本日の小室歯科近鉄あべのハルカス診療所の勉強会は、セレックを使用したセラミックの修復物によって、金属アレルギーが解消された患者さんについてでした。

患者さんは、50代の女性ですが、医科で金属アレルギーと診断され、歯科でも良く使われるパラジウムなどにもアレルギーがありました。

そこで、お口の中にある金属を除去していき、セラミックや歯科用プラスチック(レジン)に交換していきました。

同時に、前歯の動揺、見栄えを気にされていましたので、抜歯後、セラミックでブリッジを作って、見た目の改善を図っています。

この患者さんのように、金属アレルギーが、口の中の金属に原因することは、よくあります。

お悩みの方は、歯医者さんにご相談いただくのも、一つだと思います。

また、この患者さんは、7本ほどの連続したブリッジですが、このような大きなものをセラミックで確実に作るには、当院のように十分に材料について熟知し、院内技工士がおり、かつ、ジルコニアを削り出す外部の技工所とも連携が密に取れる医院でないと難しいと思います。

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、今後も、高度なノンメタル治療を追求します。

発表された、S先生、お疲れさまでした。

 

AD

滅菌について

テーマ:

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所の、本日の勉強会は、滅菌についてでした。

滅菌は、地味ですが、医院にとって非常に大事な要素で、

しかも、奥が深いものです。

医学的に重要なことは言うまでもないのですが、滅菌が、

医療の最終目的ではありません。

それだけに、いかに、レベル高く、いかに簡便に、コストを安く、

高度なバランスをとることが、非常に難しい課題で、

医院ぐるみで最適解を探していかなくてはいけません。

本日は、その、一つの提案を頂きました。これを他のスタッフにも

落とし込んで、より医院の滅菌レベルを一歩前進させたいと思わせるものでした。

ゴールはないテーマですが、今年もあと2ヶ月ではありますが、

その中でも、一歩ずつ、前進していきたいと思います。

AD

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所が、継続的に開催させていただいている、

小室歯科歯科講座。今回は第7回目を昨日、開催させていただき、

無事、終了することができました。

これまでは、当院が診療所を構える、あべのハルカス近鉄本店の8階、

まなぼスタジオにて、低年齢層向けのお話をさせていただいていましたが、

今回は、アンドにある、近鉄文化サロンにて、シニア世代向けに、

”噛むことと健康”について、講演させていただきました。

噛むことは、全身の健康に、大きく関わり、論文レベルでも立証されています。

そのことを大学時代に咀嚼の研究をしていた、小室暁院長がお話しいたしました。

日曜の朝にもかかわらず、多くの方に関心をお持ちいただき、

お聴きいただけたことに、感謝しています。

この企画も、最低年に一度は今後も行っていき、来年はより有用な情報提供を

できるよう、努力したいと思っています。

もちろん、まなぼスタジオでのイベントも、これまで通り行っていきますので、

よろしくお願い致します。

 

AD

当院の二年目の歯科助手、Nさんが、母校である大阪の医療秘書福祉専門学校で、

自分のこれまでの仕事について、後輩に対して話をされました。

学生時代の担任の先生からのご指名のようで、対話形式で、仕事の内容、

やりがいなどについて、話されました。

指名がかかった時は、若干緊張していましたが、立派にやり遂げられ、ホッとして

医院に帰ってきました。

学生にとって、これから飛び込む社会人の世界の内容を、少しでも具体的にイメージ

できることはすごく役に立つことだと思います。

その上で、実際に歯科医院の見学を行い、イメージを具体化する。

そうすることで、社会人になっても、ミスマッチすることなく、キャリアの第一歩を

踏み出せると感じています。

当院が、少しでも、学生さんのキャリア形成のお役に立てたなら、良かったです。

当院からは、この11月も、小室暁院長が、母校の大阪大学でキャリア講義を

されます。大学でも、そのような講義を企画されていることに、時代の流れを感じます。

 

CADCAMの進歩?

テーマ:

先日、小室歯科近鉄あべのハルカス診療所が入居するあべのハルカス近鉄本店

にて、人の頭を一瞬で立体的に写真撮影しそれを利用して、フィギュア人形を

作るというサービスが、期間限定で行われていました。

色つけなどのため、完成に日数がかかったものの、出来上がりは、下の写真の

ような感じです!いかがでしょうか?

