人) 



 中西輝政   “北朝鮮人マルキスト”


  菅直人    コミュニスト

  仙谷由人   北朝鮮人で金日成崇拝教徒のマルキスト



  大前研一    北朝鮮人で反日アナーキスト
  (道州制) 





安倍晋三のブレーン


 中西輝政     社青同(革労協)

 塩崎恭久      中核派


 川勝平太      共産党員、静岡県知事

 菅義偉       共産党系(法政大学の「民青」) 







***********************************






mixiコミュニティより

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=3205302&id=56044908






75 自民党の「政権奪還=政権交代」の絶対阻止を狙う“北朝鮮人マルキスト”中西輝政の大詭弁


2010年09月03日 07:41







 国家を亡国に誘い込むに、衆愚と化したデモクラシーに狂った古代ギリシャの例をあげるまでもなく、偽情報流しに長け政治状況の核心を眼晦ますデマゴーグの暗躍は、過激に偏向するマスメディア報道の悪影響を倍加して、決定的な働きをなす。
実際にも、古代ギリシャを再現して衆愚において亡国の階段を駆け降り転落とまらない日本の今は、飛び交うデマゴーグの偽情報の洪水に、善良な国民は撹乱されて国はあらぬ方向へと盲進している。デマゴーグを一人でも少なくすべく、彼らを成敗的に抹殺してゆかない限り、日本国の再生はもはや絶望で、その近未来は破局あるのみ。

 ところで、平成日本のデマゴーグの一人は、自民党つぶしのため自民党支持を十年以上も擬装してきた“北朝鮮人マルキスト”中西輝政だろう。実は、中西輝政、自民党が野党に転落した2009年8月末、嬉しさの余り涙が一時間ほど止らなかったという。そして直ちに中西は、自民党が再び政権の座に戻らぬよう、つまり政権交代が今後万が一にも起こらないよう、新手の詭弁を弄しそのデマゴギー力にますます磨きをかけている。以下、彼の生体解剖をおこない、“平成のラスプーチン”中西輝政の真像をあばくことにしよう。







1、民主党批判を一言も発しない“自民党のブレーン”などありうるか
――過激マルキスト仙谷由人と中西輝政は、“暴力革命団体”社青同の同志



 中西輝政は、元総理の安倍晋三のブレーンとして名高いし、実際にも安部ばかりか多くの自民党議員のアドバイザーとして活躍している。永きにわたって“反自民党の旗手”中西に騙される阿部晋三ら自民党議員の知能指数の低さや見識の欠如も大問題だが、ここでは騙す側の中西輝政の手口に的を絞って分析する。

 中西輝政の本当のスタンス「親民主党、反自民党」は、その『文藝春秋』2009年11月号(10月10日発売)の論考で明白にすぎ、異論の余地はない。なぜなら、政権交代非難をモチーフとする、この論考「英国<政権交代>失敗の教訓」が、もし自民党政権時代の総選挙直前までに出ていたら、これは自民党を利するから、中西は「親自民党、反民主党」となる。が、この論考は自民党が大敗北し民主党に政権交代した後に出たから、この論考は民主党という政権党を利す。中西の意図は、「今後の日本で政権交代が起きて自民党が与党に戻ることを阻まなければならない」「民主党はいつまでも永久政権であるべきだ」であるのは明々白々ではないか。

 しかも、2段組の10頁という十分な紙幅が与えられた、この論考において、奇怪なことに具体的な民主党批判が一言もでてこない。たとえば、民主党政権になれば「夫婦別姓」など家族解体と「外国人地方参政権」など国家解体の反日の悪政が加速的に推進されるのは、火をみるのは明らかだが、これへの言及は全くない。また、共産党員/朝鮮人/部落への批判は、法律的にも道義的にもいかに正当であろうとも、彼らが占拠する「人権救済機関」という行政委員会の恣意的な裁決でいかようにも弾圧できる、旧ソ連の独裁国家と同じ組織を全国つづ浦々に張り巡らそうとして、その急進過激な推進者の千葉景子を法務大臣にまでしているのに、これへの言及も一文字もない。
 


 そればかりか、共産党遊撃部隊(党籍免除)のコミュニスト菅直人や北朝鮮人で金日成崇拝教徒の仙谷由人にかんする真像を歪曲して、読者が彼らを誤認するよう真っ赤な嘘の偽情報を次から次に並べ立てる。例えば、「菅氏や仙谷氏は、市民運動かや社会党主流派から飛び出した人物」(97頁下段)とする。総理になった菅直人は、今に至るも、都市住民に(マルクス・レーニン主義用語を用いずに共産革命への参加を呼びかける)「市民運動」路線をしっかと堅持している。どうしてそれが「飛び出した」といえるのか!

 1996年に社会党の国会議員のほぼ全員は事務局員の大半をひきいて民主党に合流したのであり、「社会党主流派は、旧総評とともに、民主党と看板を変えた」といってよい。仙石由人もその一人だから、「飛び出し」てはいない。中西輝政は、天性の大嘘つきである。なお、朝総連直結の福島瑞穂など数人だけが残留し、“残りかす社会党”を「社民党」と党名を変えた。だから「社民党が、社会党主流派」との括り方はまったくできない。
 


 また、中西輝政は、鳩山由紀夫や菅直人が「反米」なのは「団塊の世代だから」という(98頁上段)。お粗末な詭弁で、笑止である。鳩山由紀夫は、東大工学部計数工学科に在学中から、共産党学生組織「民青」のメンバーでれっきとした共産党シンパであったし共産主義思想に共鳴してきた。慶応大学の共産党員教授・金子郁容と鳩山は今も親友だが、それはイデオロギーの絆で結ばれている。

 菅直人が共産党遊撃隊のコミュニスト運動家なのは、彼の二人の師匠、松下圭一(法政大学教授)と市川房枝がともに党籍免除の共産党員であることからも自明だし、誰でも知っていることではないか。コミュニストやそのシンパが「反米」なのは、イデオロギーからの必然であって、「団塊の世代」などとは何の関係もないのも自明ではないか。

例えば、大卒の「団塊の世代」は、メーカー/銀行/商社の社員のそれらをサンプルしても、そのほとんどが親米で日米同盟支持である。1996年、菅直人と鳩山由紀夫が意気投合して旧民主党を結成したが、それは両人がともに日本を共産革命的に改造しまた日本の外交路線を「反米」に切り替えようとの、濃淡はあるが両人ともコミュニストとしてイデオロギー上の同志を確認しあったからである。「団塊の世代」同士の誓いではない。
 








