1 | 2 次ページ >> ▼ /
2011-01-30 13:52:43

『「超」整理法3』

テーマ:
 『「超」整理法3』(野口悠紀雄)

―あらすじ―
 いかに情報を捨てるか。著者は「バッファー」を用いることで、取り敢えず捨てる仕組みを提案する。パソコンにおける「ごみ箱」を実生活にも活用するにはどうすればいいのか。さらには、パソコンの検索機能を活用した強力な情報管理法についても述べる。


 前作、前々作での保存に加え、続いては捨てる技術についての著作となります。私も「ごみ箱」の概念を取り入れてみたところ、部屋がきれいに片付いてきました。捨てるのが楽しくなります。ただ、会社の書類などは、個人の判断だけでは捨てられない部分があるため、個人レベルでないと使いにくい面はあります。

「超」整理法〈3〉 (中公新書)/中央公論新社

¥713
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011-01-26 14:37:06

『徳川秀忠の妻』

テーマ:
 『徳川秀忠の妻』(吉屋信子)

―あらすじ―
 2011年NHK大河ドラマのヒロイン・江(達子)。お市の方と浅井長政の末娘であり、徳川秀忠の正妻となった人物である。が、その生涯は波瀾万丈に満ちていた。


 徳川秀忠の妻の達子については「癇癪持ちで強気の女性」といったイメージだけ知っていましたが、その人物が江と同一人物だとは知りませんでした。また、漫画・『シグルイ』に出てくる徳川忠長が彼女の子供だったとは。江が亡くなった後の忠長の悲劇をも書くことで、彼女の悲哀がより巧妙に表されているように感じました。

 江を全く知らない人にはオススメしにくいですが、他の本などを読んだことがある人には、「こんな書き方もあるんだ」と読んでもらいたい本ですね。

徳川秀忠の妻 (河出文庫)/河出書房新社

¥734
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-24 14:31:08

『QED 河童伝説』(再読)

テーマ:再読
 『QED 河童伝説』(高田崇史)

―あらすじ―
 河童が住むといわれる川で、手首を切り落とされた遺体が発見された。さらにその数日後、同じ川で同一犯と思われる殺人事件が。果たして事件の真相は。そして相馬野馬追祭に来ていた棚旗奈々たちは、桑原崇から河童に関する考察を聞くこととなる。


 前作、『御霊将門』からの続き物となる作品です。平家と河童が繋がるあたり、『宗像教授伝奇考』を思い出させてくれます。もう新鮮な驚きは少ないですが、いつもの如く、河童とタタラ(製鉄)の関係が明らかになる、安定した面白さの作品でした。

 上記の感想は、初めて読んだときに書いたブログ内の感想です(2010年4月3日)。感想を書くことがなさすぎて、適当に書いたことがよく分かる文章となっておりますね。

QED 河童伝説 (講談社文庫)/講談社

¥730
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-22 14:05:15

『バカの壁』

テーマ:
 『バカの壁』(養老孟司)

―あらすじ―
 「話せばわかる」などとは言語道断。人間には、一元論による「バカの壁」が存在する。


 著者の性格ゆえか、どうも主張が分かりにくい作品です。最初のほうは頷ける部分もあるのですが、後半は「独断と偏見ではないか」と思われるような、それこそ著者の「バカの壁」を感じる箇所も多い気がします。まあ面白くも面白くもない本を読むよりかはタメになりますね。

バカの壁 (新潮新書)/新潮社

¥734
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-19 13:17:30

『モノに振りまわされない! 片づけのコツ 』

テーマ:
 『モノに振りまわされない! 片づけのコツ』(金子由紀子)

―あらすじ―
 自分自身が部屋の主人公であるためにはどうすればいいのか。12のワークシートで見る、片づけのコツ。


 昨年末に読んだ、『お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし』と同じ著者による、片付け本です。多少かぶっている内容もありますが、ワークシートがあることで、理想の部屋の具体的なイメージがしやすくなっているのが嬉しいですね。やはりオススメの1冊です。

