こんばんは、こもれび*です。
秋分の日はコレド室町(日本橋)で開催していた「アートアクアリウム」へ。
開催10年目を迎えた、あの
金魚の大がかりなexhibition(展覧会)です。



毎年行ってみたいな、と思いつつ
昨年まではとても…で
今年もタイミングなく。
てっきり8月で終わっていたと思いきや、
ハッピーフォトアンバサダーでお世話になった野村美都先生や他の方のSNSで
まだやっていることを知り、
見たがっていた娘含め家族で行ってきました。



会場のコレド室町1では、入場制限中。
その列は行けども行けども…
なんと半蔵門線三越前の改札前まで!
「30~60分待ち」でした汗
パパも同行してくれたので、交互に並んで
遅お昼など済ませたりできました。
…都心で良いものを見ようと思ったら
劇混みなのを忘れていました(^_^;)
(ルノワール展は最終日でも台風だったので。)

曰く、金魚はもともと観賞魚で
花街などで愛でられていたこともあり
そういった着想からのプロデュース。
「和」をテーマに、照明、映像、香りなどを融合させた豪華な展覧会です。

導入部は小さく低めな水槽に
金魚が種類ごとに泳ぎます。
撮影OKなのでスマホで撮影する人もとても
多く。
導線が散らばるような作りでもあります(笑)。
珍しい金魚もたくさん!


中でも印象に残っているのはこちら。
反骨精神溢れる?表情が
何だか目を引きました(笑)。



そしてこちらが今年の目玉
バージョンアップを重ねた
「超 花魁(おいらん)」。




界隈が紅く照らし出されれば白粉の匂ひがたち込め
あたかもそれは墓標であるかのやうな

そんな感じでしょうか。
椎名りんごさんだったら、すごくカッコイイ
コピーが出来るんだろうなあ。
こちらがそのセンター部、今回最大の水槽。



恐らく毎年 声の高低はあれど
動物愛護の視点から意見があるのでしょう。
展覧に先がけての入口部には
「こちらの金魚たちは、最高級のえさと
水質浄化装置と、徹夜で飼育員が見ており…」的な文言が書かれておりました。

とにかくハコとしての水槽のデザインも
それは創意工夫の上洗練されており
こちらは撮影に人気でした。
夏場ディズニ―の映画もあったからかな??



鞠がモチーフの水槽



睡蓮の水槽。
「汚れた泥の中から苦しみを乗り越えて
美しい蓮の花を咲かせる」
そんなフレーズをダウンしている時に
(韓流ドラマでw)聞いてから、
励まされるようで好きな花です。
この日見たら「が、4日しか咲かない」に
ガーンでしたが(|| ゜Д゜)



照明が刻々と変わるので、
撮りたい色を狙うには、次のシークエンスを待たないと(^-^;
カメラのレンズも3本持参したので、
いつの間にか時間も経ち…。
パパとワガコは先に出ていましたあせる
スミマセン&この日もどうもありがとうm(__)m



今回特に好きだったのはこちらのシャンデリア。
何で出来ているか分かりますか?



なんと…
江戸切り子のグラス!



見てても撮っても飽きない美しさでした。
切り子モチーフのコーナーだったので、
金魚が入っている器も、台もそれです。



そしてラストのこちらも素敵でした。
屏風型の垂直な水槽に金魚が泳ぎ、
その背景に日本画調の絵が写しだされます。
幽玄な美があり、もう少しゆっくり見ていたかったなあ…。ここは場所的にどうしても人がたまるので、劇混みでした。



木曜夕方?はこちらの日本酒
「獺祭(だっさい)」の飲めるバーがオープンのよう。帰りは運転を変わるかも?と思い写真だけ。
夏の間はアーティストとコラボしたナイトフェスもあったようです。



いやー、一生分の金魚を見たような?
2020 TOKYOはキンギョでしょうか(笑)。

余談ですが、コレド室町の駐車場は
地下にあるのに立体。
どうなってるのか気になって伺ったところ
4層作りでスライドしているそうです。
待合所にいると、車がやってきてバレーパーキングのよう。
私は見はぐったのですが、モニターを見ていたワガコは「カッコイイ!!」と喜んでいました(笑)。
三井系のショッピングカードで1時間駐車料金が無料、ららぽーとのカードもOKでした。

明日25日がいよいよ最終日。
是非、という方は気を付けてお出掛けくださいm(__)m
さて、運動会のお弁当を作らねば☆

AD

三連休の前半、体調が低空飛行で起きたらコンニチハでしたが、多忙なパパもお疲れ。
家内制時差勤務(笑)となり、
子どもと市の小中学校科学展へ行ってきました。



毎年連れていきたかったのですが、この時期はダウンしていて(*_*)
物作りは私もしていたり色々な機会があるのですが、自然科学の分野はなかなか…と感じていました。思い立ったらすぐ行けるような
科学館的な関連施設が遠めな市外になってしまうこともあり。
案の定夏休みの自由研究も苦労して、
こちらは本人も行きたがっていたものでした。

科学工作・論文の部それぞれの選ばれた作品が展示されていましたが。
工作ではリコーダーを使った手回し式オルガン、また7つの理科の仕組みを使った遊園地など。あまりの大作に感心を越えて感動!