2、安部晋三を誑かし、靖国神社総理参拝つぶしと“自民党つぶし”に驀進させた中西輝政の安部洗脳術  

 中西輝政の転倒語法というか、ダーティな詭弁というか、それをもう一つ。それは,小泉純一郎が創り上げた自民党の安定的な復権情況を、いっきに自壊させて自民党が転落していく自民党基盤の自爆をやってのけた狂人総裁・総理は安部晋三だが、中西は、参議院選挙で64議席を37議席に半減させた“自民党つぶしのA級戦犯”安部晋三については、自民党つぶしの功績において一言も触れず、安部の罪を転倒的に小泉純一郎に転嫁する。

  「今回(2009年総選挙)の自民党の大敗を招いた<A級戦犯>は、小泉  政治以外にはない。誤った構造改革によって自民党の政治基盤を自虐的に掘  り崩し、同時に破壊的なポピュリズムの情念を極限まで高めてしまった」
  (95頁上段)。
 



 自民党の基盤崩壊の主因は、1992~4年の「政治改革」「政界再編成」から受けた大打撃の損傷と、この傷口を放置したままこれを修理や治療をせず「政権に戻れさえすればよい」の、堕落と頽廃に徹した橋本龍太郎/小渕恵三にあることは、言うまでもない。この意味で、小泉純一郎だけが、不十分ではあったが、平成時代の自民党を再生的に旧自民党への復帰をしようとした(女系天皇制への狂気を除けば)例外的に正統派の自民党総裁であった。  

 しかし、財政再建や社会保障の抑制を含めた保守本流の小泉構造改革路線を弊履のごとく捨て、自民党への有権者の信頼をハチャメチャに破壊したのは、三流芸人的ポピュリストで分裂症の精神障害をもつ安倍晋三という総裁・総理の誕生であった。そして、この安倍晋三をあそこまで「反小泉路線」「反自民党」に逆走させるべく、そう洗脳をした男が過激マルキストで天性のデマゴーグ中西輝政であった。  

 例えば、小泉純一郎は、6回にわたって総理大臣として靖国神社に参拝したが、唯物論者で靖国神社つぶしに執念を燃やす中西輝政は、“自民党民族系のニュー・リーダー”安倍晋三を教唆し洗脳して、靖国参拝をさせなかった。これによって、自民党総理はその後、靖国神社に参拝してはならないという不文律が確立した。中西は“安倍のブレーン”であることを悪用して安倍を洗脳し、総理の靖国神社参拝禁止を制度化するのについに成功した。     

 さらに中西輝政は、安倍が共産党レベルの激越な「反米」であるのを目に付け、安倍に「親中・アジア主義」「反米」の旗幟を世界に向かって高く掲げさせることにも成功した。安倍は、総理になってすぐ、ブッシュ大統領の電話による訪米招待をその電話で非礼で国際マナー違反の直接拒絶をなし、その直後、北京にとび中国共産党のボスに膝まずく叩頭外交をなして(2006年10月)、インド訪問時のチャンドラ・ボーズ記念館「参拝」とともに、大東亜戦争を継続するぞとの意気込みで「反米/アジア主義」を高らかに宣言した。安倍こそが、日米同盟堅持という自民党の立党以来の最優先党是をズタズタに破壊した「反自民党」の張本人である。  


 安部晋三がしたのは、北朝鮮人で反日アナーキスト大前研一が考えた日本国解体である道州制導入や、意味不明の戯言に過ぎたため国民の誰一人として関心を持つことのできない「美しい国へ」への自惚れ妄想や、「日教組つぶしなどしません」のメッセージを国民に伝えた、雑談・放談・漫談に終始した「教育再生会議」の御ままごとしかしなかった。

 一般国民の自民党への信頼は、安倍晋三の人気が高かっただけに、これによってプッツンと切れた。自民党の野党への転落は、安倍によって本格化したのである。このように、自民党に対する安倍の犯罪は、一義的には、お世辞が大好きで幼児的な異常人格者の安倍自身が総理総裁レベルの政治家がもつべき国家的ビジョンをいっさい欠くという質的にひどい低級さにあるが、より本質的には、安倍が極左人士を好むその左翼体質の方が問題としては大きい。

 このことは安倍総理が、中核派の塩崎恭久を官房長官にし、社青同(革労協)の中西輝政と共産党員の川勝平太を顧問格のブレーンにし、共産党系の菅義偉(法政大学の「民青」)を側近にするなど、ほんの一部を想起するだけでも一目瞭然だろう。











3、民主党批判や民主党攻撃をするなと自民党を唆す中西輝政


 民主党の永久政権を画策する中西輝政は、民主党が批判や攻撃で瓦解的に野党に転落することを回避すべき、次のように「民主党に甘くなれ/批判するな」と嘯いている。中西は、実態的には民主党派遣の情報工作員である。

 「(新政権に対し)ある程度寛容であるであることも、成熟した民主主義には 必要なこと」(96頁下段)。 
 


 そして、民主党批判をしない代わりに、問題があればすべて霞ヶ関の官僚を批判せよと、ここでもまた大道芸人でも恥ずかしくてできない大見得の「すり替え=責任転嫁」という教唆・洗脳の偽情報を垂れ流す。また、「この二十年の<日本の失敗>の最大の責任者である霞ヶ関」との嘘も、「失われた二十年」というべき「日本の失敗」が細川護熙の日本新党や小沢一郎・羽田孜の新生党が誕生したことによる1992~3年の「政治改革」を原点とする最重大で核心の真実をカムフラージュするためであろう。

 中西輝政は、かつての仲間である仙谷由人が官房長官になったのだから、菅直人のブレーンにしてもらい、自分の信条を嘘なく吐露できる老年を過ごすべきではないのか。“詐言師“中西輝政は、“デマゴーグ二十年”の人生と訣別すべき時に来ている。  
 







********************************



日本が中共、ロシアなどに侵略されぬよう、日本という国をしっかり守っていきたいと思われる方はクリックをお願いします 
人気ブログランキングへ悪事千里を走る






01
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
安倍昭恵は電通出身者―安倍夫妻による日本解体






    日本が好きな方はクリックをお願いします 
人気ブログランキングへ














***************************





テーマ:安倍晋三の正体
http://ameblo.jp/kororin5556/entry-11882860157.html
安倍夫妻による日本解体―安倍晋三と安倍昭恵は一心同体である 2014-06-23