モノに振りまわされない!片づけのコツ (だいわ文庫)/大和書房

¥648
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-13 12:49:17

『瑠璃の方舟』

テーマ:
 『瑠璃の方舟』(夢枕獏)

―あらすじ―
 小説家を目指すもなかなか芽の出ない自分自身。賭け将棋に人生を費やする親友。気のおけない女友達。かつての恋人。『陰陽師』の著者が贈る、自伝的青春グラフィティ。


 青春小説の良作です。『陰陽師』を読んでいるときにも感じていましたが、なぜこの作者の文体はこんなにも読みやすいのか。親友である河野城平が良いキャラクターをしており、いかにもな「やさぐれ男」として物語を面白くしてくれました。

瑠璃の方船 (文春文庫)/文藝春秋

¥525
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-10 19:33:11

『不幸になる生き方』(再読)

テーマ:再読
 『不幸になる生き方』(勝間和代)

―あらすじ―
 不幸になる生き方を知ることで、それを回避し、結果として幸福な人生を掴む。


 これぞといった目新しさには欠けるものの、頷かされることも多い新書でした。今までに色々な本に書かれていた意見が、勝間流に書かれています。特に考えさせられたのが、「他人に責任を任せるな」という有責の法則です。ついつい言い訳をしてしまいがちな部分を、少しでも改めようと思わせてくれました。読む人を選ぶ作品かとも思いますが、個人的には面白い本でした。

不幸になる生き方 (集英社新書)/集英社

¥778
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-09 18:57:14

『新書がベスト』(再読)

テーマ:再読
 『新書がベスト』(小飼弾)

―あらすじ―
 知的レベルを上げるために、新書を読む。「10冊で思考が、100冊で生き方が変わる」――新書のための新書。


 2010年ベスト1の良作です。新書の読み方から買い方、レーベルごとの傾向、さらにはオススメの作品まで、新書初心者には嬉しい新書ガイドですね。興味深くて一気に読んでしまい、さらに他の新書が買いたくなってしまうという、有益この上ない本です。

新書がベスト (ベスト新書)/小飼 弾

¥802
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-07 18:53:33

『サキャ格言集』(再読)

テーマ:再読
 『サキャ格言集』(サキャ・パンディタ /訳 今枝由郎)を読みました。

―あらすじ―
 13世紀チベットの偉大なる学者、サキャ・パンディタ。彼は学者であっただけでなく、強大なモンゴル帝国との交渉を行った人物でもあった。『サキャ格言集』は彼の格言をまとめたものである。


 サキャ・パンディタを知ったのは、シミュレーションゲーム・『蒼き狼と白き牝鹿4・チンギスハーン』でした。何の気なしに本書を手にとってみましたが、なかなか面白い格言集です。主に善悪について書かれた格言が多く、辛口で手厳しい内容となっています。そしてそれらの格言からは、チベットでの仏教観やインドの故事、当時の情勢や風俗などが感じられました。それゆえに理解しにくい部分も多少ありますが、それでも書かれている内容は現代にも通ずる、切れ味の良い格言集です。

サキャ格言集 (岩波文庫)/岩波書店

¥605
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-05 20:30:17

『御書物同心日記』(再読)

テーマ:再読
 『御書物同心日記』(出久根達郎)

―あらすじ―
 本が好きな御家人・丈太郎は、その本好きが縁となり、御書物方同心の東雲家の養子となる。養父の跡を継いだ丈太郎は、将軍家の御文庫に勤めることとなった。


 江戸時代の、御書物方同心という役人が主人公の小説です。御書物方同心というのは、現代風に表すなら国会図書館の管理者とでも言うような役職でしょうか。珍本の紛失や贋作騒動といった、本にまつわる事件があれこれと起きるといった内容です。主人公が本好きという点と、面白い表紙につられて買ったのですが、これがなかなか面白かったです。歴史を揺るがすようなこともなく、極悪人との行き詰る攻防もありません。だからといってつまらないわけではなく、地味ながらものんびりと読める本です。

続 御書物同心日記 (講談社文庫)/講談社

¥555
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。