赤い棚のある小さな庭

ブログ・タイトルを変更しました。
旧ブログ・タイトル「Petit jardin d'ombre」

ドウゾ (=´ー`)ノ ヨロシク〜

ベル  : *:・ご訪問、ありがとうございます。・'.: *:。.: *:・+:.'゚ ベル


   2011年、庭をリフォームしたことで植物たちとの対話が始まり、
   それが楽しくてガーデニングにハマりました♪

   ガーデニング
・ブログのつもりだったのですが、
   最近は、ガーデニング以外のことも綴っています。


テーマ:

 

チャオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電子書籍が好きになったので

 

電子書籍化されてない 梨木香歩さんの

 

「りかさん」を自分で電子書籍にしようと

 

入力を始めて4日目で100ページほど

 

入力が進んだ。

 

260ページあるので、まだ半分までいってないけど

 

第二章までたどり着いたので

 

ホッとした。

 

 

 

 

打ち間違いがないかどうかの

 

チェックも並行してやってる。

 

 

ちゃんと打ったつもりでも

 

チョットしたところが間違ってたりするあせる

 

手直し作業もまた面白かったり

 

楽しんでやってます。

 

 

 

 

からくさから

 

 

 

 

i文庫アプリに入れると

表紙はこうなりました。

↓

 

 

 

目次ページ

こんな感じで始まります。

↓

 

 

 

 

からくさから

 

 

 

 

 

矢印

 

丸で囲った ぬい の旧字が見つけられなくて

 

この漢字はどう入力したら出てくるんだろうハテナ

 

↑

↑

↑

 

こんなふうに記事にしたら

 

 

この漢字は ”しゅう” で出てくると

 

教えてもらい

 

めでたく

 

「繡」

 

を出すことができました。

 

hiroぴろさん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

意味
①「ぬいとり(模様や文字を糸で縫い込むこと。また、その模様。
また、その模様をつけた布。)」(例:刺繍)
②「ぬいとりする」
③「美しく飾った」、「うつくしい(美)」(例:繍戸)

読み
音読み:「シュウ(シウ)」、「シュ」
訓読み:「うつく(しい)」、「にしき」、「ぬいとり」

 

 

 

 

からくさから

 

 

 

 

 

この作業って

 

自己満足の極致だよな~笑

 

 

 

 

 

 

猫しっぽ猫からだ猫からだ猫からだ猫あたま

 

 

 

梨木 香歩(なしき かほ、1959年 - )

日本の児童文学作家、絵本作家、小説家。

受賞歴
・『西の魔女が死んだ』(1994年)で

日本児童文学者協会新人賞、新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を受賞
・『裏庭』(1996年)で児童文学ファンタジー大賞を受賞
・『家守綺譚』(2004年)で本屋大賞3位入賞
・『沼地のある森を抜けて』(2003年)で第5回(2005年度)センス・オブ・ジェンダー賞大賞を受賞。同作品で第16回(2006年度)紫式部文学賞を受賞
・『渡りの足跡』(2010年)で第62回(2010年度)読売文学賞随筆・紀行部門を受賞

 

 

 

 

 

ありがとうありがとうありがとうありがとうありがとう

 

 

 
ペタしてね
AD
いいね!(51)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

チャオ

 

 

 

 

 

連休中は道路が混むので 基本 出かけない笑

 

まったく出かけない訳ではないけど

 

国道を通らないで行ける範囲の近くで買い物くらい

 

 

 

 

からくさから

 

 

 

 

カレンダー通りのDarling♪は

 

3日からの三連休

 

最終日の子どもの日にランチに行きました。

 

 

 

 

 

車で10分くらいの

 

「板前割烹・楽居(らっきょ)」

 

 

 

ランチメニュー『一枚の皿弁当』1,080円

 

 

ここのランチは美味しいし、綺麗だしハート

 

 

 

 

