滅多斬り!ゲーム徒然【語る狛犬】

国内外を問わず良作を追い求める社会人ゲーマーの視点から繰り広げる、主張の偏ったゲーム批評。

"語る狛犬"は無駄に辛口なゲームブログのため、突然あなたの好きなゲームやクリエーターを酷評することもありますが、「そういう意見もある」とオトナの視点でご覧頂くほうが無難です。


テーマ:
さて次は2015年。
ラインナップは前世代マシンとのマルチから抜け出してきて、足場が固まった感がある一年だったけど、
そんな2015年にプレイして印象に残った作品を挙げていきますぞ。

LEGOマーベル・スーパーヒーローズ:Wii UのLEGOアンダーカバーで開拓した、オープンワールドベースのLEGO作品。
操作可能なアメコミキャラクターの数たるや異常なもので、人気キャラクターのアクションは多彩でなかなか楽しめる良作。

ファークライ4:オープンワールドのシングルプレイFPS。
前作の良さをそのまま昇華させた、ファンのツボを心地良く押さえてくれた佳作。
ストーリーは3のほうが好みなれど、ゲームとしての完成度は着実に進化している。

龍が如く0 誓いの場所:エピソードゼロ商法だが、本気度は通常ナンバリング作品に勝るものを感じる良作。
桐生さんや真島の兄さんが若返ったせいか、ゲームからも若々しく勢いが滲んでた。
バブル時代を感じられる様々な仕掛けやエピソードに、そこそこ年齢のいったプレイヤーもニヤリとできるのでは。まあ固定ファン向けゲームですが。

ウィッチャー3 ワイルドハント:数々の賞を獲得した大作RPG。
主人公が渋いオッサンの魔法剣士、美人揃いなキャストが織りなすハードなファンタジー、モロに俺の大好物だぞ…
と思いきや、重みの無いアクションに、淡白すぎるクエスト、踏破に喜びの無いマップと、かなり頑張って進めてはみたが、
いつまで経っても面白くならないため処分した見かけ倒しの凡作。

デイスオナードHD:激安セールのときダウンロード。フォールアウト待ちの俺をベセスダが惑わせた形に。
プレイしたものの、なんだかやっぱり古臭さが拭えないです。HDと冠するも、どこがキレイなのかわからないグラフィックス。
PS3後期の作品群にも劣る。。

ヘルダイバー:協力マルチプレイ向けの前方向射撃場型2.5Dシューティング。
マルチプレイ特化のせいか、プレイヤーキャラクター単体の弱さや不足感、地味さがいつも気になって爽快感に乏しかった。

スター・ウォーズ バトルフロント:バトルフィールドシリーズのダイスが制作した同名映画のFPSゲーム。
エピソード7公開の熱気におされてつい購入。まあ普通のFPSですな。
スター・ウォーズらしさは良く落とし込んでいるだけに、ソロプレイのキャンペーンが無かったことがただただ残念。
対戦だけですぐ飽きた。

フォールアウト4:俺の2015年~2016年を象徴する大作RPG。
直近までつまらないゲーム体験が続いただけに、余計夢中になって遊びました。
世界観はそのままに、特にアクション面の大幅な改善や大掛かりなクラフト要素をうまく実装し、キャラクターグラフィックも進化を遂げ、
シリーズファンだけでなく、新規顧客にも間口の広い安定感のあるゲームに進化したことは本当に素晴らしかった!


とまあ、終わりが良かったので総合的には良い年でしたな。

ではまた。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
空白期にやっていたPS4タイトルのうち、印象にあるものを列記していこうかと。

恥ずかしながら本体発売日に初期型を購入…多忙でしばらくは箱の中でしたが。

ナック:本体同梱のダウンロード版。
相当な数の破片が磁力で繋がったような外観の主人公、ナックを描画できる性能を見せつけるための、デモンストレーションソフトでした。
ゲーム内容は非常に薄味で、1時間ほどで飽きてしまい削除しました。

レゾガン:PlayStation Plus最初のフリープレイ特典。
スターストライクHDに似たプレイ感覚を持つ、輪のように繋がったステージで戦う横シューティング。
ステージクリア時、ステージが粉々に砕けるようなエフェクトにPS4の実力を垣間見れる佳作で、いまでも時々遊んでます。

キルゾーン・シャドーフォール:これはロンチタイトルでしたが、俺はplusのフリープレイ落ちになってから遊びました。
シングルプレイに特化した分、面白いFPSでした。当時は対戦ものに疲れてましたし。

