関川川底で発見されていた縄文時代中期(4000~5000年前)の埋没林が70本に上ることがわかった。
 高田平野の成り立ちを解明する資料になるかもしれないという。[毎日新聞]
AD