ちくわ朋彦 ブログ

ちくわ朋彦 ブログ

NEW !
テーマ:
2017.3.22



僕が小さな頃に行っていた沼に娘を連れて行った。ここで魚釣りしたり、ザリガニを採って遊んでいました。僕が何気無く小石を水路や沼に投げたりして遊んでいると、娘は水溜まりに小石を投げ入れて遊びました。娘は本当に嬉しそう。東京ではこんな水溜まりはあまり見ないなぁ。なんか新鮮な気持ち。



この花も懐かしい。何て名前の花なのだろうか。娘はもの珍しそうに覗き込んでいた。



この場所、この水路でよくザリガニ釣りをやりました。そこら辺で拾った木の枝に拾った紐を結んで、その紐の先端にスルメを着けてザリガニを釣ってました。暖かくなったら釣りに来よう。



「くし!くし!」と娘が言うものだから見てみると、つくしを見つけました。もう春なのかしら。立派なつくしを久し振りに見た。

青空には太陽と雲と送電線が四本だけ。たまに鳥が飛んでいる。とっても気持ちが良かった。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2017.3.21

寒い日は身体が痛い。特に腰と背中。今日は一日中痛くて憂鬱だった。最近は晩酌もし始めてしまったせいか、毎朝身体が痛い。ぎっくり腰の一歩手前の様な気がする。春よこい。最近になってふと気づいたのだが、同い年、あるいは一才年上年下の友人たちが特に人生の転機や岐路に立っている様に思えた。僕だけじゃなかった。頑張れみんな。僕も頑張るよ。特に僕と同じような境遇の人たち。こんな時こそ冷静にいこう。楽しいイメージを想像しよう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2017.3.19.20

色々な出来事がありすぎると書き出せないでいる。それが単に酒を呑みすぎて頭がコンガラガッテしまっているのだと思うと情けなくなる。昨日は両国門天ホールで歌いました。友人であります川原徹三さんの企画で「Peace Will Comeコンサート2017」今回で7回目になるそうです。川原徹三さんと出会ってから三年が立ちました。三年前に新大久保の労音で歌った時に出会って意気投合したのです。川原徹三さんは大切な友人で僕の父と同い年です。僕は彼の話を聞くのが大好きです。昨日のコンサートの後にも皆の前で話していた「蝶々」の話がとても印象的だった。ちっぽけな僕でも無駄な事はひとつもなかった気がする。とても勇気づけられるものでした。そして、皆が僕の事を心配してくれています。本当に有り難いです。少し照れ臭い。僕的には皆と同じように「今」から「次」にゆく、素直な形だと思っていますから大丈夫。形は違えど家族も生活も子育ても音楽も「初期衝動」を忘れずに歩んでゆきたいです。そしてもうひとつ印象的だったのは、中川五郎さんが声をつまらせて歌ったいるなと思って顔をあげると、彼の鼻の頭が赤くなっているのに気が付きました。彼がそっと目をつぶり、照明が彼の目蓋を照らすとキラキラと光っていたのです。「25年目のおっぱい」いい曲を聴けて良かったです。そして僕はこの日、一曲だけをじっくり歌いました。前から横からすすり泣く声に僕ももらい泣きしてしまって上手く歌えなくて情けなかったですが何とも有り難い事で、その時だけは僕の歌だけを聞いてもらってるし、聞かれている様な気持ちに満たされてしまいました。そして僕が歌い終わってから「ちくわ君の歌を聴くより、若い女と呑んでいた僕の判断は間違っていないかな?あはははは。」と言ってきた人に僕は「そうですね、そんな方もいらっしゃいますよね。」と返しました。我ながらいい返答でした。そして、哲学的な事を比喩たっぷりにうたう人や、ファンタジックな作風(おとぎ話や作り話)、政治的な思想を歌に織り込んで唄う人もおりますが、大半の人はどんな歌でも「生活」を歌っているのだと思います。自身の日記の様ものを自身の言葉づかいで。自身が感じたり遭遇したりした事を偽りなく話したり歌ったりするから人前に立っているのだと思います。ましてや入場料をとっているのだとしたら尚更。よく「政治的な歌はやめて下さい。」と眉間にしわ寄せて腫れ物に触られたく無いような言い方をする人をみかけますが、生活から目を背けている歌を探して歌うのが難しいです。そんな歌は知りません。それに、ネガティブな歌なんてひとつもありません。歌い手はみんな、狭いトンネルを匍匐前進で進むような、微かな希望の光を手繰り寄せる様な心境なんだと思うんです。愉快なジャズも、陽気なサンバも、憂鬱なブルースも、訴えかけるフォークソングも。誰もが誰かの為に歌っている訳ではないのです。最後に自慢話ですが、川原徹三さんの最後の教え子の高校生(卒業したばっかりの)がCDを欲しいと言ってくれました。彼と話すと「とても素敵でした。感動して泣いてしまいました。ちくわさんのCDを下さい。」と、僕は本当に嬉しくて彼にはCDをあげました。そんな彼には「皆には内緒だよ。買ったって言うんだよ。」と伝えました。「うたを聴いて涙する」この感覚の「初めて」は今でも覚えています。それからというもの僕は音楽に狂ってしまって「何かもっと胸打つ音楽はないか!」と毎日の様に探求しているのです。こうしてまた今日も家にCDが届くのです。





