小市慢太郎 、通称小市マンがいま一番大好きな俳優さん。
彼の出演作に関することのほか、お芝居や映画など好きなことを色々と書き綴っていきます。


★本文内の青字部分はリンク先があります クリックしてみてください。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-18

水橋研二さん。

テーマ:演劇
最近ちょこちょこテレビで見かけて、
登場シーンはそれほど多くないのに
印象が残る俳優さん。

水橋研二さん。


この人、ブレイクするかも、な予感。

堺雅人さんや、大森南朋さん、長谷川博己さんのこと、

ブレイク前に察知した私の勘。

どうか?
今回も当たるか?

またまた魅力的な、新しいバイプレイヤーの登場なるか。

楽しみです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-05-13

NINAGAWA

テーマ:演劇
久々に、書くのがこんな内容だなんて切ないけれど。

また、大切な人が天国へ行ってしまいました。。


蜷川先生の手がける作品はいつも挑戦的で。安定を恐れているかのようにあらゆるものを詰め込んで、いつまでもエネルギッシュでした。

狙いすぎていて嫌いなものもあって苦手でもあったけれど、「巨匠だからっていつも面白い作品を生み出すわけでは無い」ということを知ることが、私にとっては大きな財産でした。

というより、万人に受け容れられるものばかりを作るのでなく、常に新しいものを目指していくのが、蜷川作品だったのだと思います。

期待通りではないかもしれないと思いながらも観に行ってしまうのが、蜷川作品でした。



なんだかんだで、私は蜷川作品が大好きでした。拍手する気になれないくらいがっかりしたものも、涙が溢れて仕方の無いほど感動したものも…

観た作品、全部挙げきれないくらいたくさん観ました。

コクーンで。
彩の国で。








最期の作品、みられなかったことが悔やまれます。なぜだか、いつまでも生きていてくれるって思っていました。

世界の片隅の演劇ファンより、世界の蜷川先生へ。

御冥福をお祈りします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-12-11

追悼

テーマ:演劇
わたしにとって、歌舞伎とはコクーン歌舞伎だ。多くの喜びをわたしはそこから享受した。大袈裟にいうと、或る時は、生きるための意味でもあった。


日々を乗り越えるだけでも必死で…生きていることが辛くて…でも、芝居を、コクーン歌舞伎をみることで、自分には大切にできるものがあるのだと確認できた。わたしには感じる心があり、なにかを見て無感動でやり過ごすのではなくて喜べる力がまだあることを、芝居が、役者さんたちが教えてくれた。そのことが私の最後の自信だった、自分が生きている、ということを確かめるための。大袈裟すぎる表現をするならば。その熱を頼りに生き延びていた、そんな時代があった。


コクーン歌舞伎は、わたしに、無条件のエネルギーを与えてくれていた。夏の暑い盛りの風物詩、パワーの源。生きる力、感動したり笑ったり、大きな声で歓声を上げたり。そんな、ポジティブなものを惜しみなく降り注ぎ、心の奥のエンジンに火をつけ、思い出させてくれる、価値の高いものだった。


私はこの数年、不本意ながら芝居から離れている。正直、かなり辛い。アイデンティティ崩壊の危機ではあるのだが、そうならないで済んでいるのは、「いつ必ずあの世界に戻る」という意思を保てているからだ。


彼らの熱に触れ、自らの体温を取り戻す日々を必ず取り戻す、と。


そして戻る時、そこには必ずコクーン歌舞伎があり、中村勘三郎さんがいることは疑いもしなかった。


カーテンコールで必ず合掌し、客席すべてに向かってまるでお詣りでもするみたいに深々と腰を曲げ、ありがとうございます、と声に出している姿も忘れられない。お礼を言わなければいけないのは、こちらの方だ、と思うほど謙虚で、そして、素敵だった。


