紙は神と勝利  『文学&音楽&工作&料理』

癒しの空間工房です。
アート作品&文学&音楽&料理が満載です。
第2の脳(手先指先の運動)
紙工作(最近ご無沙汰しています)文学、音楽、料理好きなのです。

 Yahoo! JAPANでの工芸⇒ペーパークラフトへの登録が認可。

★読者の皆様へお知らせです、

このブログは管理人が 2004年の11月から始めた個人の楽しみの為の紙工作、料理、篆刻、詩、短歌などの趣味で仕事、生活に余裕、潤いを持つ為の目的で運営されています、お気に触るような記事が御座いましたら、なにとぞ、ご容赦下さいませ爺の戯言と思い笑い飛ばしてくださいませ。

★料理もアートだと思いますが いかがでしょうか!!リンゴいちご

★可愛い野良猫ブッチーニの記事もございますニャン!!にゃーネコ

★音楽大好き人間なのだ!!ニコニコ目

★多趣味の浮気モノなのだよーーーん!!ドキドキニコニコ叫び


★最近では創作詩・童話・短歌なども手がけております。




テーマ:

★ 2013年は何と言う 痛い新年だろう!!★


2012年の12月後半から どうも体調が思わしくない

何だか 腰の具合が すぐれないのだ


自症状的には 大したことはないように思えたが


年末の調理場の大掃除の時に どうも無理をしすぎたようだ

二槽もあるフライャー・の油替え

古い油を新しい油に換える時に 腰がズキッツと言ったような

あんなに注意深く 細心の気配りを行いながら作業を行ったのに


その他 厨房の大きな換気扇をN君と一緒に 大掃除


ダクト周りの照明器具もピカピカになった(何年振りかの大掃除だと思う)


その疲れが蓄積されたのだろう→一番辛い 自身の腰に!!


痛みに耐えかねて 顔で笑って 心で泣いて 


ズボンの上げ下げの時痛みが走る

中腰の姿勢の時に 痛くて 立ち上がることが容易ではない

トイレに入り座る時にも

用を足して拭く時にも

何にしても 痛いのだ どうしょうもなく痛いのだ


丁度 悪い時期だった 年末年始は掛り付けの医者がお休みなのだ

三が日(12月31日、1月1日、2日と家で静養をしていたが

思わしくなかった、


1月3日は仕事始めだったが、腰は最悪の状態だった

クシャミ、咳などをしょうものなら ズキーンと言う状態だ


何と言う痛い新年の始まりだろう

早く少しでも今よりも良き状態に戻らなくては!!


4日の日には 医者に駆け込む予定だ!!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

★ 詩・透明の毛?? ★

      足引掛割 雑記より

あまりに 鼻の周り近辺が ムズムズする

何だろうと思い 久しぶりに手鏡を見た

マジマジと 映し出された 自身の今の顔

ゲゲゲー 何なんだ この顔は

若かりし頃の あの艶々していて 溌剌としていて

眼に力の凝縮されて ピカピカっと 光り輝いていた

あの頃の 未来に対する輝きを  何処に捨ててきたのだろう

あの頃の 夢と希望と直向きさを 何処に置き去りにしてきたのだろう

今では 皺の多い顔 眼が窪み 遠近両用のメガネに助けを借りて

深夜の空を仰ぎ見れば かろうじて 三日月と星ボシがボンヤリと

見える 眼力のなくなった 輝きの薄い マナコ

其れは そうと ムズムズする原因は

鼻の穴から 鼻毛が二~三本も 伸び出ていたのだっ

エィーツとばかりに 一番長い 鼻毛を指で挟んで

一本 ヒッコ脱いだのだった

だが 両指に 挟んだ感触はあるのだが

何も 見えないのである 何も無いのかな

薄暗い明かりから もう少し灯りの強いところへ

移動して 恐る恐る 指を翳して見た

でも何も見えない 

だが 良く見てみると 

ピカピカっと光っている毛

透明な鼻毛が一本

色素の無くなった

鼻毛が一本

両指に挟まれた

透明な鼻毛が

灯りを浴びて光っている

なんだか 少し 

寂しい様な 悲しいような

気分に 陥ってしまった

幾星霜もの年月が

真っ黒の色素を

透明色に変えたのかな

少し センチメンタルな気分

少し 感慨深い 僕の人生

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

★足引掛割 作品集より 秋の短歌★

★一服の

  安らぎ求め

   秋風の下

    紫煙噴出す

       鼻の煙突

★ひと休み

  無い知恵絞り

   かんがえた

    バケツ返して

     椅子に設え(しつらえ)

★閉店後

  家路を急ぐ

   バイク乗り

    夜風 身に沁み

        凍える手先

★古希過ぎて 

   夜空の下で

      垂れ流し

       月も笑うか

        いたずら小僧

★袖口に

  秋風しみて

   名月の

    名残惜しむか

        鈴虫の音

★スライスの

    レモンを口に

      顔しかめ

       それでも好きさ

           初恋の味

★秋風が

  身に沁みる夜は

    虫の音(ね)が

     我と戯れ(たわむれ)

       時を刻みて

★浮雲は

  ひと処には

   留まらず

    ただ ヒタスラに

       流れ去るのみ

愛読者の皆様へ

秋の短歌・担架・炭化~なのかな??★

 どうも お粗末さまで ございました!!