************************


(1)安倍晋三の正体




安倍首相と統一教会―安倍首相はなぜ反日左翼特亜(親シナ、親韓国朝鮮)勢力なのか




反日左翼・日本の滅亡推進者・自民党安倍晋三の日本解体政策

1.移民政策 ーーシナ人、朝鮮人優遇、日本人冷遇抹殺政策

2.嘘放射線基準の放置(福島県民完全帰郷放置) ーーインチキ放射線基準で日本国民を故意に脅し(日本以外のどの国の原発も現在の日本のインチキ放射線基準を採用したらすべて原発など稼働できなくなる嘘基準が日本の放射線規制基準である。嘘で塗り固めた日本弱体化のための規制基準であり、この嘘基準を民主党になり変って進めているのが反日左翼の安倍政権である。)日本を弱体化させるための政策 

3.原発再稼働をさせぬため「むづかしいハードルを規制委員会に作らせわざと再稼働を遅らせなし崩しに脱原発を推進(日本の弱体化) ーー脱原発で日本経済を弱体化させ、日本の経済成長をさせないようにするための政策、
また日本が核兵器(原爆、水爆)を持てないようにし、中国などが日本を核で恐喝し、日本を占領支配できるようにするため・



4.道州制で日本分断解体滅亡ーー日本の各地方に権限を与え日本という国家を機能しないようにして弱体化させ、中国、ロシア、韓国朝鮮が日本を植民地支配できるようにするための政策


5.尖閣など日本の防衛放棄 ーー中国の侵略を放置させ、自衛隊が中国軍と戦えぬよう命令し、日本を中国に献上しつつあるのが安倍売国政権である。




6.プーチンの犬・安倍晋三ーロシアへの経済援助
  -ロシアは日本占領を視野にいれている侵略国。
 安倍晋三は北海道防衛を放棄している、ロシアの犬。
 ロシアは必ず北方領土を基地化し、北海道を占領しにやってくる。
 





7.売国政党公明党と分かれない ーー安倍政権自体が反日左翼、韓国朝鮮勢力であるから、公明党と同じ仲間なのだ!

8.グローバル化という名の日本破壊ーー日本の高い道徳性、信心深さ、思いやりの精神、絆、その根源にある伝統文化「皇室」の存在 などなどを 価値の無いものととらえ、 ただただ「拝金主義こそ」が すべてという「日本の国体破壊」を優先させる弱肉強食の悪の根源である「グローバル化」

9.その他
まだまだある売国政策
 










安倍晋三首相の正体は偽装保守の反日左翼である 

****************************



大森勝久評論集より

http://1st.geocities.jp/anpo1945/hoshunogisou.html





「保守」の偽装仮面を被る安倍晋三首相が率る政権が狙うものは何か(2013年4月27日脱・2013年6月14日掲載)







●共産主義者の菅義偉氏を官房長官にしている安倍首相の正体と同政権の狙い 

  私は前論考(2013年3月26日脱)を書いた後、『撃論』第十号(2013年4月25日。発売日は3月25日か)に載った筑波大学名誉教授の中川八洋氏の論文「安倍晋三よ、共産党員菅義偉の首を斬れ!」を読んで、驚いた。中川氏は、安倍氏は菅義偉(すがよしひで)氏が共産主義者だと知った上で、官房長官にしていると書いていたのだ。私はこれを読んで、安倍氏に対する見方を修正することにした。前回論考の最後で「予告」したこと(TPPに関すること)とは違うテーマになってしまうが、書いていきたい。

 『撃論』を読んでいない読者も多いと思うので、まず引用をしていきたい。『撃論』は現在、隔月刊である。中川八洋氏は毎号、本名や「N」や「Y」のイニシャルまたペンネーム等で5、6本の論文を書いている。読者の方々には是非、毎号購読してほしいと思う。以下に引用する。
  



  「安倍氏がそんなに右派的な政治家ならば、なぜ共産党員との噂が高い菅義偉(すがよしひで)を、毎日長時間にわたって接触する、総理の女房役である官房長官にしているのだろうか。

 しかも、安倍本人が、菅義偉が極左人士なのを知らないわけではない。二年ほど前、私が安倍晋三に直接、『菅義偉は、自民党を憎悪する教条的なコミュニストなので、側近から外して遠ざけるように』と注意・諫言したことがある。このとき安倍は、『えっ、そんな馬鹿な!』とは言わなかった。即座に平然と、『そうですよ。保守とは180度逆の思想の持ち主です。だが、とてもいい奴です(=側近から外すことはしません)』と返答した。
 



 思い出せば、2006年から7年の第1次安倍内閣の官房長官も、毛沢東・金日成を崇拝するマルクス・レーニン主義者で中核派に所属する暴力革命家の塩崎恭久。

 安倍晋三がコミュニストやマルキストを側近(官房長官)にするのは、安倍本人が確信的にそうしてるのであって、菅や塩崎に騙されているわけではない」(109頁)。


 更に、中川八洋氏の主張のー部を、そのままの引用ではないが紹介しておきたい。
 



 <2009年夏の総選挙で、自民党の候補者の大量落選を企図し実行した「反・自民」の自民党幹部がいた。菅義偉である。菅は朝日新聞など極左マスメディアが共産党と仕組んだ「世襲議員反対!キャンペーン」に反撃するのではなく、逆にこの先頭に立った。


 菅義偉が「世襲」に憎悪を燃やすのは、共産主義者だからだ。天皇制度は、世襲においてその正統が確定し、その尊貴な聖性の淵源となっている。菅は世襲議員を利用しながらのし上がりつつ「世襲」に憎悪の炎を燃やすが、それは菅の天皇制度への憎悪イデオロギーとー体である。

 菅義偉が、自民党内では少数の「夫婦別姓」の推進者であるのも、彼が日本人から家族を解体・剥奪すべく、コミュニストの牙を剥き出したものと考えられる。

 菅義偉は、同じ共産主義者の河野太郎とは、イデオロギーはむろん実際にも昵懇で(2009年9月、古賀派を脱会して河野太郎支援に走った)、河野の「原発ゼロの会」の実質的なシンパである。
 



 菅は、第1次安倍内閣で地方分権担当特命大臣になるや、権限をフルに悪用し、「地方分権革命推進委員会」のほとんどの委員を共産党員と中核派などコミュニスト、マルキストばかりにした(2007年4月1日)。委員長の丹羽宇ー郎は学生時代から党籍のある共産党活動家。委員長代理の西尾勝は中核派。委員の井伊雅子や小早川光郎は共産党。日本の「地方分権」は、社会党党首の村山富市が首相の1995年に開始したように、それは日本国の社会主義化のための前階段としての、国家解体革命である。自民党がこれに加担し推進するのは、自民党が自ら保守政党であるのを放棄した狂気であろう。それだけではない。「地方分権」は、「新しい公共」への第ー段階の革命である>。