風邪が治らない妻と娘にゴハンを作った。こんな少しでちっぽけだけど喜んでくれる。誉めてくれてありがとう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2017.3.16

借金をして家を買うのは恐い。なにより、「ここに住むのか死ぬまで?せめても借金を返し終わるまで。」といつも僕が僕に問いかける。フーテンになりたい訳ではないが僕は恐いのだ。借金はまだない。ちなみに、家は買いませんよ。金なんかは誰も貸してはくれませんし。おーこわ。それでもいつかは平屋の一戸建てに住むのが夢です。福岡の友人が住んでる様なのがいいなぁ。



以前から気になっていた喫茶店で珈琲を飲んだ。店主自慢のステレオでポール・デスモンドの晩年作になる「スカイラーク」を最初から最後まで聴く。上等なステレオで聴くジャズも大好きで、目の前の音像を身体で感じられるので心地が良い。それと今まで感じてこなかったであろう「アンサンブル」と「躍動感」に感動する。その時にかけてくれるレコードに僕はこだわりもなくて、しいて言うなら僕が聴いたことないレコードで、店主が僕に聴かせたいと思っているレコードがいい。生意気で贅沢な要求です。そんな風にしてまたひとつ好きなレコードが増えたら儲けものだ。それと、珈琲が出来上がるまでレコードをじっと聴きながら黙って待っている時間も大好きだ。手持ちぶさたと、「ガリガリ」と鳴ってから、どこからともなくやってくる珈琲豆の薫りがたまらない。珈琲を一杯で500円。こんな出来事が何とも贅沢な時間であります。ちなみに、生で観る聴く音楽が一番好きではありますが、何かと気を使う事(同席してるお客さんなど)があるので、上等なステレオならレコードで聴くのも差し引き同じくらい大好きな訳であります。




ポール・デスモンド「スカイラーク」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2017.3.15

今夜は円盤で歌いました。今夜で18回目になる月例の企画をやっていましたが、今夜で最終回でした。ありがとうございました。所縁のある友達(過去にゲストでは出演してませんが、何度も観に来てくれた人。)が沢山来てくれました。本当に応援ありがとうございました。円盤で企画をやることは正直気合いが入っておりましたし、円盤の店主である田口さんと毎月会って話をすることも凄く楽しみでありました。そして、僕的にはひとつの「夢」でもありました。何と言いますか、新しいアルバムのライナーノーツを今回は田口さんに書いてもらいましたし、何より田口さんのやっている活動(音源のリリースや面白い発想のライブや音源媒体)や著書「二0一二」に影響を受けています。あれは本当に衝撃を受けた一冊です。皆さんにも読んで欲しい。ほんとに。そして、読み終わった後に自分がどう思うか体感して欲しいです。僕は非常に影響を受けましたし、何だか反省もしたので、これまでの考え方を少し変えようと思いました。何とも言葉では言い表せないのですが。ちょっと自分都合の事ばかり考えすぎていたようで情けないです。嘘ばっかり。もっともっと「楽しみたい」と心から思います。そこに微塵にも嘘が無いようなイメージ。僕の場合はそれで良いように思えます。今夜は8時から10時前まで休憩を途中でいれながら歌いました。新しいアルバムから9曲と、いつかまた録音する機会があったら録音するであろう曲を3曲と、昔から歌ってる曲を1曲。最近は「聞かせよう」なんて事は微塵にも思わないで歌うことにしています。「聞かれてしまった」そんな風になれたらいいなって思っています。なかなか邪念が多くて難しいです。そして毎度の事ですが、途中で話す内容はノープランで何も考えていないのですが、いま頭のなかにある疑問や不安や希望を口にしています。きっと。たぶん。ブログは勝手に発信しているので書くのも見るのも好きなのですが、SNSはいつか辞めたいなぁって思います。今まで恐くて言えなかった事が今夜はサラッと言えてしまいました。SNSを辞めるのが恐いんです。しかしながら今はSNSをやっているのが恐い。4月22日(土)のライブが終わったら辞めてみようかと思っています。でも、辞められないんだろうなぁ。誰かの幸福や不幸や葛藤やクレームや自慢や憎悪やスパムや勧誘や販売や宣伝やテロや戦争や汚職やスキャンダルや噂話や憶測ばかりが無意識に無差別に飛んでくるので非常に疲れてしまいました。辞めるまでは僕も宣伝やYouTubeのリンク発信ばかりになってしまうのだろうなぁ。4月22日(土)浅草木馬亭レコ発DXに来てください。そして、5月22日(月)に福島県いわきソニックに歌いに行くことにしました。遠山一夫さんの企画で僕のレコ発をやってくれるのです。昼間にわざわざソニックの三ヶ田さんから電話があって、その時に遠山さんとも話せました。4月22日(土)以降は仕事が忙しくなるので中々ライブは出来ませんが、企画してくれるならレコ発ライブはやらせて下さい。どこでも単発になりますが、どこにでも行きます。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2017.3.13.14

