小泉進次郎オフィシャルブログ「日本の政治を未来のために~自由民主党~」Powered by Ameba

小泉進次郎オフィシャルブログ「日本の政治を未来のために~自由民主党~」Powered by Ameba


テーマ:

こんばんは、小泉進次郎です。


今日は国家戦略特区に指定された秋田県の仙北市と、お隣の湯沢市を訪問しました。


まず仙北市に入り、平副大臣と、千葉大学の野波教授によるドローン飛行のデモを見せてもらいました。仙北市は国有林を活用したドローンの実証実験の特区になっています。今日は雨がかなり降っていたのですが、全く問題なく飛行する事ができ、野波教授のつくるドローンの安定感と技術の高さを実感できました。


その後、近未来技術実証特区検討会を行いました。地元の議員や企業、行政の現場の皆さんに参加していただき、特区の成功に向けて官民の力が仙北市に集まってきていることを感じました。


それから、「グランビア生ハム工房」にお伺いしました。工房の代表の金子裕二さんと、特区として解放された国有林で豚の放牧を行い、有名なイベリコ豚の生ハムのように、仙北豚の生ハムを作りたいという思いや、生ハムづくりにおける課題や可能性等、とても有意義な意見交換ができました。手作り・無添加の生ハム、本当に美味しかったです。


午後は仙北市主催の地方創生シンポジウムに、平副大臣と飛び入りでお邪魔しました。あいにくの天気でしたが、たくさんの方が参加していて、市民の皆さんのまちづくりに対する関心の高さを感じました。


それから湯沢市の市役所で、齊藤光喜市長と、地方創生人材制度で湯沢市に派遣されている藤井延之副市長と意見交換をしました。藤井さんは派遣されて3ヶ月ですが、湯沢の皆さんに温かく受け入れられているということが皆さんのお話から伝わってきました。これからの活躍も期待しています。


最後は湯沢市と株式会社ローソンの実証事業である地熱温水を利用したトマトを栽培しているビニールハウスを視察しました。湯沢は冬場は寒さが厳しく積雪の多い地域ですが、地熱水を活用することにより、低コストで年間を通しての農作物の収穫が可能になります。東京からUターンしてきた若手のお二人が農業に新規参入するという挑戦に、地方創生の芽が出始めていることを実感しました。


今回秋田に訪問して、観光や産業での様々な可能性があると感じました。秋田は、人口減少率も高齢化率も日本一の県です。今回の仙北市の特区指定を、ピンチをチャンスに変えるきっかけとして、どうしたら秋田を盛り上げられるか、県の皆さん一体となって考えていってほしいと思います。政府としても、特区制度や地方創生人材支援などを活用しながら、引き続きしっかりと支援していきます。
いいね!した人
小泉進次郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み