アセンションを目指して日々奮闘しておられる皆様こんばんは。

 

最近の芸能人や某有名大学の学生達による性犯罪の報道を読むと、プレアデス星人のセムヤーゼが言う通り、やはり地球は宇宙で犯罪を犯した人達が送られてきた流刑地であることを実感せざるを得ません。

 

ちなみにラムサ様によると、女性は自分の子供や孫を愛しているので、子供や孫にまた会うために何度も地球に輪廻転生し続けているそうです。

 

なので、女性の場合は刑務所である地球に収監されているわけではありません。

 

男性の場合は、セックスを卒業出来なくて、何度も地球に輪廻転生し続けているみたいです。

 

東南アジアのタイでは、男子大学生の90%が風俗に通っていると本で読みました。

 

宇宙船に空中携挙される地球人が1%しかいない理由が良く分かりますね。

 

風俗に通ったり、性犯罪を犯す人を善良な宇宙人が空中携挙するはずがありません。

 

そんな低レベルな男性を歓迎してくれる星は、宇宙のどこにも存在しません。

 


今週の「未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ」のコーリー・グッドさんの記事は、これから起きることの最新情報ではありませんが、「ラー文書:一なるものの法則」という書籍の内容とコーリー・グッドさんの情報が一致しているところを検証しています。


「ラー文書:一なるものの法則」という書籍は、私も購入しましたが、まだ読んでません。


いつか読んで、面白い情報があったら、このブログで紹介しますね。


転載開始


▼コーリー・グッドによる「秘密宇宙計画」の内部告発 第24回


今回は1981年に発表された「ラー文書」とこれまでコーリー・グッドが公表してきた「秘密宇宙プログラム」との類似性に関するものである。

 

「ラー文書:一なるものの法則」とは、1981年にパイロットのドン・エルキンズのチームが交信に成功した地球外生物との交信記録である。


「ラー」とは、おおよそ1万1000年前に地球を訪れた生命体である。


惑星連合、オリオングループ、火星からの入植、アトランティス、ムー、古代エジプト、イースター島、ワンダラー、輪廻転生、アセンション、チャクラ、ヒーリングなどを含む26回におよぶ実験的なセッションの録音を正確に書き起こした記録だ。


コーリー・グッドを毎回インタビューしているデビッド・ウィルコックは、「ラー」がコーリーが交信している第6密度の存在、「ブルーエイビアンズ」と同一の存在ではないかと考えている。


コーリーもこれに同意している。


今回は、「ラー文書」の内容を証明すべく、コーリーの体験が語られる。


●ドラコ同盟について


・ドラコ同盟がどこからやってきたのか明確には分からないものの、彼らがオリオン星団から来た可能性が高い。


私は「秘密宇宙プログラム」で彼らの宇宙船を見たことがあるが、それにはオリオン星団を示す特徴的なロゴがあった。


・「ラー文書」の引用1


質問:


あなたは、UFOの着陸のいくつかは人間が行ったものもあるが、それとは異なり、オリオン星団からのものもあると言っていた。


なぜオリオン星団から地球にやってくるのか?


彼らの目的はなにか?


回答:


地球を征服することである。


人類の要請でやってくる慈悲心に満ちた「同盟」とは異なる。


・コーリーの解説:


これはまったくその通りだ、ドラコ同盟の目的は地球の征服である。


そのために、「秘密宇宙プログラム」の組織の一部と協力している。


・「ラー文書」の引用2


質問:


ドラコ同盟は地球にやってくると何をするのか?


回答:


行っていることは2つある。


1つは、人間を彼らの宇宙船に連れて行き、将来使うためにプログラミングすることである。


・コーリーの解説:


これも事実である。


ドラコ同盟のみならず、多くの地球外生物が人類を拉致し、将来特定の行動をするようにプログラムされる。


・「ラー文書」の引用3


回答:


プログラミングには2つないしは3つのレベルがある。


一つは、拉致された人間に施されるプログラミングだ。


次はマインドコントロールのような特定のものが引き金となって行動を起こさせるプログラミングだ。


最後は、生命体そのものにプログラミングする方法だ。


・コーリーの解説:


