「ごきげんマインド」をつくる習慣力。 <埼玉>心屋流 晴れる屋まゆこ 

悩み多きアラフォーからの日々のお悩みは解決できる
その「お悩み」は、あなたが幸せになるヒントだった!
そんな「からくり」をお伝えしていくます

◆心屋塾初級セミナー(川越駅/徒歩5分)
 3月26日(日)10:30~18:00
NEW !
テーマ:

 

久々に図書館に行き

すごくいい本との出逢いがありました。

 

 

 

 

こちらの著者に

10年以上前に実際にお会いしたことがあるんです。

 

 

 

 

その時は

ピンと来なかった私の状態だったのだけど、

 

 

 

 

今、改めて本を読んでみて

心の何かが開いて

急に元気になったゾ、という感じ。

 

 

 

 

 

それは

今まで自分の思考の範囲では

それ以上のことが

どうにも表現できなかったことが

スパーーッと晴れた気分。

 

 

 

 

共感して嬉しくなる感じでした。

 

 

 

 

本は、こちら。

 

 

 

彼女は、心理療法を学んだ後に

整体師となった方なのですが、

20年以上女性のカラダと向き合ってきて

分かったことがあるといいます。

 

 

 

 

 

心の学びは理屈で学んだり

実践したりでカラダで体感することはあるけど、

 

 

 

 

その人の「カラダ」を見ればわかる、

カラダから教えてもらう、

カラダのしくみが心のしくみでもあるってこと

 

 

 

 

ものすごく分かりやすく書いてある本なんです。

 

 

 

 

私もいろんな方のカウンセリングをしていたり

また自分を深く知っていく中でも

とある疑問があったんですよね

 

 

 

 

経済的にも豊かなこの日本で

悩み苦しむ人が多い。

 

 

 

 

医療の進歩はすごいのに

病気は減らないどころか

増えてる気さえする。

 

 

 

 

とかね、

なんかもっと

その「不快」には、

根本的な

本質的な

本能的な

何か?

が、あるんじゃないかな?

という思い。

 

 

 

 

そしたらこの本にこう書いてあって。

 

 

 

「何もかもが便利になった現代社会では、

生きるためにがんばらなければならないことが

とっても減ってしまっている。

 

 

 

 

 

薪を割らなくても火が焚けて

ひと山越えて町に出なくてもネットショップで買い物ができる。

 

 

 

 

 

そうすると私たちの体の中では

余剰エネルギーを発散するチャンスを

無意識につくり出そうとするんだ。

 

 

 

 

その中でも手っ取り早くエネルギーを

抜いてくれるのが、悩んだり、怖がったり、

不安をもつことなんだよ。」

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

「なぜエネルギーが余ってると心のトラブルが起こりやすいのか。

それは不安や恐怖心はエネルギーを消耗させてくれるからなんだよ。

だからエネルギーが余ってくると、無意識のうちに不安や恐怖心

を持てることに心がフォーカスしていくんだ。」

 

 

 

 

 

ずっと解決できない問題が心にある、

というクライアントとお話しをする時に

心の根っこをひっくり返すお手伝いをしてきて

 

 

 

 

問題が消えたとしても

また「悩もう」とする「悩みをつくる」人にも

多く会ってきました。

 

 

 

 

 

人と関わり深く深く知っていくと

その根底に「生きる」という文字が浮かび上がったことがあったけど、

 

 

 

 

 

わたしたちは自分で生きてるんじゃなくて

確実に「生かされて」いる、

この「体」で。

 

 

 

 

 

ある意味、

体を使い切っていないんですよね。

持て余した余剰エネルギーで

「悩み」としてそのエネルギーを消耗してるとしたら、、、。

 

 

 

 

 

「悩み」を消しても消しても

湧き上がってくる、

そういう感覚がある時は是非読んでみてください。

 

 

 

 

「体」は、いつでも私たちに

何か「教えて」くれてるんですよね。

見えないメッセージで。

 

 

 

 

 

そんなことを思ってたら

うちの娘が

「怖い怖い」と言いながら

怖い漫画を読んでました。

 

 

 

 

 

あぁ、

エネルギーがだいぶ余ってるんだな、、

そう思いました。(笑)

 

 

 

 

心のしくみを知れば知るほど

体のしくみを知れば知るほど

 

 

 

 

「生かされてる」

「愛されてる」

っていうことが分かって

感動してしまう。

 

 

 

 

 

 

「どうせ愛されてるし~」

の前提は、

カラダを診ても同じ、ということ。

 

 

 

 

幸せ体質を

一緒につくっていきましょう♡

 

 

 

*****

 

ラブラブお問い合わせ&メッセージ宛先はこちら

 

【晴れる屋カウンセリングメニュー】
 ご提供メニュー一覧

 

無料メール講座は、こちらです

↓ 
http://www.mag2.com/m/0001646374.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは

埼玉 心屋認定講師

晴れる屋まゆこです

 

 

 

 

 

ここのところ

沖縄ゲスツアーレポが続いたので

ちょっと一息。

 

 

 

 

 

普段から思ってることを

書こうと思ってます。

 

 

 

 

 

心のこと、

心理学や自己啓発や

この手のブログによくあるのは

〇〇したら、こんなに今はラブラブです。

 

 

 

とか、

 

 

〇〇になったら、こんなに幸せです!

 

 

 

とか、

 

 

 

 

そういうの、

 

 

 

 

 

で!?

 

 

 

 

 

って、

ツッコミたくなる、たまに。

 

 

 

 

 

ラブラブで幸せで、

だから、何?

