23日以前、高松塚古墳の石室解体作業で、天井石のすき間に漆喰(しっくい)が塗られていない部分が発見された。
 漆喰は水漏れを防ぐためのもので、当時の手抜き工事と思われるという。[読売新聞]
AD