これも事実だ。


ナノテクノロジーを使用すると生命体そのものへのプログラミングが可能になる。


私はいくつかその例を知っている。


プログラミングされた生命体はアバターのように遠隔操作される。


スティーブン・グリア博士が「グレイタイプは生物ロボットだ」と言っているが、これもそうしたプログラミングの例だろう。


・「ラー文書」の引用4


回答:


ドラコ同盟が地球にやってくる2つ目の方法は、海から地球の地殻に入り、そこの基地に入ることである。


・コーリーの解説


これも私の経験と一致している。


多くの地球外生物も、また「秘密宇宙プログラム」も、地球の地殻に基地を持っている。


入り口が海底にある基地も多い。


それらの入り口はホログラムのテクノロジーを用いて外部から見えないようにしていたり、また、レーダーを反射するテクノロジーで、発見できないようにしている。


・「ラー文書」の引用5


回答:


南アメリカとカリブ海の地域、そして北極に近い地域にこうした基地の入り口が存在する。


・コーリーの解説:


これも事実だ。


これらの基地の多くはドラコ同盟のものだが、人類と共同で使用している。


・「ラー文書」の引用6


質問:


オリオンからやってきたこのグループの目的はなにかのか?


回答:


前にも言ったように、オリオン星団からやってきたドラコ同盟の目的は、彼らの波動と共鳴するエリートの人類を見つけ出し、ドラコのバイブレーションに共鳴しない一般の人類を奴隷化することである。


・コーリーの解説:


これもまったくその通りだ。


ドラコ同盟が最初にコンタクトした相手はナチスだった。


彼らはドラコ同盟と同じバイブレーションを持っている。


・「ラー文書」の引用7


質問:


いま(1981年)の時点でアメリカ政府は573機の宇宙船を保有しているとあなたは以前に言っていた。


これは信じられないことだ。


アメリカ政府に関係するもののうち、何人がこの事実を知っているのか?


回答:


コミュニケーションの必要があり、知る人間の数は増えている。


大体の数は1500人程度である。


・コーリーの解説:


これも事実である。


いまはもっとこの人数は増えているが、かなり少数に止まっている。


別な内部告発者の証言では、いまは3000人くらいいるという。


・「ラー文書」の引用8


質問:


これらの宇宙船はどこで組み立てられているのか?


回答:


宇宙船は1機ずつ2つの場所で組み立てれている。


それらはニューメキシコ州の砂漠地帯の施設、そしてメキシコの地下にある施設だ。


・コーリーの解説:


これは間違いなく事実だ。


正確な位置は分からないが、2つの山にさえぎられた砂漠地帯に施設はある。


メキシコ政府はその存在を知らない。


私はニューメキシコ州の施設については分からないが、ネバダ州にもあることは確実だ。


エリア51の存在さえまったく知られていなかった1981年に、「ラー」がこうしたことを述べているのは驚きだ。


・「ラー文書」の引用9


質問:


本当にメキシコに宇宙船を組み立てる施設があると言っているのか?


答え:


私が言った通りである。


しかし、こうした知識は、あなたたちが「一なるものの法則」を学ぶことから比べれば、なんの意味もない知識だ。


・コーリーの解説:


これは私がコンタクトしている「ブルーエイビアンズ」のラティエールの言っていることと同じだ。


私が質問をすると、よく「その質問には意味がない」との返答が返ってくる。


ラティエールは、私が精神的な成長に焦点をおくべきだと言ってくる。


・「ラー文書」の引用10


質問:


あなたはオリオン星団からやってくる訪問者について述べている。


彼らが来訪する目的はなにか?


