丁ノ町・妙寺遺跡で縄文時代後期(約4500年前)の竪穴住居跡2棟や祭祀跡、多数の土器や石器が発見された。
 器のほとんどは二上山(奈良県・大阪府境)産のサヌカイトで、この地方との交流があったことがうかがえるという。[読売新聞]
AD