楽しくて酷く呑みすぎた。呑みすぎた僕は調子に乗ってしまう。嘘は無いのだが、ベラベラと思い付くまま話してしまうのだ。何時間も一緒に笑って酒がサシで呑める年上の友人(父と同い年)を僕は尊敬しています。いつもありがとうございます。



三軒茶屋でライブ。友人である「にじ幸雄」さんのトーク&ライブ企画のゲストに呼んでもらった。お客さんも沢山観に来てくれた。そんなお客さまは、にじ幸雄さんと交流をもってから観に来てくれる様になった方ばかりで、大切な友人達でもあります。本当に有り難い気持ちで一杯です。あっという間の三時間で沢山お喋りして楽しかった。そして、この夜もライブ中に咳き込んでしまった。終演後すぐに喉が痛い。最近はライブ後に喉が痛くなってしまうので本当に困っているし心配している。そして、何気なく携帯電話をいじっていると昨晩夜遅くにいわきの友人と電話で話した形跡がある。すっかり酔っていて何も覚えていない。確認すると結局は失礼もなく、大事に至らなくてホッとした。しかし、少し落ち込んでいる。酒を呑む夜は携帯電話の電源を切ろうと思う。酒を呑むとあまりよい結果にならない。僕みたいなものは止めた方がいいのだと思う。


ちくわ朋彦とにじ幸雄
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2017.3.12

怒鳴る男。「オラ!先に停めてんじゃねぇ!こっちはずっと待ってんだよ!コラ!」怒鳴る男はイライラしていた。休日に家族で区の遊園地へ遊びに来ている。僕もイライラしてひとり情けなく怒鳴ってしまう事があります。「口が悪いんじゃない、性格が悪いんだ。そして頭も。」そんな風にして、これからも自身を戒めてゆこう。折角の休日にイライラさせてしまって色々と悪かったね。



娘は今になってもアトラクションや遊具で遊ぶのはあまり好きでは無いようで、ずっと園内を散歩したり、ボーっと風景や空を眺めたり。汚い池の水面を眺めたり、小石や枝を拾ったりして遊んだ。使わなかった乗り物券は有効期限が無いので、また気が向いた時に使ってもらおうと思う。



娘はこの場所が一番良かったみたく、暫く池の魚を眺めていた。僕もこの場所が一番落ち着いた。めがね橋。

帰り際、園内で子供と嫁の写真をガラケーで撮っている怒鳴る男を見かけた。彼は微笑んでいた。そして、僕も同じように微笑んでいたのだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


レコーディングメンバー勢揃い

ちくわ朋彦(歌とギター)
関島岳郎(チューバなど)
石川 浩司(パーカッション、玩具)
中尾勘二(アルトサックスなど)
舩戸博史(コントラバス)

予約は不要で、席は先着順になります。
入場無料ですが、
退場時に「おひねり」お願いします。

■4月22日土曜日
東京都 浅草・木馬亭
「ちくわ朋彦」発売記念公演
6時開場 6時半開演
【入場無料】MC.「おひねり」制

出演:ちくわ朋彦
ゲストミュージシャン:関島岳郎
石川浩司、中尾勘二、舩戸博史

友情出演:とってんたん
ウェルカム演奏と幕間に出演

イベントページ ↓
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1298216036920764&id=100001971394954