 引用はこれで終えるが、私たちは、このような共産主義者である菅義偉氏をちゃんとそうだと認識した上で、官房長官に任命した安倍首相とその政権をどう評価したらいいだろうか?第1次安倍内閣の官房長官に、左翼の塩崎氏を任命したことも含めてである。
 



 論理的に考えれば、答えは自ずと出てくるだろう。それは、安倍首相自身も、共産主義者という左翼だということだ。そして次のことも判ってくる。安倍氏の日頃の言葉は、「保守派」の偽装のためのものであるということである。


 首相には重要な情報がもたらされる。安倍首相は間違いなく、原子力規制委員会の委員長の田中俊ー氏や委員長代理の島崎邦彦氏らが、「原発ゼロ」を目指す共産主義者だと十分知った上で、「国会同意人事」に同意したのである。前回論考で述べたように、彼らを「罷免」するのが首相の法律的義務(原子力規制委員会設置法9条2項)なのに、安倍首相は法律に違反して「同意」したのである。そして、規制委員会の活動を強力に支えている。安倍首相が本当に「保守派」であれば、こんなことは決してない。まさに安倍氏の行動が、彼の思想は「保守主義」ではなく、「左翼思想」であることを明らかにしているのである。
 



 安倍首相が本当に「保守派」であれば、「日本の領土・領海は断固として守る!」と勇ましく宣言しているのだから、直ちに陸上自衛隊の部隊を尖閣諸島に常駐させている。自衛隊法82条の「海上警備行動」も直ちに発令して、これで代用して、1999年3月に北朝鮮の工作船に対して「領海侵犯対処」をさせたように、中共の公船の領海侵犯に対しても、実力で排除させている。こうして、尖閣諸島が日本領土であり、日本が実効支配していることを、世界中に明確にしている。もちろん、国防費と自衛隊員も大幅に増やしている。しかし予算案では、国防費はわずか351億円(0.75%)増額しただけだし、自衛隊員も287人増にすぎない。必要のない「除染費」には6095億円も計上しているのにである。すぐに実行しなくてはならないことで、かつすぐに出来ることをしないのは、その意思が無いからである。安倍氏の「勇ましい言葉」は、「保守派」を偽装するためのものなのである。  


 今回私は、中川八洋氏の論文によって菅義偉官房長官が左翼であることを知ったが、他の国民は知らないのだ。塩崎恭久氏や原子力規制委員会の田中氏や島崎氏らが左翼であるということも、人々は知らない。保守派の新聞やテレビがそう報道し、解説しないからだ。ー部の人が孤立的に主張しているだけのときは、その主張は社会的には、「存在しない主張」と同じになってしまうのだ。社会的には、「あの保守派の大物である安倍首相が任命した大臣だから、保守派の立派な人だろう」「あの保守派の安倍首相が同意すると言うのだから、原子力規制委員会の5人の委員はちゃんとした人物たちだろう」と受けとめられていくのである。


 安倍首相が2006年10月に打ち出した「日中の戦略的互恵関係」という対中政策も、中共(中国)の「独裁支配」を容認し、中共の対外侵略行動を容認する、完全に誤った左翼の外交政策である。反日の政策だ。それは、日本を侵略征服することを国家目標にしている中共の全戦略の中の、前段階に相当する戦略だ。安倍首相はそれを共有する。
 



 ところが、安倍氏への批判はごくー部で孤立的に展開されているだけなので、社会的には「存在しない主張」になってしまい、安倍氏は社会的には「保守派の大物政治家だ」という評価になってしまっている。そのため、保守派からもこの対中政策に対する批判は出てこないのだ。「保守派の安倍首相が国益に反する政策を進めるはずがない」と考えるためである。保守派の思想的、精神的な弱さのためではあるが。もちろん左翼は、好ましい対中政策であるから、批判しない。前民主党反日左翼政権も、「日中の戦略的互恵関係」を継承して、自らの対中政策にしてきたのである。


 私たちは安倍政権というのは、安倍首相が「保守」の偽装仮面を付けて、自民党議員・党員を含めて国民を騙して、「保守派の安倍政権が、国益に反するような政策を推進するわけがない」と思い込ませて(批判精神を麻痺させて)、「左翼の政策」をそうだと言わず、逆に「国益」だと嘘をついて推進していく政権だ、と認識すべきであろう。安倍首相と側近の菅義偉官房長官がその中心である。
 



 (以下省略) 












*******************************









真実を探すブログより
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-140.html



【安部首相の正体】安倍晋三氏と統一教会が繋がっている数々の証拠!大手マスコミが触れない安倍自民党総裁の秘密とは!?



 *多くの人が知ってほしいので再掲載。
以下の写真は週刊ポストが取り上げた、安倍総裁が「山口組の金庫番」という言われる韓国人男性と一緒に写っている写真です。
 








 (クリックで拡大) 

安倍晋三、統一教会01







ネット上ではこの写真について「偶然に撮影されたもので安倍氏は何も知らない」などというような書き込みがあったのですが、週刊ポストの記事よると「この写真は議員会館の安倍事務所内で撮影されたもの」と書かれており、偶然に議員会館の事務所にハッカビー氏とともに、「山口組の金庫番」と言われるような大物が写る確率って、物凄い低いような気がするのですが・・・。

少なくとも「偶然」という言葉で片付けるのは厳しいように私は感じます。
 




☆安倍晋三氏 逮捕された「山口組の金庫番」と一緒の写真発覚
URL http://www.news-postseven.com/archives/20121015_149154.html
引用:
 写真は、2008年6月のハッカビー氏の来日時に議員会館の安倍事務所内で撮られたものだ。安倍氏が「健康上の問題」を理由に、総理の職を自ら辞して、1年も経っていない頃である。
 





 問題は安倍氏の右側に立ち、悠然と笑みをたたえる人物である。真っ白のシルクのスーツにピンクのネクタイ、そして丸坊主姿の男性。現在、刑事被告人として公判中の韓国籍の男性、永本壹柱(本名・孫壹柱)氏だ。彼がこの大豪邸の家主である。

 永本氏が公判で問われているのは、中堅ゼネコンを舞台とした架空増資事件をめぐる貸金業法違反の罪だ。2008年、貸金業の登録がないにもかかわらず、同社の増資を引き受けた金融ブローカーらに計7億3000万円を貸し付けたとされる。今年3月、逃亡先の韓国から帰国したところを逮捕された。

 逮捕翌日の新聞には、〈指定暴力団山口組系組織の資金を運用していたとみられ、組対3課は収益が暴力団側に流れたとみて追及する〉(3月11日付毎日新聞)、〈捜査関係者によると永本容疑者は山口組系暴力団関係者〉(同日付朝日新聞)などと報じられたように、捜査当局は「山口組の金庫番」として、永本氏の背後人脈に注目していた。

