全国のアセンションを目指しておられる皆様、こんばんは。

今、日本で一番厳しいと思われるアセンション関連ブログへようこそ。

このブログは基本的に、アセンションするためには、それにふさわしい人間になる必要があるというスタンスです。

アセンションとは、物質世界を卒業して、高次元存在になることですので、当然ハードルは高くなります。

人格の完成、無条件の愛、無欲、などが要求されますので、なかなか条件を満たしている人はいないのではないかと思われます。

人間の性格は、全身のすべての細胞のDNAに記録されているため、一朝一夕に変えることは難しいです。

しかし、日々の心がけで、少しずつ人に親切に出来る人間になり、人を許せるようになるはずです。

そして、いつの日か、すべての人を無条件に愛せるようになるでしょう。


今日も、コーリー・グッドさんの情報を転載致します。

ブルー・エイビアンズは、25億年も昔から存在していたそうです。

25億年も進化し続けたら、テクノロジーの進歩も我々のはるか先に進んでいるのも当然ですね。

精神的な進化も、ほとんど完成の域に達しているのではないでしょうか。


・「ブルー・エイビアンズ」は人類が第4密度への進化を支援することが自分たちのカルマの解消につながり、それが彼らがさらに進化するための条件になっているという。


とありますが、これはプレアデス星人と同じですね。

プレアデス星人も、地球人を不完全に作ったカルマの為に、未来のプレアデスが暴虐に蹂躙されており、それを解決するためには地球人を自分たちと同じレベルに進化させる必要があり、そうして初めて責任を果たしてカルマが解消するそうです。




転載開始

▼コーリー・グッドによる「秘密宇宙計画」の内部告発 第8回目

今回もコーリー・グッドだけではなく、「秘密宇宙計画」の全体像と「ブルー・エイビアンズ」の真実をまとめた「Insider Revealed Secret Space Program & Extraterrestrial Alliances」という本も参照する。

●「ブルー・エイビアンズ」が人類を支援する理由

・「ドラコ同盟」の大半が出身惑星に帰還し、イルミナティーが権力闘争で分裂したので、「ブルー・エイビアンズ」はエネルギーの放射をせき止める球体のブロックの一部を解除した。