みたいな、ね。

 

 

 

 

 

そーーーゆう

上っ面な言葉を書いてることこそ

信じられないなーーーーって。

 

 

 

 

 

って言うと

あーーーー拗ねてる、とか

あーーーー歪んでる、とか

 

 

 

 

そんな解釈をされそうだけど

「そういうの、いらない」って感じ。

 

 

 

 

 

 

そもそも

ラブラブも幸せも

文面から滲み出るものだったり

その人に会った時に

感じるものだと思ってるから。

 

 

 

 

 

やけに「うまくいってるアピール」

してる人に対して、

ホントかなーーーって思っちゃう。

 

 

 

 

 

大体さ

親に言えないようなことやってきたはずなのに笑

急に親に素直ないい子になろうとしてる時点で

不自然だよなーーーー

 

 

 

 

 

素直って

自分に素直ってことで

親の前でいい子になることじゃないからね

 

 

 

 

 

バカっ話大好きだし

人をたまにはディスろうよ。

上から目線や

下から目線もたまにはいいんじゃない?

 

 

 

 

 

そこ、

完璧に「ディスらない」、

って無理だから。

 

 

 

 

 

 

これ、スパイスだと思う。

本当はディスりたくないのに

コントロール不能になってる人には

「それは改善できるよ」ってことを

全力で伝えるけど、

 

 

 

 

 

たまにディスるんだったら

いーーーんじゃないかな。

そういう時、あるよね?

 

 

 

 

 

 

そういう「ちょっとした毒」

一切無しに

拗ねないで

歪まないで生きようとすること自体が

本末転倒だもん

 

 

 

 

 

 

真面目に生きようとすると

かえって悩みを増やしたりしてさ。

 

 

 

 

 

 

ちょっとした毒、

どんどん吐こう。

 

 

 

 

 

 

マクロビとかやってる人も

たまには吉牛食べようヨ。

 

 

 

 

 

*****

 

ラブラブお問い合わせ&メッセージ宛先はこちら

 

【晴れる屋カウンセリングメニュー】
 ご提供メニュー一覧

 

無料メール講座は、こちらです

↓ 
http://www.mag2.com/m/0001646374.html

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(2)

テーマ:

 

そんなこんなで沖縄3日目は、

ノープランがゆえに

流れに乗り、辿り着いたのがラグジュアリーな場所。

 

初対面だったはずの面々も

「とあるテーマを元に」意識がまとまり、

なおかつ

数々のおもてなしを一緒に受けた仲間として

異様なぐらいの盛り上がりになったのでした。

 

 

 

 

こんにちは

埼玉 心屋認定講師

晴れる屋まゆこです

 

 

 

 

途中で気づいたのだけど、

このスペシャルな会にいるのは

みんな、こーーゆう人々なんだなーーって思って。

 

 

 

 

つまり

「好きなこと」だけして生きてる人々。

 

 

だってですね、

 

image

このフルーツカッティングをするキヨミさん

「フルーツ」の美しさや健康をいつも提唱しているし

 

この素晴らしきローフードを一から作ってくれてるMimiさんも

 

これらのお料理を提供するためにお店の開店準備中

 

次々と注がれるレアもののシャンパンは

 

YKさんから愛おしさがにじみ出る。。

彼は好き過ぎてシャンパン専門のお店を経営中。

 

こちらの日本一珍しいチョコレートは、

 

 

カカオ豆本来の味わいを自家焙煎しストレートに表現するため、

豆の仕入れからチョコレートの形になるまで全ての工程を一貫、、、

の話が尽きないくらい熱い、チョコレートショップの林さん。

 

彼ら素晴らしきスタッフに丁寧に彩られたパーティーフードにより

 

<鮮やかなローフード>

 

何もかもホントに美味しく頂き、

 

もはやパリピ?笑

 

 

 

 

丁寧に作られた食材を

それを愛する人によって提供され

美味しく頂き、

招かれた私たちもテンションMax!

 

 

 

 

「大事にされる」とは、

こういう連携プレイのような中に入り込んでいる状態でもあって

もちろん「自分を大事にしている」からこそ、

そういう現象が起きてるのでもあるけれど。

 

 

 

「大事にされて」豊かさを受け取り

そして、そんな招かれた人々が口にしていた話は、

 

 

 

 

 

「時間」や「お金」の話。

 

 

 

 

成功者やカリスマ、

そうゆう人たちって、

ビジネスの話というより、

どっちかというとスピ的なこと、

結構話されるんですよね。

 

 

 

 

「今ここ」に集まったということは

「時空」を超えていて

必然である、ということや

 

 

 

 

「時間」というとっても大切なもののために

どう働くか?

 

image

実際にこちらのご夫婦の美容院

超人気店であるにもかかわらず

日曜休みで平日も営業時間が短い!

 

 

 

 

そして、

何か技や手法を身に着けるまでは

コツコツと丁寧にやっていくけど

その後は、大事なものを大事にするあり方をしていれば

お金は後から着いてくる~~

というような話で盛り上がり意気投合し

 

場所を変えて2次会へ

また、シャンパンを開け

ボトルごとカンパーイ!何回目?笑

 

 

 

もし、大事にされる経験がしたいな、と思ったら、

まずは、自分を大事に扱う。

そしたら、目に見える世界に大事にしてもらえる。

そういう「順番」の話もありました。

 

 

 

沖縄の、連日やけに長い夜。

そして翌日は内地へ帰る日。

 

 

 

ノープランで、

他力な旅は、

最終日まで驚きの連続だったのです

 

 

 

つづく

 

 

*****

 

ラブラブお問い合わせ&メッセージ宛先はこちら

 

【晴れる屋カウンセリングメニュー】
 ご提供メニュー一覧

 

無料メール講座は、こちらです

↓ 
http://www.mag2.com/m/0001646374.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)