 実際、公判では永本氏本人が山口組系組長との長年の交際や、祝儀名目で数百万円をわたしていたことを明かしている。


※週刊ポスト2012年10月26日号
:引用終了 










写真に間違いがないか念の為に安倍事務所について調べてみたところ、以下の様な近江屋元衆議院議員が安倍元総理の元を訪れた時に撮影された写真を見つけました。 


☆近江屋元衆議院議員ホームページ
URL http://www.omiyan.jp/katudou-2009.html 
引用:
★2009年3月12日
安倍晋三 元総理大臣と教育問題について意見交換
安倍晋三 元総理大臣を訪ねて、教育問題について意見交換を行った。
議員会館の安倍事務所にて
 








安倍晋三、統一教会02






引用終了




週刊ポストが報道した写真と見比べてみると分かりますが、後ろに置かれている物が完璧に一致しているので、この写真が週刊ポストの報道通り、議員会館の安倍事務所内で撮影されたというのは間違いないでしょう。
 


















安倍晋三、統一教会03








安倍晋三、統一教会\04





もっとも、こんな写真なんて、安倍総裁の顔の一角に過ぎないと言えます。

マスコミだけではなくネット上でも全く触れられていませんが、自民党の安倍総裁は韓国や北朝鮮など朝鮮系の勢力と相当深い関係にあると言われています。それも、父親世代からの長い付き合いであるとの指摘が多数されているのです。

信じられない方もいるかと思いますので、以下にまとめて安倍総裁と朝鮮関連の団体や組織に関する情報を並べてみます。


☆在日韓国商工会議所
URL http://www.kccj.org/kccbbs/kannews_viewbody.php?page=1&number=204&keyfield=&key=
引用: 













安倍晋三、統一教会04






○ 安倍晋三元首相を招き晩餐会開催
~地方参政権獲得への支援要請など幅広い意見交換行う~

本会議所ではホテルオークラ東京において5月20 日、安倍晋三元日本国総理大臣を招き晩餐会を開催した。当日は本会議所より崔鐘太会長、兪在根常任顧問、鄭幸男顧問、張勲顧問、朴忠弘副会長、黄永珠副会長、丁廣鎮副会長、柳和明常任理事、安健一常任理事、金守幸理
事の10 名が参加した。
安倍元総理は以前から韓国との親交が深く、副官房長官時代には羽田-金浦空港間シャトル便開設や日本を訪問する韓国人のノービザ実施など、両国の友好関係に尽力してこられた。晩餐会では、世界的金融危機克服に向けた韓日政府・民間レベルの協力の重要性、また躍動するアジア地域でのより成熟した両国のパートナー関係の構築、さらに永住
外国人の地方参政権獲得へ向けた支援要請や遊技機器の規制緩和要請など、経済問題のみならず幅広い分野で意見が交換された。
:引用終了

☆日韓議員連盟会員名簿 (魚拓)
URL http://megalodon.jp/2008-0506-1248-14/www.nikkan-giren.jp/aboutus.html
>麻生 太郎 自民 福岡8区 副会長
>安倍 晋三 自民 山口4区 副幹事長
 





☆安倍晋太郎氏(安倍総裁の父)wiki
URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E5%A4%AA%E9%838E#.E9.96.A2.E4.BF.82.E3.81.99.E3.82.8B.E4.BA.BA.E7.89.A9.E3.82.84.E5.9B.A3.E4.BD.93
引用:
義父・岸信介は「国際勝共連合」・「統一教会」(世界基督教統一神霊協会)と友好的な協力関係を持っていたが、晋太郎も同じく、関連が深いとの見方がたびたび取り沙汰されていた。
「自民党内部の統一教会シンパとしてさかんに議員に統一教会員を秘書として紹介し、セミナーへの勧誘をしていた」と言われており、1999年には『週刊現代』が統一教会と国会議員の繋がりを暴いた記事で「安倍晋太郎氏がセミナー等への勧誘を行っていた」と報じた(参考:現職国会議員128人の「勝共連合・統一教会」関係度リスト )。

事実、統一教会は晋太郎を総理大臣にするべく応援[してきており、当時、竹下を後継指名した中曽根を強く非難していた。

晋三が内閣総理大臣に就任した2006年9月には、『週刊朝日』(10月6日付)で晋太郎の家の元家政婦が晋太郎が生前、自ら「私は朝鮮(人)だ。朝鮮」と言っており、家政婦自身も、晋太郎の入棺のときその骨格を見て朝鮮人だと思ったという記事が載った。統一教会系の韓国の『世界日報』(セゲイルボ)もこの『週刊朝日』の記事を引用した。
:引用終了
 




☆[愛国保守] 安倍晋三 平沼赳夫 チャンネル桜 統一協会
http://www.youtube.com/watch?v=teLAhsfMQGM















安倍晋三、統一教会06








安倍晋三、統一教会07






*統一原理とは統一教会の教義

 ☆統一教会の合同結婚式に祝電を送った議員で絞込み
URL http://senkyomae.com/m/%C5%FD%B0%EC%B6%B5%B2%F1%A4%CE%B9%E7%C6%B1%B7%EB%BA%A7%BC%B0%A4%CB%BD%CB%C5%C5%A4%F2%C1%F7%A4%C3%A4%BF%B5%C4%B0%F7

☆安倍晋三・内閣官房長官が統一教会の合同結婚式併催の「天宙平和連合祖国郷土還元日本大会」に祝電
URL http://blog.goo.ne.jp/c-flows/e/0987241085a649f506309e61f1f83fe7
引用:
次の映像は、韓国統一教会インターネット配信公式ビデオ「天宙平和連合(UPF=統一教会の組織)祖国郷土還元日本大会」から。

 ■福岡大会(日韓両国の男女2500組の合同結婚式も併催) 於・マリンメッセ福岡 2006/05/13
 





 ・司会者のオープニングメッセージ
 ・安倍晋三・内閣官房長官らの祝電の紹介
 ・韓鶴子UPF共同総裁(統一教会教祖・文鮮明氏の夫人)と文國進氏(同息子)に、保岡興治・衆院憲法調査特別委員会筆頭理事(自民党衆院議員、元法務大臣)の夫人らが記念品贈呈。
:引用終了
 




☆安倍総理と新興宗教団体「統一教会」との深い関係
URL http://asyura.com/0601/cult3/msg/528.html
引用:
『安倍総理と新興宗教団体「統一教会」との深い関係』

●2006年5月、安倍総理が霊感商法で知られるカルト教団『統一教会』の合同結婚式へ祝電を送った件が報じられた。保岡興治・憲法調査特別委員会筆頭理事など、複数の議員の名前があがっている。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-06-13/2006061314_01_0.html