そのため、一層強いエネルギーが太陽系内の充満するようになっている。

・これにともない、人間の本性が一層あらわになる時期に入った。

抑圧しているネガティブな性格が強い人間ほど、このエネルギーの放射には耐えられなくなるだろう。

・一方「ブルー・エイビアンズ」がこのようなことをするのは、彼らのカルマと関係が深い事情があるからだ。

・現在「ブルー・エイビアンズ」は、カイパーベルトのどこかの天体に滞在している。

カイパーベルトとは、太陽系の海王星軌道より外側にある、天体が密集した、穴の空いた円盤状の領域である。

そのままさらに外側にあるオールトの雲につながっている。

カイパーベルトには30ほどの小規模な惑星があるとされているが、実際の惑星の数は50である。

・カイパーベルトには、小惑星よりもはるかに規模の大きな惑星が存在しており、冥王星もその一部である。

かつて私が所属していた「ソーラー・ウォーデン」は、このカイパーベルトの小惑星を探査したことがある。

すると多くの小惑星には、数億年も前に建てられた人工的な建造物があった。

それは現代の我々のテクノロジーでもまだ製造できていない透明アルミのような素材でできている。

・しかしどの建造物も、すさまじい爆発で破壊されたことを示すように、柱が大きくねじれていた。

なにがあったのかは分からないが、とにかく巨大な爆発があったことだけは確かだ。

・私が異星人のデータベースにアクセスできるipadに似た透明のスクリーンで検索したところ、約25億年ほど前、太陽系には「古代ビルダー種族」と呼ばれる種族がいた。

地球外生物が侵入して来ないように、太陽系全体にシールドを張り巡らせた。

このシールドはカイパーベルト内の惑星に設置された。

・「ソーラー・ウォーデン」の探査で発見された建造物は、おそらくこの「古代ビルダー種族」の残した遺物であろうと思われる。

そして「古代ビルダー種族」こそ、「ブルー・エイビアンズ」である可能性が高い。

そしてさらに「ブルー・エイビアンズ」は、「ラー文書」の集合的な精神、「ラー」であるかもしれない。

・いま「ブルー・エイビアンズ」がカイパーベルトに滞在しているということは、自分たちがもといた場所に帰還しているということなのかもしれない。

・「ブルー・エイビアンズ」は人類が第4密度への進化を支援することが自分たちのカルマの解消につながり、それが彼らがさらに進化するための条件になっているという。

彼らのカルマがなんであるかは明確には分からないが、25億年前の「古代ビルダー種族」の運命と関係があることは間違いないようだ。
AD
前回の記事から2ヶ月も更新しなくて申し訳ありません。

何かブログに載せる情報ないかな、と探していたのですが、転載厳禁と書かれた有料メルマガの情報のため転載できなかったり、陰謀論のカテゴリーに入る情報のため、権力者側にマークされたら困るから自粛したりしていました。

私は普段他の方のブログはあまり手広くチェックしていないので、今まで知らなかったのですが、最近 「未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ」に連載され始めた記事によると、コーリー・グッドさんという方が秘密宇宙計画の内部告発をされているそうです。

なかなか興味深い情報で、毎週楽しみなのですが、今週号のメルマガで一通り重要なポイントは出てきた感じなので、このブログでご紹介します。

ラムサ様も、天才科学者達が一般大衆の知らない所で異星人と取引きしたり、ハープというレーザー兵器で異星人の母船を撃ち墜としたり、海全体を沸騰させる兵器をもっていたり、どんな病気でも治してしまう光線を出す装置を持っていたり、タイムマシンで未来に行ったりしていると教えていたのですが、どのようにしてそれらのテクノロジーを手に入れたのか謎でしたが、コーリー・グッドさんの情報でようやくその由来が分かりました。

地球が第4密度にアセンションするという話は、嘘だったのかというガッカリ感が2012年にありましたが、コーリー・グッドさんの情報では、太陽系はエネルギーが充満した宇宙のエリアに突入するため、激しいエネルギーの放射によって人類は精神的に進化し、第4密度へと移行するそうです。

なんか、昔信じていたフォトンベルトの話と似ていますね。

まあ、とにかくアセンションできれば何でもいいです。

前置きが長いので、途中で飽きられる可能性があるので、一番重要な箇所を先に載せちゃいます。


転載開始

・「ブルー・エイビアンズ」は、これから太陽系はエネルギーが充満した宇宙のエリアに突入するため、激しいエネルギーの放射によって人類は精神的に進化し、第4密度へと移行するという。

しかし、この進化の過程は非常に激しく、この過程に生き残れない人間も多数出てくる。

・「秘密宇宙計画」はプラズマやガンマ線などの大量の放射を人間が浴びた場合、精神的にもどのような影響があるのか人体実験を行った。

すると、その人間の持っている本性が露になることが分かった。

だから、抑圧している闇が大きければ大きいほど、その人間は心の闇の噴出には耐えられなくなり、精神的にも破綻する。

他方、抱える闇が小さい人間ほど、ほとんどなんの変化も経験しない。

そのまま明るく生き続ける。

・また、こうしたエネルギー放射はもともと邪悪な精神性の「ドラコ同盟」にとっては脅威となる。

彼らはこのエネルギー放射には耐えることができず、生きて行くことはできない。

・いまの精神性が低いままでは、現代の人間はこのエネルギー放射に耐えることはできない。

人類の第4密度への進化は極めて困難だ。

したがって「ブルー・エイビアンズ」は、人類がもうすこし精神的に進化する時間的な猶予を与えるため、太陽系内に見えないキューブでバリアーを張り、エネルギーの放射を遅延することにした。

・その後、地球にもバリアーを張り、地球から太陽系外に出られなくさせた。

・これはエネルギーの放射を恐れる「ドラコ同盟」のレプタリアンにとっては大変な脅威となった。

このままではエネルギーの放射があっても地球から脱出することができなくなるため、地球で死滅するほかなくなる。

・このため2014年12月、「ドラコ同盟」とそれと同盟している「イルミナティー」の集団は、オーストラリアの基地から「ブルー・エイビアンズ」が張ったバリアーを突破するため、最強のレーザー兵器を使いこれを破壊しようとした。