最後に観た勘三郎さん出演作品は、2010年…。野田秀樹氏との現代劇「表へ出ろい!」であった。


汗だくになりながら台詞を吐いでいく。アドリブともつかぬ、自然な芝居。それは歌舞伎でも現代劇でも同じであった。


絶望ですら、いつもコミカルに見せてしまう。そこにはいつも、笑いがあった。温もりがあった。それは勘三郎さんがもつ魅力のひとつでもあり、才能のひとつでもある、などと、僭越ながら思う。どの役を演じても、いつでも生身の、リアリティある人間を感じさせてくれた。


それは、色気、だったのだと思う。現代劇での勘三郎さんからは、特にそれを感じた。

長塚圭史脚本、串田和美演出「桜姫」現代版。色気といっても、セクシーさ、というのではない。惹かれて仕方ない魅力が、止めることもできずに溢れている、といった類のもの。



太陽が、消えた。

と、野田秀樹氏が日経に掲載した追悼文にはあった。


それをなんども読みかえしてしまう。最も近しい場所にいたひとりである野田氏の思いに触れることで、わたしの中でも悲しみを具体的な言葉に変えたいと願うからだろうか?実際に、読み深めるほどに、野田氏の思いは私に移植され、まるで自分のもののように映写されて…わたしの胸の奥にあるなにか敏感な場所は捻り上げられ、涙がにじんでいく。



エネルギッシュに燃え盛り、周囲を照らしてきた太陽が、消えたのだな。舞台の上でライトに照らされていただけの役者さんではなく、多くのひとを照らし、励ます、熱い、太陽が。



わたしみたいにちっぽけな、一観客にすぎない人間にとたさえこの喪失感なのだから、近親者にとってはそれは如何ほどのものか、想像もつかない。


でも。


一観客だからこそ、思うことがある。


太陽が失われたあとの、その世界を見てみたい。


肉体は失われても…その意思は必ず継承されていく。周囲にいた、才能溢れる人々の手によって。


葬儀にも参列せず、舞台に立ち続ける二人の息子さんたち。役者さん、舞台裏の人々。彼らの中に存在する役者魂、舞台魂は間違いなく本物で、簡単に揺らいだりなんかしない。


遺志を継ぐ者たちの力を信じてる。偉大なる太陽の光に目が眩み、しゃがみ込み、涙に暮れてしまいたくてもできず。できることは前を見据え、ただ進むこと。流れる血液、流れる意思。その力を信じてる。


勘三郎さん、さようなら、ありがとう。


あなたがいなくなったあとの世界が、どうなるのか、きっと多くのひとが悲観してると思うけど

わたしは、信じてる。

ちっぽけな、観客として。


あなたが遺したものが、決して簡単に消えるものではないということを、信じてる。

photo:01






iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2012-02-22

過去

テーマ:雑記
かつて、その暖かな眼差しで見つめた誰かの残像が、あなたの脳裏にどれだけ鮮明に浮かんでいるかは私にはわからない。

かつて、あなたのその誠実な心から生まれた言葉や行為が、誰かの気持ちをどれだけ救い、守ったか。そのことが、あなたの記憶の中でどれだけ輝いているのか、私にはわからない。



私にはわからない。



わからないから、あなたの優しさも誠実さも独占したくなって、誰ともわからぬ相手に対して狂おしいほどの嫉妬を抱いてしまう。あなたの記憶に焼き付いる過去を引き剥がして、消してしまいたいほどに。