 ●統一教会がらみの最大の事件はこれである。

『「合同結婚式、6500人の行方を捜して!」被害者家族が訴え』 2006年01月23日
http://www.christiantoday.co.jp/news.htm?id=393&code=sn
「日本側は、韓国で統一協会の合同結婚式に参加した後、行方不明になった日本人女性6500人の捜索を要請。
日本側からは、統一教会問題の連絡会の日本カトリック教会、日本基督教団、日本聖公会、日本バプテスト同盟、日本福音ルーテル教会、在日大韓基督教会など6個教団と、全国霊感商法被害対策弁護士連絡会、統一協会被害者家族の会などが参加。」  



●安倍晋三官房長官(当時)はマスコミの取材に対し、「私人としての立場で地元事務所から『官房長官』の肩書で祝電を送付したと報告を受けた。誤解を招きかねない対応で、担当者に注意した」と、コメント。
しかし、安倍総理を始めとする自民党議員と『統一教会』の関係は遥かに根深いものがある。

安倍総理の祖父・岸信介は、『統一教会』本部と隣り合わせに住んでいた。そして、『統一教会』系の政治団体『国際勝共連合』の設立そのものに関わっている。

『自民党』は岸信介の時代から、笹川良一、ロッキード事件の児玉らと共にアメリカ~欧州の軍産複合体と非常に深い関わりを持ち、戦後を通して『統一協会』の資金で活動してきた。
『統一協会』は古くから共和党の最大級の資金源でもあり、『統一協会』の大祭には必ずブッシュ親子からの祝電が届く。

写真:「統一教会本部で握手をする岸信介と文鮮明」
写真:「文鮮明主催の世界言論人会議(第7回)でスピーチする岸信介」

http://www.chojin.com/history/kishi.htm




『統一教会宣伝のHPに賛同者として名前を連ねる岸信介元首相』
http://www.chojin.com/person/jp.htm
「統一教会と私の奇しき因縁は、(東京・渋谷区の)南平台で隣り合わせで住んでおりました若い青年たち、、、(中略)そうしたら、笹川(良一)君が統一教会に共鳴してこの運動の強化を念願して、、(中略)
そういう話を聞き、お隣りでもありましたので、聖日の礼拝の後に参りまして、、、(中略)きわめて情熱のこもったお話を聞きまして、非常に頼もしく私は考えたのです。」

『統一教会と岸信介元内閣総理大臣』

http://www.chojin.com/person/kishi_uc.html
「(前略)教祖は、20年以上も前から岸先生のことを「岸は必ず総理大臣になる」と予言、、、(中略)統一教会の本部は渋谷区南平台にあって、実は岸先生のお宅の隣でした。(中略)
岸先生は、しばしば統一教会の本部や勝共連合の本部に足を運んで、、、(中略)岸先生に懇意にしていただいたことが、勝共運動を飛躍させる大きなきっかけに、、、」
  







●韓国『統一教会』発行の『統一世界』1990年4月号より;
 「日本の今度の選挙だけでも、私たちが推してあげたのが百八議席当選した。私たちの援助が無ければ、無所属で出てきた中曽根なんか吹けば飛んだ。
派閥で見れば、中曽根派は六十二議席にもなって、阿部派は八十三議席。私が全部そういうふうに作ってあげた。この二派閥を合わせるといくつになりますか?
それで阿部とか中曽根に、原理の御言を聞け!と言ったら聞きはじめた。」 




安倍総理の父・安倍晋太郎の時代には、数百人の統一教会信者を自民党秘書として『無償』で永田町に送り込んだ。議員達は、気が付けば、秘書給与流用の弱みを握られるかたちとなっていた。
議員達は、統一教会の言いなりになるしか無くなっていた。逆らえば秘書給与流用のスキャンダルでつぶされるからだ。
現在、警察庁・防衛庁・検察庁幹部の相当数が統一教会員である。これは中曽根政権の時代に入省した。

『2006年5月統一教会の合同結婚式に祝電を送った議員のリスト』;合同結婚式ビデオより書き起こし
選挙区順まとめ:
松木謙公(民主、小沢G、北海道12区)
田名部匡省(民主、加藤六月G→新生党→新進党→無所属の会→?、青森旧1区→参院青森)
中野正志(自民、森派、宮城2区→東北B)※本人出席
佐藤剛男(自民、山崎派、福島1区→東北B)
船田元(自民、船田G→田中派→新生党→新進党→無派閥→山崎派→津島派、栃木1区)




(省略)
 










☆現職議員が暴露 「在日の韓国・朝鮮系の人たちが自民党議員のパー券販売やポスター張りをしている」
URL http://logsoku.com/thread/hayabusa3.2ch.net/news/1347514407/l50
引用:
民主が中国寄り、自民が韓国・北朝鮮寄りな理由とは? - 週プレNEWS

http://wpb.shueisha.co.jp/2012/09/13/14010/
[2012年09月13日]

東京都議会議員で「尖閣議連」(正式名「尖閣諸島を守る為に行動する議員連盟」)の会長でもある野田数氏はこう証言する。

「今年4月16日に石原慎太郎都知事が尖閣諸島を都が購入する計画をワシントンで発表した直後、複数のテレビ局から
都議会議員全員に対してアンケート取材がありました。もちろん、都による尖閣諸島の買い上げに賛成か反対かを問う内容です。
 





これに対し、当時私が所属していた自民党は全議員に賛成しないよう緘口令を敷きました」

都知事と自民党は良好な関係であるはず。また、保守政党でもあるのに、なぜなのか。

「自民党の正体は、保守の皮を被った“偽装保守政党”なんですよ。そもそも、領土問題を放置し続けてきたのは自民党政権です。
私は以前に都議会で、拉致問題が解決していないのだから朝鮮学校への補助金は凍結すべきと主張しました。
その際も自民党から妨害を受けました。さらに都立高校の自虐的で反日的な内容の歴史教材を変えるための活動にも圧力がかかりました」(野田氏)

民主党は中国に、自民党は韓国や北朝鮮に、それぞれ協力的なのだという。両党の実情を、外務官僚のS氏が解説する。

「中国との問題では、旧社会党出身者の多い民主党が中国に利する動きをすることが多い。
一方の自民党は、韓国や北朝鮮を気遣う行動をとる議員が多いですね。例えば韓国に強硬な言動をする議員が現れると、
森喜朗氏や山崎拓氏の筋から圧力がかかったという話を何度も聞いたことがありますね」
 




