ちくわ朋彦 オフィシャルブログ

葛飾区亀有在住のSSW「ちくわ朋彦」オフィシャルブログ

NEW !
テーマ:
2016.7.23

果報は寝て待て
http://kotowaza-allguide.com/ka/kahouwanetemate.html

いい言葉ですね。
好きな類いの言葉であります。

最近はどうも気持ちの焦りと裏腹に怠けてばかりで、どうしようもない毎日です。人には心配と苛立ちを起こさせるばかりで、僕に残ってる僅かな「しっかりしなくてはならない時」でさえも集中力が足りなくて散漫になっております。

三角食べは得意なんですが、ひとつの事を終わらせないと次に進めない性分でありまして、今まさにそんなスパイラルにはまっている様に思えます。


遅くなりましたが、今年もまた前橋に歌いに行きました。昨年は七夕に前橋で三日間でございましたが、今年は前橋~渋川へ歌いに行けてとても良かったです。

前橋のSSW「かべっこ」さんにいつもお世話になっていて、今回も沢山お世話になりました。かべっこさんとは半年ぶりに会ったんですが、その時よりずっと「ポップ」になっていた様に思えました。底力として元々歌の上手い人だなぁと思っていたんですが、その「のびしろ」がのびて以前より歌う事に余裕や余力が有るようにも思えました。二日間ともとてもいいライブでした。そしてまた今年もこちら側で一緒にライブ出来るように計画しております。


初日の前橋で行ったホルモン屋さん
ホルモン&カシラ 大盛りで800円 安い




ホルモン千代のオチヨさん
いつまでもお元気でいて下さい。
来年も必ず寄りたいと思ってます。

とある事でかべっこさんと談笑をしていたのですが、その件で最後に深々とオチヨさんがお辞儀している風景が印象的でした。母はいつまでも母なのですね。




かべっこ




カーサミドリのみんみんさんのお母様
とっても素敵なお方でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016.7.13

久しぶりに呑気な夢をみた。それは「無断欠勤」の夢だった。二日ばかし何の連絡もせずに会社を休んだ。会社からは連絡も来ない。ふと僕は思い出す。その会社の社長の顔は昔にクビになった(正確にはクビにされた)会社の社長の顔だった。朝方に目が覚めて胸がドキドキとした。暫くは何とも言えない気持ちでいたが、ふと我に返ると妙な安堵感と共に、再び不安が持ち上がる。こんな夢をみたのはサラリーマンをやってた以来の事だった。嫁と娘が心配そうに僕の顔をのぞきこんだ。実に呑気な自分に呆れる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016.7.11

すぅぅ っと 波が浜辺から沖へひくように、僕のいらいらも拐ってもらった。暫く便秘ぎみだった娘の便も夕方には開通し、その後の機嫌ときたら、跳び跳ねる様にしてポンポンと色が弾けるのでありました。





いらいらしてしまう事はとても辛くて損なのだけれど、ついついやめられない。生きているだけでどうしたこうしたや、選挙や政治や音楽が男が女が天才が馬鹿が金持ちが貧乏がどうしたこうしたで、このような出来事たちを「ななめ」に見るやつもあれば、「真っ向」からぶつかってくやつも。そんな僕は選挙に行きました。いいじゃん。僕は選挙に行ったよ。デブで高卒で貧乏で思い違いの田舎もんです。それで、君は行ったのかな選挙に?僕が応援している人はいつも当選しないのだけれどね。あはは。その反対側の人に会って話を聞いてみたい。その一票にどんな期待をもって投票しているのかな?僕にはわかりっこないか。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016.7.10

最近になって気づいてしまった事がある。人には「向き不向き」があることを。そして、「相応しいか」どうかを。眠れぬ夜は、脱サラしてラーメン屋などの飲食店修行をする人たちのドキュメンタリーを観ています。痛感します。僕なんかは本当に面倒臭がり屋で、好奇心は人並みにあるものの飽きっぽく続かずにすぐに諦めてしまう人間性であります。とある人の格言で「好きなことをとことんやんなさい。それが仕事になりますよ。だって好きなことには大変な労力も惜しまないでしょう?三度の飯より…なんていいますからね。がんばれ。」。そんなものは僕にはあるのだろうか。ここ一年以上は毎日の様に考えています。

僕は三度の飯より「ぐうたら」が好きです。好き勝手に生きて、好き勝手に腹をたてて、好き勝手に一日が終る。しかし、こんなに不安なものはありません。




ふちがみとふなと
毎月恒例の高円寺円盤でのイベント。
10回目のゲストは彼らでした。とってもとっても素敵な夜になりました。無理なリクエストに答えてもらえて、あのときの風景が少しだけ過ってウルッとしました。