しかし、レーザーはバリアーによって逆に跳ね返され、オーストラリアの基地は全滅した。


(タケのコメント)

1年半前に、こんな重大な出来事が起きていたんですね。

全然知りませんでした。

ぜひ、「ブルー・エイビアンズ」という宇宙人達に、この地球を好き勝手に支配しているイルミナティーを追い詰めて壊滅していただきたいですね。

(タケのコメント終了)




▼コーリー・グッドによる「秘密宇宙計画」の内部告発


「影の政府」や、おそらくこの一部門である「秘密宇宙計画」の情報を暴露している内部告発者は多い。

彼らはスティーブン・グリア博士の「ディスクロージャー・プロジェクト」やリンダ・モルトン・ハウのようなジャーナリスト、また「プロジェクト・キャメロット」のようなネットラジオを通して発見され、内部告発者として公に出て来て証言している人々だ。

こうした内部告発者で一番最近に登場した人物がコーリー・グッドである。

現在45歳と内部告発者のなかでももっとも若い。

小学生のころから「秘密宇宙計画」の一員となるべく訓練された人物だ。

2015年7月に有料ネット放送の「Gaia TV」に出演し、スピリチュアリストのデイビッド・ウィルコックにインタビューされてから、センセーションを引き起こし、さまざまなメディアでインタビューされている。

●最初のトレーニングと配属

・1976年、私が6歳のころ、軍の「MILAB」という秘密組織にリクルートされた。

もともとこのプログラムは軍人に超能力などを訓練する組織だったが、すでに能力の成長に限界がある成人の軍人を訓練するよりも、特殊能力に恵まれた子供を訓練したほうがはるかに効果が上がるという判断で、私はリクルートされた。

・当時私は小学校に通う普通の少年だったが、この組織がやってきて私をテストした。

すると私には人の感情を深く読み取り、人の考えていることが分かる特殊能力があると判明し、正式にリクルートされた。

・当時私はテキサス州北部に住んでおり、訓練は小学校に通いながら続いた。

週に2回から3回、白いバンがやってきて私を含む数名の子供たちは近くにある「カールズウェル海軍航空隊基地」の施設に連れて行かれ、投薬を含むさまざまな訓練を経験した。

私の両親はこれを才能のある子供の訓練プログラムとして受け入れていた。

・訓練の内容だが、DNAを変化させるための生物学的な操作が実施されたり、電磁場を通過することで脳力を活性化させたり、また、瞑想を通して異なった現実の存在を知ってそれらを操作できるようにする訓練だった。