なぜ韓国や北朝鮮寄りの行動をとる自民党議員が多いのかというと、前出の野田氏いわく

「政治資金パーティ券の販売やポスター張りの活動などを、在日の韓国や朝鮮系の人たちに依存している議員がビックリするほど多いんですよ」

とのこと。韓国や北朝鮮勢力はかなり以前から、国政にも地方にも、日本の政界全体に深く食い込んでいるのだという。
国も地方も、自民党も民主党も、日本の国益のために行動しない連中だらけなのか……。
:引用終了


どうでしょうか?
記事の文字数制限的に厳しいので、今回はこの程度にしておきましたが、それでもかなりの情報量があると思います。韓国人のノービザの件などは私も最近に知ったばかりなのですが、この情報だけでも安倍総裁が韓国を好きなのが分かります。

ちなみに、上記に書かれている「統一教会」とは韓国で主に活動をしている宗教団体のことです。この「統一教会」は日本で壺の詐欺事件、信者の拉致、合同結婚式など数多くの事件や問題を引き起こしています。
 







☆統一教会と南北朝鮮の関係【朝鮮カルト】

 (動画削除) 



http://www.youtube.com/watch?v=0Bq0GrND2U4
☆統一教会(統一協会)信者が受けてきた拉致監禁の真実の動画 1/3







↓統一教会による被害者総数は判明しているだけで6500人。
☆「韓国で統一協会の合同結婚式に参加後、行方不明になった日本人女性6500人の行方捜して」被害者家族が訴え
URL http://blog.livedoor.jp/news2chplus/archives/50663224.html


マスコミは表面の当り障りのない情報しか流していません。その裏にある事情を知らないと、「良い人」と思って票を入れた議員が、実はとんでも無い悪人だったということが有り得ます。ですので、票を入れる前に、「本当に良いのか?」と、しっかりと考えてから票を入れるべきです。少なくとも、「民主党がダメだから自民党」というような、単純な理由で投票をしてはダメだと私は思います。

今回の安倍総裁のように、大手のマスコミが触れないだけで、裏ではとんでも無い事をしている議員がいるわけです。
 





国民が持つ最大の力が投票権なので、私たちはこの力を真剣に考えて使うべきです。


↓安倍氏が盛んに掲げる「改憲」の裏にはこのような事情があります。
☆「国民の基本的人権は国家が自由に剥奪できます」という自民党改憲案のトンデモ内容まとめ

URL http://togetter.com/li/294319
引用:
自民党が先日発表した『日本国憲法改正草案』(http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/116666.html )がトンデモ過ぎなので、その問題点を人権関係を中心に簡単にまとめてみました。
 簡単に書けば、現行憲法で保障された基本的人権を国家が自由に制限・剥奪できる内容になっています。
 現行憲法で基本的人権を保障した「公共の福祉に反しない限り」という条文が、自民党改憲案では「公益及び公の秩序に反しない限り」にすり替わり、国家や政権政党に逆らう者、都合の悪い者は「公益及び公の秩序に反した」という名目で、一切の権利を剥奪しても合憲になりました。
 



 また、21条の表現の自由の条文に「公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない」と、お上に都合が悪い言論の一切を潰せる条文が追加され、さらに立憲主義の規定(第97条)と、政教分離の原則(第20条)が削除されました。 

 なお、たちあがれ日本の改憲案
(http://www.tachiagare.jp/data/pdf/newsrelease_120425.pdf )も自民改憲案とほぼ同じ内容です。
:引用終了

☆自民党 新総裁の安倍晋三は、提言された原発事故予防対策を拒否し続けてきた男

URL http://hibi-zakkan.net/archives/18210279.html
引用:
2006年12月13日 衆議院議員 吉井英勝
巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書

http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a165256.htm 




 (省略) 









安倍晋三、統一教会08



引用終了


それと、安倍氏が自民党の総裁に決まった瞬間にマスコミが「安倍氏が食べているカレーが高すぎる!」と妙に安倍新総裁のことを叩いていましたが、これにも理由があると私は思います。


☆安倍新総裁が食べたカツカレー3500円とバッシングするマスメディア!! しかし自社内レストランのカレーは5775円
URL http://getnews.jp/archives/257709


その最大の理由は日本のマスコミが朝鮮系の方々に支配されているからです。
例えば電通の元最高顧問は朝鮮出身です。


☆電通元社長、成豊氏が死去 日韓W杯共催を後押し

URL http://potemkin.jp/archives/50736221.html






テレビ局と朝鮮系勢力の関係について書くと長くなるので省略しますが、大手マスコミが安倍氏が食べたカレーを一斉にバッシングしたのは、安倍氏を守るためだったのではないか?と私は考えています。

ネット上では、安倍氏のことを少しでも批判すると「お前はマスコミと同じだ!」という方がぞろぞろと現れてきますが、このような世論をつくり上げるのが目的だったように私は思うのです。

つまり、先に安倍氏のことをバッシングすることで、安部氏に対する批判を封じ込めようとしたということです。少なくとも、安倍さんと朝鮮の数々の疑惑から、マスコミを牛耳っている朝鮮系の勢力が衝突するとは到底思えません。
 








日本再占領 ―「消えた統治能力」と「第三の敗戦」―


安倍思惟像統一教会09










韓流、テレビ、ステマした-韓流ゴリ押しの真犯人はコイツだ! (SEIRINDO BOOKS)

abe,11





統一教会 日本宣教の戦略と韓日祝福


abe,touitu境界12











*****************************










(2)安倍昭恵の正体




テーマ:安倍晋三に滅ぼされる日本
http://ameblo.jp/kororin5556/entry-11873125757.html
日本のファーストレディ(安倍昭恵)は中韓の尖兵ー夫(安倍晋三)は日本の滅亡推進者 2014-06-07








日本のファーストレディ(安倍昭恵)は中韓の尖兵(スパイ)であるーー夫(安倍晋三)は反米、親中、親露、親韓国朝鮮、日本の滅亡推進者である






ブログ主(BBの覚醒記録)さん、安倍昭恵は親中、親韓(中韓の尖兵)はその通り。でも安倍首相こそ反日、反米、親中、親韓国朝鮮、親露の完全売国奴ですよー日本をこれから際限無く破壊していきます


安倍晋三と安倍昭恵は二人三脚で「日本破壊活動」をしているのですよ。
 









マスコミが中韓の尖兵となっている安倍昭恵をなぜ「そっと隠したまま」何の報道もしないのか。おかしいと思いませんか。

理由は簡単。

マスコミも安倍晋三も、安倍昭恵も反日左翼・特亜勢力であるから、お互いをかばい合っているのである。
 



*****************


BBの覚醒記録 ☆政治を初心者にもわかりやすくがコンセプトです。 無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。より

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/5e0f7aadafb70146e0b26b093ff10b74


もはや国賊 安倍昭恵 朝鮮通信使 韓国側の捏造加担 《拡散希望》

2014-05-31 | 日記






 (以下省略) 














**************************







日本のサヨク共産主義者、アナーキスト ・特亜勢力(シナ共産党工作員、反日韓国朝鮮人、反日なりすまし日本人) は日本を破滅に導く売国奴であり、日本の弱体化、中共への植民地化を進める「日本滅亡推進勢力」であると思われる方はクリックをお願いします 
人気ブログランキングへ悪事千里を走る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
派遣労働制という「労働基準法改悪・人権無視法案」を完全廃止せよ!--日本人の総貧乏化を阻止しよう








    はじめにクリックをお願いします 
人気ブログランキングへ















日本人総貧乏化の根源「悪魔の法律=派遣労働制」の完全廃止を!!!   