    


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

★ 短歌 霜降りの月&日常の出来事 ★


★満月や

   ああ 霜降りの

      満月や

       仰ぎ 見入れば

         我を 照らすか

★燦々と

   輝く月の

     光 浴び

      霜降りの 風

       心に 沁みる

★霜降りの

   浮世の 風は

     身に 沁みて

       影 長きこと

        月は 輝き

★秋深し

  霜降りの 月

      輝きて

       雲の 間に間に

            光を 注ぐ

★真夜中の

   霜降りの 月

    輝きて

     我の 足元

       照らす 友かな

★ブラックの

   コーヒー飲みて

     顔 しかめ

      砂糖 入れたら

          笑顔に 戻り

★賄いの

  メニュー 何に

    しようかと

     仕事に 追われ

      時は 過ぎ行く

★賄いの

   時 近づきて

    我 悩み

      君らの 笑顔に

         作る手 急ぐ

★賄いは

  創意工夫と

    我 想う

     安く 美味しく

      知恵を 絞りて

★宴会の

  コース料理

      後の方

       海苔巻き 映える

          青笹の 色

★君の手と

   僕の手 つなぐ

    絆 あり

     夜風 身に沁む

         秋は 深まり

★浮雲は

   風の流れに

       逆らわず

        ただ過ぎ去りて

            後を濁さず

★我が 趣味は

   文と音にて

     学は無し

      下手な 横好き

        これで 良いのさ!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

★今日の出来事、香水への想い!!★

男の煩悩を揺さぶり動かすような

妖艶な香りを、バラマキ通り過ぎるのは

誰だ、何とも悩ましく鼻腔に突き刺さってくる!!

我がお店の隣の 

小さなスナックの姉ちゃん達の

キツイ香水の香りだ!!

彼女たちの出勤時間には

秋の気ままな風に乗って

我がお店の調理場の中にまで

漂ってくる!!

オイオイ 何とかしてくれよ~っうの

余りの強い香りで 脳味噌が パンク寸前だぜ~ぃ!!

いったい 程度と言うものを知らないのかい

香水は ホノカニ香るから ステキなんだぜ

それを プンプンと匂わせては 駄目だよ

容赦なく 鼻腔に入り込んで 来るんだもの

これは 押し売りと 同じだぜ

嗅ぎたくない香りも 有るってば

僕の一番好きな 香りは

沈丁花の香り!!

何とも 奥ゆかしくって

深夜の月の光とともに

庭先の片隅で

ひっそり と そして

在り来たりの みすぼらしい

小さな花とともに

静寂という暗闇の中で

そーっと 佇んでいるんだよ

だから 冬から春に為ったよって

僕に教えてくれる 沈丁花の香り

その家の三軒手前あたりの小路から

ほのかに香る 沈丁花の香りが

いちばん 好きだよ!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

★足引掛割 作品集 晩秋のミッドナイト★


何と言う 冷たい雨風なんだろう

大きな雨粒と変化する風向きに

身を縮めながら 俯き歩く


今日の帰り道


首筋から 足元から 袖口から

風向きの定まらない

晩秋の冷たい風が

僕を追い立てるように

僕に立ちはだかるように

僕を追い返すようにと


ゴウゴウと言う音とともに

大粒の雨粒を どす黒い天井から

降り注ぐ

木々の揺れ動く音が

悲鳴のようにも聞こえる


街はシーンとして静まり

物音ひとつしない

ただ 大粒の雨と

風向の定まらない

風の音がするだけ


これから寒い寒い

季節を迎えて

毎日毎日

身の縮まる思いを

幾つ辛抱すれば良いのだろう


もう コタツの準備をしなくては

もう アンカの準備をしなくては


哀愁と言うより悲哀に近い

晩秋の季節


夢も希望も 懐にしまいながら

俯き歩く 

急ぎ足で


心をジャンパーの中深くしまいこんで

急ぎ足で 俯き歩く


自宅の前には

この激しい雨と風で

むりやり落とされたであろう

枯葉が 散乱していた






いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

☆奄美大島出身の歌手『元ちとせ』さんを知っていますか??☆


元 ちとせ(ハジメ チトセ)は、


1979年1月5日に鹿児島県奄美大島に生まれる。

小学生の時に自ら島唄を習い始める。

習い始めてすぐに「奄美民謡大会」に出場し、「奨励賞」を受賞する。

中学3年では県民民謡大会で優勝。

高校3年では「奄美民謡大賞」の「民謡大賞」を受賞してしまい、

史上最年少受賞の記録を樹立してしまう。


HMV ONLINEさんのサイトから引用させていただきました!!