そして、来場のお客さんは予想していた数の半分程度だったけど、僕としてはこのくらいの人たちと「しっくり」聴けるのが好みです。本当に良かったと思う。単純に沢山人が来て楽しんでもらえるのは嬉しいけど疲れます。なんか期待感からくる「圧」に耐えられず、眉間にシワが寄ってしまうのよね。


関根悠介
最近に出会ったとても素敵な歌い手さんです。彼はそもそも「詩人」として活動していて、京都から関東に戻ってきてから歌い始めました。また聴きにいくつもりです。僕は「傘」って曲が大好き。




モツヤキが好きです。
味もそうだけど、「居場所」と「空気感」が好きなのかも。喫茶店も同様に。


最近の僕はきっと「鬱」です。意味も理由もなく。きっともうじき過ぎるでしょう。季節の変わり目ですから。

それは、何事にもイライラしてしまうし、毎朝頭がパンパンになって起きます。眉間が筋肉痛です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016.7.8



ばあちゃんの七回忌でした。父方の親戚がぼちぼちとそろっての法事。和やかな雰囲気ですすみました。やはり、顔と顔 合わせるだけで何か細かいことは許せてしまうように思えます。まぁ、それでもいがみ合う関係ならいつかは刺し合い殺し合いになるのでしょうね。人に怨まれてだけは死にたくないと真面目な僕はいつも思ってます。




一週間ばかしの家族旅行から戻りました。佐久~上越~富山~金沢~福井~滋賀を巡るコースでした。立ち寄ったどの場所も初めてのところでとても新鮮な毎日でした。

特に石川県の今浜で海水浴をしたのはとてもいい思い出です。海岸も車で走れました。今浜は波が穏やかで綺麗でとても感動しました。そして、旅行中は娘とふたりで温泉にのびのびと入ったりしてとても幸せでした。

黒部の景色も水も良かったな。トロッコで秘境を見学した。「おわら」の街をみれて良かった。いつかは「風の盆」を体験してみたい。富山や石川の人はみんな優しかったよ。魚も実に美味かった。福井の東尋坊にも行けて良かった。琵琶湖も本当に素敵だった。野球ボール拾ったよ。

帰りは滋賀から一気に七時間で帰りました。




























いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016.7月
ちくわ朋彦 ライブスケジュール



すっかり梅雨ですかね。毎日ジメジメとしていて、生活しているだけでバテてきます。7月のライブは6本だけです。前半は早めに毎年恒例のバカンスで、家族三人水入らずで旅行を計画しました。これを期に行ったことのない土地の空気を吸ってみたいと思い、家族をまた振り回しに行くところです。色んな知らない風景を当てもなくのんびりと眺める事がしたくなりました。

最近は考え事が多くて、頭がパンパンになりながら起きることが多々あります。それは色々な自身の考えと、自身以外の考えの存在をまじまじと感じているからです。結局は自身以外の考えなど関係ないのですが、まだまだ恥ずかしがり屋で臆病者の僕には影響があるように思えます。しっかりしろ、ちくわ。


■7月8日金曜日
東京都・高円寺 円盤
ちくわ朋彦の
「街で見かけたヘンなヒト」Vol.10
7時半開演 MC.2000円(1D付)

案内人:ちくわ朋彦
SPゲスト:ふちがみとふなと (from.京都)

高円寺にあるレコード屋『円盤』にて。
毎月第二金曜日の夜、ちくわ朋彦が出会ったちょっとヘンテコなゲストをお招きして素朴なお話しと歌をお楽しみ頂ければと思います。この夜だけにしか聴けない、ちくわ朋彦とゲストとのコラボセッションもあります。

予約は不要です。
ご来店お待ちしてます。


【ふちがみとふなと】とは ↓



ふちがみとふなと
渕上純子(ボーカル) 船戸博史(コントラバス)の二人組 ベースと声で点と線をリズムで結んで立体を作るように音楽を奏でる面白さに夢中になって四半世紀。お客さんの顔が見えるサイズの会場を中心に民家からフェスまで、在住の京都から時々海外まで、生演奏と自主制作の音源を届けています。2015年4月、パスカルズとの共作ライブアルバム「1と2」、11月に4年ぶりの新作CD「だってチューだもん」、初めてのEP「オオサカのうた」を発売。

渕上純子(ボーカル、鍵盤ハモニカ他)
子供の頃よりテレビで聴いた曲をピアノで弾いて遊ぶ。軽音楽部、教師、旅人を経て平成の初め頃、船戸との酒場での演奏をきっかけに活動を再開。船戸も参加するバンド「ビジリバ」を結成。現在ふちがみとふなと以外の活動はないが、喜多村朋太と2台のオルガンを弾くクレイジーポキュ、ラブジョイのbikkeとのJBではCDを2枚発表。様々な音楽家とのデュオも時々。子供番組の作詞も時々。