トゥームレイダー・デイフィニティブ・エディション:ボリュームが今ひとつでしたが、かなりの佳作でした。
まだあどけなさのある主人公ララ・クロフトのグラフィックスが秀逸。少しずつ衣服が擦り切れ、血がにじむ痛々しい姿が印象的で、なんだか臨場感を掻き立てられました。

龍が如く 維新!:安定的に面白いシリーズ。和ゲーは無理に海外ぽくならなくても、これで良いんです。
設定めちゃくちゃでしたが、それもまた味。

メタルギア・ソリッド グラウンド・ゼロズ:価格は安いが、それでもボリュームには不満。
大して面白くもなく、小島監督は好きですが許容はできなかったです。

トライアルズ・フュージョン:フリープレイ落ちしてからプレイしました。バカゲーですが精緻な造りの佳作。
トライアンドエラーの求められるゲームはあまり好かない俺でも、繰り返し繰り返し挑戦してました。

ウォッチドッグス:ユービーアイの新規IP。GTAのフォロワーゲームと侮ると予想を少しだけ裏切ってくれる佳作。
世界のインフラにスマホで介入して色々できるアイデアは良く、ミッションによっては現場のすぐ外から監視カメラや分電盤などにアクセスして目的(ハッキングなど)を達成できちゃったりと、新しいプレイ感覚に感銘。
それでも銃でドンパチが主体で、せっかくのプロットを活かしきれてない部分もありました。

ラスト・オブ・アス リマスタード:物語や結末を細部まで覚えてましたが、相変わらず胸を締め付けるドラマに引き込まれ。
やっぱり傑作です。
ただ、PS3版も充分すぎる映像美だったため、パワーアップを肌で感じにくかったです。

デスティニー:RPGライクなFPS。ソロキャンペーン、協力、対戦とバランス良く色々できる造りは良かったですが、ハクスラ要素のインフレ化が強く、バージョンアップにはついていけなかったです。

メトロ・リダックス:メトロ2033とラストライトのバンドルリマスター作品。
対戦なしのストーリーFPSは昨今主流になれないですが、これは佳作でした。

ドラゴンエイジ・インクイジション:バイオウェアの意欲的RPG。
あら探しをすれば色々至らない部分もありますが、気がつくと延々200時間くらい遊んでしまった佳作。
最後のDLC(本編の後日談を扱ったもの)はとても良かった。本編持っててまだDLCやってなかった諸兄には是非、審問会に戻っていただきたい。

グランド・セフト・オートV:云わずと知れたロックスターゲームズの看板タイトル。
同系統のゲームの中ではさすがに頭一つ抜けた本家GTA、まさに大安定の面白さ。
あと主人公を切り替えたときの演出がとても好きで、かなり楽しめました。


2014年はこんなところかと。
この頃PS4は海外タイトル中心で、セガとコーエーだけ果敢に参入してるような状況でしたが、初年度にしては豊作だったんしゃないでしょうか。

ではまた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3年半と言えば、ゲーム業界も一昔前って感じですな。
今日はその間に遊んでたハードのお話など。

■PS4
ブログ書かなくなってすぐ出たハード。
nasneを2台持っていて、Amazonビデオも使っているので現在メインのマシンです。
カメラ付きを購入するも、オンラインのシューターなどで遊んでいると内蔵マイクがボイスチャットに繋がってるみたいだと気づき、それからカメラを使用してません。
あとVRも家族にコントローラーが当たるかも知れないと思いスルー。

また、我が家のネットだかルーターとPSNの相性はすこぶる悪く、頻繁にルーターの電源をオフオンして繋げ直してます。
PSNは本当に嫌い!

■xboxone
ことゲーム機としては自分の中でメイン機。
ここ数年は飽きたゲームソフトを売ることが面倒になり、リセールバリューを気にしなくなったため
マルチプラットフォームならxboxone版をチョイスしてる感じです。
ネットワークがうまくいかなかったことなど一度もないし、ps4との性能の差が云々言う人もいますが、満足度はこちらの方が上。

■Wii U
最強のカラオケマシン。曲予約しやすい神のマシンとして現在も君臨。
でもゲーム機としてはほとんど活躍なし。スプラトゥーンだけは面白かったけど、他はラインナップ酷すぎた。
ユーザーはソッコー切られてswitchされちゃうようですね。

■ファミコンミニ
シャレで購入するも、自分はレゲーファンではないため
2回起動したきり。買ってすいませんでした。

■ほか
相変わらずポータブル機器では遊びません。
現在は任天堂switchをどうするか思案中。ソフトがWii U並みに充実しないのは容易に予測がつくため悩んでます。


ではまた。、
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。