回答:


簡単な例を述べよう。


アドルフ・ヒトラーは強い悪意のバイブレーションの持ち主だ。


彼もあなたがた人類の一部である。


ドラコ同盟は、このようにしてバイブレーションで共鳴するエリートを選び出し、彼らを通してエリートではない大多数の人類を隷属化する。


転載終了


ドラコ同盟とナチスとの関わりについては、『コーリー・グッドによる「秘密宇宙計画」の内部告発 第3回』で出てきましたね。


http://ameblo.jp/kokuufunsai/entry-12171699513.html


『・ドイツには、オカルトの秘儀を継承する複数の秘密結社が存在した。


それらは「トゥーレ協会」や「ブリル協会」などである。


これらの結社にはオカルトにスピリチュアリズムを基礎に成立した独自の科学の伝統があった。


・ドイツのナチズムの教義はこうしたオカルトの秘密結社によって形成されたものだ。


その意味では「トゥーレ協会」や「ブリル協会」はナチズムの生みの親であると言ってよい。


・他方、どの秘密結社にもオカルトを熟知した強力な霊媒の集団がいた。


そのうちの一人は、有名なマリア・オルセックである。


これらの霊媒は地球外生物のテクノロジーを解読するために、強力なサイキックな力でエイリアンにコンタクトした。


コンタクトした相手は、レプタリアンを中心とした「ドラコ同盟」というグループだった。


彼らは相当以前から地球に滞在していた。


・さらに霊媒は地底人である「アルデバラン」とのコンタクトにも成功した。


トゥーレ協会」と「ブリル協会」は彼らと取引をし、古代のエイリアン・テクノロジーを得る合意を取り付けた。


これにより、古代文書の解読に成功し、1920年代の初めには原初的なUFOの反重力エンジンを製造できるまでになった。


この反重力エンジンは、水銀を高速回転させて反重力を発生させるものであった。


しかしながら、高速回転の途中で水銀は金に変化してしまい、反重力の発生に成功しなかった。


この問題を解決するために、秘密結社は「ドラコ同盟」のレプタリアンと直接コンタクトすることにした。

コンタクトは成功し、レプタリアンの技術的なサポートを直接受けることが可能となった。


これにより、何度も実験と失敗を繰り返しながらも、1930年代の初頭には地球外に出ることのできる初期型UFOの開発に成功した。』


私がだいぶ前に読んだ本の中で、ヒットラーが「トゥーレ協会」に属して、降霊術を行なって、魔王レヴィアタンを召喚していたという話を読んだのですが、ナチスは魔王だけではなく、レプタリアン(爬虫類人的異星人)とも関係していたのですね。


今週の記事で解説されていますが、「同じバイブレーション」、「強い悪意のバイブレーション」、「バイブレーションで共鳴する」、いわゆる類は友を呼ぶ現象ですね。


なぜ、地球人より「科学レベル」において優れた宇宙人が、よりによって極悪非道のナチスなんかに宇宙船建造技術を授けたのか疑問に思っていましたが、地球の征服という共通した目的を持った集団同士が引き寄せあったんですね。


まあ、地球征服などという野心を持つ、自己中心的で利己的な欲求に突き動かされている人達は、いつまでたっても上のチャクラが開かれないので、いくら宇宙船で宇宙に出てもアセンション出来ないし、善良な宇宙人には見放されるので、これからやって来る太陽フレアで一掃されるだけです。


その反対に、我々は無欲と無条件の愛を実践することで、アンドロメダ星人と同じバイブレーションを達成して、アンドロメダ星人を引き寄せて、空中携挙されることを目指しましょう。

