春日町の金津山古墳で古墳時代中期(5世紀後半)の外濠(そとぼり)が発見され、二重の濠になっていたことがわかった。
 見つかったのは8×1.5×0.3m、中から円筒埴輪約80点が出土したという。[毎日新聞・Yahoo!ニュース]
AD