浅草・木馬亭 ↓
http://mokubatei.art.coocan.jp/index.html
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2017.3.10.11

ふてくされる女に会った。初対面だ。どうして「ふてくされている」のかわからないまま時は流れた。ほんの一瞬の出来事だった。僕はこれからもふてくされないで生きてゆきたいと思った。そんな僕にふてくされていたのかもしれない。



友人である「かとうまさひろ」の個展を家族で観に行った。彼は夜道レコードからアルバムも出してる「トリルイ」のメンバーでもあります。彼は用事があったらしく在廊してはなかったが、ギャラリーの人にお土産を預けておいた。たまたま友人の重野夫妻と会った。重野夫妻も芸術家で、旦那さんの個展を家族で高島屋まで観に行った事がある。昔から思うのだが、この手の「偶然」は何だか嬉しい。シンパシーに近いものを感じてしまう。何と言うか、生活のタイミングが近いのかもしれないと思ってしまう。前例として、そんな友人とはレコード屋だったり飲み屋だったり、旅行先でバッタリ会うこともある。


彼の作品「個人的漫画」を買った。きっと、高田渡の詩集「個人的理由」をオマージュしたような表題や表紙なのだろうと思う。猫の木のバッヂも可愛かった。







それから、阿字ヶ浦の浜辺に行った。海は蒼く、波は白く、空は海と波の色を合わせた位の水色をしていた。僕は手を合わせ「これからもどうか穏やかに、いつも綺麗な海が大好きです。いつもありがとう。」そんな気持ちで目を瞑った。今日であの日から六年が経ちました。あれから僕の生活にも沢山の変化があって、不安に思うことも沢山増えましたし、沢山の希望もあります。平和な世界は家族で創るものだと思います。父の僕としては、娘がすくすくと育ってゆける環境に暮らしていたいと思うだけで、世の中から求めるものは何一つありません。ただひとつ、僕たち家族三人の運命は僕たちだけで決めたいんです。それだけです。原発も戦争もオリンピックも汚職も森友学園も芸能人のスキャンダルも僕にはまだ何も答えられないし、答えたくもない。そもそも素人が答えるものではない(誰も喜ばないし、騒ぎ立てるだけだから。自称ジャーナリストも含む。答えを求められて発言しなくてはならない立場の人だけ、責任を持って答える必要がある。)。「は?そんなこと知るか。僕には関係ない事ばかりだ。第一、嘘をついたり人を悲しませたり騙したり、「悪い」って事は決してやってはいけない事なんだよ。そんなことも知らないのか。そんなことも親に習わなかったのか。人間なんですか?偉そうにしてるけど本当に馬鹿なんだな。しっかりしろよ。こんなになっても手前の都合ばかりを考えてるんだな。馬鹿が馬鹿のふりして、人間のふりまでしてらぁ。」って思っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2017.3.9

喉が痛い。ハードコアバンドを辞めてから数年に一度くらいしか喉が痛くなる事なんてなかったのに、先月に風邪をひいてから治っては痛くなり、治っては痛くなりの連続で困っています。煙草の本数も増えた訳では無いし、最近はライブも少なく歌う頻度も減っています。ちょっと心配になってしまいました。今も昨夜から喉の痛みと違和感。そして、今夜は酒を呑んでいる。ぐっすり眠りたい。そして、今日の昼食は某ステーキ屋(チェーン)で食ったのだが、1500円もしたセットのステーキ肉があまりにも少なくて驚いた。ステーキの150gって本当に少ないですね。そして、付け合わせのポテトもナポリタンもお粗末。スープもセットになってたので、コーンポタージュばかりを二杯も飲んでしまいました。300g食べたいけど、そこまで払えるお金は持ってません(この肉には)。昼の外食はいつもラーメンばかりになってしまう。それと、寡黙なラーメン二郎のマスターと喜作に話す常連の姿をたまに目撃するのだが、いったいどんなキッカケで喜作に話すようになるのだろうか?もしかしたら、お客が一方的に喜作に話しかけているだけで、ラーメン二郎のマスターは嫌がっているのかもしれない。きっとそうだ。そうに違いない。ちなみに僕は、好きなラーメン屋やモツヤキ屋のマスターほど「仲良くなってはいけない、喜作に話せる様になりたくない。」と、マスターを勝手に神格化してしまうタイプの人間です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。