また、将来「秘密宇宙計画」のどの部署に配属されるべきか決定するために、私の心理学的なプロファイリングを行った。

・訓練は10年間続いた。

私は、人間のみならず地球外生物や異次元に存在するテレパシーで交信する目に見えない存在などの意図を感じ取り、早期に危険を察知する能力を訓練された。

私達のチームの成績は非常によく、メンバーはそれぞれ異なった極秘の分野に配属された。

私の配属は「秘密宇宙計画」だった。

・ちなみに、「MILAB」で訓練されたものたちがすべて「秘密宇宙計画」に配属されたわけではない。

このうち数人は私達が「シンジケート」と呼ばれる方面に配属された。

「シンジケート」とは要するに「イルミナティ」のことである。

・「イルミナティ」には目的の異なるさまざまなグループが存在し、競合関係にある。

だが、特定の目的の実現のために相互に協力することもある。

・私は17歳で訓練を終え、「秘密宇宙計画」への配属が正式に決まった。

このとき書類に署名させられた。

私はさまざまなプロジェクトにかかわった。

そのひとつはUFOの墜落などで捕獲した地球外生物の尋問で、その生物が真実を語っているのかどうか直観的に判定する役割だった。

この仕事に6年間たずさわった後、私は探査宇宙船に配属された。

・ところで地球外生物だが、かなりの種類が地球にやってきている。

昆虫から進化したものもあれば、質量が希薄な存在や、逆に人間よりも質量のある存在もいる。

また、人間とまったく見分けのつかない存在も多い。

・こうした地球外生物が地球にやってくるとき、順守しなければならない規約が存在している。

この規約に違反した地球外生物を収監する刑務所まで存在している。
AD
▼コーリー・グッドによる「秘密宇宙計画」の内部告発 第2回

昨年の7月に突然と姿を現し、「秘密宇宙計画」の驚愕する内容を暴露しているコーリー・グッドが、いま大変に注目を浴びている。

コーリー・グッドは6歳のときにサイキックの能力を見いだされ、極秘の軍事プロジェクト、「MILAB」で特殊訓練を受けた人物だ。

10年間続いた訓練の後、「秘密宇宙計画」に配属された人物である。

20年間の勤務のあと契約期間の満了をもって除隊し、内部告発者となった。

これまでに内部告発者は数多く存在した。

しかしコーリー・グッドの情報は包括的で、「秘密宇宙計画」の全体像が分かる唯一の情報源になっている。

コーリー・グッドの証言は、おもにネットテレビの「Gaia TV」で「コズミック・ディスクロージャー」というインタビュー番組で公開されている。

この番組は月数回放映され、すでに150回を越えるインタビューが放映された。

そのほとんど内容は、コリー・グッドのサイトで日本語で公開されている。

このほかにもコリー・グッドは、あらゆるディープなインタビュー番組の取材を受けている。

それらの情報は日本語にはなっていない。

たとえ日本語でも公開されているものがあったとしても、内容は複雑で、なおかつ膨大である。

このメルマガではかい摘まんで主要な要点を中心に紹介する。

また、中心的なテーマではないものの極めて重要と思われる証言内容は、五目社が毎月有料で配信しているメディアで「五目通信」に掲載する。

●「秘密宇宙計画」を構成する異なった組織

・「秘密宇宙計画」は単一の組織ではない。

相互に関係の薄い複数の巨大組織の集合体で構成されている。

それらの組織は巨大だ。

そうした組織はそれぞれ異なった地球外生物と協力関係にあり、高度なテクノロジーの提供を受けている。

それらの組織は以下の6つだ。

1)ソーラー・ワーデン(Solar Warden )

レーガン政権の「スターウォーズ計画(SDI)」からはじまった組織。

もっとも古い組織のひとつ。

「太陽の監視人」とも呼ばれている。

2)惑星間共同複合企業(ICC)

世界の主要企業が組織する共同企業体。

各企業から取締役会の代表を派遣。

「秘密宇宙計画」の惑星間のインフラ建設を担当。

3)ダーク・フリート(Dark Fleet)

極秘の軍事組織は複数存在するが、「ダーク・フリート」はこれらを統括する上位組織。

太陽系外で活動している宇宙艦隊。

4)グローバル・ギャラクティック・国家連合

外宇宙で人類が行っている活動の秘密を守るための組織。

国連のような国際組織で、それぞれの国が宇宙計画のある部分を担当している。

5)地球同盟(Earth Alliance)

上記の組織のうち、地球の政治経済システムを支配し、人類のコントロールを目指すグループがある。

「イルミナティー」などとも呼ばれているが、こうしたグループはひとつではない。

それぞれが異なったアジェンダを持ち、活動している。

こうした闇の勢力を倒し、新たな経済システムを形成することを目標にする組織。

6)宇宙同盟(Space Alliance)

元は「ソーラー・ワーデン」を脱退したグループが結成した組織。

その後、ほかの組織の脱退者が参加し、組織として拡大。

人類には極秘にされている「秘密宇宙計画」全体を全面的に公開し、人類の問題を解決するために「秘密宇宙計画」と地球外生物が持つ高度なテクノロジーを利用すべきだと主張する集団。

・私は、6)の「宇宙同盟」から内部告発者となるようにリクルートされた。

ほかの組織がそれぞれ異なった地球外生物と協力関係にあるように、「秘密宇宙計画」の公開を目標とする「宇宙同盟」も、特定の地球外生物の支援を受けている。

・その地球外生物は「ブルー・エイビアンズ」と呼ばれる存在だ。

彼らはどの地球外生物とも大きく異なった特徴を持つ。
AD