派遣労働制=日本人総貧乏化制度 

派遣労働制の完全廃止を勝ち取ろう!

派遣労働制賛成国会議員の落選運動を開始しよう!!!
 











売国奴安倍晋三が進める日本人を滅ぼす政策「労働者派遣法改正案」。
なり済まし売国奴「竹中平蔵」とつるんで、日本人殺し政策をとことん推進する「安倍晋三」。

日本人総貧乏化を推進する「朝鮮人優遇推進政権・安倍晋三売国奴政権」を追放し、「派遣労働制」を完全廃止し、日本人が人間らしく生きる権利を確保しよう。
日本人を貶める安倍晋三を選挙で落選させよう。
自民党内共産主義者、自民党内朝鮮系議員を全員選挙で落選させよう・

落選運動対象者は別途「掲載」。 









********************************


産経ニュース
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e5%8a%b4%e5%83%8d%e8%80%85%e6%b4%be%e9%81%a3%e6%b3%95%e6%94%b9%e6%ad%a3%e6%a1%88%e3%80%8c%e6%ad%a3%e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%b8%e3%81%ae%e5%b8%8c%e6%9c%9b%e6%b6%88%e3%81%88%e3%82%8b%e3%80%8d%e5%8a%b4%e5%83%8d%e8%80%85%e5%8f%8d%e7%99%ba/ar-BBbIi2I




労働者派遣法改正案:「正社員への希望消える」労働者反発

毎日新聞



◇衆院本会議で審議入り

 28日の衆院本会議で審議入りした労働者派遣法改正案について、政府は「派遣労働者の能力向上を図り、正社員への転換を促す」と説明している。しかし、企業は運用次第で派遣労働者をずっと使い続けることが可能になるのが実態だ。労働組合は「生涯派遣、正社員ゼロ法案」と強く反発。派遣労働者からは「正社員として働く希望さえなくなる」との声も上がっており、審議を通じて問題点が浮き彫りになりそうだ。【東海林智、吉田啓志】

 現行法は派遣労働の固定化を避けるため、一般事務など大半の仕事は派遣労働者を3年しか雇えない。一方、高い技量が必要で企業側の需要が高い専門26業務は、この規制がない。ただ、こうした労働者保護の規定も、力関係の強い派遣先企業との間で十分には守られていない。

 派遣で7年間働く東京都内の女性事務員(32)は、仕事は一般事務だが、派遣先では専門26業務の一つ「OA機器操作」要員とされる。今の職場は3年の上限を上回る5年目で「派遣は立場が弱く、違法でもモノが言えない」と漏らす。
 






(クリックで拡大)


派遣労働制









 改正案が成立すれば、専門26業務は廃止され、全業務とも派遣期間の上限が3年となる。その一方で、労働者を3年ごとに入れ替えれば、どんな仕事でも永久に派遣に任せられるようになる。

 専門職でも、派遣労働者は3年で仕事を変わることを迫られる。女性事務員は「頑張っていれば、いつか正社員に」とボーナスがない仕事に耐えてきた。成立すれば、職場で3年ごとに派遣労働者が入れ替わる事態も起きかねない。

 厚生労働省の調査では、派遣労働者約116万人のうち6割以上は、正社員登用を望んでいる。改正案は正社員化を後押しするため、派遣元企業に対して労働者への計画的な教育訓練や、派遣先に直接雇用を求めることなどを義務づける。同省は「派遣が増えることはない」と語る。

 ただ、改正案が実際に安定雇用につながるかどうかは懐疑的な見方が強い。大卒後に派遣で働き続けてきた女性(42)は、商業英語を学ぶなど能力を磨いてきたが、正社員にはなれていない。派遣社員と企業の発言権の大きさはかけ離れており、「会社は使い勝手がよくなったと思っただけ。私たちは都合のいい部品なのか」と憤る。
 


 若手では派遣と正社員の賃金に大差はないが、40代後半の派遣の平均は時給換算で1200円台で、正社員の4割にとどまる(同省調べ)。連合の古賀伸明会長は「賃金格差をなくすこともなく、やみくもに派遣を増やす改正は絶対に認められない」としている。




 ◇審議入り遅れで、成立は微妙な情勢

 労働者派遣法改正案は、企業が派遣労働を活用しやすくするもので、安倍内閣は成長戦略の一環として成立を図る方針だ。ただ「政治とカネ」をめぐる混乱で、審議入りは当初目指した14日から2週間ずれ込んだ。野党が対決法案と位置付ける中、今国会での成立は微妙な情勢だ。

 安倍首相は28日の衆院本会議で「『生涯派遣』の労働者を増やすとの指摘は当たらない」と成立に理解を求めた。一方、民主党の海江田万里代表は東京都内で記者団に「首相は派遣の立場を全く分かっていない。格差が固定化され、派遣労働者の数が増える」と廃案を目指す姿勢を強調した。
 


 政府は当初、今年の通常国会で改正案の成立を目指したが、法案に誤記が見つかり、一度は廃案になった。ただ、労働規制の見直しは第1次政権以来の首相の宿願で、改めて今国会に提出した。

 自民党の佐藤勉国対委員長は28日の記者会見で「遅くとも11月7日の参院本会議で趣旨説明をしたい」と審議を急ぐ考えを強調。党関係者は「少しでも遅れたらだめになる」と危機感を強めている。

【水脇友輔、佐藤慶】
 








**********************************






日本のサヨク共産主義者、アナーキスト ・特亜勢力(シナ共産党工作員、反日韓国朝鮮人、反日なりすまし日本人) は日本を破滅に導く売国奴であり、日本の弱体化、中共への植民地化を進める「日本滅亡推進勢力」であると思われる方はクリックをお願いします 
人気ブログランキングへ悪事千里を走る








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。