過去のどこかの時間、あなたのそばにいた誰かに。


あなたのそばで、多くのものを分かち合っていた誰かに。


行き場のない切なさ。

やり場のない苦しさ。


あなたを愛しく思えば思うほど、抑えきれない感情が暴れだして



あなたを前にしても、どうしても素直になりきれずに苦笑いばかりを浮かべてしまう。



過去には、勝てない。


なにを、したって。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-02-13

なにひとつとして

テーマ:雑記
変わらぬ愛など、ないのだと
壊れぬものなど、ないのだと


絞られるような痛みとともに味わったじゃないか


完膚なきまでに、思い知らされたじゃないか。


大切だったはずのものを、時間の流れとともに、忘れていく。


忘却は、将来に対する希望であるのと同時に
過去に対する不誠実な仕打ちだ。


新しい何かを得ながら
古い汚いものを捨てながら
代謝は続く。


どうしたって変わっていってしまう私の
どうしたって消えていってしまう私の


いま、心の中にあるものなんて、


なにひとつ信じられやしない


眠れぬ夜に流す涙に、真実味なんてありやしない。
痛む胸の中に刻まれる思いに、誠実さなんてありやしない。



なに、ひとつ。



なに、ひとつとして。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-01-17

距離

テーマ:雑記
一歩前だと近すぎて
一歩後だと遠すぎる


触れることはできるけど
抱き締めるには無理がある


いまなら言葉を尽くさずともわかる


それくらいの距離が、時には心地よいということを。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-01-03

新しい時間

テーマ:雑記
ただの暦なのに、

一枚めくっただけでいろいろリセットできた気になる

新しい朝
新しい空
新しい光


なにか変わったわけではないのに

なにか生まれ変われる気がして

なにか心が軽くなり


なにかを捨てた気にもなる


新しい自分になるなんて

そんなこと、簡単にできるはずもないのに。


荷物も澱も毒も悪も後悔もすべて含めてこれからの自分。

蛹が脱皮して美しい羽を震わせる蝶になる。そんな風に劇的に変身できることなど期待せず、新陳代謝の範囲でゆっくりと、じっくりと、音もなく生まれ変わるしかできない自分なりに


自命の歩みを慶びたい。


生きている。

小さな争いも、ちらりと燃える嫉妬も。ふと交わしあう微笑み、ほのかな喜び、秘めやかな淡い想いも甘苦しい切なさも、ささやかな後ろめたさも。


すべて、この手のなかにある。


生きている。


新しいカレンダーをめくっても、
私は大きく変わらない。

決められた時間の流れに従って、少しずつ、先へと進むだけ。


変わらないことに祝福を。
変わることにも祝福を。


新年、あけましておめでとうございます。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2011-12-30

私信

テーマ:雑記
私の大好きなものを通じて出会えた、

同じ年の生まれで、映画とミュージカルと青空とお花が大好きな、

優しくて、繊細で、豊かな、、さん。


長らくご無沙汰している間に、連絡つける術が途絶えていました。こんなことが起きること想定していなかった。

私信です。


お願い、どこにでもいいから、私に触りに来てください。お願いです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-12-30

井戸に満ちる水

テーマ:雑記
創り出す、というのは簡単にできることではなくて、集中して対話を繰り返して、どうにか絞り出してようやくはじめて為し得ることだ。


なにか作品に限らず、自らの言葉や感情も同じこと。

訓練を怠っているうちに、湧き出る感情を表す言葉が見つからなくなる。次第に、感情さえも鈍化して。


触れるもの全てになにかが宿り、あらゆる力の源泉になっていた。宿るものの力を少しずつ感じ取れなくなったときには、いずれ甦るだろうと楽観した。しかし受け取れる光は弱まり、多くの力は失われて脱け殻になっていく。


渇いていく。
からからに。


水分が抜け落ちて、見る間に皺だらけの脱け殻になっていく。


かつては溢れだし満ちていたなにかがいまは損なわれ、容れ物だけが形残り、隅々まで埃が蔓延った表面は、その深層までも乾ききってカラカラになっている証しとなっている。


渇いた。



そろそろ、私の小さな井戸に清らかな水が必要だ。わずかでもいいから。

渇いた。

渇いた。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-10-17

沈黙と戦意

テーマ:雑記
アイツが現れた

いますぐにやっつけたい

親切面して全て奪い
思い込みと決めつけ
偏見と差別
無知と勘違いで
私の立つ場所を全て崩したアイツが。

いますぐに、姿を見せて戦いを挑みたい。



でもまだ早い
まだ早い。


我慢の時だ。



いまじゃなくていい
いまじゃなくていい。


いつか、


必ずいつか、


アイツと本気でやり合う日のために

必ず来るはずのその日のために


私は


鳴りを潜め


愚かなフリして


野心を隠し


でも確実に


力を蓄えておくつもりだ。


いつか、


必ず勝つために。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。