AD

全国のアセンションを志願する皆様こんにちは。


先週の「未来を見る ヤスの備忘録連動メルマガ」から、コーリー・グッドさんの最新情報をご紹介致します。


転載開始


▼コーリー・グッドによる「秘密宇宙計画」の内部告発 第23回


●地底人の分離グループ


・しばらく前、私は家族でカリフォルニア州、ロングビーチに休暇で滞在した。


ベッドで寝ていると、私の目の前にブルーの目の金髪の女性が突然と現れた。


彼女は私の額に手を当てた。


すると私は瞬時に眠り込んでしまった。


・地底人の種族、アンシャールの女性、カーリーとの会談はずっと続いている。


これは彼らが「コンストラクト」と呼ぶバーチャルな空間で会談するスタイルだ。


この出来事が起こる前から、私はカーリーの変化に気づいていた。


彼女はあたかも私を観察するかのような目で私を見ていた。


・この出来事があった後、私はカーリーと会談する機会があった。


彼女にこの現れた女性について聞いてみた。


するとカーリーは、この人物は地底人の種族がもつ規約に馴染めず、地底から出て地上で生活するようになった人物だという。


彼らはかなり以前からそのような状態にあり、すでに地上の人間と子供を持つものもいる。


そうして、地上の支配層に入りこんでいるという。


・この会談の後、私は寝ているときに目の前で白く強烈なフラッシュが見えた。


すると私は、アンシャールの基地のなかにワープしていた。


そこにはいつものカーリーが立っていた。


私は服を脱ぎ、彼らの清水で体を清める儀式を行った。


・その後私は、ドーム状の部屋に案内された。


そこには奥にさらに部屋があり、入るように言われた。


するとそこにはベッドのような台が置いてあり、私はそこに横たわるように言われた。


・横たわると、カーリーは白いクリスタルのような装置を取り出した。


カーリーがそれをこするとキーンという鋭い音がした。


この装置を、私の全身にくまなく移動させた。


すると、人影のようなものが私の体から飛び出した。私は驚いた。


・カーリーが言うには、これは地底人から分離した種族が私の体に入り込んだ状態だという。


ほおっておくと、この存在は私のエネルギーの源泉に入り込んでしまうという。


彼らは、私の知識や活動についてスパイしようとしているとのことだった。


●話せないこと


・ところで、以前に話したが一時私は「秘密宇宙プログラム」に属するあるグループに拉致されたことがある。


そこでは極めて気分の悪い尋問がラングラーという人物によって行われた。


彼らはMISと呼ばれる軍産系のグループだった。


・この拉致事件以後、「秘密宇宙プログラム同盟」は私が秘密をもらしたと思い、私のことを信用しなくなっていた。


そのため、最近の重要な情報は私には一切入らなくなった。


・このような状況に苦しんだ私は、仲介役であるゴンザレス中佐に最新の情報を教えてくれるように懇願した。


するとゴンザレスは、私がインタビューで情報を公開する前に、なにを話すのか報告するように言われた。


そこで私は、体験したことや教えられたことを8000字程度にまとめて渡した。


・するとそのうちの32%は決して話してはならないと強く告げられた。


ここでは許された範囲のことを報告したい。


・「秘密宇宙プログラム」には、情報の全面的な公開を目標にする「秘密宇宙プログラム同盟」、情報の部分的な公開を主張する「地球同盟」、そして情報の部分的な公開には同意している「カバル」と呼ばれるイルミナティーのグループがある。


これらの組織はどのような情報を公開すべきなのか長い間交渉していたが、やっと妥協が成立しつつある。


・まず彼らは、現在のあまりに不均衡な金融システムを捨て、もっと均衡したシステムへの移行を行う決定をした。


近い将来、この方向に進むことはまちがいない。


●ラティエールとの会談


・ところで少し前、私は「ブルー・エイビアンズ」のラティエールとまた会談する機会があった。


私と家内は、セミナーに出席するためアリゾナ州セドナにいた。


私がホテルの部屋で横になっていると、突然とブルーの球体が出現したかと思うと、私は「ブルー・エイビアンズ」の宇宙船にワープしていた。


・そこにはラティエールとともにゴンザレス中佐もいた。


ゴンザレス中佐は、いま「秘密宇宙プログラム同盟」内に情報公開を先行的に行うように主張するグループがあり、彼らによって一部情報が公開されるという。


・その情報は、アメリカのNSA(米国家安全保障局)、DIA(米国防情報局)などが保有する宇宙ステーションに関するものだ。


これらの宇宙ステーションは最先端のものではない。


現在の水準から見ると、20年から50年ほど進んだテクノロジーを用いている。


それでもいまの人類にとっては大きな驚きとなるはずだ。


・だが、この情報公開が行われる前に、さらなる情報の公開を防ぐために、私を含めいま内部告発して「秘密宇宙プログラム」の全体の情報を公開しようとしているものたちの信用を徹底的に貶め、彼らの活動を妨害する計画が進んでいる。

 

今回はこのくらいにする。


ここで興味深いのは、新しい金融システムの構築が進むという話である。


これはトランプが大統領になったことと関係があるのだろうか?