船戸博史(コントラバス)
1961年生まれ。幼少期からピアノに親しむも、中途半端で終わる。その後、ギターに手を出すがこれまた中途半端。高校時代にベースと出会い、大学在学中よりジャズに興味を持ち卒業後も続けたがまたまた中途半端なままアフリカに。そこでなんでもありの世界に目覚め帰国し以後、サイツ、ふちがみとふなと等のユニットを多数経て現在に至る。近年はソロアルバム数枚、年下歌手のプロデュースなども手がけ、ジャズもまた始めたりしている。


■7月16日土曜日
群馬県・前橋 水星
8時半開演 テーブルチャージ.500円+注文
※ 演者に「おひねり」お願いします。
w/ kuku


■7月17日日曜日
群馬県・渋川CasaMidori
CasaMidori
渋川市有馬1080-3
午後1時開演 MC.1000円+注文
w/ かべっこ、 齋木和馬


■7月24日日曜日
埼玉県・北浦和パラダイスロード
「山口さんとちくわくん」北浦和編
7時半開演 MC.2300円(TC&1D付)

出演:山口敦子、ちくわ朋彦


■7月30日土曜日
茨城県・土浦サケクラすのっぶ
「はじめてのツーマンライブ」
8時開演 MC.2000円(1D付)

出演:ちくわ朋彦、谷井大介
O.A:Yuji for Peace




■7月31日日曜日
東京都・大久保ひかりのうま
7時半開演 MC.2000円+注文

出演
サウナ
ちくわ朋彦
ニューグリフィンズ
(前里慎太郎×降旗茉莉香)


■8月5日金曜日
сн∀ма 11thコンサート2016夏
19:00~22:00
at gyoenPAPERA(新宿御苑駅前)
前売券 3000yen(お食事付)

出演:KOH-HEY minami a.k.a сн∀ма
【ゲスト】ちくわ朋彦・谷 瑠美・アイハラミホ。・ましゅまろブラザーズ




席の予約は各店までお電話か、
夜道レコードまで ch1kuwa@live.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016.6.22

何もしていない日はかえって頭がパンパンになる。これはきっと「栄養過多」なのだ。栄養が脳みそに届きすぎて、余計なことまで考える様になってしまう。以前までは肉体労働をしながら日々を生活していたので、肉体労働をしていない現在はその分の栄養が余ってしまっているに違いない。よくイライラします。腰痛が治らず酷いです。毎日意味無く眠いです。それでもお腹が空きます。いつも何かに追われているような気分です。これらはなんとも罰当たり。本当にごめんなさい。



ふと頭を過る事がある。「でたらめ」「いいかげん」「責任のない」そんな音楽や表現に憧れている。きっとそこには「センス」「才能」「カリスマ性」「偶然」「運」等が程よく調和して作用しているから通用するのだろう。ひとつでも欠けてはならぬのだ。中学生の時に大好きになった「暴力温泉芸者」こと「中原昌也」氏が何かの記事で話していた事を思い出す。「でたらめなんです。何も責任なんか取りたくないですから。」そんな風にしてアッケラカンと話していた彼の才能に憧れた。

そして、楽器も出来ない時分では、カセットテープレコーダー(ダブルデッキ)が唯一の発信源だった。色んなものをフィールドレコーディングしたり、何かしらの電波をこねくりまわしたりと、寝る間も惜しんで訳のわからない事ばかりをして楽しんでいた。そんな音源をテクノが好きな楽器屋の店員に聴かせたり、ばあちゃんに爆音で聴かせて怒らせて、その声を録音して次作に使ったり、電話ごしに中央学院大学(当時はジャズ研の人、今はアップリンクで働いているクラモチさん。)のお兄さんに聴かせたりした。今のところ、僕の人生でこの時分が一番「創造」「創作」をしていたのだと思う。あの時の僕を越えることはまだ出来ません。それもこれもけっこうどうでも良いこと何だろうけど。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016.6.21

