平仮名や片仮名による読み「訓」のない鎌倉時代のものとみられる写本の一部が発見された。
 見つかったのは大津皇子(おおつおうじ・おおつのみこ。天武天皇皇子)と石川郎女(いしかわのいらつめ)の相聞歌4首だけだが、全体が訓のない写本だった可能性があるという。[読売新聞]
万葉集 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)/著者不明

¥620
Amazon.co.jp

AD