これは、データを利用して、3Dプリンターで作るものです。

このような3Dプリンターは、もう、歯科でも、口の中をデジタルで撮影した後、

模型を作ったり、インプラント手術用の埋入補助の道具(サージカルガイド)

を作成したりするのに使用されています。

これまでも、工業界では使用されていたようですが、いよいよ我々が一般生活にも、

デジタル、CADCAM技術が目に見える形で普及してきそうです。

 

当院では、デジタル歯科を、追求する医院です。

何か、疑問、ご質問あれば、お気軽にメールいただければ幸いです

{8725FA05-266A-4D76-844A-2116D447AD1E}


本日、岡山大学で、岡山大学卒後臨床研修管理委員会が行われ、

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所の小室暁院長も出席しました。

当院は、立ち上げの頃から、岡山大学の卒後臨床研修の協力型研修施設となっています。

歯科医師は、6年かけて卒業し、歯科医師国家試験を合格した後、

晴れて歯科医師になるわけですが、その後、1年間、卒後臨床研修、いわゆるインターンのようなものを受けなければなりません。

当院は、大阪大学、岡山大学、徳島大学、大阪歯科大学、愛知学院大学と提携して、

卒後臨床を行っています。

その、協力委員が集まっての会議でした。

現在研修中の先生のことを議論することはもちろん、今回は、来年度の研修カリキュラムについても議論がなされました。

研修をよくするため、日々、プログラムも改善され、また、国からの要請による

修正もあります。岡山大学のプログラムは、大学の先生も、協力医院の先生も

非常に熱心な、とても素晴らしいプログラムだと思います。

 

当院も、来年のプログラムに向けて、動いています。研修にご興味のある先生は、

ぜひお気軽にご連絡ください。

06−6623−2401にお電話いただくか、

akomuro@komuro-dental.comまで、お願いいたします

 

ジルコニア

先週末、日本臨床歯科CADCAM学会主催のセミナーがあり、

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所の小室暁院長も登壇致しました。

二日間の中で、セレックの基礎について薄く広くレクチャーする内容で、

参加者の先生方にすぐ臨床応用できるように伝えました。

セレックをはじめとするCADCAM臨床は、日進月歩で進んでいます。

最新情報を学び続けるとともに、それでも揺るがない基本の部分を

確実に実践していくことが成功の近道とも思います。

 

レクチャーの後は、学会長でもある、東京のK先生とも合流させていただき、

ジルコニアについての最新情報も得ることができました。

ジルコニアは、非常に硬くて、奥歯など、力がかかる部分での治療にも使えるの

がいいところですが、反面、見た目が真っ白なのが難点になっていました。

また、扱いのプロトコールが、まだ確率もされているとは言い難いです。

しかし、最近では、ジルコニアの知識も整理されてきており、また、

審美的な弱点も急速に改善されてきています。

11月にも、さらに知識を増やしに、レクチャーを受けに行く予定ですので、

どんどん患者さんに還元できるよう、努力していきたいです

ビアパーティー

 

{01613112-19CE-4D21-B02B-108629005CD9}


昨日、小室歯科近鉄あべのハルカス診療所で、少し遅めの夏のビアパーティーを行いました。

てんしば、という、天王寺公園の入り口にある野外スペースで、バーベキュー的な

店で行いました。天王寺も、再開発が進み、夜も皆で楽しめる場所が増えたように思います。写真は、店から見たハルカスの景色です。絶景!

 

今後とも、”よく仕事し、よく学び、よく遊ぶ”、スタンスで頑張っていきたいと思います。

 

イントラオーラルスキャナー

テーマ:
本日の小室歯科近鉄あべのハルカス診療所の勉強会では、
イントラオーラルスキャナーという、お口の中で直接光によって歯型をとる
システムについて、デモをしていただきました。
これまでは、歯型というと、ぐにゃりとした粘土のようなものでとるイメージが
あったと思いますが、最近では、各社、このような光で型を取るシステム
の開発を行っています。
この利点は、印象材を使わず、そのあと、石膏模型を介するというステップを
踏まない分、精度が良いこと。
材料をあまり使わないため、環境に良いこと。
などがあります。
 
当院は、すでにセレックを導入おり、これは現状一本二本の歯を直すには
完成されたシステムといえるのですが、
本日は、それとは違うシステムを試しました。
このシステムも、セレックと違った良さを持っており、
デジタルの進歩の速さを感じますし、もしかしたら、数年後には、
使用法により、2パターンのスキャナを持つ、などという時代が来るかもしれません。
 
当院は、今後ともデジタル歯科医療を追及してまいります。
 
{D0096F46-71A4-4873-A5A0-31EBACEB54D3}

{E4B5EA25-8BA1-4327-8C06-FEC44FFEF3FE}

 

{99D9AE97-8972-4F93-918A-29F888A104E4}

 

先日もブログでお伝えいたしましたが、
小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、継続して”小室歯科歯科講座”
と題して口についての講演会を行っております。
その7回目としまして
10月30日土曜日にもアンド(近鉄百貨店南の建物)にて、
高齢者向けの”噛むことと健康”についての講演、
治療相談会を近鉄文化サロン主催でいたします。
 
歯を失い、噛めなくなると、どのようなことが体に起こるのか?
歯を失う原因は何なのか?
もし失ったとき、どうすればそれを回復できるのか?
わかりやすく、楽しくお話しできればと思います。
 
お申し込みは、
近鉄文化サロン
06-6625-1771 までご連絡頂ければ幸いです。
 
{EDB94487-1C06-4B24-984D-526FE7DDD6A6}