また論文も一年かけて鳥の糞より種を採取とか。6年間の自由研究の集大成とか。

着眼点は勿論だけれど、長く観察などを続ける根気・根性にも頭が下がりました。
作品を見ると、既に研究者の適正を感じる子も。

そして、科学展では観察・実験教室も開催されており、これが大人気!




理科の支援員の方々が、とても丁寧に教えて
くださいます。
酸やアルカリなどのこと。
電気の作り方
磁石の特性
雲の出来方
葉脈づくり(中学の理科クラブでやりました!懐かしい。そういえば部長でした。)
浮沈子(ふちんし)の作り方 などなど

ラストは20年生きてきて(嘘です)
初耳!ググりました。
上記写真で言うと一番上の左です。
気になる方は調べてみてくださいね(^^)

私自身も気になるものがあれこれ。



なんと顕微鏡のレンズの先をスマホで撮れるガジェットキラキラキラキラキラキラ

それにこちら。
「電気を作ろう」のコーナーの
稲妻をカメラにおさめたい気持ちがフツフツと…



撮れましたドキドキ(笑)



初日は30分作品を見るだけだったので、
結局翌日も通い。
また大好なお友だちとも会えて、そのまま居残り☆とっても嬉しそうでしたおねがい
蚊に刺されましたが(^-^;



その後はこちら、
国指定重要文化財の旧吉田家住宅へ。





吉田家は士分格の家柄・豪農・商家の
3つの側面を持った大型民家の屋敷構えが特徴だそう(リーフレットより)。
大きなおうちです!



以前から気になっていたところですが、
急ぎ来たお目当てはこれ!



なんとお醤油のかき氷!
どんな味?!と思いましたが、
黒蜜と合わさり、またきな粉の味なども効いて、しょっぱさが多少あるものの、
とても美味しく頂きました。
娘もやばい!と(=美味しい意です)。
これで300円は良心的!
トップのぼんち揚げ?歌舞伎揚げ?な
お煎餅もチャーミング☆
小腹が減ってしまい、カレーも頂きました。

そして残り僅かな時間を大急ぎで散策。
昔の写真も展示され、不思議な気持ちに。

そして庭の美しいこと!



ちょうどお会いできたガイドの方が丁寧に案内してくださり、こんなスポットを
教えてくださいました!



そのあとまた面談などありましたが…。
まだまだ地元で素敵な場所もあるな、と
嬉しくもなった日でしたクローバー

 

 

Instagram: KOMOREBI2525     

 

   Facebook: komorebi2525

 

 

AD

おはようございます、こもれびです。
連休最終日、汐留で開催された
「アメーバマイスター 第5回FOOD&DRINKフェア」に参加してきました。



アメーバマイスターとは
ブログの閲覧PVや、Facebookの条件など
いずれかをクリアしたブロガーが認定されるシステムだそうです。
対象のイベントなども開催されているのですが、なかなかエントリーのタイミングも難しく…あまり意識をしていなかったのですが、そういえば、認定頂いていました(^-^;

このところ、書くには書いているのですが
ライターとしての方を抱えていると。
間違いは有ってはならないし、
限られた字数の中で、より多くのことを
正確にお伝えしたいし。
とても頭と神経を使うので、なかなか自分の方にギアチェンジしにくくなっていました。
スマホも重たくなって(たぶんミラーレスで撮影した写真の入れすぎ(-_-;)なかなかブログのチェックもできてなかったり(*_*)

と言い訳はこれくらいで。
フェアの会場はこちら。
汐留駅徒歩ほどなくの、イベント用会場です。




中にはそれは多くの人・人・人!
こういったイベントに初参加だったので、
びっくりしながらもこういうものか~と
思っていましたが、
以前は着席スタイルだったこともあるそう。
色々変遷している模様です。
恐らく来年はまたスタイルが変わるのではないかな。



こちらのイベントは。
FOODとDRINKのメーカーさんのブースがならび、そこでは商品が陳列されたフォトスポットがあると同時に
未発売の製品・新商品がテイスティングできるというもの。




上記写真はその一部になります。
どうしても他の方が写りこんでしまうので
選別致しましたm(__)m
一同に会したメーカーさんは全部で11社。

・株式会社ファミリーマート
・カルビー株式会社
・日清食品株式会社
・日本コカ・コーラ株式会社
・ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社
・赤城乳業株式会社
・株式会社ロッテアイス
・サントリーフーズ株式会社
・キリンビバレッジ株式会社
・株式会社明治
・ロッテ商事株式会社