紙は神と勝利(ペーパークラフト作成記)-冬のハイヌミカゼ
☆ 冬のハイヌミカゼ ☆2CD 

コトノハ~光る貝殻 全24曲


2003年12月8日に故郷の奄美大島で行なわれた

2時間に及ぶライヴを全24曲完全収録。


僕が買ったのは CCCDでしたので

苦労して Windows Media Playerに

どうにか 入れることが出来ました。

何と2日間も試行錯誤しました。






紙は神と勝利(ペーパークラフト作成記)-ノマド・ソウル
☆ ノマド・ソウル ☆

トライアングル~ウルガの丘 全10曲





紙は神と勝利(ペーパークラフト作成記)-ハナダイロ
☆ ハナダイロ ☆

羊のドリー~語り継ぐこと 全12曲






紙は神と勝利(ペーパークラフト作成記)-カッシーニ
☆ カッシーニ ☆

カッシーニ~空に咲く花 全12曲






紙は神と勝利(ペーパークラフト作成記)-故郷・美ら・思い
☆ 故郷・美ら・思い 

 朝花~豊年節 全22曲の奄美島唄




紙は神と勝利(ペーパークラフト作成記)-ハイヌミカゼ
☆ ハイヌミカゼ 

サンゴ十五夜~凛とする 全10曲


いま僕の大好きな 女性ボーカリストの一人です!!

すごく聞き惚れてしまいます、

今までの歌と違いますね。

心にズッシリと深く静かに 

歌う女神が語りかけてくるような!!


ほんとうに 唄であり 詩であり 唱であり 

歌を詠むと言えると想えるのですが!!










いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 詩・ハミングバード 

  

 うどんこ 作品集より


追憶の彼方を

今 振り返れば

夢の中から 輪郭などは朧に

フンワリしたイメージが湧いてきた

自身の過去を振り返り

狭い世の中の鳥かごを

壊したかった あの頃ゎ

だから 飛んだ この心から

人生の大空 目指して

あらゆる困難なことにも

あらゆる事柄に挑戦したよ

だから今の僕がある

当時は『ヤッテランネー』って言っていた

確かに 『ヤッテランネー』ことばかり

自身の夢と希望なんて

何も見えてこないし

実現なんて出来ないと

想っていた

でも 何とかしてきた

自身の夢と希望を実現させた

だから今 過去の君に感謝している

『ヤッテランネー』と言いながら

遣ってきた 過去の君に

『お疲れ様』『ありがとう』って

過去の君から

返事が返ってきた

僕の心の中に

『ナニナニ どういたしまして』

『嘘も本当も ゴチヤマゼのままでいいってばー』

『いくら歳がいっても 

情熱と好奇心だけは忘れるなよーって』

まだまた 逝くには 

はやすぎるぞーってね

あと どれ位 

この坂道を登れば良いのか

分からないけれど

過去の君から

『見て聴いてくれよー』って

『まだまだ人生修行がたりないぞ』って

『頑張れよー』って

『世の中 楽しんだもんの勝ちだぜーいっ』

なんて言葉が響いてきた

今の僕の心に

本当に昔々の ちっちゃかった頃の

僕から

エールが届いた


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

★雑文詩集・・月光止水 詩集より抜粋


過去 現在 未来を溌剌とした心根で

毎日を生きていられるようにすることって

可能だろうか??


もう既に半世紀を過ごしてきた現在も

毎日、毎日、五感で様々な事柄を

感じながら、経験しながら

やはり 少しずつかもしれないが

進んでいると思える!!


いつまでも いつまでも あの世への旅立ち

まで 進化しなくては そして 総てを総括し


思い起こすことなく 悔いを残さずに

思う存分に 生き抜いて 体力の続く限りに

いつまでも いつまでも!!!


自身の心に忠実に

自身の体を労わりながら

世間様に迷惑なほどの

生き様を晒し出そう!!


大好きなJAZZのCDをタップリと

心 行くまで聴きながら!!







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
吉野弘詩集 (現代詩文庫 第 1期12)/吉野 弘
¥1,223
Amazon.co.jp

続・吉野弘詩集 (現代詩文庫)/吉野 弘
¥1,223
Amazon.co.jp

素直な疑問符―吉野弘詩集 (詩と歩こう)/吉野 弘
¥1,470
Amazon.co.jp

現代詩入門/吉野 弘
¥1,260
Amazon.co.jp


吉野弘さんの詩集は なかなか難解だった

自然の風景自体よりも人間の生き方よりの

考え方もしくは心のあり方のような

詩集だと思う!!


本当に少しだけ読んだことから感じたことだ

だから いま少し よく読んで これから感じることを

書き込もうと思います!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。