転載終了


地底人というのは、ラムサ様によると、アトランティスが崩壊する前に地底に避難した人達だそうです。


アトランティスは、12000年前に海底に沈んだのですが、当時のアトランティスは宇宙人とも交流があったため、現代文明を超えるテクノロジーを有しており、今の地底人はそこからさらに進歩しているため、地表の我々を遥かに凌駕しているそうです。


NSAとDIAも宇宙ステーションを持っていたのですね。


ラムサ様の情報では、NASAがタイムマシンを既に開発して、未来に行ったりしているという話でしたが、アメリカの政府機関は全体的に秘密宇宙プログラムに入っているようですね。


これからコーリー・グッドさん達内部告発者の信用を失わせる計画があるようですが、あることないことマスコミが流すのでしょうか?


せめて我々だけでも、コーリー・グッドさん達を信じてあげたいですね。

AD

アメリカの次期大統領がドナルド・トランプさんに決まって、ジョセフ・ティテルの予言は何だったの?とクレーム殺到の当ブログへようこそ。


トランプさんは結構問題発言はありますが、ロシアのプーチン大統領とも仲良くやれそうなので、軍産複合体のいいなりになりそうなヒラリーが大統領になって、第三次世界大戦になるよりはよっぽどいいかもしれませんね。


私は、ヒラリーさんの公約だった宇宙人情報の公開を期待していたのですが。


アメリカ政府による宇宙人情報の公開は遠のいたので、コーリー・グッドさんの内部告発で我慢しましょう。


転載開始


▼コーリー・グッドによる「秘密宇宙計画」の内部告発 第22回


●ラティエールとの最近の会談


・先月、私はこの「Gaia TV」のインタビューの撮影の後、イベントに出席するためアリゾナ州のセドナに向かった。


到着すると私はブルーの光りに包まれ、「ブルー・エイビアンズ」の宇宙船のなかにワープした。


そこではいつものラティエールが私を待っていた。


・宇宙船からは外が見えた。


そこには「ブルー・エイビアンズ」が、エネルギーが太陽系に入るのを遮断するために置いた巨大な球体が見えた。


これは何度も見たことのある光景だ。


・ただ今回は少し違っていた。


球体は以前よりも透明になっていた。


そして、太陽から強いエネルギーが何度も球体を直撃していた。


すると球体は、あたかも石を湖面に投げ入れたかのように、反応した。


私が宇宙船にいるときに、これは何度も起こった。


これは太陽系に入ってくるエネルギーがさらに増大し、太陽が活性化していることを示しているようだった。


・すると、かなり遠方から金属でできた巨大な複数の球体が太陽系に進入するのが見えた。


私はラティエールにこれがなにかと聞くと、ラティエールは「他の惑星集団から人類を援助するためにやってきた種族だ」と教えられた。


・ラティエールには聞かなかったが、この金属の球体でやってきた種族はアセンションを選ばなかった人類を、別な場所に移動させるために来たのかもしれない。


以前ラティエールは、人類は


1)第4密度に進化するもの、


2)第3密度の否定的なタイムラインにとどまるもの、そして


3)別な世界に移動されるものの3つの集団に分かれると聞いていた。


もしかしたら彼らは3)の人々のために来たのかもしれない。


●進化するのは30万人という数


・以前私はラティエールから、現代の人類は51%のエネルギーを他者のために使うという進化の条件を満たしていないために、進化できるのは30万人程度しかいないと聞いていた。


