川西遺跡で「本横」と墨書された鎌倉時代(13世紀)の将棋の駒が発見された。
 縦3.6cm・横2cm・厚さ4mm、初めて見つかった駒でその動きは不明だという。[読売新聞]
AD