煮魚、焼き魚、魚卵、卵焼き、煮こごり

蕗の葉とじゃこの炒め煮

 

 

 

お刺身三種、根野菜の煮しめ

 

 

他に お漬物、なめこのお味噌汁

 

ご飯も美味しく、お代わり自由

 

どれも美味しかった~ハート

 

 

 

 

風が強かったので、暖簾がはためいてます。

 

 

 

 

 

 

 

月に一回くらいは行きたいお店ハート

 

 

 

 

 

猫しっぽ猫からだ猫からだ猫あたま

 

 

 

「板前割烹・楽居(らっきょ)」さんの過去記事

1回目 こちら

2回目 こちら

3回目 こちら

 

 

 

 

くさ

 

 

 

双葉「板前割烹・楽居(らっきょ)」さんHP





くさ


「板前割烹・楽居(らっきょ)」
住所:静岡県伊東市荻431-7(地図)
電話番号:0557-37-1113
営業時間:ランチ:11:30~14:00(ラストオーダー13:30)
夕食:17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日:火曜日

 

 

 

ありがとうありがとうありがとうありがとうありがとう

 

 

 
ペタしてね
AD
いいね!(24)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

チャオ

 

 

 

 

久しぶりの紙の本

 

文庫の古本をAmazonで買った。

 

 

 

 

本は1円

 

送料が257円

 

 

送料の方がうんと高い笑

 

 

 

 

 

 

古本だけど とても綺麗だったハート

 

 

 

 

 

 

 

梨木香歩さんの作品は

 

一つも電子書籍になってないので

 

自分で電子書籍にすることにしたあせる

 

 

 

「りかさん」と「からくりからくさ」が

 

大好きなので

 

この二冊からデジタル化してみようと思ってる。

 

 

 

 

くさ

 

 

 

 

「りかさん」

 

文庫本で262ページ

 

 

 

1日20ページずつ入力したとして

 

二週間で完了する。

 

 

 

 

 

が、入力を始めてみて 老化を感じたあせる

 

 

30年前は一日中、朝から夕方まで

 

ずっと入力作業をしてても平気だったのに

 

ブランクがあったとしても

 

今は 眼の疲労が半端ない。

 

 

 

 

それでも好きでやることだから頑張る。

 

 

 

 

 

 

 

テキスト文書にして

 

ルビもふります。

 

 

 

紙の本と同じように電子書籍でも読めるようにビックリマーク

 

 

 

 

単なるテキスト文書なのに

 

ルビが表示されるってのに感動した。

 

 

 

 

 

入力をしてて 面白いのは

 

漢字の選び方とか、送り仮名とか

 

私とは違ったりしてて

 

作家さんごとにこだわりとかもあるんだろうし

 

 

 

 

梨木香歩さんの少し古風な日本語が好き。

 

 

 

読むのと、文字を入力するのとでは

 

やはり感じ方は違うみたい。

 

 

 

そんなことを思いながらの

 

入力作業が面白い。

 

 

 

 

 

 

猫しっぽ猫からだ猫からだ猫からだ猫あたま

 

 

 

梨木 香歩(なしき かほ、1959年 - )

日本の児童文学作家、絵本作家、小説家。

受賞歴
・『西の魔女が死んだ』(1994年)で

日本児童文学者協会新人賞、新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を受賞
・『裏庭』(1996年)で児童文学ファンタジー大賞を受賞
・『家守綺譚』(2004年)で本屋大賞3位入賞
・『沼地のある森を抜けて』(2003年)で第5回(2005年度)センス・オブ・ジェンダー賞大賞を受賞。同作品で第16回(2006年度)紫式部文学賞を受賞
・『渡りの足跡』(2010年)で第62回(2010年度)読売文学賞随筆・紀行部門を受賞

 

 

 

 

 

ありがとうありがとうありがとうありがとうありがとう

 

 

 
ペタしてね
AD
いいね!(23)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。