私はなぜこれほど少ないのかラティエールに聞いてみた。


・ラティエールが言うには、現在の地球に存在している魂のすべてが、第4密度に進化する必要のある魂ではないという。


進化の対象となる魂は、進化の条件を整えるために地球に生まれてきた魂に限定される。


特に多くの子供は、進化を助けるためにやってきた魂なので、彼らが進化の対象とはなっていない。


したがって、進化の対象となる人々の実数は実際はずっと少ない。


・それでも30万人という数は少なすぎる。


ラティエールが言うには、覚醒した少数者が想念を集中して瞑想すると、人類の集合意識の変化は加速し、進化の条件が整う人類の数はずっと多くなるという。


・ラティエールは、UFOや異星人に興味をもって情報を探索している人々にメッセージがあるという。


このようなことに興味を持つのはよいことだが、それとともに他者のために尽したりして、進化の条件を整える努力をしなければならないという。


●書き換えられた歴史


・さらにラティエールは奇妙なメッセージを与えた。


時間と空間はひとつで分け隔てがないので、過去の歴史が何度か書き変わっているという。


例えばこれは、過去に第3次世界大戦や巨大な自然災害などが実際にあったが、それらが起こらなかったことになっているということだ。


・この書き換えを行ったのは「ブルー・エイビアンズ」ではない。


人類自らが書き換えたという。


人類の意識は、すべての創造の源泉である集合意識につながっている。


この創造的な集合意識が作動すると、過去でも未来でも現実は一瞬のうちに変化してしまう。


まったく新しいタイムラインだ。


・これは、時間と空間が本来一体であるからこそ起こることだ。


過去、現在、未来という時間の秩序は、実際は存在しない。


すべては混然一体であり、過去や未来を作り出しているのは我々の創造的な集合意識だ。


転載終了


今週の情報で判明したのは、太陽フレアが地球を直撃しても、アセンションする30万人以外の人達にも救いの手が宇宙人によって差し伸べられるようですね。


てっきり、30万人以外絶滅してしまうんじゃないかと心配していました。


30万人のアセンショングループか、せめて「3)別な世界に移動されるもの」のグループぐらいには入れるように、頑張りたいものですね。


別な世界って、どんな世界か謎ですけど。


私の予想だと、今の地球で問題を起こしたり、他人に迷惑をかけている人達は、皆んな「2)第3密度の否定的なタイムラインにとどまるもの」に入れられると思うので、3)の別な世界には、今の地球のように犯罪とか戦争は起きないと思います。


おそらく、3)の別な世界グループは、アセンションは出来ないけれど、善良な人達が行くのではないでしょうか。


その世界で、今の地球上と同じ第3密度の生活をして、霊的成長の続きを営むのではないでしょうか。


一方、「2)第3密度の否定的なタイムラインにとどまるもの」のグループに入れられた人達は、おそらく全員が犯罪者みたいな感じになるのでしょう。


そのタイムラインでは、きっと毎日が米ドラマの「プリズン・ブレイク」のように、犯罪者と犯罪者がその世界での覇権を争って、スリリングな日常を送ることになるでしょう。


そしてその後は、善良な宇宙人が一切助けに来ることはない、入ったら二度と出ることは出来ない本物の地獄が続くのでしょう。


このブログの読者様が入ったら、1日目で発狂するレベルだと思います。


そんなタイムラインには絶対入りたくないですよね。


そうであれば、アセンションまたは空中携挙を目指しましょう。


第4密度の存在にアセンションした30万人は、半霊半物質の体になります。


肉体とアストラル体を隔てているエーテルの膜が無くなって、肉体とアストラル体が融合すると、ジュワル・クール大師は教えています。


日月神示では、「原爆にも水爆にも、びくともしない体になる」と予言されています。


バシャールのエササニ星人は、現在第4密度の存在で、第5密度へアセンションするところだそうです。


プレアデス星人も第4密度の存在です。


カルマを精算して、地球に輪廻転生する必要がなくなった人は、プレアデスやアークトウールスに転生します。


今回、太陽フレアのエネルギーでアセンションを達成した人達は、プレアデス星人と同じレベルに進化するということです。


ちなみに、第5密度の存在は、完全に非物質的な体になり、霊的な存在として成長していきます。


シリウス人は第5密度以上の存在です。


自力でホワイトブラザーフッドの第5イニシエーションまで到達した大師の大部分は、シリウスに進みます。


今回のアセンションに要求されている条件は、ホワイトブラザーフッドの第2イニシエーションの条件までなので、アセンションといっても、ヒマラヤの聖者達のように第5イニシエーションのレベルまで進化していないので、第4密度の存在にアセンションするだけです。


第4密度の存在として、数千年成長して、その後で第5密度以上にアセンションしていくのではないでしょうか。


第4密度の世界は、物質的肉体を持って生活する最後の次元なので、第4密度に長く留まる宇宙人が多いそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD