2015-12-21 20:55:58

大学・専門学校での発達障害の合理的配慮について

テーマ:大人の発達障害(ADHD・アスペルガー)

こんにちは。

「なるほど&エンタメ&タメになる」精神医学を提供する、

なるタメ精神科医の西井重超です。


最近、大学・専門学校での発達障害の合理的配慮についてについて

質問されることがあるので

私なりの考えを書いておこうかなと思います。


そもそも合理的配慮とはなにかと言いますと、

平成28年4月1日から施行される障害者差別解消法の話になります。


「合理的配慮」とは、

障害を持つ人々に対して必要な環境整備などの配慮を行うということです。
今、発達障害者への合理的配慮をどうしていけばいいか、

各学校が頭を悩ませています。


その理由の1つに健常者が発達障害者の立場に立ちにくいということも

あるかと私は考えています。


非常にざっくり言いますと、

例えば足がない不便さはまだ想像しやすいです。

下肢欠損は大昔から障害と認識されており、

医療関係者でなくても配慮が出来る人も少なくないでしょう。

(*決して下肢欠損の方のつらさを軽視するという意味ではありません。)


一方で発達に障害があると言われても、

見て分かるものではないし、新しい概念ですし

ピンと来ないわけです。


特に高機能の発達障害の人は、

小中高と学校の成績はよかったので見過ごされ、

大学になって少し変だと言われ明らかになることも多いです。

また、小中高では教育者が教育をしているので

ある程度の授業の質は担保されている場合が多いです。

しかし、高等教育では専門家だが教育者ではない人が教育をしていることも多いので

授業の質と言う点は発達障害の人には非常に伝わりにくい授業もある。


合理的配慮の点で言うと、

各大学・専門学校が進めていく対応としては

発達障害の知識の普及及び対応法の検討をバランスよくすることと私は思います。


簡単な対応法で言うと、授業プリントをちゃんと配るとかですね。

発達障害の人はどのタイプであれ耳で学習するのが苦手な傾向があるので

高等な知識を学習するにあたっては、

目次だけの真っ白なレジュメでは厳しい人も多いかと思います。


「なるタメ」精神科医の西井重超でした。
講演・研修の依頼→http://ws.formzu.net/fgen/S3061359/

Twitter→ http://twitter.com/nishiishigeki

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-07-21 23:56:40

ストラテラ内用液の味見をしてみた

テーマ:大人の発達障害(ADHD・アスペルガー)

こんにちは。

「なるほど&エンタメ&タメになる」精神医学を提供する、

なるタメ精神科医の西井重超です。


今日はADHDの治療薬であるアトモキセチンの液剤の味を

経験することが出来ました。

平成25年末から発売されているのですが、

ほとんど成人では使うことがありません。


子供さんが飲まれる際の参考にしてもらえたらと思うのは味。

ラズベリー味と言われています。


ストラテラ自体が少し苦みがあるので、

最初は甘くていいのですが後口が少し苦いです。

舐めるだけだとわかりませんが、

ちゃんとした量を飲むと苦みがしばらく口の中に残るのがわかります。

出来れば飲んだ後は水などで口直しをするのがいいでしょう。


似たような味の食べ物はありませんが、個人的な感想としては

風邪薬シロップの後口が少し苦いやつに近いかもしれないです。

自閉症スペクトラムを合併しているお子さんで味覚過敏がある場合などは、

もしかしたら苦手な場合もあるかもしれませんが、

おそらくほとんどのお子さんには許容範囲だと思われます。


ストラテラ液剤
*写真の注射器は附属のスポイトです。

 置くところがなかったので瓶に刺したままですが、

 普段からぶっささってるわけではありません。


成人にも適応がありますが、薬価から考えると子供の薬です。


一瓶2万円なので、自立支援医療(一割負担)を活用しても一瓶に2千円。

10ml=40mg換算なので、

成人で120mgを飲んでる人は約3日でなくなるシロモノ。(笑)
計算した一月当たり(30日計算)で約18万円・・・。

自立支援医療(一割負担)でも約18000円です。


ストラテラのカプセルの薬価は

ストラテラカプセル5mg 272.5円
ストラテラカプセル10mg 324.7円
ストラテラカプセル25mg 409.5円
ストラテラカプセル40mg 461.2円
となっており、高用量になるほどコストパフォーマンスが良くなります。

液剤は5mgカプセルの薬価にほぼ一致します。

40mgカプセルで120mgを飲み続けていると

自立支援医療(一割負担)で5000円ちょいなので、

液剤の18000円を使い続けるメリットは多くの人にはないでしょう。

通常の健康保険(三割負担)だと一月当たり15000円と54000円なので

とても治療維持できる値段ではなくなってきます。


なので、自治体によるとは思いますがお子さんが液剤で飲んでいる場合は

医療費がタダじゃなくなった時が切替時の1つかもしれません。

もしくは慣れていくために半年くらい前からカプセルにしてもいいかもしれないですね。


また量から考えても大人が飲み続けるには根気が必要そうです。

量的に考えても30mlというのはアリナミンV(50ml)の半分以上の量です。

2日でアリナミンV1本以上の量をたいらげることになります。
アリナミンV
薬としては飲みやすい味とは言えるですが

飲み物としては決して美味しくありません。


小学校高学年や中学生になってくると量も増えてきます。

体重が約44.5kgを超えると、20mlくらい必要な場合も出てきます。

(約44.5kgとは成長曲線的には男の子で12.5歳くらいです。)

維持用量を液剤でずっと続けるにはしんどいかもしれません。


ちょっとネガティブな話も多くなってしまいましたが、

カプセルが上手く飲めない小さなお子さんが飲むには適している剤形です

お子さんが大きくなって来たり、カプセルが飲めるようになってきたら

カプセルに変更していいと思います。

つまりスタートで使う薬ですね。


あとは旅行に行く場合は瓶の持ち運びがちょっとめんどくさそうかなぁ。(苦笑)


個人的な学びとしては、

後口を理解するためにも液剤は舐めて味を確かめるのではなく

出来るだけ使用用量で味を確かめるのがいいと思いました。


「なるタメ」精神科医の西井重超でした。
Twitter→ http://twitter.com/nishiishigeki

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-04-05 12:08:01

これだけで発達障害の治療効果が全然違うのに

テーマ:大人の発達障害(ADHD・アスペルガー)

この要素があるだけで発達障害はよくなるだろうになぁ。って話です。

こんにちは。
ナルシスト活用を提唱する「ナル活」精神科医の西井重超です。


いつの間にか北九州で大人の発達障害を診れる先生の1人にまつりあげられてるようです。
私が後期研修をしていた奈良医大が児童精神のメッカの1つだからでしょうか。
私を受診している患者さんにはいいニュースじゃないかもしれませんが、
特に専門じゃないんです・・・。

ですが、診察に来られた患者さんはきちんと診るわけです。
で、ADHDもASD(旧アスペルガー含む)も患者さんを診ていて思うことがあります。

治療効果が明らかに高い人たちがいる。


それは「素直さ」がある人です。

「メモを取りましょう」だとか

「何かしてもらったらありがとうございますとちゃんと言いましょう」だとかを。
ちゃんと実行出来る人。

「でも」などと反論せずに、
実行までには至らなくても「はい」ってちゃんと人の話を聞けたり。

カウンセリングを基礎とした支持的精神療法は万能に見えて万能ではありません。
精神医学は、カウンセリングではNGとされている
アドバイスをする必要のある疾患があります。
(私自身は普段はアドバイスと言わず情報提供と言っていますが。)
その1つが発達障害です。

極端な話をしますが、普通がなかなかわからない疾患です。
「普通」や「対処法」を教えてもらってその通りにしたらよくなるところはよくなるんです。

これは医者に従えと言う話ではありませんが、
アドバイスを素直に受け取れる人は、
薬をちゃんと飲める人と一緒です。
逆にアドバイスを素直に受け取れない人は、
薬を出されているのにその薬を飲んでいない人と一緒です。


アドバイスをやって100%上手くいくかわからないという人がいますが、
薬だって100%症状にあうかわからない。
でも、やらないと現状が変わる確率は0%ですよね。

まだ行動に移せてない方はちょっと「素直に」実践してみませんか。

「ナル活」精神科医の西井重超でした。
Twitter→ http://twitter.com/nishiishigeki

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013-07-26 23:13:06

私が大人のADHDの診断を鑑別に考えるとき

テーマ:大人の発達障害(ADHD・アスペルガー)

こんにちは。
ナルシスト活用を提唱する「ナル活」精神科医の西井重超です。

「アトモキセチンが奏効した双極性障害と診断されていたADHDの一例」
ということで、40分ほど講演をしてきました。
*アトモキセチンは商品名:ストラテラのことです。

私は発達障害の専門ではありませんが、
最近大人の発達障害をみることがちらほら増えてきました。
発達障害のことについて「診断が難しい」とよく言われます。
今日は私なりに少しADHDの診断について思うことを書いてみようと思います。

ADHDの診断はDSM-Vになって具体例が書かれ、
よりわかりやすくなったように思えます。
ただ、それでも発達障害だという診断はつきにくい。
診断基準を覚えるのが大変ということもありますが、すごく曖昧な表現ですが
ピンときにくいということが診断に至らない原因の一つなのかなと思いました。

例えばアルツハイマー型認知症の診断基準には含まれませんが、
アルツハイマー型認知症っぽい症状に多幸的というものがあります。
質問に対し「うふふ、どうやったかねぇ」という返答。
臨床医なら「アルツハイマーっぽさ」を感じる人は少なくないでしょう。

それと一緒の考え方でADHDの診断基準ではないけれども
ADHDっぽい感じっていうのがあると思うんです。
以下は私が参考書などを読んで大人のADHDの特徴として書いてあることを
乱雑にメモしたものの一部です。

打ち合わせの書類を忘れる

足をよく組み直す

机を指でたたく

ペンをよく回す

金銭管理ができない

思いついたらすぐ言動に出す

不用意な性的関係

遅刻が多い

作業途中で別の作業をする

せっかちでイライラしやすい

部下によく当たる

ミスをしても仕方ないと思う

急に怒り乱暴な態度になる

独断で重要な物事を決める

家族が予定の確認などをする

家族にしまった場所を聞く

少しだらしない

極端なおしゃべりで社交的

次から次へと何かを思いつく

まめな連絡が苦手

片づけられない

考えずに行動しているように見える

欲しいと思ったらすぐ買う

怒りっぽいとよく言われる

はじめはなんでも楽しんでする

習い事が続かない

頭の切り替えが苦手

書類を作ると記入漏れをよくする

忘れ物防止に大きなカバンを持つ

怠け者だと自分のことを思う

診断には発育歴が大事といわれています。
しかし、ぶっちゃけ限られた診察時間ですべての人にADHDに関わる発育歴を
聞いていけるかというとそうではない場合も多いでしょう。
となるとやはりピンとくることが大事。
忘れ物防止に大きなカバンを持つ」とかなかなか思いつかないですよね。
ピンとくるためには上記のような
っぽい感じ」をつかんでおく
いいのかなと思っています。

「ナル活」精神科医の西井重超でした。
Twitter→ 
http://twitter.com/nishiishigeki

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-22 09:08:43

児童精神科医姜先生の発達障害レクチャー

テーマ:大人の発達障害(ADHD・アスペルガー)

こんにちは。
ナルシスト活用を提唱する「ナル活」精神科医の西井重超です。

6
月20日に奈良県のきょうこころのクリニックの院長姜 昌勲先生

http://blog.livedoor.jp/kyoclinic/  
著書『他人とうまくいかないのは発達障害だから?(PHP研究所)』

http://www.php.co.jp/family/detail.php?id=80466  
仕事もプライベートもうまくいく処方箋            ~ナルシスト活用精神科医が送る誰にでも出来る自分好きの成功法則~-他人とうまくいかないのは

に発達障害についてレクチャーをしてもらいました。

この度PHPから発売された新刊には患者さんにわかりやすい基礎的なことが多く、
僕には基礎知識の確認の面が多かったように思えました。
具体例も多く記載されており、患者さんのための入門書としては最適の1冊だと思います。

姜先生の話はクリニックの話なので、大学病院との違いは
社会的な部分からの話も多いです。
今の医療制度では児童精神科医は十分に患者を見てあげれない現状があり、
構造化をすることでなんとかやっている話はとても考えさせられます。

アトモキセチンとメチルフェニデートはADHDの治療薬で知られていますが、
僕ら一般の精神科医は子どもの患者さんを見ていないので使いません。
近々アトモキセチンが成人にも利用できるようになります。
その中でアトモキセチンはメチルフェニデートに比べ効果は劣る印象があるが、
副作用面では比較的安全に使える薬であることを教わりました。

先日製薬会社の方からどのようにすればアトモキセチンが処方されやすいか
質問がありました。
僕の意見としては病気はある意味社会の認知度が治療と密接にかかわっています。
特に精神疾患は顕著で、社会の認知度が低ければ世間が動きません。
「うつ」のように有名人に広告塔がいてADHDをひろめた場合は
急速にADHDの治療、また薬の市場がひろがると思っています。

「ナル活」精神科医の西井重超でした。
Twitter→
 
http://twitter.com/nishiishigeki

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-01-18 23:36:42

「大人の発達障害」セミナーを聞いて来ました

テーマ:大人の発達障害(ADHD・アスペルガー)
こんにちは。
ナルシスト活用を提唱する「ナル活」精神科医の西井重超です。

今日は大人の発達障害をテーマに
奈良の児童精神科医「きょうこころのクリニック」院長 姜昌勲先生に
セミナーをしていただきました。
http://www.kyoclinic.jp/index_gak.html
  

仕事もプライベートもうまくいく処方箋            ~ナルシスト活用精神科医が送る誰にでも出来る自分好きの成功法則~-姜先生

先生は臨床家としても優秀ですが、著者でありブロガーでもあります。
専門家と言う枠にこだわらずに、一般の方に対して身近な精神科医の1人としても
大変ご活躍なさっています。

姜先生は発達障害の治療が遅れているのは、疾患特有のややこしい問題があって
「ややこしやの三つ組」と言われています。
 1.診断がややこしい
 2.治療がややこしい
 3.薬に頼れない事がややこしい
姜先生は発達障害に対して精神療法を含めた精神医学の分野にとらわれない
問題解決のアプローチをしていくのが良いとおっしゃっていました。

また、今、発達障害が増えているとも教わりました。
理由として杉山登志郎先生(著書:発達障害のいま、他)は
エピジェネティクスを提唱されています。
発達障害は従来の見解である遺伝情報のオンオフだけでは説明できないということです。
*発達障害の発現は後天的な要素(環境ホルモンなど、多因子による)も
 関与してくるという考え方です。

会場からの質問は薬物治療に関してや診断に関してが多く見受けられました。
姜先生は「こころのジェネラリスト」として精神医学全般に精通するとともに、
治療の構造化、心理関連職のアウトソーシングの必要性を説かれていました。

精神医学と一口に言っても分野は様々で、医師ごとに特色があるのが現状です。
幅広い視野をもつ姜先生のお話を聞いて、
次世代の精神科医としてまた新しい切り口を頂けたのかなと思いました。

最後に当日に紹介された姜先生のおススメ図書を一部紹介しておきます。

激励禁忌神話の終焉/井原 裕
なぜうつ病の人が増えたのか/冨高 辰一郎

発達障害のいま (講談社現代新書)/杉山 登志郎


「ナル活」精神科医の西井重超でした。
Twitter→
 
http://twitter.com/nishiishigeki

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-10-19 07:27:20

「仕事でよく怒られる・ミスをする・空気が読めない」人に行う心理検査

テーマ:大人の発達障害(ADHD・アスペルガー)

こんにちは。
ナルシスト活用を提唱する「ナル活」精神科医の西井重超です。

「仕事でよくミスをする、繰り返しミスをする。」
「仕事でしょっちゅう怒られる。」
「職場の空気が読めないため、人付き合いが苦手です。」
こういう悩みで精神科に来る人が増えています。
特に男性が多く、アスペルガー症候群ではないのかと言って来られる人が多い。

実は外科に小児外科があるように、精神科にも児童精神科という分野があります
私は児童精神科医ではないので、主に成人の精神科疾患を診ています。
日常で児童精神科の分野の患者さんが来た時には、
児童精神科医の先生と連携・紹介
したりして対応を行います。
奈良で言うと例えば「きょうこころのクリニック」です。
http://www.kyoclinic.jp/index_gak.html
 

姜昌勲先生はブログもしておられ、最新のブログはADHDについてでした。
「ADHDの仕事術~指導のポイント。周りの人がしてあげれること~」
http://blog.livedoor.jp/kyoclinic/archives/3614778.html

では、アスペルガー症候群の疑いがあるけれども、
成人の患者さんが来た場合はどうしているでしょうか?

成人のアスペルガー症候群は症状がわかりにくい場合も多く
診断をつけにくいのですが、問診や心理検査を行い治療方針を考えます。

今日は広汎性発達障害に使う心理検査を1つ紹介します。
Pervasive Developmental Disorders Autism Society Japan Rating Scale
「広汎性発達障害日本自閉症協会評定尺度」(通称:PARSパーズ)です。
 (*広汎性発達障害の1つがアスペルガー症候群です。)
広汎性発達障害が疑われる患者さん(子ども、青年、成人)の
保護者(母親など)に質問を行う診断補助のための検査です。

質問は、1)対人、2)コミュニケーション、3)こだわり、4)常同行動、5)困難性、
6
)過敏性 のPDD に特徴的な6 領域57 項目で構成されています。
 (*詳しい内容は著作権があるため書き出せません。)
実際の検査中ではどれがどの項目であるかはわかりません。
重要な23項目だけを検査することもあります。

アスペルガー症候群の診断自体はあまり意味がなく、
特徴を持ちつつどのようにうまく生活していくかが大切と言われています。
気になることが多いから不安障害だと言われ抗不安薬を処方され続け
根本にある生きにくさにアプローチされない場合もあるようです。
僕は本人の特徴・傾向を理解するための1つとしては
PARSのような診断補助のための検査が時には必要だと思っています。
 (*PARSは必須ではなく、検査をしない場合もたくさんあります。)

「ナル活」精神科医の西井重超でした。
Twitter→
 
http://twitter.com/nishiishigeki
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。