すっかり梅雨ですね。しかしながら天気予報は当てずっぽうで、ちっとも当たりやしない。「暑いときには暑いものを。」先人はよく言ったものです。確かに僕もそう思います。暑いものばかりでは体調を崩してしまいますが、たまにはと「辛いカレー」や「辛いラーメン」なんかも良いですよね。音楽では最近「スカ」や「ロックスタディー」を聴いています。僕がまだ十代だった頃に、地元の友達でパーティーを開いたりして「DJごっこ」して遊んでいました。田舎なもんで、刺激に飢えていた同世代や先輩や後輩が山ほど集まって、今ではあり得ない程の動員を記録したものです。(笑) 。場所は廃校になった小学校の音楽室とか、近所の社交ダンス場でした。(社交ダンス場に関しては、盛り上がり過ぎて便所が破壊されて、多額の修理代を皆で払いました。) そして、皆が選曲するレコードは、「ヒップホップ」「パンク」「ハードコア」が中心で、僕は「皆と一緒じゃツマラナイなぁ。」と考えて、「サーフミュージック」や「レゲエ」を中心に流し、ディスクユニオン柏店を中心にアナログ盤を買い漁っておりました。その時に大好きだったのが、スカタライツとアルトンエリスです。(もちろんボブマーリィーも大好きです。キャッチ ア ファイア)サーフでは、ビーチボーイズやジャン&ディーンね。そしてまた最近になってよく聴くようになりました。彼らのレコードを聴くと無条件にあの頃を思い出しますね。馬鹿みたいに「青春」をしたくて、もがいていた記憶が恥ずかしいです。(笑)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016.6.20

昨日は昼間に浦和西口にある「コルソ」ってデパートの7階催事場で開催された「浦和飲食フェスタ「外食万歳」」に本年も演奏で行きました。


今回はカルテットでした

陽気なお客様も踊りだしました

会場正面から

ハム?

武蔵浦和「ポコリット」の皆さん

ご当地アイドルが司会のバーテンコンペ

本年ももの凄い沢山の来場数で、活気溢れる一日になりました。出店者は主に個人経営の「バー」や「居酒屋」で、来場した客は各店の常連さんの様に思えました。バーテンのコンペや、この日だけ特別に出されるオリジナルカクテルを楽しんだり、様々なお店のオリジナルフードを楽しんだりしている様でした。何より常連さんが、それぞれお気に入りのお店を「応援しに来ている」様に思えました。とても素敵です。どの方も酒の呑み方をわきまえてる(大人の対応)でございました。

そして、夕方には終えてそのまま嫁の実家へ行きました。お母さんが気を効かせてくれて「今日は父の日だから、夕飯は鰻重にしましょう。今夜はお泊まりなさい。」との事で御馳走になることにしました。娘と一緒に風呂に入って、気持ちよく上がるとそこには酒と鰻重とおつまみが。とっても豪勢な父の日の晩酌になりました。ありがとうございます。

しかし、娘も高揚気味で食事をしていると「いたーい!!」となって、僕らも大慌て。そして、タクシーで急いで休日でもやってる病院へ。きっと、鰻の骨が口に刺さった模様で、痛がって中を見せてくれない。そして、結局は管轄外で診察すらしてもらえなかったのですが、大事には至らず心底ホッとしました。翌朝にはケロッと治っていたので良かったです。嫁もお母さんも心配で心配で眠れなかったとの事。僕はぐっすり眠ってしまいました。ごめんなさい。色々と感慨深い父の日の夜でした。鰻は子供に食べさせちゃ駄目でしたね。この様な場合、急患で小児科へ行っても、歯科か耳鼻咽喉科しか診察してもらえません。慌てず騒がず、パニックになった子供を落ち着かせてから、それが解決への近道へと繋がります。


ウナギ犬
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016.6.19

先日金曜日にさいたま新都心にある焼鳥屋「楽園」に初めて歌いに行った。知ってる人は知ってると思うが、僕は大の「モツヤキ好き」なのだ。今回のライブは急に決まったものだったのだが、本当に楽しみでありました。偉そうにも「お手並み拝見」と大抵の店では「カシラ」を必ず最初に食べることにしている。味付けは決まって「タレ」にする。しかし楽園では違った、「タレにしますか?塩にしますか?」と大抵の店では最初に聞かれるのだが、注文後にすっと大将は焼き場に引っ込んでしまった。そして間もなくすると、「塩焼き」のカシラとハラミが届く。脇にはワサビが添えられていた。「うちのは塩焼きにワサビが合うんですよ。」と大将が。僕は内心「またまた洒落た感じだなぁ。」と思って一口。「おっ!最初のパンチある塩味とアクセントのワサビが効いてる。そして後からジワッとくるこの香ばしさはなんだろう。」。きっとあの独特の後味は肉自体の味なんだと思う。結果、とても美味しく頂きました。とっても美味しかったです。間も無くしてライブが始まったのでゆっくりは堪能出来ませんでしたが、また9月2日(金)に歌いに行くことが決まったので、その時までのお楽しみにしたいと思う。色んなモツヤキ屋や焼鳥屋でライブがしたいです。そうなればライフワークであるモツヤキ探訪と、自身の音楽が一石二鳥になるのであります。都合のいい話か。



そして、昨晩の晩酌でさっそく肉を塩焼きにしてワサビを添えて食べました。暫くはハマりそうです。


ちくわ朋彦のCDはこちらから買えます◎
送料無料で自宅までお届けします。

夜道レコード 通販サイト
http://yomichi.buyshop.jp/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。