の皆様です(敬称略)。


そしてお楽しみのゲストは
・菊地亜美さん
・パンサーさん
・デニスさん
・フルーツポンチさん

ブログを見てくださるかも知れない方が
もしかして一番ご興味あるのがこちらかなと
シューティングのタイミングを待ち構えましたが、生憎「商品プレゼンバトル」中は
撮影禁止。
ようやく解禁になったころには会場の一番遠く…



彼と一緒におりました。



「彼は誰ですか?」と担当の方に尋ねたところ、「パスタスタイル」くんだそうです。
「あ、新製品と共に初登場ですか?」と
また尋ねたところ、
「いえ、割りと前からいるんですよ」と
朗らかに教えてくださいました。

舞台のプレゼンも移動していてあまり聞くことができませんでしたが。
菊地亜美さんは「モデル!」であること!!
パンサーの尾形さんのテンションがとても高いこと。それぞれ印象的で
頑張っていらっしゃる…と思いました。
私もがんばらないと(謎)。

しかしやはり、この日のインパクトNo.1!



そして
Y’sキッチンなるブースは
ファミマさんと吉本さんのコラボ企画だそう。
ブースの向こうの彼を存じ上げず、
「あの方はスタッフの方ですか?
芸人の方ですか?」と尋ねたところ、
「BKBというバイク芸人で、
○○○人(それは沢山だった)のフォロワーがいるんですよ」教えていただきました。
すみません…バンビーノさんの動物芸も昨年「面白い!!」と発見したくらいで…
ちょっと時差が生じておりますm(__)m



ブースでモデルさんの様に撮影されている皆様もいらっしゃいましたが、
こういうのは本当に無理…苦手です。
ですがこれもミッション。
勇気を振り絞って幾つか挑戦しました。
また機会があれば、北島ミワとしてガラスの仮面を被れるようにがんばりたいと思います。



いただいたお土産の数々。
子どもがとても喜んでおりましたm(__)m



そしてラストに偶然お会いできたお二方と
アフターをご一緒させて頂きました(*´ω`)

右から
Beads Rechercheの町田綾子さん

ご友人でうさぎ羊毛フェルト作家
Chocolat Boxの畑牧子さん。
10月にご本「リアルかわいい羊毛フェルトのうさぎ」を河出書房新社さんより出版されるそうです!

お二人とも、柔らかく温かいお人柄だけれども芯が通っていてとても努力家。

大活躍中の素敵な方々でしたキラキラキラキラ

積もるお話もおありでしょうに、
前のイベント以来という貴重なお時間に
失礼致しました…!m(__)m

 

牧子さんのお手製うさちゃん(センター)、本当に可愛い!

帰宅して画像をみたウサギ大好きの娘が、文字にならない奇声を発しておりました(;^ω^)


・・・夜中にこちらを書いていたら、
お腹が空いて頂いたポテトチップスを食べたくなってきました…。

ハッシュタグなお題も到着していますが、
そちらはまたの機会に。
イベント全体の紹介は、これくらいにしたいと存じますm(__)m
皆さま、どうも有難うございましたm(__)m

 

 

Instagram: KOMOREBI2525     

 

   Facebook: komorebi2525

 


 

AD

今日はアメブロ・マイスターの
FOOD&DRINK FAIRというものに当選して



汐留におります。





賑わってます~



アメブロで交流のある方もいらっしゃるかな??

パンサーさん、鈴木亜美さんなどゲストが登場しました。まだ撮影禁止です

ではまた☆ミ

 

 

 

Instagram: KOMOREBI2525     

 

   Facebook: komorebi2525

 

 

こんばんは、こもれびです。

9月16日号の「ちいき新聞」のこちらの記事を担当させて頂きました。

 

 

KIRAこと柏市国際交流協会の年間で最大のイベント

「かしわ de 国際交流フェスタ 2016」が来る9月25日に開催予定で

その内容を紹介させて頂いています。

 

毎年子どもの運動会と当たり、昨年までは体調もありなかなかでしたが

今年は参加できるといいな・・・。

 

地域新聞柏支社の担当版は

・ちいき新聞 柏中央版

・ちいき新聞 柏北版

・ちいき新聞 柏南版

・ちいき新聞 柏西版

・ちいき新聞 我孫子版

・ちいき新聞 野田版

 

となり、地域に即したフリーペーパー紙であることから、

中身は勿論一面もそれぞれ異なることもあります。

 

今回上述の記事は上記全ての版に掲載されていましたが、

都度ご依頼の広告などによっても紙面はcase by caseのようです。

 

お手元にありましたら、よろしければご覧くださいね(^^)